FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
朝食
 今朝の朝食です。
 毎朝、牛乳とチーズ、バナナは必ず食べます。
 食べた後、今朝は写真のお粥を作りました。
 少し色が付いているのは、茶粥だからです。
 お粥は自分で作ります、これも自分で作りました。
 今は、畑で撮れるサツマイモを入れています。
 正月になってお餅をつくと、餅を軽く焼いていれます。
 年をとってくると、子供のころに食べた物が恋しくなるのかも知れません。
 泉州で生まれ育ったので、朝食はお粥でした。
 泉州や、河内、大和ではごく普通だったと思います。
 箕面では殆どお粥は食べないのかも知れません。
 「お粥を食べるから作ってくれ」と言ったら馬鹿にされました。
 こちらでは病人食のように思われていたのかと思います。
 本当に体調を崩して、家内にお粥を作ってもらったら、でてきたものはまるで別物でした。
 それはお粥ではなく、鍋をした後の雑炊のようなものでした。
 何回も説明をしましたが、いくらやっても思うようなものが出てこないから、自分で作っています。

 私は、炊き過ぎてべとべとになった物は大嫌いです。
 やはり白いお粥よりも茶粥でしょう。
 お水を多めにいれて炊き、サラサラのを、わざわざ網ですくって盛りつけます。
 家内の料理に飼いならされていますが、これだけは自分でやらないとだめですね。
 
 おかずは、私の大好物の、メザシと、野沢菜のつけものです。
 はごたえのあるものが大好きです。
 メザシは、もちろん頭からすべて食べます、おなかの苦味が大好きです。
 
 よく友達と食べに行って笑われるのが有頭の海老フライを食べても何も残らないことです。
 頭からしっぽまで綺麗に食べます。
 笑い話ですが、一度食べた海老フライが小ぶりの伊勢海老だったので大丈夫だと思い、バリと言ったら口の中を切ってしまいました。
 伊勢海老は固いし、いくらそこの名物かもしれないが、伊勢海老を海老フライにするなと思いお店に文句を行ったら、笑われました。

 今回のつけものは、野沢菜ですが泉州ではやっぱり水ナスの浅漬けです。
 あんなものは、ごくふつうに食べていましたが、こちらで買うとなれば高いものなのでびっくりします。
 何回か、作ってみましたが、まるで駄目です。
 来年は、毎年稲作をしていたところで、なすやきゅうりを作ろうと思うので再度挑戦してみます。

9月29日朝食
 


スポンサーサイト



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 16:37:53 | Trackback(0) | Comments(0)
乾杯
 昨夜、NHKで鶴瓶の家族に乾杯という番組があった。
 昨夜は、他に用事があったので録画をしておき今朝4時に起きて見た。
 私は、ニュース以外はあまりテレビも見ない方だと思うので、同じ番組を毎週見る事は少ないが、今回は奈良県の曽爾村が舞台だと言う事で見た。
 曽爾村は娘が6月に嫁いだところです。
 
 娘の事は家内に「喉にひっかかった<小骨>みたいや」と言っては怒られていました。
 なかなか、嫁に行ってくれない、気になって気になって、毎日気になってましたが、やっと縁があって嫁に行った先が曽爾村でした。
 今から思えば最初からこういう運命だったのかも知れません。
 親として、この子にはそんな縁がある事も分からずに只焦っていたのか、と思うと反省をしなくてはいけないのかも知れない。
 よく、人から「さみしいでしょう」と言われるが「いいや」としか言いません。
 只、私にとっては相も変わらず<小骨>で、「元気にしているのだろうか」と気にはなります。

 番組を見せていただいて、登場された方が全員やさしそうでよかった。
 村の人口が1800人程の限界集落だと聞いていたので心配をしていたが、番組を見てほっとした。
 冒頭に出てきたタイ焼き屋さんも建築中のを見たような気がするが定かではない。
 
