FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
改革
箕面市は公務員制度改革を進めようとしている。
市として、公務員制度改革に関する条例を出すために、様々な制度改革について市職員組合と協議の場を持っているらしい。

職員の給与等の待遇は条例で定められている。
ということは、議会で公務員の待遇等について議決されれば、組合員のみならず全職員さんは従うほかないのだそうな。
抗議のビラは撒くことができても、公務員にスト権がないから職場のボイコットはできないのだそうな。

すべての人の給与が下がるわけでもなく、頑張りに応じた給与体系になるらしいが、給与が下がる人は日々の生活に影響してくる。
職員の生活が懸かった協議になっているので、話し合いの場に出ている人は大変らしい。

それを聞いて
「我々も、これはよほど慎重に審議をせねばなるまい」
と思った。

税金が、活かされるも、無駄に使われるのも、職員さんの働きに左右されることが大きい事が議員になって解った。
議員になる前は、庁舎の隅でたばこを吹かしている姿しか見ていなかったから、公務員といえば「安定した職場で」「仕事もろくにせず」「高い給与を貰っている」「楽な仕事だ」としか思わなかった。
ところが真近で見ていると、本当に大変な仕事だ。
一生懸命に仕事をしてくれている人は、成果も上げているし遣り甲斐もある仕事だと思う。

私は、公務員が世間的にきっちり評価されるためにも、公務員制度の改革は必要だということは判っても、どの程度の改革なら良いのだろうか?
悩ましいところだ。

今回の制度改革に関して職員さんにアンケートを取った結果を見た。
給与が減額されるかもしれないのに、私が思った以上に肯定的だったように思う。
箕面市のために「一生懸命働こう」「役に立とう」と思ってくれているのなら、こんな嬉しいことはない。

今朝の新聞に大卒者の就職先の人気ランキング(だと思う)が載っていたが、私が一番気になるのは、就職を希望している人が、今回の箕面市が計画している公務員改革をどのようにとらえているのだろうか?ということだ。
大阪府が職員の給与の大幅な削減となった改革を進めて、府に就職しようという人が大幅に減ったと聞いたが、箕面市の場合はどうだろうか?

去年、この改革案の概要が公表されたので、就職の倍率がどのように変化したのかを聞いた。
担当部でも下がるのではないかと気にしていたようだが、逆に倍率が上がったそうな。

もし、「人件費は抑制するが、頑張った人が報われる制度改革」という文言に反応してくれたのなら。
他市に比べて特段給与が高くなくても「箕面市役所で頑張ろう」と思う人たちがそれだけ多く応募してくれたのなら。
こんなありがたいことはない。

今回の公務員制度改革の目的は、突き詰めると人件費の削減だろうと思う。
ただ単に給与を下げるだけで人件費の削減を行う事で、箕面市職員という職種に魅力が無くなり優秀な人材が集まらなくなれば、本末転倒的な施策に成り下がる

良い人材を確保しようとすれば、それなりの倍率を確保しなくてはいけないだろうと思う。
「でも・しか」といった一昔前の公務員なら、正直いらないと思う。
人件費が少々要っても優秀な人材に来てほしいと思う。
そのほうが仕事がはかどる分だけ絶対「とく」だ。

これから行おうとしている改革の詳細な部分が明らかになり、新たな制度が我々にも示されるのだろうけれど。
今の時点では、余程のことが無い限り支持しようと思う。
その制度の良し悪しは、就職希望者の倍率で判断するべきだと思う。

今後も、就職希望者の動向を注視しながら細かな修正を繰り返す必要があるのではないだろうか。。

スポンサーサイト



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

箕面市の話 | 19:56:25 | Trackback(0) | Comments(0)
見聞
9月19日は、箕面市ークエルナバカ市 国際友好都市提携10周年記念事業が行われたので、参加してきました。
午前11時30分から箕面観光ホテルで式典が開催された。
式典
此処に映っている人は、クエルナバカ市長さんらしい。
10周年記念事業という事で、公式訪問されたのだとか。

