FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
尊敬する人
色々な人との出会い
 56年間生きてきたら色々な人たちと出会いました、どの人が1番良い人だとか言う事はありませんが、強く影響を受けた人たちがいますので、しばらくはこのシリーズで行きたいと思います。
 尊敬する人
 消防団長をさせていただくのは、本当に大変で苦しいことが多かったけれど、この人と知り合えただけで良かったと思えるほどの人に出会うことができました。
 消防団の組織として日本消防協会が有り、その1員として大阪府消防協会、その中に豊能支部があります、豊能支部は3市2町で構成をされていますので5名の団長がいて、5人の中から、支部長、副支部長を決めて、支部の組織が出来ています。
 私が消防団長になった時に5名のうち4名の団長が交代をしました、誰に支部長になってもらうのかで先ず悩みましたが、この方なら間違いが無いと強く推薦をされたので、殆ど初対面に近かった私も同意をさせていただきました。
 勿論それまでも、副団長として支部の行事や、大阪府の行事で御一緒させていただくことはありましたが、殆ど目立たない方でしたので初対面に近かったと言う状態でした、唯、その団からは「今は筆頭副団長ではないが次の団長はこの人ではないか」と言う事は聞いていました。
 消防団という組織は上下関係がはっきりしている組織で、先ず階級、同じ階級なら、経験年数、そして本人の年齢と言うように、何かの理由を探して上下関係を作ってしまいます、そして目上の人の言うことには従うということで成り立っているところがあります。
 勿論、同じ団長という階級であっても支部長というのは豊能支部の代表ですので必然的に私とは上下関係ができ、支部長のおっしゃる事は聞かなくてはいけない立場になるわけです。
 しかし、この方は自分は組織としての上下関係をわきまえているが、我々にはけっして偉そうにはしない、無理に自分の意見を押し通したりしない、自分の意見がある時は丁寧に我々説明をしてくれる、合意が得られないときは無理には実施しない、なにかをしなくてはいけない時には先ず自分がする、我々の意見を上部組織の会合で言ってくれる、その結果を我々に納得がいくように丁寧に説明をしてくれる、常に他人がしてくれた事に感謝をする等々、特に消防団の組織を離れたときには、私とはかなりの年の差がありましたが対等に接していただきました。
 この人の素晴らしさは文章では書き表わすことはできませんが、この方と近くで接する事ができた4年間が、私にとってとても貴重だったと思います、この方を目標に生きていきたいと思います。


 
 

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私のいきざま | 05:44:32 | Trackback(0) | Comments(0)
箕面市消防団の活用法の1つ
どのように消防団を活用させるか
 箕面市消防団には豊富な人材がありますし、よく整備をされた機材も揃っております、何時発生するかもしれない災害に、これをいかに活用できるかが大きなカギになってくると思います。
 私が団長をさせていただいていた8年間は、市との予算協議の中で通信司令の充実強化を第1にあげておりました、それは消防団組織全体を一人の人間の体に例えると、手足を動かせる組織力には絶対の自信をもっていましたが、残念ながら目や耳にあたる情報を得る部分、そして組織として決定した事を瞬時に全体に知らせる部分が極端に弱いことを痛感しておりました、この部分を強化することにより全体がよみがえるものと確信を持っていたからです。
 消防団の研修先も常にそれを念頭に決定をさせていただきましたし、後輩の諸君にも通信司令の大切さが分かってもらえたと思います。
 幸いにも辞める前年に(5年前)予算を付けてもらえ、通信機器の更新が実現したことがなによりもありがたかったです、今後はどのようにこれを活用してもらえるのかたのしみにしております。
 もう一つ、私が注目していたのが阪神淡路大震災の事後の検証の1つとして語られた、同時多発災害にどのように対処をするべきなのかということです。
 箕面市でたとえば地震により同時に10か所で火災が起こればどのようにするべきなのか、本当の専門知識を持っている消防職員では限られていますし消防署の機材だけでは精々2~3か所くらいの初期消火しかできないと思います。
 消防職員と団員が常日頃から訓練を重ねる、職員にそれぞれの担当の消防分団を決めておいてもらって年に数回でも一緒に訓練を重ねてもらう、大災害の時には職員には決められた分団に出向いてもらって1人の職員とその分団員や分団の機材を活用して作業にあたることにより本当の意味での統制のとれた23小隊が機能すると思います。
 職員、団員相互に色々な意見が有ると思いますが、それぞれの特色を生かして市民のもしもの時の為に尽力をしてください。


