FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
従軍慰安婦
 元従軍慰安婦の方を救う意見書を箕面市議会が賛成多数で採択をした。
 自民党市民クラブ(議長を除く)と無所属の議員の7名が反対でした。
 私は、恥ずかしながら、この案件についてはほとんど知識が無かった。
 只、以前にも書き込みましたが、推進派と思われる活動家が傍聴席にいて大声で騒ぐのと、採択された後で、活動家と市民派ネットの議員さんが記念写真を撮っている姿が、異様に思えただけです。

 自民党会派のところへ抗議があるらしい。
 私は単純に反対したことの対しての抗議だと思っていた。
 よく聞いてみると、私達の従軍慰安婦に対する無知さに対するお叱りらしい。
 反省とともに、インターネットで「従軍慰安婦」を検索して驚いた。
 私のイメージしていたものとはまるで違うらしい。
 私は、韓国・朝鮮人の人たちを拉致するような形で戦場の兵士の間に無理やり送り込み軟禁状態で性の奴隷化していたのだと思っていた。
 少し読んだだけの知識だが、実情はどうやら違うらしい。
 戦場に開店した売春宿の様なものみたいだ。
 営利が目的で営業をして、兵士は料金を払っていた様な記述になっている。
 働いていたのも朝鮮半島の方だけではなく、募集に応じた日本人も多くいたようだ。
 日本だけではなく、朝鮮戦争時にはアメリカ軍も同じシステムを採用していたとある。
 おそらくは各国が同様のシステムを採用しているのではないか、でなければ逆に戦場の国でさらなる悲劇を繰り返すことになるだろう。

 何故、今、同じシステムを採用していたアメリカをはじめ各国から糾弾されなければならないのか。
 私は勿論戦争も、女性の権利の剥奪も、慰安婦も肯定するものではないが。
 戦争という異常な状態の中での出来事を何故ことさら事実を湾曲させてまで、糾弾しようとするのか。
 事実を事実として正確に次世代に伝えていくことが本当に大切ではないにか。
 何が目的で、湾曲させて誇張して騒ぐのか。
 私は、その方が心配だ。

 本会議までにこの件をもっと勉強しておけばよかった。

スポンサーサイト



テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

私の政治理念 | 08:48:59 | Trackback(0) | Comments(0)
何を信じれば
 28日は、蒸し暑くて、寝ていられないから滝まで散歩に行きました。
 寒い時にはこのような写真を撮る気も起らないが、水の流れが涼しそうだったので思わず撮ったのがこれです。
 カメラを構えているときに、カジカ蛙の鳴き声が聞こえるし、この写真のすぐ上の所にオオサンショウがいました。

6月28日せせらぎ

 28日には結婚した娘が2人で旅行の土産を持って来てくれました。
 新型インフルエンザの関係で、海外旅行は中止にして、伊豆半島に行ってきたそうです。(かわいそうに)
 
 夕方からは「箕面の明日をつくる会」の総会がありました。
 冒頭、前会長の挨拶の中で
 「和泉市の市長選挙で現職が敗れて、新しい市長が誕生した。原因は色々考えられるが、一番大きな敗因と思われるのが、新市長の10%税金を安くしますという公約ではないかと思われる。どのような方法が有るのかは判らないが、常識で考えて実現不可能ではないか。箕面市の5年前の市長選挙の再来のような気がしてならない。箕面市は同じ過ちを2度と繰り返さない為に皆様お一人、お一人が市民に向け確かな情報を流してほしい」
 この話を取り上げてくれただけで私はうれしかった。
 和泉市の井坂前市長は私の親戚です。
 まじめな性格で、市の赤字解消に向け頑張っていただけに私もショックでした。
 市民は、何を基準に選挙で1票を入れるのでしょうか。
 
 
 


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 09:48:33 | Trackback(0) | Comments(0)
ゼロ試案Ver2の説明会にて
 予定されていたゼロ試案の説明会の内、中央、東、西と3か所の説明会に参加をした。
 前回の説明会は職員の説明に感心をさせられて、本当に良い勉強になった。
 今回の説明会は、項目自体は変わらずに、今年度に実施をした案件の説明とこれからの進め方の説明が主であったので、職員の説明も前回以上に難しいとは思う。
 案件の説明だけで、その案件が今後どのような形で実施されるのか、又は見直されるのか、とか
 年度が始まって3か月たたない状態で、いきなり成果を問われても答えようがないと思う。
 1日目の説明で、殆どの項目に対して「担当部局でないと分からない」旨を繰り返す有様だった。
 勿論そう言わざるを得ない事も十分理解した上で、私も可能な限り説明会に参加をした

