FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
桜井地区のカラス
 批判を覚悟の上で桜井地区のカラス問題について書きたいと思います。
 近隣の桜井地区でのカラスの被害が大変な事になっています。
 勿論、桜井地区のみならず我が家も被害を受けています、家の裏に置いてあるゴミを散らかす、畑の野菜を折ったり、スイカ等は食害でだめになる、テレビのアンテナは折られる、屋根の瓦をつついて落とす、折角やった犬の餌を食べられる、車にはフンをかけられる等々、本当に困っていますが、桜井地区は本当に深刻な事になっています。
 もし、私にカラスをどうにかしてくれと言われたら、私ならこの様にしたいと思います。
 先ず、地元の自治会の皆様に集まっていただき、私なりの方法の説明をして協力をお願いします。
 全面的な協力が得られるのなら実行に移りましょう、もし賛同が得られないのならこのアイデアはボツです。 カラスの寝込みをロケット花火で襲うというか、脅かす事によって、カラスと人間の棲み分ける場所を明確にカラスに知ってもらおうと言うものです。
予算は、1万円以内で済むと思います。
 自治会の皆様に協力してもらうことは、あらかじめ決められた日の、日没後2時間くらいの間にロケット花火の音が数発程度するのを辛抱してもらうのと、もし家の敷地にロケット花火の残骸があっても大目にみてもらう事です。
 それと作戦を実施する日の日没直前に「どこの場所にカラスが集まっている」という情報をもらう事くらいで済むと思います。
 日没後、カラスが集まって安心して寝ているところにたった1発のロケット花火で、きっとパニックに陥ると思います。きっとしばらくは騒がしいと思いますが、やがて静かになってきた頃に、もう1発、これで今日の作戦は終了です、夜ですのでカラスからはこちらが見えていないと思いますので、それからのカラス達は次の攻撃に備えてきっと安心が出来ないと思います。
 これを2~3日続けます、きっとカラス達はねぐらを変えてくれると思います。
 桜井地区だけではなく、箕面市の市街地や里山付近でこれを繰り返せば、カラスを殺さないで人とカラスの棲み分けができると思いますがだめでしょうか。
 ダメ元でやらせて下さい、私は費用と効果、住環境への影響などを考えても、単純で面白いアイデアだと思うのですが、ダメですか?
 

 
 
 


スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 06:30:49 | Trackback(0) | Comments(0)
ボツになってしまった提案の原案
新しいチラシが出来上がった為にボツになってしまった提案が、いくつか有りますので一応ブログに掲載をさせていただきたいと思います。
 1、大阪府の財政非常事態宣言による補助金削減を受けても、箕面市の健全財政を維持させた、将来を見据えた市の運営を提案したいと思います。
 
 2、箕面市の特徴と言えば、利便性と豊かな自然との両立と調和、そして教育環境の充実ではないでしょうか。
 この特徴をうまく活かして子育て世代を呼び込み、発展する箕面市を創っていけるような提案をしたいとおもいます。
 
 3、より良い市民サービスを提供しようとすれば、如何に効率よく人材を活用するかに係ってくるのではないでしょうか。
 折角、箕面市には優秀な人材が豊富にあるのに、それが活かされていないと思います。
 職員が昔のやる気を思い出してくれるような職場環境になるような提案をしたいと思います。

 4、消防行政のなかに占める救急業務の増大で消防業務へのしわ寄せが問題であると思います。
 救急業務を緊急性の有無により分別して、救急業務の見直しも検討するように提案したいと思います。

 5、経費を安く抑えるために、民間に業務委託を進めていますが、行き過ぎた経費の抑制で業務に従事する人たちが生活苦にならないように配慮をするように提案をしたいと思います。

6、街路樹は勿論大切ですが、木が大きくなり過ぎて根で歩道を壊したり、台風で倒れて市民の安全を脅かしては何もなりません、調和のとれた自然との共生を提案したいと思います。

