FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
風邪
相も変わらず、忙しい。

その中、昨夜はライオンズクラブの来期(7月1日からが新年度)の役員・委員長会議が開催されました。
私は、来期は財務委員長です。
仕事としては、各委員会や、役員から提出された予算要求を整理して、予算組をします。

「中井君、来期は財務委員長頼むでぇ」
「それ、何しますのん」
「予算を組むねんがな」
「誰が?」
「決まってるがな、あんたやがな、中井君やがな」
「え、ワシ?。せっかくやけど、それは無理やから断らせてもらいます」
「まぁ、そないに言うな。なっ。予算書を発表するだけやねんから。予算書くらいは読めるやろぅ」
「読むくらいやったら、なんとか」
「よっしゃ。決まった。よろしく」
「ちょっと。一寸待ってぇなぁ」
「よろしく」
で、決まってしまった。

バタバタと、時間に追われ。
何がなんだか判らない状態で、昨日の会合。
自己紹介と、来期に向けた抱負を言わされる羽目に。
適当に(適当かよ)しゃべって。
後は雑談。

座った席が良くなかった。
隣りに座った方が
「ゴホ、ゴホ、ゴホ、ああ苦しー、ゴホゴホ、ゴホ」
「オイ、咳をするな」
「しゃぁ無いがな。ずーっと咳が止まれへんねん」
「かなわんなー。マスクしとけやぁ」
向かいから
「えぇー、・・・君もかいなぁ。ワシも咳が止まらんねん」
その隣の方も
「えぇー、いっしょやわ。ワシもずーっと咳が止まらんで難義してるねん」
離れたとこから
「あ、いっしょや。いっしょや」

「あ、いっしょや、いっしょやちゃうわ。えらいとこに来てしもぅたなぁ」
「絶対うつるわ」
「絶対うつるわ、ちゃうわ。ワシが忙しいのん、皆判ってるやろ」
「判ってる。かわいそーになぁ。絶対うつるわ」
「かなわんおっさんやなぁ。えらいとこに座ってしもぅたなぁ」
「まっ、しゃぁないなぁ」
「しゃぁないで、済まされるかぇ」

皆は、笑う。
ワシは、ぼやく。
えらい構図になってしまった。

家に帰ってきて
「風邪薬は何処や」
「どないしたん」
「ライオンズ行ってきたけど。座った周りが風邪ひきやってん」
「えらいことやんか。今、風邪ひいてる暇有れへんでぇ」
「判ってる」

予防(?)の為に薬を飲んで。
風呂も入らずに寝た。

えらいこっちゃ。
朝からぼーっとしてる
(誰や。「それはいつものこっちゃ」って言うたんわ)

喉がイガイガする。

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

ライオンズクラブ | 07:35:17 | Trackback(1) | Comments(0)
CN50周年
5月18日箕面ライオンズクラブのCN(チャーターナイトと読むらしい、何のことやらはっきりとはわかってないが、おそらくは「生誕」位の意味だろうと思う)50周年式典が阪急インターナショナルホテルで開催されました。
DSCN1884.jpg
ちなみに挨拶をされているのは、50周年事業委員長のL加納です。(ライオン加納と呼びます、ちなみに彼の奥さんのことは、LL加納(ライオンレディー加納)と呼びます)。

日の丸と並んで揚がっているのは中華民国の国旗と大韓民国の国旗です。
中華民国(台湾)高雄市第一獅子会(ラインズクラブ)と大韓民国西ソウルライオンズクラブ、そして前橋西ライオンズクラブとは姉妹クラブの関係にあり、昨日は其々のクラブから沢山の方が参加して下さいました。

CN50周年記念事業(ペタンク大会、弁論大会、箕面駅前のモニュメント、記念植樹等々7つの事業)が発表され、その中から、箕面駅前のモニュメント一式
DSCN1859.jpg
の目録が、改めて市長に手渡され、市からの感謝状を頂きました。
DSCN1887.jpg

高雄市第一獅子会から、昨年の東日本大震災の時に義援金が箕面ライオンズクラブに送られ、それと併せて箕面ライオンズクラブから釜石ライオンズクラブに義援金を贈ったので、昨日の式典の中で、釜石ライオンズクラブの代表の方が感謝状を両クラブ(高雄と箕面)に送られました。
DSCN1890.jpg

式典が無事終わり、続いて祝宴です。
オープニングは、「大日本正義流」家元による剣舞。
DSCN1901.jpg
日本の風景をいくつかのシーンで表したという格調高いもの。
「春」「海」それからえーっと「桜」と、それからえーっと・・。
兎に角これは「山」だそうです。
富士山の裾野で繰り広げられた「なんとか兄弟」の仇討の場面の「剣舞と謡い」だそうな。
格調が高すぎて、無学なおっちゃんには一寸わからなかったが、舞の見事さとか、謡いの素晴らしさは十分判りました。