 幾つかの質問に対しては、「私が、変わって答えたろか」と思い
 答えに対しては、私なら次にこんな質問でたたみかけるのに「残念」と思い
 別の意味で前回の説明会とは違った面白さが有った。

 そのような遣り取りで、是非私が変わって答えたかった質問を一つ
 「目指す箕面の未来は、子育てしやすさ日本一!。安心・支えあい最優先!。緑・住みやすさ最先端!。とあるがいつ誰がこれを決めたのか」
 「えーとそれはですね、市で決めて、議会に承認を頂いて決まりました(要約してます)」
 
 私ならこのように答えたい。
 それは倉田市長の選挙公約です。
 倉田市長は、それを公約に掲げて当選をされましたので、公約通りその3つを柱に箕面市の将来像にすえ施策を議会に提案して、承認を頂いて推し進めています。

 前藤沢市長が公約とは何であるのかということを無茶苦茶にしてしまったから、箕面市では選挙での公約(何を市民に約束して選挙に臨み、選ばれるのか)という事が理解できない方々が増えるのではないか。

 もうすぐ国政の選挙があるが、特に政権を狙っている党は国民との約束(公約)を実現できるものに限定をしてほしい。
 なってみたが、「自分たちが考えていたこととは諸々の環境が違うので実施できませんでした」では可哀そうなのは信じていた国民だ。
 箕面市が良い(悪い)例ではないですか。
 「前市政の失われた4年間」と我々はよく口にしますが取り戻すのは本当に大変ですよ。


テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 17:52:05 | Trackback(0)
完全復活か
 皮肉なことに、議会が終わり体調が元通りになった。
 すこぶる快調とまではいかないが、それなりに忙しく働いています。
 先週は毎日野菜の直売をしていたが、忙しすぎるので月、水、金曜日の週3日に変更した。
 24日は、直売の日で朝から大忙し、当日から予てより我が家で農業サポーターとして活動したいとの希望があった女性に来てもらうことになっていた。
 20歳過ぎの彼女には、作業の説明をしただけでほったらかしてごめんなさい。
 おっちゃんは、9時30分から幼稚園で校庭芝生化のお手伝いをしていました。
 終わってからは、議会の討論や質問の原文や議会だよりの原稿提出や、高校の同窓会報に載せてもらう為の原稿作りで、気がつけば夕方でしたので、本当にごめんなさい。
 これに懲りずにまた来てください。

6月24日芝生幼稚園
 今朝は、久しぶりに4時に起きて滝道を散歩してきました。
 3日ほど雨が降っていたので結構多く流れています。
 モミジも葉の色が濃くなっているし、カジカ蛙が本当にいい声で鳴いているし、道端でドクダミの花を見つけました。
 これから夏に向かい、体調が完全に良くなることを願って歩いてきました。
 


6月25日滝


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日に1枚 | 15:43:30 | Trackback(0)
やっぱり風邪でした。
 体調が悪いのは私だけだと思っていたら、同僚や先輩議員が同じように咳払いをしていて少しほっとしました。
 今回の、6月議会のある意味の目玉ともいえるのが彩都に係る請願書と慰安婦問題であると思います。
 他の条例や補正予算は(補正予算については一言書き込みたいと思います)ほぼ原案通りでしたので与党である私からは、特に異論はありません。
 
 「彩都に係る請願書」は市民団体が出された請願を市民派ネットの4名の議員が紹介議員となり市議会に提出されたものです。
 先ず不思議なのが、議会運営委員会で、この請願書が2つの常任委員会にまたがる広範囲の請願なので分割して委員会に付託するとなった時に、紹介議員が反対に回ったこと
 其々の委員会で紹介議員が請願の主旨説明をする時に意見がバラバラで収集がつかなくなったこと。
 議会運営委員会に出ている[N]議員が自分が所属する以外の委員会(建設水道常任委員会)に出すのをためらった訳が分かったような気がした。

