FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
倉田哲郎氏について
 正直に言って私には倉田哲郎さんの様な人物とは初めてあったのでわかりません。
 「盲人と象」と言う話のように相手が大きすぎて私には計り知れません。
 自分と同じくらいか少し背伸びしたら全体像がつかめるくらいのスケールならば相手の事がわかるのですが、今のところは背伸びをして両手をいっぱいに伸ばしても彼の大きさの端がわからないので困っています。
 今までおかげ様で色々なすばらしい人たちと出会う事が出来ました。
 今まではすべてが私の人生の先輩ともいえる人たちでした、だからこそ、その人たちの素晴らしい部分を見習いその人達を見本にして自分を育ててきました。
 目標とする人と同じ年になった時にはその人に少しでも近づける様に、できたら追い越せるように自分を磨いてきたつもりですが、今回はうちの息子と同い年の人なので戸惑っていますが、やはり彼を目標に頑張って精進していきたいと思います。
 ものは考えようで一生かかって生きていく目標がすぐ近くにできたということは大変喜ばしいことかも知れません、願わくば彼にも、私の目標にふさわしい生き方をしてくれることを願うばかりです。
 何が素晴らしいか
 第1には決断力だと思います、自分によほどの自信がないとためらってしまうと思います
 次には順応力とでもいいましょうか、見ていると色々な器に入る水のように見事になじむところが素晴らしいと思います
 勿論、頭の良さは私たちとは比較にすらなりませんが、それ以上に行動力というか体力も素晴らしいものがあると思います。
 それ以上に私が一番注目をしているのが、彼の持って生まれた性格だと思います。
 今の箕面市の市長は、何かがあるとそれを人のせいにしてしまう、自分は正しい、相手が間違っているとしか思っていないようだ、今、目の前にある現実を認めようとしないで、先ず不満から物事を始める様にしか見えないが、倉田哲郎氏は目の前で起こっている現実を素直に受け入れてどのように工夫をすれば物事が好転していくのかを考えているように思います。
 物事の判断の中心に自分を据えないでもっと大きな視野に立って決断しているところが最も見習うべきところだと思っています。

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の政治理念 | 06:36:40 | Trackback(0) | Comments(0)
倉田哲郎氏について
 自宅で会った時の話
 倉田哲郎氏とは1時間30分程度話し合いました、お互いの簡単な自己紹介の後、私が6割強という位の割合で話したように思います。
 今の箕面市の状態について、職員の皆さんが苦労しているように思うこと、市長に必要な資質について、箕面市の将来について、市役所をどのように改革をするべきか、急激な改革は避けるべきだ、
市議会議員の仕事のあり方について、市長選挙に臨む本人の心構えと態度、等々について話し合いました。
 が、あまりに二人の意見がかみ合いすぎたというか、殆ど同じような意見だったので、私は逆に倉田哲郎氏という人物そのものを疑ってしまいました。
 適当に話を合しているだけではないか、私を馬鹿にしているのではないか、警戒をして手の内を明かさないのではないか等、疑りかけたらきりがなくなってしまって、私は倉田哲郎氏が我が家を訪ねてくれたことも、二人で話合ったことも本当に誰にも話しませんでした。
 4月11日に倉田哲郎さんと語る会が催され彼の話を30分以上も聞きました。
 その話の内容が我が家での話とほとんど変わりがなかったこと、すでに総務省を退職して活動を始めていることなどを聞いて、ホット安心しました。
 この人は信用できる、この人ならば皆様に薦められると思い、たまたま次の日が実行組合の旅行でしたので早速皆様に紹介をしましたが、その時の反応は散々だったと思います、皆も私同様に疑っていたと思います。
 それを、私をはじめ私の後援会の皆様をわずか1か月余りで自分のファンにさせる倉田哲郎氏の魅力について次回は書き込みをしたいと思います。
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 06:59:01 | Trackback(0) | Comments(0)