 舅さんに、村の料理屋さんで昼食を御馳走になったが、出てきた料理と器を見てビックリした。
 私は、色々なところで食べた経験があるが、吉兆の懐石や赤坂の料亭よりもおいしく、器のコーディネイトも抜群で、本当にビックリさせられた。
 あの村には都会とは違った価値観や時間が流れているのかも知れない。

 昨日の番組では流れなかったけれど鎧岩とか言う変わった景色もあるし、曽爾高原のススキも見に行きたいと思う。
 10月11日に秋祭りがあって獅子舞が出るそうな。
 娘の旦那が、一生懸命練習していると聞くが、秋の行事が目白押しでいけるかどうかわからない。
 
 本当に朝からホッとして嬉しい番組でした。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 06:02:25 | Trackback(0) | Comments(0)
閉塞感
 議会の真っ最中です。
 今日は、10名の議員が一般質問をします。
 誠に失礼ながら、一生懸命聞かせていただいて、今後の議員活動の糧にしようと思える方のや、聞いていてもなーと思える方もいらっしゃいます。
 かくいう私は、皆様からはどのように思われているのか知るすべもありません。
 結局は、自己満足の世界かも知れません。

 近頃は、閉塞感に襲われていて大変です。
 政権交代で、世の中がどのように変わるのか、本当にマニフェストを忠実に実行するのか。
 止々呂美地区の発展の起爆剤になると思われる新名神の開通も不透明になってきました。
 北大阪急行の延伸も足踏みとなるかも知れません。
 逆に、ゼロ試案での子供施策の見直しを行なわなければならないのかも知れません。
 問題は、各施策をすると言いながら右往左往された時に、財政の厳しい箕面市はどうするのか、どうすることができるのか。
 地方主権とは程遠い現状が待っているような気がします。

 私が自民党だから閉塞感そう思っているのか。
 民主党の議員の皆様は希望でいっぱいなのだろうか
 一番肝心の市民の皆様はどう感じておられるのだろうか。
 街づくりのこと、農業問題、やらなければならないことが山積していますが、今まで通り活動していいものだろうか。

 堺市の市長選挙がまたまた大変なことになっています。
 橋下知事は「向かうところ敵なし」の状態ですが、今後どうなっていくのでしょうか。
 彼の言っていることが本当に正しいのかどうか。
 うまく、マスコミを利用して発言していますが、振り回されている大衆は迷惑ではないのでしょうか。
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 09:55:55 | Trackback(0) | Comments(0)
申し訳ない
 9月26日、孫が通う小学校で運動会が有り、見に行ってきました。
 直前に秋のシルバーウィークの5連休があるので、特に低学年の子はせっかく練習をしても忘れるんじゃないかと心配をしておられた。
9月26日運動会
 うちの一年坊主も一生懸命に走っていました。
 体が小さいのであまり良い成績ではなかったけれど、皆と一緒に走れるだけでも喜ばなくてはと思う。
 私は、虚弱でしたので、運動会はいやでした。
 よく行進や整列の途中で倒れるような子でしたから、小学校3年ぐらいまでは運動会で走らなかったと思います。
 
 見学席の隣に、前校長がいらしたので、
 「この頃は、ゴール前で皆で手をつないで一緒にゴールしないのですか」と聞いたら
 「それはどこの話ですか、私の教員生活の間、箕面市内でそのような事実はありません、きっと日本のどこかでやられたことをマスコミが大きく取り上げただけでしょう」
 「そうですか、すみません」
9月26日運動会3
 近隣の方が参加をしての玉入れが行われた。
 この玉が御覧のように大きさも色も形も様々で見ているだけで楽しかった、きれいだった。
 この光景を見ているとまた子供のころを思い出した。
 私が小学校へ通っていた頃、我が家はパンの製造業をしていた。
 各小学校へのパンの配達や運動会という事でパンが良く売れたらしく、忙しくて家族は運動会に来てくれなかった。
 お昼の食事の時に一人で待っていると、親戚の人や近所の人が声をかけてくれて一緒に食べさせてもらった記憶がある。
 家族が来れないで、従業員の方がパンの配達のついでにすしの盛り合わせを届けてくれて、それを食べた記憶もある。
9月26日運動会4
 子供が小、中学生の時にPTAの会長もしたが、行事が有るたびに色々な記憶がよみがえってきてあまり楽しくはなかった。
 子育てのころには私自身が忙しくて、会長職以外のときは見学に行けなかったと思う。
 今、せめてもの罪滅ぼしと思い、孫に誘われるままに色々な行事に出かけるが、子育てのころ、この人たちのようにもっと楽しめばよかったと思う。