 請願の内容は彩都の小中一貫校建設の是非を問うもので、それも1年間掛けて審議をしろというものであり、紹介議員によるとあくまで白紙撤回を求めるものでもないらしい。
 私は、請願書の重みと仕組みは何かということをこの4名の議員に問いたい。

 従軍慰安婦の問題
 私は、以前から申し上げている通り、従軍慰安婦については反省もしなくてはいけないし、2度と同じような過ちを犯してはならないと思う。
 だからと言って、今回の箕面市議会のように傍聴席から大声で騒ぎ立てる中で審議をしなくてはいけない問題だろうか、もっと皆が真摯に受け止め反省をするべきだろう。
 戦争という精神的にも国中が異常な状態にある中で、先日の傍聴者のように声高らかに慰安婦問題を取り上げているというのなら拍手を送るが。
 過ぎ去ってからこれは間違っていると騒ぎ立てるのは、自分たちだけが良い子であろうとしているようで嫌いだ。
 勿論、だからと言って正当化するつもりはないが、この問題を踏み絵にして何か問題をすり替え、その奥にはもっと怖い自由のない世界が待っているような気がする。
 憲法第9条を守ろうと声高らかに叫んでいる輩と同じではないのか。
 若いころそれにだまされて「赤い世界」に行きかけた事がある。
 行ってびっくりしたのは、只、支配者が自分たちに執ってかわるだけが目的であり、自由のない世界だったので2度と近付かないようにしている。
 私は、何でも書き込める自由な今の世界が一番だと思う。

 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

議会日記 | 06:21:27 | Trackback(0) | Comments(0)
娘の結婚式が終わりました。
 6月20日娘の結婚式がありました。
 とにかく無事に終わってくれてホッとしました。
 親の欲目ですが、新婦も可愛かったし、新郎もかっこ良かったし本当に良い結婚式だったと思います。
 ご臨席を頂きました皆様に心から感謝申し上げます。

 先週の土曜日の夕方から体調がおかしくなり、風邪でもなく、またいつもの季節の変わり目に出る「ふらふら」かと思っていましたが、今回は長引いています。
 先週は結婚式を控えて、しんどいとも言ってられず、また、畑のナスやキュウリはドンドン出来てくるし。
 本会議で、討論に参加するように指示をされていたし、一般質問の最終調整はしなくてはいけないし。
 何とか、結婚式までには体調を戻そうと思っていたのにうまく行きませんでした。
 本会議にも体調が回復せず、またもや失敗の連続でした。
 今回で、4回目の本会議でちょうど1年経ちましたが何時になったらうまくいくのか。
 
今朝やっと、やる気が出てきました。
昨日の本会議で私の出番が終わってしまったのに。
 
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 09:54:32 | Trackback(0) | Comments(0)
直売所をはじめました。
 先週の土曜日から、あまりの忙しさでブログの書き込みもできなかった。
 我が家の一大行事が土曜日に終わり、あとは20日の本番を待つだけです。
 田植えも、日曜日の早朝に終わり、気になっていた畑の手入れも午前中に終えると、急に疲れが出てしまい、いつもの目まいと腰痛に襲われ、急遽3時間ほど休みを取って昼寝をしました。
 もっとゆっくりしたかったけれど、畑のキュウリやナスビは大きくなってくるし、今回の本会議中に討論に参加をするための原稿はつくらなければならないし、一般質問を仕上げなければならないし。
 他にも、依頼を受けて調整をしなくてはいけない案件も抱えてパニック状態です。

 野菜は出来てきたけれど、売るところがない。
 朝市は週に一度土曜日だけ、これではイモや大根・白菜ならまだしも、毎日収穫をしなくてはいけないキュウリ、ナスなどはどうしょうもない。
 どこか売ってくれる所がないのか探したけれど、どれも見事にダメでした。
 ならば、人を頼らずに自分で何とかしようという訳で、できた答がこれです。

6月17日直売所
 我が家の持ち物である、マンションの一角を利用しての野菜の直売所
 どの商品もすべて100円均一の無人販売。
 幸い、以前知人からもらった冷蔵庫が有り利用させていただくことに。

