FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
松の木の剪定について
松の手もみについて。
 松の木の剪定方法ですが、前述のようにかなりの経験がいると思います、手もみをするにはいろいろ条件があります。
 まず必ず昨年も剪定をしてある木であることが必要です、今年に伸びた新芽がきれいに揃って出ている様な木でないと無理だと思います、それ以外の木は前述のように「鋏うち裏葉欠き」(鋏を使って形を整え古い葉を欠きとる)しかできないと思います。
 庭全体を見て、木を枝を見て、将来に自分がどのような形にしたいのか、またその松の特徴(葉性)葉の太さや長さ、新芽の出方が3本出るのか、2本なのか、新芽がうまく上を向いて出るのかどうか等、私がしてきた松で2本と同じ葉性の木はありませんでした、また葉を欠きとる時にも容易にとれる物も有ればとれない物もあります、欠きとると皮がむけるので、1対ずつ引きとる事すらあります。
 私も新しい木の手入れをさせていただくときには、その木の芽の出方でだいたいの事はわかりますが、やはり3年位は続けて手入れをさせていただかないと綺麗にはいかないと思います

スポンサーサイト



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:22:56 | Trackback(0) | Comments(0)
松の木の剪定について
松の手もみと呼ばれている方法について。
 植木屋が普通にやっていた方法ですが、近年ではあまりに手間がかかるので、段々やるお客様も職人も少なくなってきています。
 また、上手にやっていれば本当に綺麗ですし前述のように早い時期にさせていただければ9か月位は美しく楽しめますが、近年、私共の近所でも、にわかづくりの植木屋さんや、シルバー人材センターの人達がした松を見ると違和感を感じることも多々あります。
 よく、私が松に上っていると下にシルバーの職人さんと思し召しき人が飽きずにずーと見ています、30分ほどして「ああ、そうするのか、ありがとう、よくわかりました」と言って納得をしてますが、私は植木屋をもう38年やってます、最初10年間ほどは松の木は触らせてもらえませんでした、最初は掃除ばかり、続いてマキやウバメカシなどの刈り込み、そしてカシやモチ等のチラシと呼ばれる刈り方、やっと松の木の鋏うちというように、最初はただ職人さんのやり方を見ているだけでした。
 そんな簡単には自分も他人が見ても納得できるようにはいかないと思います、そういう私も自分で満足をすることはほとんどありません。



テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:43:50 | Trackback(0) | Comments(0)
松の木の剪定について
今日は松の木の剪定の仕上げです。
 鋏で切ることで、大体の形ができたら仕上げに去年の芽に付いている古い松葉をとります、今年の葉と比べると色も葉の大きさも違うので、すぐにわかると思います。
 小枝から下に垂れている古葉を取るだけでも十分きれいになりますが、できたら古葉はすべてとってください。
 この作業が1番難しいと思います、できるだけ新しい芽を上から抑える事がないようにします、枝の下からそして体の遠くから近くに向って仕上げて行きます、どうしても枝の上から作業をする時は、新芽を折らない様にやわらかく、一か所を強く抑えないように仕上げて行きます。
 古葉がすべてとれたと思ったら、もう一度離れて見てください、枝のどこかに松葉が引っ掛かっていませんか、新芽を押さえつけて折っていませんか、まずそれらをきれいに取り除きます、また新芽が1本だけ飛び出ていませんか?、確認ができたらこれで松の木の剪定のうちの「鋏うち古葉とり」という方法の出来上がりです。
 1枝ができたところで、近所の上手に手入れをしてある松の木を見に行って、自分のした松と比べてください、始めは1度で仕上げようとしないで徐々に仕上げていくことをお勧めします、次回はいよいよ松の新芽の松葉の数を整えていく松揉みについて書きたいと思います。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:45:06 | Trackback(0) | Comments(0)
大阪市長選挙について
大阪市長選挙があり民主党が推薦する平松さんが当選をしました。
 マスコミは、今、民主党が天下を取ったかのように騒いでいますが、はたしてそうなんでしょうか?
 私は平松氏が、毎日放送のアナウンサーであったという事が、今回の勝利の大きな要素のような気がします、かつて横山ノック氏が知事であり西川きよし氏が参議院大阪選挙区で圧倒的な強さで当選をしていた様に、いわゆるタレント枠というもので当選したのではないのだろうか。
 私は、逆に横山、西川両氏は、既成政党の力を借りずにマスコミを利用してはいましたが、自分の考え方を表に出していたと思いますし、私は西川氏の生き様が、大好きですし尊敬をします。
 さて、新市長は市の労働組合の推薦を受けて当選をしています、この様な立場で本当に市民の為の市政ができるのでしょうか?
 私は、氏が、待ったなしの改革を労働組合に十分説明をし、その考えかたに労働組合が共鳴をし、ともに手を梓えて歩んでいく為に推薦を受け当選をしたのなら立派だと思いますが。
今回の選挙は、国の政治の駆け引きで、大阪市長選挙が利用されているように思えてなりません、新市長には市民の為の市政をしてもらいたいと思います。