式典の後祝賀会が開催された。
私は私費で会費を払って参加しました(念のため)。

メキシコのラ サイエ大学の学生音楽隊の演奏を聞かせていただき。
箕面市の「胡蝶」という会の民謡舞踊を見せていただいた。

午後6時30分からメイプルホールで記念行事として「第21回 メキシコ文化の夕べ」が開催されたので、これも見に行った。

式典の前に「鼓吹(和太鼓)」の演奏が行われた。

そして式典が行われ
夕べ

式典終了後
学生音楽隊の演奏と歌が披露され
楽団

その後、民族舞踊や「マリアチ 演奏」そして市民交歓ダンスパーティが行われたらしい。

私は今日が民生常任委員会の決算審査日ですから学生音楽隊の途中で抜けさせてもらった。

折角ですから、感想を。
相も変わらず、「鼓吹」の演奏は見事だった。
大きな太鼓をたたいていたのは中学2年生だそうな。
小さな太鼓をたたいていたグループの中に小学生も交じっていたのだとか。

一糸乱れぬ演奏というのはこのことだろう。
まことに見事でした。

と、同時に思ったことは
「この後は、やりにくかろうなぁ」
お昼の祝賀会で学生音楽隊の演奏を見ていたのでなおさらそう思った。

来年1月下旬に今度はクエルナバカ市の公式招待を受ける形で箕面市から公式訪問するらしい。
僅か1日の異文化に触れた行事だけで、様々に感じるもの・得るものが有ったと思う。
訪問される人たちは見聞を広めてきてほしいものだ。






テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

箕面市の話 | 06:43:12 | Trackback(0) | Comments(0)
資料
7月16日に「国立循環器病研究センターの移転先選定プロセスに対する疑念について」という質問書を箕面市長名で、国循の理事長あてに送付した、と箕面市のホームページに掲載されている。

今年の7月3日付けの国循からの回答文書なるものも同ページに掲載されているし、これまでの遣り取りに近いものも掲載されているので、一度読まれることを進めたいと思います。

国循の理事長名の数々の文書と箕面市長名の文書がまるでかみ合っていないと感じるのは、私だけだろうか?
箕面市長と市議会とは同じスタンスでの発言になっているので、私ともかみ合ってないと思う。

どこがかみ合わない大きな要因だろうか?

我々は、国立循環器病研究センターを利用する立場での思いや、発言なのだ。
つまり、患者として国循に何を求めるのかを第一義的に考えているのだ。
それは、交通アクセスの良さであり、病院・研究機関としてふさわしい環境が絶対に必要だと思っている。

対する理事会(長)は、自分の都合だけしか眼中に無いと思える。

これからは、私見になるが。
国循の移転先(もし移転せねばならないと仮定して。現在地なら問題も何もない)の候補が、万博跡地であったり、吹田市の江坂地区等の新御堂筋線の隣接地だったとしたら、無理に箕面市船場地区への誘致を強行しただろうか?

仮にこれらの候補地と誘致合戦を行い、敗れたとしても。
「まっ、ちょっと遠くなるけど、仕方ないか」
で終わっていたように思う。

今計画されている、吹田市岸部地区の悪口を言うのは本意ではないが、利用する立場として、あまりにも交通アクセス等の課題が多すぎるように思う。
私の次男が大阪学院高校に通っていたので何度となくこの付近は通行した経験があるが、緊急車両がスムーズに通行できるとは思えない。

予定地の近くでの騒音や振動が、病院に入院する患者さんや、研究機関としての作業によい影響が有るとも思えない。
この場所で、患者さんが窓から見る風景が気分を和ませるだろうか?
睡眠の妨げにさえなるようにも思ってしまう。
ここで入院をする姿を思い浮かべただけで嫌になる。

この移転先の決定が国民の側(利用者)にも立った検討がなされないことに憤りを感じる。

少なからず、公金が使われるのなら国民の利便性が第一だと思う我々と、国循は国循のものだと思っている、理事会との見解の相違だろうと思う。

あまりにも立ち位置が違いすぎるので、資料を読んでいるだけで腹が立ってくる。



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

箕面市の話 | 10:49:39 | Trackback(0) | Comments(0)
試験
5月27日、防災放送の試験放送が行われるとの情報を教えていただいたので、測定地点近くで聞いてみた。