 うまく売れるといいんですが、よくいわれるのが「盗まれるよ、商品も、売上金も」
 いつものように、ご近所の方を信じてやってみます。
 うまくいけば、プレハブの小屋を建てて、有人の販売所に昇格させたいと思っています。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 08:40:35 | Trackback(0) | Comments(0)
瞬間湯沸かし器
 昨日から、あまり気分の良くない事が続く。
 昨日は、ある団体の集会に呼ばれた。
 壇上に上がらせていただいて、お話を聞かせていただいていた。
 おっしゃる話はもっともな話である。
 只、仮に、もっともな話であり正当な要求であるにしても、我々が判断をさせていただく時には一面からだけの判断ではなく、最低でも、それを実行することによる波及効果や及ぼす予期せぬ影響をも、判る範囲の検証はしなくてはいけないと思う。
 
 今朝、ガソリンスタンドにガソリンを入れに行った。
 5時前から田植えをしていたので田植え機に入れるガソリンを携行缶に入れるためだ。
 いつものセルフのスタンドで入れようとするとガソリンが出ない。
 ややもすると機械に備え付けて有るスピーカーから、
 「それに入れてもらっては困ります」
 「それなら、そっちで入れてくれ、誰もいてへんやないか」
 「8時からです」
 「わかっとる、今、ガソリンが要るから来とるんやないか」
 「だめです」でブツッと切れた
 傍にあったインターホンを押して
 「やかましいわ、あほんだら、覚えとけよこのガッキャア」
 結局、もう少し田植えをしようと思っていたのに中止をする羽目に。

 8時過ぎにガソリンスタンドへ。
 「兄ちゃん、すまんなガソリンこの携行缶に入れてくれるか」
 「今朝、入れに来たら偉そうにだめです言うてブツって切りよんねん」
 「お客さん、そりゃあきませんわ、消防法でこれには入れたらあきませんねん」
 「そーかて、これ買うた時に、これやったら消防法で認められていますて、書いてあったで」
 「そやから、自分で入れたらあきませんねん、私みたいな店員が入れて、お客さんが持ち歩くのはいいですよ、言う事ですわ」

 対面での話なら妙に納得をしたし、自分の無知が恥ずかしく思った。
 人に、話をさせていただく事の難しさを改めて実感した。

 昔からの短気は治らない。
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私のいきざま | 11:23:50 | Trackback(0) | Comments(0)
濡れながら
 6月10日、箕面市立南小学校で校庭の芝生植え付け式が行われました。
 昨日は、朝から雨模様で、午後にはだんだん雨が本降りになってきたので、教育委員会に
 「今日は、南小の芝生植えますか?」
 「ハイ、その予定で準備してますが」
 
 1時30分過ぎ家を出る頃にはしっかりと降っている。
 当初は、スーツを着てカメラを持って行くつもりだったが、この雨では、汚れるだけだと思い、作業服でカメラを持っていきました。
 こそっと、物影からこのブログ用の写真を撮って帰るだけのつもりだったのに。
 校門が施錠されておりインターホン越しに来校を伝えると、関係者は会議室に集合しているとのこと。
 いました、関係者が市長・教育長・教育委員長・教育次長、そのほか大阪府の職員の方まで、皆作業服を着て座っていらっしゃいます。
 いやな予感がして
 「あの~僕は写真を撮りにきただけだから、それに作業服だし」
 「まあ、そー言わんと、ここへお座り」
 捕まってしまいました。
 早く帰って、田植えの準備をしようと思っていたのに。
  
 雨天のために、急遽体育館で芝生の植え付け式が行われる事に、それがこの写真です。
 各学年の代表の生徒にポットに入った芝生を渡して子供たちは金曜日に植え付けるとのこと。
 「あ~、そうやろな、この雨やったら無理やわ、風邪ひいたら大変や」と思っていると。
 今日は、子供たちの分は残して関係者が協力して植え付けるとのこと、隣に座っている神代議員に
 「関係者ちゅうのは、わしも入ってるんか」
 「当然ですやん、がんばってくださいよ」
 「え~、これって文教の仕事ちゃうん」
 「なに言うてはりますの、どっちか言うたら建水のほうが近いんちゃいますか」
 「そやけど、学校の行事やで」
 
 
6月10日芝生2

 市長はじめ関係者全員それぞれの予定いっぱいまで雨に濡れながらの植え付け作業
 結局5時近くまで、雨の中パンツまでぼとぼとに濡れながら植え付け終了。
 「あ~植木屋やってる時には雨が3粒落ちてきたら仕事をやめて帰ってたのに。
 こんなんやったら雨合羽持ってきたらよかったわ。
 早よ帰って、田植えの準備せなあかんのに。
 わしみたいな高い職人、只で使いよってからに。」等々、
 ぼやくこと、ぼやくこと、私はあきらめの悪い人間です。