以上がすべてボツになった原案です。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 05:44:01 | Trackback(0) | Comments(0)
新しいチラシを作りました。
 昨日、やっと手作りのチラシができました。
 今までは、後援会のお知らせというか、自分のプロフィールや信条そして私の目指すこと等とともに後援会への申込はがきを添えて封筒に入れて1軒毎に配っていたのですが、何か物足りなく思っていました。
 そこで思いついたのが、「中井ひろゆきの台風に備える」という題のチラシ。
 小学校3年の時にその時に住んでいた和泉市を襲った第2室戸台風の事と、消防団長として防災に関する研修会に何度も参加をさせていただいたり、箕面市の防災会議に出席をさせていただいて勉強をしてきたことを自分なりに書いてみようということでした。
 また、今回も朝5時前からパソコンで書き始めたのは、自分の経験から只々だらだらとA4に2ページ分を書き連ね、それから箇条書きにまとめるので、まず1日終了
 それを、家内と娘に見せます、2人してここがわからない、意味がない、文章が長くて読みにくいなど好きな様に言われて、それでも何とか頼み倒して加筆をしてもらい、次の日また5時前から文章を読みなおして作り変えました、やっとできたものを知人2人に見てもらい、また加筆をしてもらい箇条書きの完成。
 今度はインターネットで防災関連のサイトを見て、大きく間違っていないかを調べて作り変えて3日目の終了。
 その書類をいつもリーフレットの構成をしてくれている知人に見てもらう、そこでまた読みにくい、イラストを入れるべきだ、もっとわかり易く、文章が硬い等言われてイラストをインターネットや資料から探して来て文章を作り変えるのに2日かかって5日経過。
 今度は、このイラストは使えない、これもダメと言われてオリジナルなのを作ったり提供してもらうのに、また2日
 やっと形が出来てきてそれを、防災を担当している知人に見てもらい細部の表現を変えるのにまた1日経過。
 それを家内や娘、そして色々な人に、見てもらって、また訂正と加筆で1日。
出来上がったものを300枚程作って実際に後援会の封筒に入れた配ってみる。
それから毎日、朝からの日課のように何回も何回も読みなおして原文に訂正を加えて、やっと昨日出来ました、それを見た人が「どこの資料を写したのか」と聞いてきました。
 一生懸命作ったのに、ああ情けない

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 06:03:24 | Trackback(0) | Comments(0)
止々呂美を歩いて
先日止々呂美地区を歩いてきました。
今更ながら、箕面、萱野、豊川地区との違いに驚かされました。
やはり、消防団での経験からかどうしても防災関係の方に目が行ってしまいます。
この地区の特徴でしょうが、貴重な平地を田圃に利用しなくてはいけないために、各家がそれぞれ山の急斜面近くに建っています。
山自体はそれほど高くはないのですが、とにかく急勾配なのです。
歩いていると、所々にある竹林が枯れています、どうやら60年に1度咲くと云われている竹の花が咲いて竹が枯れているのかと思われます。
かなり前にも(いつ頃かは定かではないが)どこかの地区で同じ様に竹が枯れているのを見た記憶がありますが、その時には枯れた竹の間から筍が出ていたのを思い出しましたが、今回は筍が出るような雰囲気ではなく、枯れた竹が所々何かで掘り起こしたように倒れているのです。
つい先日、他の地区で、猪が筍を取るために竹林の斜面の下から横穴を掘ってしまって、筍が取れないだけではなく山が崩れてしまってすっかり地形が変わってしまったという話を聞きました。
ここでも同じような被害が出ているのかと思います。
また、止々呂美地区では山の斜面を利用してユズやビワ、梅、サンショウなどを作っていますが、鹿の食害に悩まされているのだそうです。
勿論、果樹などへの食害も深刻ですが、鹿は森から出てきて開けたところで食事をする性質があるので斜面の畑が鹿の格好のエサ場になっているようです。
以前のように果樹の下に生えていた草が食われてしまって土がむき出しになっている畑も有りました。
農家の高齢化と後継者不足の中、鹿や猪などの被害が加わり、裏山が荒れていくのを見て防災面からも、行政として何をするべきなのか、何ができるのかを真剣に悩みました。


テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

箕面市政を考える | 05:46:15 | Trackback(0) | Comments(0)
市議会議員について考える
 私の考える市議会議員の仕事について
 私は今、自分の考え方を知っていただくために地図を片手に各戸訪問をしています。
 私の事を少しでも知っていただいているような所を訪問する時は楽なのですが、あえてほとんど知られていない、勿論、私も初めて足を踏み入れる様な所を訪問しています、これが本当に沢山あるのです。
 と言いますのも、私が、消防団の分団長をした時には自分の管轄する地区で火災が起こったことを想定して数日かけて消火栓の位置や進入路を細かく見て回りましたし、副団長の時も確か単車でまわったはずです。
 団長になった時はさすがに箕面市全体を見て回る時間もなく、箕面市の住宅地図に水道部でいただいた3年ほど前の水道整備図を見て消火栓の位置を書き込み少しでも土地感を養うように努めましたが、今回、回って本当に驚かされることばかりです。
 選挙の方法の一つ「どぶ板選挙」というのがあって、あまり良い印象がありませんが、今回路地の奥の奥まで回って本当に勉強になっています。
 挨拶にまわっていると、いろいろな考え方の人と出会います。
 よく言われるのが市議会議員はこんなにもいらない、必要無いといわれることです。
 私は、これに対してまだはっきりとした答えがありません、自分が本当にどれだけ皆様の役に立つ事ができるのか、議員の経験がないのでわからないし、自分自身本当に自分が議員を目指しても良いのだろうとかなり悩みました。
 自分みたいな人間が、箕面市の将来を考える、将来に少しでも影響を及ぼすような事をしてもよいのだろうか、皆様の血税から給料をいただいてよいのだろうかと今でも悩みます。
 役に立つか、立たないかは自分ではなく皆様に決めていただくとして、私は先ず箕面市の現状を少しでも知る為に、時間の許す限り歩き回りたいとおもいます。

 

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

私の政治理念 | 06:24:16 | Trackback(0) | Comments(0)