FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
団長の責任
団長の責任について
 私が団長であった時に、常に自分の責任において物事を決定していかなければなりませんでした。
 それは、夜中に叩き起こされて駆け付けた火災現場や、宴会で酔っ払っている状態での部下や上司からの何気ない質問であったり、これからの箕面市消防団をどのように運営していくのか等、自分の一言で取り返しのつかない事もたくさんあります。
 相手が、酔っ払いの戯言と聞き流してくれればいいのですが、そうもいかない相手であったり、火災現場の様に私の命令で部下が怪我をすることだってありますし、部下が考えられないようなことをして、責任を取らなくてはならないこともあります。
 私が、団長を拝命した日に、1番最初にしたことが消防長に目の前で「一身上の都合により団長職を辞したく等々」と書いた市長宛ての辞表と進退伺いを、消防長に託すことでした。
 分団長をしていた時に、副団長の仕事を見ていて想像をしていた副団長の仕事と、自分が副団長になって経験をした事とは変わりませんでしたが、副団長をしていた時、ましてや9ヶ月ほどは、前団長が体調を崩したために団長代行として様々な行事をこなしていたにもかかわらず、団長という職務に就いたとたんの自分を取り巻く環境の変化に驚かされました。
 それは責任ということに係っていると思います。
 副団長なら部下からの要請は、団長に言ってはみたけれども、団長の判断で君の意見は却下されたと、責任の転嫁ができますが、殆どの事は団長が責任を持って判断を下す、その判断の結果起こったことや、自分の不祥事、箕面市消防団で起こったことは、団長職を辞することで結果の責任を取るしかないわけですから大変でしたが、辞めて4年も経つと、逆に楽しい思い出になっているのが不思議です。






スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 05:35:58 | Trackback(0) | Comments(0)
団長の仕事
 昔の消防団長は、その地区の名士で、いわゆる旦那さん大庄屋さん的な人、お金を沢山持っていて部下をいつでも飲み連れていく様な人を想像しがちですが、このようなような人は、近頃の若者には受け入れられにくいのではないかと、思います。
 若者は権利意識がはっきりしております、昔のように大勢で飲みたい、ただで飲ませてほしい、飲ませてさえくれれば少々のことは我慢するということも無くなっていますし、近所のしきたりに、ただ、従うのでは無く、親が何を言おうが自分の判断でやるかやらないかを決めます。
 しかし、今の若者にも人のために何かをしてあげる、世の中に役立ちたいという心は昔と変わらずに有ると思います、それをどのように引き出すか、どのように若者の心に訴えかけるかがポイントになると思います。
 私は、自分は何もしないで偉そうに命令ばかりをする、人に仕事をさせておいて良い結果だけを自分の手柄の様に言う、何か失敗をすると責任逃れのことばかりを言う、人の意見を聞かないで自分の考えだけが正しいと言う、自分がこうしてやったのにと恩着せがましく言う、こんな人は嫌いでした、自分が嫌いなタイプの人は、きっと今の若者も嫌いであろうと思い自分だけはそうならないように心掛けてきたつもりです。
 よく子供は親の背中を見て育つといわれますが、他人でも若者はそうであろうと思い、私は何事も率先垂範、訓練でも火災現場でも誰よりも早く駆けつける、訓練や火災現場では命令を出して部下を従わせますが、制服を脱げば近所のおっちゃんであろうと心掛けているつもりです、この切り替えが大切ではないかと思います。
 私は、こちらに嫁いできた身ですから自分の稼ぎの範囲でしか付き合いもできませんし、嫁や子供以外の家族舅、姑、多くの小姑が私の消防活動に協力的ではありませんでしたので、唯、自分の体力に任せてがんばるしかない、自分も婿養子に来て嫌な事が、本当に沢山あったので自分がされた嫌な事だけは人にしないでおこうと思います。 