 田植えの準備が終わって家に帰ってたのは8時30分前。
 またパンツまで濡れてしまって、本当にかわいそう。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 05:40:12 | Trackback(1) | Comments(0)
アジサイ
 6月9日初めて私用で総務常任委員会の傍聴を途中で抜けた。
  ごめんなさい。
 今までは、常任委員会の傍聴を公用で中座することがあっても私用は初めてだ。
 日程の調整をしてはみたが、先週末の請願書の問題がひびいて、どうしても昨日の午後でしか長時間の空きがなかった。
 今日からは、すでに予定に入った面談その他があり、空きが2,3時間しか取れない。

 9日は、久しぶりに4時過ぎから滝道の散歩に出発をして、朝食後、田や畑の見回り畑仕事の段取りの調整、先日の土砂降りで傷んだトウモロコシ等の補植用の種まきをして、急いで市役所へ、昼前に帰宅後昼食、約2時間の道のりを走って娘の新居へ、頼まれていた家の片づけ(私は庭木の手入れ)をして帰ってきました。
 あ~しんど

 今朝も4時前に起きたら、体調が回復していたので滝まで歩いてきました。
 気が付けば、昆虫館の前の植え込みのアジサイが咲いていた。

6月10日アジサイ

 今朝は、曇り空でぽつぽつと小雨が降り始めました。
 こんな天気に見事に合う花だとは思いませんか?


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 08:11:02 | Trackback(0) | Comments(0)
請願書の付託
 6月8日、今日は建設水道常任委員会が開催されました。
 6月議会の事なので、過去の例を見ていると、補正予算の件と後はその他案件がある位で特に難しい事も無いのかと勝手に思い込んでいました。
 ところが、先月28日にまさかと思っていた、請願書が常任委員会に付託になると事実上決まり、其の取扱いをどのようにしたものか全く分からずに困っていました。
 前もって準備をしようにも、請願書の取扱い自体が初めてで本当に困りました。
 
 幸い、請願書の主旨が、彩都における人口の予想と小中一貫校の必要性という事でした。
 小中一貫校の必要性は、文教常任委員会への付託となり、我々の建設水道常任委員会は彩都の人口見通しに関することに決定された為に、前もって木曜日の文教常任委員会を傍聴出来たのである意味ラッキーでした。
 文教常任委員会ではいつも傍聴させていただく、前の席に陣取り、いつも以上に一言も聞きもらすまいと真剣に傍聴させていただきました。
 木曜日の帰ってからと、金曜日は早朝から、作戦を慎重に煉り。
 民生常任委員会の傍聴もうわの空で、このように聞けばきっとこう答えるだろう、いやこの答えが欲しいから、質問をこのように変えた方がいいのではないか、前もってこんなふりがいるのか等、この3日間は本当に真剣に考えては崩し、また組み立てなおすの繰り返しで、久しぶりに充実した日を過ごすことができました。

 おかげで田植えの準備や、朝市の野菜の出荷など細かい失敗の連続でかなりイライラしました。
 結果は、多くの諸先輩方からそれなりの評価をいただけて、ある意味ほっとしています。
 今日は帰ってから疲れがどっと出て参ってます。

 今日はもう仕事をやめて整骨院に行って、前から読みたかったニュートンも買ってきたし、お休みにします。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

議会日記 | 18:23:39 | Trackback(0) | Comments(0)
田植え風景
 6月7日正午より、近所の岸上米穀店主催による田植えが行われました。
 昨年末から、お米を売るだけではなく、お客さんに田植えをしてもらいたいとの趣旨で協力の依頼があり、快諾はしたもののなかなか大変でした。
 どの田でしてもらうのかで悩みました。
 第1に車の来ない安全な場所、そしてカンやビンが投げ込まれない場所、その他適当な広さ等。
 幸い、良いところに、私が管理をさせていただいている田が有ったので、地主さんにお話をさせていただいて了解を取り何とか実現しました。
 もう30年近く人手での田植えはしていないので、田植えで使う印をつけた紐もどっかに逝ってしまったし。
 初めて田植えをする人にどのように説明をするのか。
 苗の手立てもしなくてはいけません。
 この時期は議会が始まっているのが分かっていたのでできるだけ早くから準備をして何とか今日を迎える事ができました。
 
