FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
眼鏡
歳をとってくると、色々と不自由な事が出来てくる。
特に実感させられるのが、眼の衰えではないかと思う。

細かい文字が見えない。
これは本当に困ったものだ。

どこかで、壇上に上がり朗読をしなくてはいけないときは特に悲惨だ。
決議文等の朗読は、正確に読めないと話にならない。
聞いている側からすれば。
「ちゃーんと読めよ。え、え、なんやて。えぇぇ、そんな漢字も読めんのか。こいつアホとちゃうか」
今までは、聞いている側にしか居なかったから、ずーっとそう思ってきた。

過去に、何度か眼鏡を忘れて朗読をする羽目に。
私の国語力は悲惨なものですが、それ以上に見えにくいというものはこれほど困るものだと痛感させられた。

地図を片手に市内をうろうろと。
住所は判っているのだが、地図を見ても家が見当たらない。
気の短い私は、自分自身に腹を立て。
いらいらの連続。
ついつい、家に帰って当たり散らす。

「見えへんねんやったら、ちゃーんとした眼鏡買ぅたら」
「わかってる!。いくつ眼鏡持ってる思ぅてるねん。どれもこれも役に立たんやつばっかり、売りつけやがって」
「私に怒ってもしゃーないやんか」
「ほんまに、腹の立つ」
「私に言ぃな。ちゅうてるやろ」

度数の違う、老眼は勿論。
遠近、中近、近近(書類とパソコン画面を見る用です)まで様々。
フレームの形も其々に違うのを持ってはいるが。
どれも役立たずばっかり。
値段も大体が・万円位する代物。

「中井さん、それやったら・・・へ行かはったら。私も悩んで悩んで・・・で作ったらぴったりやったわ。やっぱりあそこは上手やわ。その代り・万円くらいは出さんといかんよ」
他人に勧められていった眼鏡屋さんが4軒。

結局は怒りまわして、最初の老眼鏡に戻ってしまう。
え、何処の眼鏡かって?
「ダイソーの眼鏡」
そう、100均の眼鏡。

度数を分けて(1.5。1.75。2.0)3種類ほど持っている。
えらそうにこの様に書き込んではいるが、買ってきて度数を書いたテープを外してしまえば違い等判りはしないのだが。
アバウトな私は、その日机に有る眼鏡を適当にポケットに入れ出かける。
「あ、今日はよく見える」
「何か見難いなぁ」
程度の事はよく有るが、なんとか許容範囲です。

不思議ですよね。
・万円の眼鏡で、少しでも見難ければ無性に腹が立つのに、100均の眼鏡ならそれが許せる。
所詮は、私の不自由なんてこの程度なのかも知れない。

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

自己紹介 | 06:23:14 | Trackback(1) | Comments(0)
脱力
今朝、やっと田植えが終わった。
終わったとたんに雨が降ってきた。

グッドタイミング、
さあー、一般質問に力を入れるぞー。
という事で、9時過ぎに市役所に来た。

が、今回、あまりに早くから質問を仕上げてしまったので、本人としてはすでに6月議会が終了してしまった感がある。
これから、質問をプリントアウトして、何回も読み返して修正をかけなければいけないが、それをする気さえ起らない。

疲れから来る脱力感だろうか。
今回は、質問当日までのペース配分を間違えたのが原因だろうか。
本当にやる気が起こらない。

疲れた。
ブログを書き込む気も起らない。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

自己紹介 | 11:17:25 | Trackback(0) | Comments(0)
無情
男が年をとるとロクなことがない。

孫からの電話
「ババは?」
「どっかへ行った、ジジやったら居てるけど」
「ふ~ん、また後でかけるわ」

クリスマスプレゼント
「何が欲しいのかジジに言うとかんと、サンタさん何しようか迷うで」
「もう、言うたからええねん」
「誰に言うたん」
「お母さんに。ジジに言うたかて判らん、判らん」
「言うてみな、判らんがな」
「・・・・」
「なにそれ」
「せやから、判らん言うてるがな」