午後2時集合。
集合写真を撮って終わったのが、午後9時という長丁場。
DSCN1904.jpg

いやー、お疲れ様でした。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

ライオンズクラブ | 06:31:02 | Trackback(0) | Comments(1)
期待
12月15日、箕面ライオンズクラブのクリスマス例会が開催されたので参加してきました。
夫婦と長男抜きの長男家族4人の6名参加です。

孫も小学校2,3,4年生となりましたので、あと何回一緒に行ってくれる事やら。
本音を言いますと。
我々夫婦は会員ですから、付き合いです。

息子(長男)は
「なんで、そんなもんに付き合わな、いかんねん」
と言うことで、不参加。
息子の嫁さんは、けな気について来てくれています。

孫たちは、おもちゃがプレゼントされるから大喜び。
其々が、初めて参加した時にサンタクロースから手渡されたプレゼントの感激が忘れられないらしく、毎回次の開催を心待ちにしています。
今回も期待に胸を膨らませ、勝手に
「あんな、おもちゃが良いな」銘々好き勝手な想像して、参加を楽しみにしていた。

正直、多忙とクラブでの人付き合いのしんどさから何回脱会しようと思ったことか。
ところが、このクリスマス例会での孫の喜ぶ姿が心のブレーキになって、今まで入会していると行っても過言ではありません。

昨夜も、サンタクロースからのプレゼントの時間となり
F1010137.jpg
大喜びで行きましたが。
どうやら、自分たちが考えていたプレゼントと違っていたらしく、がっくり。

例外にもれず、此処も緊縮財政を強いられ「予算的にもちょっと」といったところなのか。
同じ金額でも、もらう年齢によって感激度が違うことも有るだろうし。
初参加の時の、震えるような感激を味合おぅとしたって、年齢からいっても無理だろうし。
対象年齢から外れつつあることだけは、確かなようだ。

はたして、あと何年この6人のメンバーで参加できるのやら。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

ライオンズクラブ | 07:03:06 | Trackback(0) | Comments(0)
企画
11月13日、弁論大会が有り参加してきました。
DSCN0162.jpg

私にとっては4回目(?)の参加になります。
尤も今までは、動員による参加が殆ど。

例によって、「人混み嫌い」「出ず嫌い」の私にとってこういう「只、参加するだけ」の事業は、苦手以外の何物でもない。
だからと言って家で「ぼ~」とテレビを見ているのも大嫌い。
仕事が一番好きと言った変わり者。

一度は、ライオンズクラブのPR委員長だった時に写真を撮らなくてはいけなかったので、カメラを持って喜んで参加。
今回は、クラブの市民教育委員長ということで弁論大会そのものの企画運営に携われるということで張り切って参加しました。
5月末(だったと思います)に行われたクラブの今年度の行事計画(7月から新年度が始まります)と予算要求の時から張り切って予算の増額を要求しました。

こんな事はかなり異例だったようです。
殆どの事業は「昨年と同様に」で終わり。
確か、私が以前おこなった予算要求でも、昨年の予算書を読み上げ「昨年と同様に」と言った覚えが有ります。

ところが今回、市民教育委員会長の依頼が有った時。
「それ、何しますの。皆さんもそうだと思いますが、私も本当に忙しいんです。皆さんにご迷惑をかけてもいけませんし、出来たらその人事は、御一考頂けませんか」
と丁寧に断った。
「中井君、この役は市との調整が有ったりして君が適任やと思うねん。忙しい時には、私たちがカバーするから引き受けてくれへんか」
「え~そうですか、そんなん苦手やし。迷惑掛けるの判ってるのでいややけど。ほんまに迷惑かけるけどかまいませんか」
ということで受けることに。

内定してすぐに役所の担当課と調整に入った。
「わしなー、今度ライオンズの市民教育委員長らしいわ、それで、わしの担当行事見てみたら、予算で一番大きいのが弁論大会やろ、それからペタンク大会に、子供会事業の内の体育補助になってるねんけど何か改善点は有るか」
「そ~でんな~」
「ちょうどええやないか、市長が言うてる、箕面の子供たちが弱いと思える部分ばっかりやがな、自分の意見を述べるやとか、体力向上施策にぴったりやがな」
「ほんまでんな」
「とにかく、企画調整してみな。理由付けして何とか予算はもろぅて来るから」
「え、予算付きますの、それやったら前からこんなんできたらええねんけどな~。予算が無いからどうしようもないな~、思るてた事一杯ありますねん」

それから、あちこちと、うろうろして得意の根回し。
何とか最少の予算で、最高の結果が出たようです。
企画、準備をしてくださった皆様に感謝申し上げます。

今回も箕面市にお住まいの関西テレビアナウンサーの「関純子」さんには大変お世話になりました。
特別審査委員をお願いした処、快く引き受けて下さいました。
予算がない中で、特別賞の景品として各自の名前を入れたサイン色紙を点けていただきました。
DSCN0177.jpg
又、参加者による関西テレビの見学会を企画していただくなど、本当にありがとうございました。

来年は、この弁論大会も30回の記念大会。
ライオンズクラブも50周年となり記念大会になればいいな~と思っています。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

ライオンズクラブ | 07:27:35 | Trackback(0) | Comments(0)