 今回の運動会で一番盛り上がったと思えるのが綱引きでした。
 本当に力が拮抗していたのか、なかなか勝負が付かず、もう少しで旗が倒れて赤が勝つ、旗が傾いてきたと思えば白が巻き返し、もう少しで白が勝つ旗が傾いてきたら、赤が盛り返す。
 隣の席で倉田市長がえらい力を入れて応援をしていた。
 「いやーほんまにいいもの見せてもらいました」
 と言って、次の学校に行かれた。
 いろいろな来賓が来られたが、すべての方が次の学校や行事にあわただしく出ていかれたが、私は特等席で最後まで見学をさせていただいた。
 9月26日運動会2
 昨年から、議員という事で学校行事のみならず色々な場面で特等席に座らせてもらえる。
 折角呼んでもらっているのだから、出来るだけ最後まで楽しみたいと思います。

 本当にありがたく、また、申し訳ない。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:48:12 | Trackback(0) | Comments(0)
治らん
 9月25日本会議が開催されました。
 今回の、本会議の目玉は、箕面市始まって以来の大型の補正予算です。
 先の政権が打ち出した景気の浮揚策を活用したスクールニューディールで、市内の小、中学校の耐震化や、美化、エコ工事がメインです。
 政権交代で、まだ補正予算の完全な履行は不透明ですが、何とか実施にこぎつけれたらありがたいと思いつつ、全会一致で採択されました。

 ところがマスコミ受けしたのが「猿の餌やり条例」でした。
 箕面市にとって重要だと思える補正予算が、エテコ(猿のことです)に負けるとは情けない。

 私も昨日、一般質問を無事終える事ができました。
 いつも一番最初に一般質問をさせていただいていたのですが、今回は衆議院選挙で疲れ果ててしまい準備が遅れて2番目になりました。
 いつものように、農業や土木、開発の関係ではなく「国民健康保険の運営について」とまるで違う私にはおよそ似合わないようなテーマに挑戦した事も関係があるのかも知れません。

 しかしこのテーマは以前からやりたいと思っていました。
 素案はずーと以前から創っていたのですがやはり得意分野では無いせいか、もうひとつ踏み込みが足りないような気がします。
 今回も、担当部局とすり合わせをしてからも、何回も、何回も読みなおしては、書き直し、文章の順番を入れ替え、同じようなことを言っていれば削り、作り変えていました。
 当日の朝5時前から再度読み直し創り替えましたが、読めば読むほど踏み込みの弱さが分かり自己嫌悪に陥ってしまいます。
 何とか、当初の文より800字文削りましたがそれでも質問時間が10分を少しオーバーしてしまいました。
 次は、何とか皆さんに聞いてもらえる8分位の長さでどれだけ踏み込んだ質問ができるのかに挑戦します。