お年玉
「はい、これジジとババから」
「ババ、ありがとう」
「ジジにお礼は」
「もう、ババにお礼言うた」
「あっそ」

今日、東京に行っている二男に私の携帯から電話をかけた。
ず~と呼びだしているのに出ない。
仕方なしに切った。
「用事が有るからかけとんのに出よらん、後でお前がかけとけ、わしが用事有るからわしの電話にかけてこい言うとけ」
家内が時間を見て
「おかしいな、あんたの携帯やから出えへんのん違うか」
「そんなことあるか、偉そうに言うな、お前かけてみいや」
家内がかけた。
2,3コールで出た。
わしの方を見て、うすら笑いを浮かべ
「おとうちゃんが、用事ある言うてるで、一寸代わるわ」

ああ~情けない。
こんなに嫌われるとは。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

自己紹介 | 19:02:10 | Trackback(0)
マグロ(そんな立派な物か?サンマちゃうの)
 12月10日、目が覚めた。
 生きていて本当によかった。
 9日の夜なのか10日の未明というべきなのか、異変に気がついたのは確か23時ごろだったと思う。
 急に頭が痛くなり、胸が苦しくなり目が覚めた。
 変な汗をかいているし、のどが妙に渇く。
 とにかく起きて風邪薬を飲んだ。
 昨晩食事時にかなり濃い目の焼酎のお湯割りを飲んだのが原因なのか。
 それとも、今年に入ってからずーと物事に追われていたのに、今回は初めて本会議でする予定の一般質問が出来上がり、変な余裕ができたのがいけないのか。
 高校の時、クラブ担当の先生が「高橋(私の旧姓です)は仕事を切らせてはいけない、ロクな事を考えないし、何をしでかすかわからない、常に課題を与えておけ」。
 きっと今回も先生の見立てが当たっていたと思う。
 きっと原因は焼酎じゃない。
 9日の妻との会話だ。
 「もう、一般質問出来上がってん」
 「ふーん、ほんだらゆっくりしたら」
 「あほかおまえは、今度は議員提案の意見書ちゅうモン出したろ思てんねん」
 「あんた、ちょっと待ちーな、まだ市会議員になって3か月やで、一期やるだけでもあと3年9か月あんねんで、あんたいったいどこまで行くつもりや」
 「やかましい、あと何日でも生きられる保障あんのんか、明日起きてけえへんかも知れんど」
 「また、始まった、好きなようにし」
 
 このブログは11日の5時過ぎから書き始めました、体調は元どうり。
 あの体調の変化はいったい何だったのか
 昨日はいつもどおりの生活で、変わった事といえば、怖がりな私は今回も行きつけの市役所前の漢方薬のお店で
 「体調がわるいねん、ふらふらするねん」と言っていつものように薬をもらって飲んだ事ぐらい。
 妻に止められているのに、会派で「農地法の改正と、相続税の猶予措置を受けた生産緑地の多様な活用方法について」との題で議員提案の意見書を3月議会に提出したいと宣言をした。 
 昨夜は衆議院の原田代議士の国政報告会と、新政会の忘年会があり、色々な人から来年の勉強すべき課題を沢山もらった。
 
 私の干支はきっと、止まると死んでしまうマグロだと思う
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

自己紹介 | 06:50:12 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は中井博幸です。自己紹介をします
はじめまして、中井博幸と申します。昭和26年8月生まれの56歳です。大阪府和泉市府中町で、姉が2人、兄が2人の末子として病弱な子供として生まれてきました。小さい頃は元気に友達と遊びまわったという記憶が余りありません。
記憶にあるのは毎日母親が作ってくれたジュウヤク(ドクダミ)のお茶と、1週間に2回父親が近所の医者へ自転車で連れって行って注射をさせられた事、小学校1年生の夏休みに我が家で1番涼しかった座敷でずっと寝ていたこと、おかげで宿題のドリルも開けずじまいで、9月中頃から学校に行った事を思い出します。それが親の努力のかいが有って小学校5年生の頃から段々元気になり現在に至っています。
その頃の家業(園芸店)を手伝うために和泉市から1時間40分ほど掛かって池田市にある園芸高校に通いました、そこで同級生だった中井多佳子と知り合い、家業を手伝わずに現在の箕面市桜に婿養子に来ました。
私が22歳の時でした、以来34年間植木屋としての経験で感じてきた事を綴って行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。



テーマ:はじめまして! - ジャンル:日記

自己紹介 | 16:33:09 | Trackback(0) | Comments(0)