FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
やる気を出すには
職員のやる気を出すには?
 私は箕面市消防団長という立場で消防団の運営を8年間担わせていただきました、その時の経験をもとに考えてみたいと思います。
 まず、昔の消防団長なら、部下を飲みに連れてさえ行けば、少々の無理を聞いてくれるという様な考えが有りましたが、私は近頃の人々はこのような事ではうまくいかないと思います、団体で人の金を頼りに飲みに行くよりも、気を使わずに、個々自分の金で飲むほうが良いというような人が増えてきていると思います。
 つまり、何かの代償で自分の主義を曲げるよりも、自分の考えや権利を大切にしたい、自分で納得のしないことはしたくない、反面納得さえすればとことんやってくれる若者が増えていると思います。



スポンサーサイト



テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

箕面市政を考える | 06:44:31 | Trackback(0) | Comments(0)
私ならこのようにしたい
 現市長の批判ばかりではなく私の考え方を申し上げたいと思います。
 私は、市政とはなにか、とこの頃よく考えるようになりました、まず言えることは、市民の皆様の税金を使って、市民の皆様にどれだけ快適に生活をしていただけるか、ということに尽きると思います、つまり市政とはサービス業だと思います。
 市民の皆様にいかに満足をしてもらえるかという事に苦心をし努力をしていかなければいけないと思います、そのためには市職員の皆様と一丸となって市の運営に当たっていくという事が1番大切な事ではないでしょうか。
 同じ経費なら皆の努力でサービスの質を上げれば良いし、そのサービスが旧態でよいのなら人員を減らしてコストを下げるか、新しいサービスを始めるべきだと思います。
 市長の仕事としては、箕面市をどの方向に進めていくのかという事ももちろん大切なことですが、まずは市職員とどれだけ話し合い、把握をして皆で協力をしてやっていくかという事ではないでしょうか、よく伸びている会社に共通しているのは前述の事柄ではないかと思います。
 私は、今後15年位で箕面市は大変なことになってくるのではないかと思い心配しています、箕面市の色々な設備の老朽化による更新の問題です。そのためにも今のうちに少しでも多く貯金をしておかなくてはいけないのではないでしょうか

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

箕面市政を考える | 06:37:14 | Trackback(0) | Comments(0)
私の考える民主主義について
先日、NHKの朝の放送を見ていました、アメリカでは子供たちがその地区の市長選挙について学んでいる、との内容でした。
 この、番組を見て日本での民主主義の遅れというものを痛感しましたので、私なりに民主主義政治というものを整理したいと思います。
 まず、政治を志す者(皆様の支持を得て皆様の代表として働きたい者)は何も包み隠さず正直に自分の考えを皆様に訴えて選挙を戦うべきです。
 私は今まで代表を選ぶ立場でしたが、幸いにして選ぶべき人とは、知人友人でしたので、その人の人格や考え方が十分わかった上で選んできましたが、すべての有権者が私と同じだとは思えません。
 ならば、何を基準に選ぶべきかといえば、その人の公約以外には無いと思います。
 公約を見て選んでもらう以上、候補者は嘘を書き並べるのは一番良くない行為だと思います、できもしない事を無責任に書き並べ、うまく当選さえすれば良いと思うのなら、政治家ではなく詐欺師ではないのでしょうか。
 箕面市ではこのような市長が当選してしまいました、箕面市民の皆様はどのようにお考えですか、私は箕面市の市民の政治に対する意識の高さを自慢に思っていましたが、残念です。
 いったい誰が悪いのか? 
 もちろん嘘を並べて選挙を戦った陣営だと思います。
 

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

私の政治理念 | 06:16:04 | Trackback(0) | Comments(0)