箕面市にも、災害時に市民向けの情報を流す防災放送設備が設置されている。
この防災放送がどの程度役立つものか、見当もつかないまま放置されていた。
と言っても間違いではないのだろう。

実際、全市一斉に流したという記憶がない(私には無いだけで、行政的にはずーっとやってますって怒られるのかも?)
それが、今年1月17日に行った箕面市一斉防災訓練でテスト放送をした。
これが全くの不評。
箕面市の第2別館の屋上に設置されているのだが、50m位しか離れていない会派の部屋では「わんわん(犬ちゃいますよ、共鳴してただやかましいだけ)」鳴るだけで、何を言ってるのか全く解らず、窓を開け
「じゃかましい」と叫びたくなる状態だった。

我が家でも、だぁれも「えぇ、そんなん鳴ってたん?」状態。
訓練が終わってから、何人もの方から
「聞こえへんわ!」や
「やかましい。うるさいだけで何言うてるか全く解らん」
苦情が立て続けに来た。

どうやら、苦情が他の議員にも寄せられたらしく
3月議会でも取り上げられた。

全国的に同じような課題があるらしく、防災放送の新しい技術を売り込んでいる会社が有るらしい。
昨日は、その会社のデモンストレーションが行われた。

たまたま、知人がその会社に勤めていたこともあり、防災放送デモの詳細資料が手に入ったというわけだ。

昨日は市役所第2別館(水道庁舎)から、特に「聞こえない」との苦情が多かった南(牧落5丁目方向)と西(桜ヶ丘中央線方向)と北西(箕面学園方向)に向け放送された。

現状との差異を確認するためにおよそ10分(実際は5分程度だったか?)くらいの間に既設のレフレックスホーン(という名前の音響設備らしい?)と、4連ホーンアレイスピーカー(方向性を重視したスピーカーを縦に4個積み重ねた物)と、8連ホーンアレイスピーカー(同、8個重ねた物)の順番でデモを行った。

最初は、南方向。
測定場所として地図上に記された牧落南公園に行ってみたが、誰もいない。
どうやら別の場所に変更になったのだろうか?
この公園は近くにR171があるので、ひっきりなしに走る車の音が聞こえる。

2時になっても、何も聞こえない。
元々、加齢による難聴気味な私。
イライラするが、何も聞こえない。
やがて2時5分過ぎてから、何かチャイムらしきものがきこえたかな?

次に、チャイムが鳴ってるな。「防災放送がどうのこうの」って言ってるなぁ。
と解るようになり。

その後、はっきりとチャイムと防災放送の試験放送をしていることが判った。

次は西方向。
たまたま、我が家が、この方向に有るので、家で聞くことにした。
前触れもなく帰ってきた婿さんに、嫁がびっくり。
「えぇ、もう帰ってきたん?」
「やかましい、これも仕事のうちや」
食卓に座って、珍しく夫婦の会話。
不思議がる嫁。

「あっ、お茶でも飲む?」
「おっ、頼むわ」
益々いぶかる嫁。

当たり障りのない話をしていたが、突然
「やかましい!」
「えっ」
「今、何か聞こえへんかった?」
「えぇ、何か鳴ってる?」
腕時計を見ながら、耳を澄ます私。
パニックになりそうな嫁。

