FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
イラガ、2
イラガの不思議について
1番に思うのが動きが遅いことです、他の毛虫なら殺虫剤をかけられると一斉に逃げようとして落ちてくるものや、激しく首(?)を振るもの等殺虫剤が効いているとゆうか、それなりにやりがいが有るものですが、イラガは我関せずというか、その時は何の変化も見せないのでついつい殺虫剤をかけ過ぎたり農薬の濃度を濃くしたりしがちになりますが、他の毛虫と同じ程度の散布方法で効果があるようです。
殺虫剤の散布後に見ると逆に他の毛虫は被害のあった葉の付近を良く見ないと死骸が見つけられずに効果を疑る事が有りますが、イラガはその場所にしがみついた状態で死んでいるので殺虫剤の効果が判り易いです。
 私がいつもイラガに悩まされているので、特にジッと見る事が有りませんが(見たくも無い)イラガに足が有るのでしょうかナメクジの様な動きをするように思えて仕方が無いのですが、それと不思議なのが他の毛虫ならば食べている木の枝が剪定をされてしまい、食べている葉が枯れると急いで移動をして新鮮な葉に付かないと数時間で死ぬと思えるのですが、イラガは一週間位なら平気で移動もせずにかさかさになった葉に付いています、変わった事と言えば多少干からびているのか色が緑色から少し黄色っぽくなっていますが、それも周りの枯葉に合わせての保護色なのでしょうか。


スポンサーサイト



テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:28:13 | Trackback(0) | Comments(0)
イラガ
昨日作業中にイラガに刺されました。
チャドクガには、殆ど痒みなどの被害が無い私にとって、唯一いやな害虫の出現です、毎年なら盛夏のころに1度発生をして今頃から10月中悩まされるのですが、今年は少し毎年と違うようです。
この虫は雑食性が強く、桜や桃を始めとするバラ科からモミジや榎そしてモッコク、など広葉樹なら殆どについている様な気がします、最初は集団で発生をするので、木の下からみると何枚かの葉が透けて見えて木の下に小さな糞が落ちていれば発生を疑うべきです、私の経験では農薬の濃度を決められた範囲内で濃くしないと効きにくいと思います。
大きくなるににつれて単独行動をし木全体に一気に被害が拡大します、幼虫の色が緑色に近いので、私のように老眼が進んできますと気が付かずに触ってしまう事になりひどい痛みに苦しめられる事になります。
特に指の関節付近を刺されると半日近く仕事に影響する事もあるので私には注意が必要です。


テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:13:59 | Trackback(0) | Comments(0)
前回の市長選挙2
藤沢陣営の運動員の皆様、あなた方が梶田市長候補に言ったあの言葉を覚えているでしょう。
私は街頭演説が終わったとたんに駆け寄ってくる皆さんから候補者を守るべく急いで候補者を車に押し込み車の運転をしたので、藤沢市長候補がその団体の中にいたのかは判りませんが、まさか同じ様に梶田市長候補に「あなたの公約は、今録音したからね、公約を守らないと訴えるからね」とは言っていないでしょうね。
確か、藤沢市長候補は公約で、ごみ袋の無料化等を掲げておられたと思います、藤沢陣営の皆さん、どうして公約をことごとく守らない藤沢市長を訴えないのですか。
それとも、あなた方は最初からとにかく市長になれさえすれば良いと考えていたのですか、私ならこんなにひどい手法での選挙の勝利ならその選挙に係わったことを恥じるでしょうね。

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

箕面市政を考える | 05:15:48 | Trackback(0) | Comments(0)
前回の市長選挙
箕面市の藤沢市長あなたは私を覚えていますか?
3年前の市長選挙の時に私は梶田前市長の運動員として市長選挙にかかわっていました、選挙も終盤の8月20日の午後4時10分頃に桜ヶ丘のコープ付近であなたの陣営は車を停めて街頭演説をしていました。我が陣営もそこで4時15分から街頭演説をしたく思っていましたが、私の判断で4時30分に現地に到着しましたがあなた方はまだ街頭演説をしていました、仕方なしに我々は場所を変え反対側を向いて車を止め用意をし、街頭演説を始めましたが、あなた方の移動する気配が無いので妨害をされるのではないかと心配をしていました、幸い街頭演説の最中は妨害も無くほっとしましたが、自動車に乗り込む時にあなた方の陣営の数名の方が我々の選挙カーを取り囲み[梶田さん今の街頭演説の内容はすべて録音したからね、公約は守ってね、守らないと私たちはあんたを訴えるからね]と言われました。
私はその時はまだ梶田さんの勝利を信じておりましたので、藤沢陣営にはすごい事を言う人たちがいるな、と思っていました。



テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

箕面市政を考える | 14:47:25 | Trackback(0) | Comments(0)
チャドクガNo4
チャドクガに対する不思議を書きたいと思います、農大生の方で共感出来た方が研究していただければ大変うれしいです。
まず、同じ庭の中で必ず被害の出る木と出にくい木が有る事です、椿や山茶花、お茶等の樹種の違いや、其々の品種違いでは無いと思います。
また、各現場に拠って毎年のように被害の出る場所が決まってくる様ですが、それが庭の奥の風の通りにくい所であったり、逆に道に面した良く風の通る場所であったり、また日当たりもあまり関係がないように思えます。
例えば中井さんの庭でこの木に被害が無ければ大丈夫と言う様に毎年この木から被害が出始めると言う事が決まっていることが他の害虫と大きく異なる事だと思います、原因の1つがチャドクガが土の中で蛹になり羽化している事かと思いますが、成虫の飛ぶ力が極端に弱いから羽化の時に風に流される事も少なく、とにかく近くの木に産卵をするから毎年同じ木で被害がでるのでは無いでしょうか。
秋に発生するチャドクガの成虫は10月から11月で有るとの事ですが、私は、その頃毎日のように椿の木等の手入れをしていますが成虫を見た事がありません、勿論産卵の現場に出食わした事もありません。
また、チャドクガの天敵は有るのでしょうか、もし有るのならこれほど毎年同じ場所でと言う事は考えにくいと思います。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