 今日は60名近い人が参加をされたそうです。
 田植えというより、泥んこ遊びに近いものがありました。


6月7日田植え2

 蛙を捕まえている子や、見事に泥だらけになった子供や大人を見ていると、我々は苦痛でしかなかった田植えが初めて経験をする人にはこんなにも楽しい行事になるのかと感心しました。
 田植え後は、さすがはお米屋さん、おにぎりを皆さんに配っていました。
 子供たちも、決してきれいとは言えない手でおにぎりを持っていました。

6月3日田植え3

 近所の皆さんは何事かと驚かれたと思います。
 ごめんなさい。
 今度は、この田で稲刈りをしたいそうです。
 どうなることやら。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 17:56:08 | Trackback(0) | Comments(0)
石破茂大臣と
 6月6日箕面市のビソラの南側で、自民党の街頭演説会が開かれました。
 弁士は、地元選出の原田代議士と、石破茂農林水産大臣でした。
 少し無理なお願いをして撮っていただいたのが、この写真です。
 私は、この頃の農作業でかなり日焼けしたのが良く分かります。
 そういえば、ブログで顔を出すのは初めてだったかも知れません。
 
 こんな顔です。
 よく言われるのが、
 「笑った顔をしているようだけど目が笑っていない」
 

6月6日石破大臣と

 私は、以前にも書き込みをさせていただきましたが、この石破大臣の話が大変好きです。
 話の組み立て方や、話し方は勿論ですが、思想的にも大変好きです。
 
 自分のことだけを考えていてはいけない、助け合って生きていかなければいけない。
 世の中には、自分の欲望のためだけに生きようとしている人がいるのも現実だ、そのような人や国から、日本を国民を守っていく事も重要だ。

 私は、戦争を美化するつもりも、戦争に頼るつもりもない。
 だからと言って、他人の欲望に家族や知人の人生を好き勝手にさせたくない。
 勝手な欲望で、犠牲者を作るのはいやだし、犠牲者になりたくない。

 
 


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 17:43:57 | Trackback(0) | Comments(0)
またまたやってしまいました
 6月3日、大阪府総務部市町村課の職員の方や府議会議員に来ていただいて地方分権と伴う権限委譲について勉強会を開かせていただきました。
 一番興味のある問題でしたので、時間の観念もなく質問をしてしまいました。
 ところが、引き続いてもうひとつ勉強会があることを把握できてなかった。
 廊下に担当の大阪府の職員を30分も待たせることになってしまった。
 ご迷惑をおかけしました皆様ごめんなさい。

 続けての勉強会が、滝道の活性化といえる様なテーマの箕面の観光の活性化に関するものでした。
 こちらも大いに興味があったけれど、先の反省から何も質問しませんでした。
 担当の府職員の皆様、決してつまらなかった訳ではありません、6時もすぎているのに、質問攻めにしてしまって迷惑をかけるのが怖かったのです。
 今度ゆっくり勉強させてください。
 
 このように近頃は、我会派は、本当によく勉強していると感心しています。
 今日も、箕面北部の発展の事で勉強会が開かれる予定です。

 昨日は帰ってからもばたばたと忙しく、昨日からポンプ操法の応援が再開され、それに行かなくてはならないしで、時間がないから「夕食の用意をしておけ」と電話をしていたにも関わらず。
 10分で食事をとって出かけるつもりが、まだ夕食の用意が出来てなかった。
 「言うといたのに、どないなってんのや」
 「すぐにできるがな」
 「やかましいわ、ボーとしゃがって、このあほんだらが」
 
 ふと気付くと、部屋の隅っこで孫が怖がって固まっていました。
 「ジジな、きょーチャンに怒ってん違うんやで」

 又、怖がらしてしまいました。    反省

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 09:53:48 | Trackback(0) | Comments(0)
今年のジャガイモ
 5月27日に写真の左端のジャガイモ品種は「インカの目覚め」を掘りました。
 このジャガイモは、収穫はほとんど期待できないほどですが、大変おいしく、一昨年から試験的に作っていますが、食べた方からいつも絶賛されています。
 これを先週の朝市で販売させていただきました、小粒で見た目が悪く、300gで100円の値段と相まって、いつものように早い時間での完売にはならず残念です。
 きっと、買って食べた方は今までになかった濃厚な味で驚かれたと思います。
 そして昨日は、田植えの準備のため左から「キタアカリ」・「シンシア」・「トウヤ」の各品種を収穫しました。
 「キタアカリ」はかなりポピュラーななってきましたので、このイモの味はご存知かも知れません。
 「シンシア」と「トウヤ」は私も今回初めて挑戦をしていますので味はわかりません。
 写真の左から順に味が淡白になり、「トウヤ」はポテトサラダに合うとのことです。
 