倉田哲郎氏について
 私のリーフレットの中にも2人の写真とともに、
 (待望のリーダー倉田さんと協力して調和のとれた「発展するまち箕面」を目指します。)
と書かれていますが、この写真を撮らせていただいた3月23日の頃には、倉田氏については半信半疑でした。
 私は、先の市長選挙のときには、すでに消防団長を退職して無役でしたので、梶田候補の選挙に深くかかわり活動をしていた関係もあり、また現在の藤沢市長が梶田前市長の批判をして当選をしていながら、結局は梶田市政のまねごとの様な市政運営しかできない事を見るにつけ、梶田市政は正しかったのだという確信のもと梶田氏の市長選挙への再チャレンジを唱えていました。
 そんな時に初めて倉田氏を遠くから見たのが、今年の消防出初式だったと思います。
 彼を知る友人から「あれが、今、皆が噂をしている倉田君だよ」と教えてもらいました。
 私は一瞥ののち「ふーん」で済ましたことを覚えています。
 それからしばらくしてから倉田哲郎という青年を市長候補として要請しているらしい、と聞こえてきましたが、私は
「聞けば、倉田ちゅうのは、東大の法科を出た国のバリバリのキャリアやで、仕事の一環として箕面市で少しぐらい仕事をしただけで、箕面みたいな小さな市の市長になりたがるか?私が倉田君ならもう少し国で仕事をして、40代でどこかの知事になるか、彼の父親の跡を継いで国会議員になる。
 失礼な言い方やけど、彼の本当の狙いはようわからんな。
 私はそんなヤツはよう推さんから、古い市会議員だけでやったらええわ」と声高らかに言っておりました。
 その様な時に(3月8日だったと思いますが)私の携帯電話にいきなり電話があり
 「倉田と申します、今お宅の事務所の前にいますが、土曜日で閉まっています、自宅はどこですか?」最初はだれからの電話なのか、間違い電話なのかと思いましたが、話しているうちに倉田哲郎氏だという事が分り
 「10分以内に事務所へ行くから待っていてくれ」と言うことで、それから事務所裏の自宅に来てもらい1時間以上2人だけで色々話をさせてもらいました。
 (いろいろと書きこみたい事があるので連載にさせてもらいます、「倉田君、覚悟しいや、みなしゃべったるからな」)


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 06:51:50 | Trackback(0) | Comments(0)
やっと田植が終わりました。
午前7時、いまやっと田植が終わりました。
 とは言っても苗箱50枚で20アール程の田植えです。
 最後に残った7アール程の水田を昨日夕方の5時頃から代かきをし、今朝の5時過ぎから苗運びを初めてやっと終わることができました。
 農業の経験の有る人ならむちゃくちゃしていると思われるでしょうが、忙しいから仕方がない、本来なら代かきをしてから1~3日ほどは開けて、田植えをするべきだとは思うのですが。
 今から30年前には8時から5時までは、他の植木屋さんの手伝いをしながら210枚の苗箱で、80アール程の田植えをしていました。
 そのころは田植えの時期になると、仕事から帰ってくると、すぐに着替えて耕運機を軽4に載せて水の入っている田んぼの代かきを行い、次の田んぼの水を入れる段取りをしてから帰って8時過ぎからの夕食、寝る前にもう1度水が順調に入っているか見に行き、翌朝4時にはもう田んぼで作業を始めて代かきの後、次の田の水を入れる準備をして妻に水番の指示をして8時ぎりぎりに仕事場に行く様な有様でした。
 代かきが終れば続いて田植えを順番にこなしていました。
 今から思えば、良くあんなことが出来たものだと自分でも感心をしています、若いから体力があったのだと思います。
 今年は、今までとはまた違った忙しさで参っています、体力的には楽ですが精神的に忙しく、とくに今週は、しなくてはいけない事がたくさん有ったので参っていますが、何とかブログの書き込みも終了することができました。
 今週はこれで終わります、ごめんなさい。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 08:59:05 | Trackback(0) | Comments(0)