チャドクガ | 05:04:21 | Trackback(0) | Comments(2)
チャドクガNo3
チャドクガが付いてしまったらどうするべきかを書きたいと思います。
1番良いのは近付かない事ですが、そうもいかない時は、まず発生間もない時は虫の付いている葉を切り取って金のバケツの中で焼くと良いと思います。園芸店で売っているような殺虫剤のスプレー缶で十分効果が有るので十分注意書きを読んで使用してください、よくキンチョール等の家庭用の殺虫剤を使う方がいますが良くないと思います、勿論効果は有りますが、近距離からたっぷりと噴射をして木をひどく傷めて枯らす事も有るので注意してください。
薬を散布するにしても、剪定をするにしても絶対に木の下に入って作業をしないようにしてください、脚立等を使って横からそして木の頭から順番に下に作業をすること、木を激しく振って掛かり葉を落とそうとしたりも禁物です、虫の付いた葉は早く片付けましょう1番良いのは焼く事ですが出来なければ、ビニール袋に入れて殺虫剤をまいておけば良いと思います。
身体に痒みが出てきたら、シャワー等で洗い流し早く医者に見せるべきです、近年はお医者さんの治療方法が進歩したのか昔のように2週間も苦しむという様な事は聞かなくなりました。


テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

チャドクガ | 05:34:06 | Trackback(0) | Comments(0)
チャドクガNo2
チャドクガの対処法について経験に基づいた話をさせていただきます。
チャドクガは年2回5月下旬頃と9月中旬頃に発生をします、春の発生は、前年度の秋に産み付けられた卵が箕面ではゴールデンウィーク頃に孵ります、私はその年のソメイヨシノの開花から1ヶ月をめどにデプテレックスを散布しています、この薬は害虫に直接かかっても効くし薬のかかった葉を食べても効果が有るようなので春先に発生する様々な害虫に効くと思います、またこの時期に散布をしておくと、夏から秋の剪定の時に蜂の巣が少なくなるので蜂に悩まされる事が少なくなりますので、庭の隅々まで散布させていただいています。
秋の発生には箕面では地蔵尊の頃に殺虫剤を散布すればよいと思います、ただ秋に発生する害虫は近年では、アメリカシロヒトリや蓑虫等の被害が少ないので8月下旬から9月上旬にかけて被害の出ている木だけを対象に殺虫剤を散布したら良いと思います、只チャドクガは殺虫剤が効きやすいので効果はすぐに現れて死んでしまいますが、死んだ後の体毛でも触ると酷い痒みが出るので2,3回強い雨が降ってからでないと近づかないようにすること。

テーマ:樹木・花木 - ジャンル:趣味・実用

チャドクガ | 05:39:11 | Trackback(0) | Comments(0)
チャドクガについて
私が始めてチャドクガと言う言葉を聴いたのは、今から何年前だったろうか確か中学生の時にテレビのニュースで近所の信太山でチャドクガが発生した、この虫は刺されるとひどくはれるので注意してくださいと言うものであったと思う、私はそのときは理科部に所属をしていたのでどの様な虫なのか見てみたいと思ったものです。
実際にチャドクガの幼虫に出会ったというか、被害に会って体中腫れたのは30年前であったと思います、9月の初旬山茶花の木に見たことも無い虫が一面に付いていて他の毛虫と同じように想い木の下から剪定を始め木を揺すった途端に沢山の毛虫が降りてきて身体に付きました、その時に同じように作業をしていた義父も初めての経験だと言っていたのを思い出します、とにかく激しい痒みで作業終了後すぐに風呂に入って身体中アロエの葉を塗った事を思い出します。それから2年後に我が家の立替工事の為に解体工事にきた人が我が家の椿の木に付いていたのであろうチャドクガに負けて1週間ほども作業が中止になり、つぎに来た時にはまだ脇の下あたりにミミズバレが有るのを見ました。
その年から植木屋の間で評判になり始め、誰かも2週間も仕事を休んだと言う話で持ちきりになりましたが、椿や山茶花に付くらしいという程度で、生態形や防除方法はほとんど判りませんでした。


テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

チャドクガ | 15:29:12 | Trackback(0) | Comments(0)
今日は中井博幸です。自己紹介をします
はじめまして、中井博幸と申します。昭和26年8月生まれの56歳です。大阪府和泉市府中町で、姉が2人、兄が2人の末子として病弱な子供として生まれてきました。小さい頃は元気に友達と遊びまわったという記憶が余りありません。
記憶にあるのは毎日母親が作ってくれたジュウヤク(ドクダミ)のお茶と、1週間に2回父親が近所の医者へ自転車で連れって行って注射をさせられた事、小学校1年生の夏休みに我が家で1番涼しかった座敷でずっと寝ていたこと、おかげで宿題のドリルも開けずじまいで、9月中頃から学校に行った事を思い出します。それが親の努力のかいが有って小学校5年生の頃から段々元気になり現在に至っています。
その頃の家業(園芸店)を手伝うために和泉市から1時間40分ほど掛かって池田市にある園芸高校に通いました、そこで同級生だった中井多佳子と知り合い、家業を手伝わずに現在の箕面市桜に婿養子に来ました。
私が22歳の時でした、以来34年間植木屋としての経験で感じてきた事を綴って行きたいと思いますのでよろしくお願いいたします。



テーマ:はじめまして! - ジャンル:日記

自己紹介 | 16:33:09 | Trackback(0) | Comments(0)