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 06:40:41 | Trackback(0) | Comments(0)
団長について
私の考える消防団長の役割について
 消防団長に選ばれたからには、その職務を全うしなくてはいけないのです、いくら自分独りががんばっても、皆の協力が無くては何もできません、いかに協力をしてもらうかに苦心をするのですが。
 部下である団員の心の中を円グラフで表すと、誰でも、自分の生業を大切にしたい、遊びたいと思う部分や、家族といたい、らくに楽しく暮したい、いやな事はしたくないという自己中心部分と、団員になったからには地域の為に働かなければという正義感や義務感等の部分が入り混じっていると思います。
 団長の仕事とは、団員の心の中の正義感や義務感の部分をどれだけ増やせるか、に係っていると思います。
 私は団員にどれだけ納得をしてもらって(100%納得をしてくれる事はあり得ないと思いますが)消防団活動に参加をしてもらえるか、団長だからと言って高圧的な命令ばかりでは長続きはしないでしょう、自分が辞めた後も消防団は続いていかなくてはいけないのですから、わが町の消防団の発展の為にも。先ず団員の自主的な活動への参加を促すべきだと思っています。
 そのためにはどうすれば良いのかという事ですが、これは団長になられた方の個性により本当にまちまちで、自分が正しいと思う方法でやっていくしかないと思いますが、私はこのようにさせていただいた、という事を綴らせていただきます。         つづく  

テーマ:私たちにできること - ジャンル:福祉・ボランティア

私の基本思考 | 05:30:40 | Trackback(0) | Comments(0)
楽しくやります
楽しくやります、自分だけでなく、皆が楽しく活動できるように尽力します。
 これからしばらくの間は、私が色々な団体でリーダーとして活動をしてきた経験から自分自身に言い聞かせてきたことを書きたいと思います、実行できたかどうかは私には分りません、その時に一緒に汗を流した人たちに聞いて下さい。
 もうすぐ年度替わりで、各種の団体で次年度のリーダー選びに苦慮している事だと思います、たとえば、PTAの役員選びで苦労をするのが、自分からなりたがる人がいる時です、もちろんその人が回りの人たちから推薦を受けるような人なら何等問題はないのですが、よくあるのが自分の考えだけを押し通す人、自己顕示欲の強過ぎる人、私利私欲を追い求めている人、であるような気がします。
 ある団体のリーダーになった時に特に気をつけなくてはならないのが、その団体の活動が自分の自己満足になっていないか、本当に皆のための活動なのか、私利私欲に走っていないか、皆に無理な活動を強いてはいないか等を、常に冷静に周りに気を配っているべきだと思います。
 リーダー自身は勿論高い理想は持っているべきですが、それを回りに押し付けてしまって反発をかってしまい、団体そのものをバラバラにしたり、長年かかって積み上げてきたその団体の良さをつぶしてしまってはなにもならないと思います。
 その団体は皆のもの!たまたま今回、自分がリーダーになれただけの事で、自分のものではないという事を胆に命じているべきです。
 勿論、大多数の人たちが大きな変化を望んでいるのなら、自分の責任で改革をするべきです、改革をする勇気ももちろん必要だと思います。
 その改革を求めているのがほんとうに大多数の人たちなのか、一部の声高に叫んでいる人たちの意見なのか、その改革をすることによって、作用反作用の原理で起こりうる事案は何か、何よりも、この改革が大多数の人たちの為になるのか(私は、すべての人に良い改革はあり得ないと思っています)、をよく熟慮をした上で改革をすると決めたら、今度は多少の反対を押し切ってでも成し遂げるべきだと思っています、自分が今年のリーダーとして選ばれたのだから、正々堂々と胸を張って成し遂げるべきだと思っています。
 リーダーの活動なんて矛盾ばかりです、悩みかけたらきりがありません、自分が選ばれて、自分が承諾をしてリーダーになった以上、任されたその任期は全うしなくてはならないのです、一番ダメなのが自分の思い通りにならないからと投げ出すことで、大切なのは「不屈の精神力でがんばります」という気持ちだと思います。


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

私の政治理念 | 08:05:18 | Trackback(0) | Comments(0)