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

私の政治理念 | 06:17:31 | Trackback(0) | Comments(0)
松の木の剪定について
引き続き松の木の剪定方法の内、鋏うちのやり方について
 よく素人の方が失敗するやり方の1つは、混みすぎるということではないかと思います、それをなくす為には、枝の中で重なっている小枝の整理です。
 まず、重なっている小枝のうち上から被さっている小枝は切り取ってしまいます、次に枝の根元から先に向かって小枝が伸びていると思いますが、その形に逆らって反対に向かっている小枝を切り取ります、これでかなりすっきりしたと思います。
 つぎに枝を水平方向から見てください、枝の形にもよりますが緩やかな山形になっていると思います、新芽の出ている節が横に連なってきれいな山形になっているでしょうか、極端に高かったり、低い小枝は切り取りましょう、もしもそれを切って大きく枝の1部分が穴があいて困るようでしたら、新芽を松葉5対ほどを残し切り取ります(中芽打ち)、次に新芽の先を見てください、きれいな山形になっていますか、形を崩している新芽がその節から複数出ているときは切り取ります、それを切り取ると付近に新芽がないときは、中芽打ちをします。
 最後にできれば、枯れた松葉や、去年の松葉を毟り取ってください。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:14:39 | Trackback(0) | Comments(0)
松の木の剪定について
今回は松の木の鋏うちと呼ばれる剪定方法です。
 今回は去年まで植木屋さんに手入れをしてもらっていた松の木の剪定方法です。
 前々回に解説をした、6月頃に新芽をすべて切る方法(みどり摘み)が1番簡単ではないかと思いますが、時期をはずしてしまい正月が近づいてきて困った、という時に良い方法です。
 松の木は普通は去年の芽の先から2~3本程度の新芽を出します、先ずその新芽の内、真ん中の1番大きな新芽を根元からとります、小さな芽が1,2本残ると思います、この方法で一つの枝をやります。
 当然去年の枝よりも混んでいると思います、去年の枝の形から比べて枝の厚みが極端に高くなっているのであれば、残した新芽のうち大きく突き出ているものから順番に切り取って行きます。
切ろうとしている芽をよく観察してください、その新芽を切り取ってもまだ同じ節から、また去年の節から出ている芽が高ければ思い切って切ってください、切ることで大きく穴があく(手のひら程度)位なら大丈夫、おそらく来年には近くの新芽がカバーをします、それよりも枝の厚みを高くする方が、将来取り返しがつかなくなるので注意してください。
 当然、残す新芽は低い位置の節から出ている場合は複数残すことになりますし、高い位置から出た新芽は低い位置まで切り戻すことに成ることになります。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:55:38 | Trackback(0) | Comments(0)
松の木の選定について
続いて松の木の剪定方法です。
 2~3年以上放置された松の木の剪定方法についてヒントを1つ。
 まず大きく伸びた枝を切ります、思い切って切ります、その枝をよく見ると1年ごとに伸びた枝の節目がわかると思います、節目節目から枝分かれしています、3年位の放置ならば最後に剪定をした後がわかると思います、その剪定後に伸びた節目のところに小さな芽(小さな松葉が2~4対位付いている)があれば、その節目のところでその小さな芽を残し、切ります。
 このように、できるだけ枝の根元にある小さな芽を見つけてその節目で切り落としてください、そして古い葉、枯葉を採れば出来上がりです。
 よく皆さんから聞かれるのが、こんなに切って大丈夫なのかということですが、先ず1枝(1塊りになった枝)を試してみて、近所の植木屋さんがした松を見に行って、比べてください、そんなに変わりがないと思えれば、この方法で大丈夫、自信を持って剪定をしてください。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:19:49 | Trackback(0) | Comments(0)
松の木の剪定について
松の木のいろいろな剪定方法について。
松の剪定方法で1番素人でもやり良い方法は芽摘みではないかと思いますが、この方法で剪定をする木は日当たりの良い木にしてください。
 方法は6月頃に松の新芽が伸びてきて松葉が2cm位になり緑色がはっきり分かるようになれば適期です、新芽はすべて指で折るかハサミで切り取ります、その時には必ず全て採ります。
 そして今ある去年出た枝のうち必要でない枝をよく見極めて半分くらいに減らします、この時にそれぞれの枝の大きさ、バランスをよく見極めるのが大切です。
 最後に去年に出た松葉を半分程度に切ります、これをする事により秋に古い葉をむしり取る時の作業が非常に楽になります、松の木によって違いはありますが、木によっては下から枝をゆするだけで古葉が落ちる物も有るぐらいです
 晩秋に、伸びた新芽をあまり混まないように半分程度に整理をして古葉を毟り採って出来上がりです。
 コツはそれぞれの枝の中を混みあわせないことだと思います。