 ジャガイモは、肥料さえ切らさなければかなりの量が取れます、特に今回の私のように2月中にビニールマルチをしておけばなおさらですが、イモが大きくなりすぎて中心に変質したような箇所ができるのと、高温とチッソの多さが災いして、味が大きく落ちるといわれています。
 しかし全体的に見て今回はやはり肥料が少し足らなかったのか、イモが少し硬いように思います。
 
 また来年は、何か工夫をして、おいしいイモをたくさん採るぞー



CIMG0027.jpg


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 08:14:45 | Trackback(0) | Comments(0)
体力が余ってる。
 ほとんど腰は元通りと言っていいほど回復をした。
 議会の開催中で忙しい、農繁期で忙しい、各種団体の総会が続いて忙しい、今年から桜共同墓地管理の仕事をさせていただくので忙しいはずなのに、今朝は4時前に起きてしまい滝まで散歩に出かけた。
 滝道の傍らにガクアジサイの一種だろうか可憐な花が咲いていましたので、皆様にも見ていただきたく一枚撮りました。

6月2日ガクアジサイ

 気分よくゴミ拾いをして帰る途中で、箕面駅前の歩道の上に犬の糞が放置されていた。
 常識のない輩がいるものです。
 写真を一枚とも思いましたが、止めました。
 幸い攤える状態でしたので始末しておきました。
 
 しばらく歩くとカラスが騒いでいた。
 この写真です。

6月2日カラス
 
 そして散らかされたゴミの状態がこれです。

カラスの2

 早く箕面市美化条例を作りましょうよ。
 実は、すでに私案は出来上がっています。(一か月近く前に完成しています。)
 今回は、事務局のご協力のもと、きれいに条例の形にしていただきました。
 担当部局と協議の結果、不備があるとのことです。
 私案の何が不備なのか、何処が問題なのか分かっているのなら良いものを出してください。
 
 実はブログ上で「これが」という形で私案を引用させる技術がない(情けない)
 現物を観たい方はご覧にいれますのでいつでもどうぞ来てください。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

議会日記 | 07:36:22 | Trackback(0) | Comments(0)
作業
 5月31日には竜安寺を支援させていただく幾つかの団体(講)の一つである麓巳講の総会が開かれました。

 3年ほど前に知り合いの方から、竜安寺の大きな行事である護摩をするときに使用する段木(中心に井形に組まれている)やヒバの葉(段木の上に重ねて載せるヒノキの枝)を取りに行く人が少ないから手伝ってほしいとの依頼で入らせていただきました。
 植木屋の技術が必要だという事で喜んでお手伝いをさせていただくつもりでしたが、我が家は浄土真宗ですので少し抵抗はありました、聞けば義父も入っていたし地区でも大勢の人たちが入っていたようです。

 昨年秋にNHKで箕面の旅番組で紹介していただいた、竜安寺の護摩の準備のためにヒノキの木の上に登って枝を切り落としていたのが私です。
 収録中に実は色々とやりとりをしていたのですが、最後に職業の話になり、植木屋を辞めて議員になった旨の話になったとたんにすべてがボツになり、結局はお尻が映っていただけでした。
 
 今年の11月15日に、竜安寺が富くじ発生の地だということで古式に則り復活させるとのことです。
 この行事が、秋の箕面の観光の目玉の一つになってくれればいいのですが、変に観光ずれしていない竜安寺ですから、昨日の説明を聞いていると一等は「御札」になるとのこと。
 最も、その当時はそのお札がありがたいとの事で、大変な賑わいになったようです。

 前日の、紅消会の宴会で飲みすぎてしまい、麓巳講ではあまり飲まないようにしようと思っていたのに、もともと酒のあまり強くない私は今日もまだボーとしています。



 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 09:48:20 | Trackback(0) | Comments(0)