 昨日が終わってホッとしていますが、これからの課題も多く、相も変わらずに忙しくしています。
 先ず、しなくてはいけないのが、「中井博幸の市議会報告」の作成。
 その他、ここに書き込む事はできませんが、本当に沢山の事業に首を突っ込んでいますので順番に片付けて行きます。
 大根の種まきやら白菜の間引き等農作業も目白押しですし、今日は小学校の運動会、村の秋祭りの集会等行事が沢山あるし、忙しい。
 という事は私にとっては大変楽しいことです。
 只、膝が相も変わらずなかなか治ってくれないのだけが悩みです。
 散歩に行けない、ゴミ拾いも休んでいます、公園の草刈りも。

 ま、そのうちに治って又やれる日が来る事を信じて、当面はほかの事が忙しいので気を紛らせていよーと。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 06:37:46 | Trackback(0)
弱い
 9月23日住之江競艇に行ってきました。
 私の事をよくご存知の方なら「おや?」と思われることでしょう。
 日頃の私は、ギャンブルは一切しません。
 もしも宝くじがギャンブルというのなら、ジャンボ宝くじとロト6だけはしてます。
 箕面市議会の仕事の一つに箕面市が主催する住之江競艇の運営審議があります。
 この道はまるでわからない私も、役目がらたまに競艇場の門をくぐります。
9月23日競艇1
 今回は初めて公共交通で、競艇場に行きました。
 住之江公園駅で降りるとすぐ目の前で、アーケードがあり雨にぬれる心配もありません。
 地下鉄の駅から、地上に出ると艇の爆音が聞こえて来てギャンブルの嫌いな私でもわくわくしてきます。
9月23日競艇2
 そしてこの明るい雰囲気の入口から入ります。
 9月23日競艇3
 今まで視察で高松競艇場などを見てきましたが、比べても入り口はの雰囲気は、明るくてとてもきれいだと思えるのですが。
 残念ながら、場内に入ると雰囲気は一変します。
 地方の競艇場は家族連れが多く全体的に明るい雰囲気ですが、ここははっきり言って暗いです。
 どうすれば、もっと明るい雰囲気にすることができるのか、競艇場が家族の娯楽施設となりえるのかを考えた方がいいのかも知れません。
 それと、全体的にだだっ広い雰囲気がすると思います。
 もう少しコンパクトにすれば逆にお客さんの密度が上がり、活気が出るのではないでしょうか。
 
9月23日競艇4
 ギャンブルが苦手な私でも、レース自体は非常に面白い。
 あのスピード感やスリル、音、迫力などは、一度見ると結構病みつきになると思うのでどれだけ多くの方にレースを見ていただくかが問題だと思います。
 
 提案します。
 競艇場をもっと開かれたものにするべきだと思います、家族連れなどのもっと若い客層を呼び込む事で、明るい雰囲気になるのではないか。競馬に出来たのだから競艇に出来ないはずがない。
 
 住之江競艇場は結構空きスペースが有るように思うので、競艇場を二つに割る。
 この、スペースは可変式として大きいレースが開催されるときには競艇場の一部として利用します。
 別に無料入り口を創る。
 出店無料のフリーマーケットを開催して、家族連れに来てもらう。
 大型モニターでレースを映して観ていただく。
 このスペースから競艇場が良く見えるようにすれば、おっちゃん達のマナーもよくなり、ゴミを散らかすことも少なくなるのではないか。
 全体的にきれいになってくれば、雰囲気ががらりと変わると思います。

 こんなことを考えながらのギャンブルでは勝つ訳がない。
 
 
 


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:06:21 | Trackback(0) | Comments(1)
悩み
 9月21日は、敬老の日。
 私も、孫たちから、敬老の日という事でプレゼントをもらいました。
 
9月21日敬老1
 娘たち夫婦から花が届いた。
 よく考えれば、私達にではなく姑に届いた。
 ま、相手がだれであれ、誰のものであっても勝手口が華やかになったことには間違いない。