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:20:31 | Trackback(0) | Comments(0)
松の木の剪定について
今日は松の木の手入れについてです。
 松の木は7月中旬が過ぎると中芽(今年に伸びた新芽の途中で切ること)をしない限り新しく新芽が伸びる事はありませんのでこの頃を過ぎると剪定をしてもよいと思います。
 早く剪定をしておけば次の年の5月に新芽が伸びてきて形が崩れるまで長くきれいな形が楽しめます。
 私は、早い時期に剪定をするので、これから少し葉が太く長くなる事を考えて、葉の数も新芽の数も秋の剪定の時よりも少なくします。
 これが功を奏して松の新芽が立った形になり易いと思います。
 とにかく松の木の葉性(新芽の出方や葉の太さや長さなど)は私の経験では2本と同じものはありません、それぞれに特徴があります、その木の特徴をうまく引き出して、その庭に合った良い庭樹にしていくのが、植木屋の技術であると思います。
 私のやり方は昔からの松揉みと言われる方法です、とにかく時間のかかる方法で、うちの得意先の木で1番長くかかる木は7日ぐらいかかってしまいます

テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:15:40 | Trackback(0) | Comments(0)
庭の剪定は何時がよいのか
庭の葉刈りはいつがいいのか?
 よく、お客さんに聞かれることです。
 私はいつも、いつでもいいですよと答えています。
 何故かというと、皆が決まった時期に一斉に剪定に来てほしいと謂われても、それは不可能なことだからです、しかし正月前、祭り前等大きな行事前はどうしても込み合います、植木屋の私なりの意見を申し上げます。
 先ずお客様がどのような状態の庭が好きかということに尽きます、刈りたての植木をきれいと思うのか、少し伸びてきた状態が良いのか、自然な感じの庭が良いのか、また庭の主木が松の木や槙の木の様なのか、自然形の花木なのか、庭の花を楽しみたいのか、1年間変化のない庭が良いのか、庭の掃除はいつも自身でしているのか等々お客様によって本当に千差万別なのです。
 1番多いのが正月に刈りたてのきれいな庭が見たい、植木屋さんについでに掃除もしてほしいという方ですが、それに応えるには限りが有り難しいですね。


テーマ:ガーデニング - ジャンル:趣味・実用

植木屋日記 | 06:08:26 | Trackback(0) | Comments(0)
気になったこと
朝日放送での今井一さんの一言について。
 まずごめんなさい、ジャーナリストとの肩書きで2週間ほど前に朝日放送のラジオに出演をしていた方の名前ですが間違っているかも知れませんが、話の内容ははっきり覚えているつもりです。
 内容は大阪市の市長選挙について、既成の政党に支持をされているような候補者ではだめだ、市長選挙は首相選挙のように間接選挙ではなく、直接選挙だから市民の声を直接反映させる事の出来る人を選ぶべきだ、周辺の各市でそのような動きが始まっている、との話の中でさも市民派の箕面市の市長が良いというような話でしたが。
 今井さん貴方は箕面市の藤沢市長の事をどれだけご存知ですか?
 市長に選ばれる人の条件に最も必要なのは、既成政党が推薦をしているのか、市民派なのではなくその人の人間性ではないかと思いますがいかがでしょうか?
 私は、既成政党の推薦を受けている候補者にも良いことが沢山あると思います。
 先ず選挙で訴えた公約が推薦をした政党の手前守られることが多いという事。
 市の運営の内、市単独で行われる事は少ないと思います、やはり府や国の協力をお願いをして市民のためになる事は実現出来るように調整が成し易い事等、色々あると思いますが今井さんいかがですか?




テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

箕面市政を考える | 06:47:13 | Trackback(0) | Comments(0)
裁判員制度について3
なぜ、司法制度を大きく変化させる必要があるのか。
 知識人と呼ばれる人たちではなく一市民として、なぜ司法制度を根本的に変えかねない裁判員制度を実施する必要があるのかを、考えてみたいと思います。
 私的には、近頃の刑法に関する刑罰の重さには疑問を持つことが多くあります、被害者の人権よりも加害者の人権ばかりが守られているように感じられます、特に殺人を犯した時の精神状態により罪が問えないだとか、光市の母子殺人事件のように弁護士が変わったとたんに一転して加害者の心境が、実はこうであったから罪を軽くしてほしいとか、私には理解に苦しむ事ばかりです。
 私は精神的にどうであれ、被害者と加害者との人間関係、相互関係のみが考慮されるべきだと思います。
 もっと簡単に人を殺せば厳罰にするべきだと思います(べつに今の刑量をもっと重くせよと言っている訳ではありませんが)、とにかく今の刑事裁判には首をかしげたくなることが多くあります。
 だからと言って、もっと庶民感情に合った判決を下すために裁判員制度を導入するのはあまりにも乱暴だと思うのですが。
 

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

私の政治理念 | 05:37:41 | Trackback(0) | Comments(0)
裁判員制度について3
裁判員制度の施行に伴う心配事について
私は、裁判員制度が施行されると刑の確定が、貧富の差により左右されやすくなるような気がして心配をしています。
 現行の制度であれば、プロの裁判官なので、慣れていると思うのでマスコミの思い込みや、煽られた世論、何よりも言葉巧みな弁護士に操られることは少ないと思いますが、私たち素人がそれらの攻勢に耐えられて公正な判断が出せるでしょうか。
 今後は力の有る者の関係者が起こした事件は、多額報酬で雇われた無罪請負人と呼ばれるような弁護士が弁護をするでしょうし、もっと力の有る者はマスコミをも操作をしたら、私には公正な判断を下す自信がありません。
 今でも、私には縁が無いので、洋画にでてくるような無罪請負人のような凄腕の弁護士がいるのかはわかりませんが、今後はそのような人達の活躍できる場面が増えるでしょうし、脚光を浴びると思います。
 それではどうして新しい制度にするのかの意味が無くなってくると思います。

 

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

私の政治理念 | 06:07:45 | Trackback(0) | Comments(0)
裁判員制度について2
今後施工される裁判員制度について。
 知るところによると、裁判員制度で裁かれるのは、強盗や殺人などの凶悪犯罪と呼ばれているものが対象になるとか、日本人に多いといわれている性格で裁判員になって大丈夫なのでしょうか。
 私もそうですが、ある事件が発生をすると新聞等のマスコミを通じて知ることになります、その時にその事件の犯人としてある人物の名前が報道をされると信じてしまいます、あたかもマスコミの言うことがすべて正しくて、自分の考えと違えば自分が悪いように思ってしまいます。
 以前に友人が冤罪で新聞紙上に掲載をされてしまいました、私の心を許せる親友でしたので、冤罪に陥れられた原因を聞き、他の人たちに説明をしましたが、みんなはマスコミのほうが正しいと思い込んでいます、皆さん思い出してください、松本サリン事件の時も被害者の方がマスコミの一方的な思い込みによる報道により加害者にされてしまいました、皆もその方が犯人だと信じたのではないでしょうか。
 プロである裁判官が裁きを下すのではなく、マスコミ自身の都合のよい判断が裁きを下すような気がして心配です。



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

私の政治理念 | 05:24:43 | Trackback(0) | Comments(0)