「あっ、そういえば何か鳴った?」
「よぉ解らんな」
しばらくして
「あっ、チャイム鳴ってるわ。防災放送がどうたら言うてる」
「ちょっと解るようになったなぁ」

しばらくすると、チャイムが聞こえ、防災放送が何とかと言ってるのが判るようになってきた。

「うーん、これやったら、話に夢中になってたら判らんな」
「テレビ点けてたら、判らんかもね」

「さぁ、終わったし。行ってこぉ」
「どこへ行くん?」
「仕事やがな」
「えぇ」

次は北西方向の800m付近の測定地点に行った。
此処には、職員や、その他の関係者が多くいて測定していた。

聞く位置の高さの関係だろうか。
此処ははっきりと聞こえた。
特に8連の方は、隣の人との会話に支障が出るくらいの音で聞こえた。

そして、この場所に今回のデモを担当している技術者の方がいらっしゃったので、さらに詳しい説明を聞くことが出来た。

このスピーカーシステムは、遠い距離まで音が届くという点では非常に優れているらしいが、防災放送が3秒間以上のタイムラグが許されてないらしく、1秒間に音が伝わる距離との制約で(3秒間に届く距離)1km以上離れたところを対象地点にはできないんだとか。

ということは2Kmメッシュで、1か所の放送設備を作る必要が有るのだとか。
人はパニックになると音がする方向に逃げようとする性質があるのだそうで、防災放送設備は、避難所に設置するのがよいのだとか。
高い建物等があると、音が遮蔽されたり、こだまになって帰ってくる音との関係を計測しておかないと共鳴や、消音が起こったりもするそうだ。
地形や、建物の3D計測を行い、パソコンを使ったシュミレーションが必要になるらしい。
実際に、この設備を使って完全なものを作ろうとするとかなりの労力と経費が必要になるらしい。

防災放送の不備が市民から指摘がされてはいるが、だからと言ってどこまで経費を掛けることが許されるのか。
この一点だけは、議会でも真剣な議論が必要になると思う



テーマ:日記 - ジャンル:日記

箕面市の話 | 08:53:32 | Trackback(0) | Comments(0)
冷静
今朝10時から平成25年第1回箕面市都市計画審議会が開催されました。
24日に事前説明会が開かれ、今回の案件は「箕面森町地区の都市計画変更の検討状況について」という報告案件だということが判っていた。

この件は先日新聞等で発表されたが。
箕面森町に利用形態が定まらない12haの土地にスポーツ系大学が来てくれることが決まった。
ついては、この地区の用途や、高さ制限の見直し作業を行おうとするものです。

この報道に接したとき、
これで懸案事項がまた一つ解決した。よかった、よかった!
これで、北大阪急行線の誘致にも弾みが付くだろうし。
学校施設だということで、文教に力を入れている箕面森町地区のためにも良いことだ。
箕面トンネルの通行量の改善にも一役買ってくれればうれしいのだが。
等々。
うれしいばかりで、問題点など考える気持ちさえ湧かないというのが、正直なところだった。

事前説明会でも、特筆すべき質問もなく。
「特に課題も無いよね」
勝手に思い込んでいた。

今日の、審議会では日本・・党の議員から。
「山中に忽然とナイター設備の整ったグランドを作って、貴重な動植物の生態系を乱すのではないか」
といった、ある意味想定内の質問が出た。

同じ日本・・党の議員さんでも、この方の質問なり意見は。
「懸念されるので、不都合が起こらないようによく検討してください。よろしくお願いします」
で終わるから、「なるほど」と共鳴させていただくことができる。

「他にご意見ご質問はございませんか」との委員長さんの催促に促されるように、学識経験者に区分されている委員から次々と質問が出された。

「大学の誘致は結構ですが、学生が住む場所を確保してあるのでしょうか。森町地区にはいわゆるワンルームマンションが建設できないと思うのですが」
とか
「大学が来て、学生さんが集まってくれることを想定した街づくりをしておかないと、地域での経済的な貢献(循環?学生さんの使う金が地域で活かされない。ということです)が期待できなくなる。これは、地域だけでなく学生にとっても不便を強いられるので、検討すべき」
とか。
「折角スポーツ系の大学が来るのだから、同校の施設開放事業や、地域に密着したカリキュラムを組んでもらうことで、森町全体の振興に役立てるべきだ」
とか。

私が思いつかないような指摘をされていた。

うーーん。
流石と言うか、なんと言うか。
冷静だね。

市の職員さんも、それらのことは想定して相手側と折衝しているらしい。

恐れ入りました。



テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

箕面市の話 | 13:14:30 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