 ブログを書き込んでいる時にどこかをクリックしたらしい、本文の色が変わってしまったが直せない。
色々やってますが分からない。 
 悩んでいます。
9月21日敬老2
 
 昨日は祭日だったので3組の方がイモ掘りに来られた。
 其の内の一組が、孫の幼稚園の同級生の皆さんと、家族の一行。
 わいわい、がやがやイモ掘りを楽しんでくれました。
9月21日いもほり2
 皆で記念写真を撮っていたので横から撮らせてもらいました。
 この中の一人の子が、私が同級生の爺だとは知らなかったみたいで、知ってから緊張していたのが不思議でした。
9月21日イモ掘り2
 別の組は、お孫さんを連れられてのイモ掘りでした。
 イモがきれいだと言う事で、どなたかに差し上げるらしく沢山掘って帰られました。
 この方もそうでしたが、もう一組の方もイモのつるを食べようと言う事で持って帰られました。
 戦時中の貧しかったころの食べ物の代表みたいなイメージがありますが、近頃はイモも品種改良され戦時中とは比べ物にならないほどおいしくなっています。
 それにつれて、イモのつるもおいしくなったと、聞いたことがあります。
 先日は、直売場でイモのつるの注文があり、持っていきました。
 私も食べましたが、どうしてこれが貧しい時のおかずの代表に上がるのか不思議でした。
 おいしかったですよ。
a href="http://blog-imgs-34.fc2.com/n/a/k/nakaih/200909211817025a8.jpg" target="_blank">9月21日イモ掘り1
 今年は、「鳴門金時」と、「紅あずま」の2種類を植えています。
 去年までは、「鳴門金時」だけでしたが、体験イモ掘りには「紅あずま」のほうが向いていると聞きました。
 何でも、「紅あずま」は掘った日に食べてもおいしいとか、「鳴門金時」は最低でも一週間は追熟が必要で、すぐに食べると美味しくないととのことでした。
 確かに、掘ってすぐは「紅あずま」のほうがおいしいし、私はこちらの味の方が好きです。
 只、イモの入り方や見た目が、「鳴門金時」の方が、数段綺麗です。
 いま「紅あずま」をどのように活用しようかと悩んでいます。
 このまま置いておくともっと大きくなってグロテスクな感じになるのではないか。
 ひと雨降ってくれればすべて掘ってしまおうか。
 
 しょうもない事で悩んでいます。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 05:58:26 | Trackback(0)
変えた
 9月20日、牧落分団が主催するミニ消防フェアーがありました。
 何年前になるのだろうか、私がまだ消防団の分団長だったころから、箕面市が主催する消防フェアーが開催されていた。
 確か11月3日に行われていたと思う。
 当初は予算もあったので、かなりの大盤振る舞いな行事だったと思う。
 参加をしてくれた子供たちに多くの土産を持って帰ってもらったように思う。
 だんだん土産が少なくなり、とうとう消防フェアー自体も、私が団長だった時に予算の関係で無くなってしまった。

 市の消防フェアーが亡くなって少ししてから牧落分団が地元で子供たちのために開催をしてくれていたようだ。
 団長というのは不自由な物で、一分団の行事には参加をしない事になっていたので見に行った事はなかった。
 消防団を離れるとなおさら見に行く機会もなくほとんど忘れていた。
 昨年議員になったので改めて、この行事の事が解り、始めて参加をした。
 確か昨年は、天候の都合で途中で中止になったと思う。
 今年も、開催日時を教えていただいていたので、孫を連れていってきました。
9gatu20niti消防4
 消防おたくの孫たちは大喜びで、放水体験や、
9月20日消防1
 ポンプ車の運転席に乗ったり。

9月20日消防4
 綿菓子をもらったり。

9月20日消防2
 最後にはお待ちかねのはしご車にも乗せてもらっていました。
 本当に大喜びの時間が持てました。
 消防3
 本当にありがとうございました。
 こういうことの積み重ねが、消防団への理解と、防火意識に役立つんだなーと感心しました。