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

箕面市政を考える | 10:04:22 | Trackback(0) | Comments(0)
箕面市における消防団の必要性について
今後の消防団のありようについて
 私の持論としては、消防団は今後も必要であると思います。
 救急や建物火災等、本当に1分1秒を争う業務の為に消防署があります、しかし本当に大きな事故等による大規模な救急活動や、気象状況で建物火災でも次々と延焼する大火や山林火災も起こりうるし、勿論同時に、複数の火災だって起こるかも知れません、地震や台風等の自然災害にも備えなければなりません。
 私の任期中にも山林火災でホースを100本以上もつないで消火にあたった事も数度ありましたし、1時間の間に3件の建物火災が発生をして甚大な被害をもたらした事も有りました、副団長のときには阪神淡路大震災も経験しましたし、3度の時間雨量100mmを超える集中豪雨にも遭遇しております。
 災害に対処するためには緊急を要する必要不可欠な少数の1次部隊と、災害の規模により次々と導入できる訓練を受けた大多数の2次部隊が持つことが理想ではないでしょうか、両方持つことにより実動部隊の交代をも含め長時間の活動が可能になってくるのです。
 限られた箕面市の予算の中で市民の安全を守る為だけに使える予算は当然限られてくるでしょう、
その中でどのようにすれば効率よく行うことができるのかを考えていった時には、どうしても消防団に頼らざるを得ないのではないのでしょうか 


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の政治理念 | 06:51:05 | Trackback(0) | Comments(0)
消防団とは
先日、ある会合で以下の理由で消防団は無駄であるという人に会いました。
 私は、色々な考え方が有って当然だと思いますが、長年消防団活動に携わってきた者として私なりの考えを申し上げたいと思います。
 ①箕面市は消防署があるのだから消防団はいらない

大規模な火災は勿論、地震や台風などの自然災害が起こった時に一番必要となるのが訓練された人力である、災害の頻度と市民生活を守る経費を考えてみた時に、いまの消防署の人員、機械の数で市民の安全を守る事が出来るのだろうか、かと言って何時起こるかもわからない災害に備えて消防職員を3倍に増やした時に必要な経費が、他の市民生活に必要な経費を圧迫してしまうのではないのだろうか。
 
②今、我が家が燃えた時に1番に駆けつけて消火をしてくれるのが消防署である、消防団員は仕事を持っているので集まるのに時間がかかるので存在意味がない。

当然、一刻を争うような消火活動や、火災現場で建物の中での人命救助などを消防団員に求められても無理があります、しかしひとたび火災が起こると今の箕面市消防署の体制では全消防署員が駆けつけて消火活動をしております、以前にもありましたが、同時に放火が原因と思われる火災が発生をした時や、市の西と東で同時刻に火災が起こる事だってありえるのです、市民の皆さんの眼には触れにくいかも知れませんが、大規模な火災が発生をした時には、空になった各消防分署に次の火災に備えて消防分団を待機させているのです。
火災現場でも2次到着にはなりますが、延焼を防ぐための消火活動等をするために、消防団員がそれぞれの職場から帰ってきて活躍をしております、火災が鎮圧されつつあるとき、これ以上延焼の危険がなくなった時には、消防職員に代わって残火処理を引き受けることにより、何時発生するかも知れない火災に備えて、署員には一刻も早く消防署に帰還をして体制を整えてもらえるように活動をしています。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 05:57:02 | Trackback(0) | Comments(0)
火災現場では
 火災現場では、
 消防団は火災現場だけにかかわらず、自然災害等で緊急に集合をして対処をしなくては事ばかりではないかと思います。
 今、目の前で起こっていることに、今ここにある人員、機械だけで対処をしなくてはいけないのです。
 そこには、もっと人がいてくれたら、こんな機械があればいいのにといった事を考えている暇は有りません、何とか工夫をして、やるしか無いのです。
 現場に着いて、どのような方法が最も良いのかを判断をして、即座に命令を出さなければいけません、躊躇している暇も有りませんし、ましてや優柔不断な命令は最も嫌われます。
 先ず、第一に活動する団員の安全を優先させ、活動によりどれだけ効率よく被害を最小限に抑えるかが勝負です、その為にも日ごろから団員の結束を図り、団長の命令は絶対なものと信じてもらい、命令をした方向に皆が一丸となって対処をする事により、私自身が信じられないような効果を上げることもあります。
 うまくいく時もあれば勿論、失敗をすることだってたくさんあります、もっとあのようにすれば被害が少なくて済んだのではないか、あの人を助けられたのではないかなど、他人から指摘をされなくても、命令を出している本人が気付いているのです。
 現場が終わって家に帰ってきてからも、自分自身が情けなくて朝まで寝れないことも有りました、本当にもうやめよう、自分には団長職なんて無理なんだと何回も思いましたが、途中で辞める訳にもいかずに8年間もしてしまいました、後任の団長が決まった時は本当にうれしかったです。
 勿論、我が箕面市は消防署が有り、優秀な消防署員もいますが、大規模な建物火災や山林火災、阪神淡路大震災のような地震や大雨や台風などの自然災害に対処するためにも、署と団の連携が欠かせません、両者がお互いの長所を認め合い、無いところを補いあう事により初めて市民の安全が守れると思います。
 団長と消防長や署長との意思疎通は勿論のこと、日頃から消防職員と消防団員が仲良く訓練等を積み重ねることににより、箕面市を守っていけるのだと思います。
 私は、もう4年前に退団をしましたが、現役の皆様特に団長は孤独で本当に大変だと思いますが、がんばってください。  
団長、私は君の大変さはよく分かっているつもりです市民のためにがんばってください。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 07:23:26 | Trackback(0) | Comments(0)