 近頃気分がいい。
 朝食の時にいつも新聞を読む。
 8月までは朝日新聞を読んでいた。
 新聞を読んでいて、何回腹をたてたことか。
 読んでいて記事に、書き方に、解説に腹が立つ。
 何回、新聞をぶつけたことか。
 8月下旬に会派の部屋で其の話をした。
 「ほんま、腹立ってくるわ、朝日新聞読んでたらムカムカするな」
 「え、中井さんまだ朝日新聞読んでますの」
 「何やそれ」
 「僕は腹立つから、産経新聞に変えましてん」
 「あ、僕も変えましたよ、変えて一年なりますわ、僕も変えてから朝飯がうまくなりました」
 「え、皆、変えたんか、ほんなら、わしも早速産経新聞に変えよ」

 家に帰るなり。
 「新聞変えるど」
 「やめときーな、読みにくなれへんか」
 「そない言うんやったら、一回買うて来てやる」
 2紙を並べて、
 「載ってる記事はほとんど一緒やないか、これやったらええやろ」
 「これやったら、変えることないやん」
 「やかましい、俺がちょっとでも機嫌がええ方がええやろ」
 
 おかげさまで新聞を隅々まで読むようになりました。
 勿論自民党に対する強烈な指摘もありますが、私達にも共感出来ることです。
 新聞を読んでムカムカしている人は一度変えたらいいと思います。
 すっきりしますよ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日の1枚 | 19:07:46 | Trackback(0)
ほったらけの島
 昨日からシルバーウィークが始まった。
 特に予定はない。
 農業三昧のシルバーウィークになりそうです。
 昨日は、朝から田んぼのヒエ採りをしました。
 もうすでに7月下旬に1回目のヒエ撮りをしているのでほとんどなかった。
 40年間も農業をしているとえらいもので、1回目のヒエ撮りでほとんど採る事が出来ていたのか、ほぼ無かった。
 昔は、2~3度ヒエ採りをしても見逃していたのが沢山あって、今頃は持ちきれないほどのヒエで困ってしまうのだが。
 おかげで、3日ほど掛けての作業かと思っていたのが3時間足らずで終わってしまった。
 しかし田に入ると所々ウンカが付いているようなので、今日は殺虫剤を散布しなくてはいけない。
 
 今日は、玉ねぎの種まきに挑戦をする。
 今までは、実家が野菜の苗が専門の園芸店を営んでいるので、いつも帰ってはもらっていた。
 おかげさまで、野菜の直販所が調子よく売れているので、今年はかなり思い切って玉ねぎを作ろうと思い種まきから挑戦することにした。

 昨日は、彼岸のお参りも兼ねて、孫と一緒に里帰りをした。
 甥の嫁さんに「どんな野菜の苗でもいいから、売れ残ったのがあったらくれへんか」と毎年同様の虫のいい話をしていたのだが、今年は、日照りと暑さで近隣の農家が白菜やキャベツの苗作りに失敗をして植え換える為にものすごく売れているとのこと。
 残念ながら、今年はもらえなかった。

 昨夜は孫3人と息子の嫁とで映画を見に行った。
 小学生の上2人だけなら私とで見ているのだが、幼稚園の孫はまだジーと見ていられるのか自信が無いので息子の嫁に付いて行ってもらった。
 見たのが「ほったらけの島」
 評判は、決して良くはない。
 だからか、夕方の6時45分からの一日一回限りになってしまったのだと思う。
 逆に、平日のこの時間帯だと子供たちを早く寝かせるために連れてはいけない。

 私的には非常に面白かった。案外今年見た中では、一番かも知れない。
 私だけではなく、我が家の一行もすべて面白かったようだ。
 何よりも不思議に思えたのが、幼稚園、小学生くらいの子供たちが来ているのに、誰も騒がないし、エンディングロールが終わるまで、誰一人として立ち上がらなかった。
 こんな光景は初めてだ。
 大体、小さい子供連れの場合はエンディンロールの前にごそごそと帰るものだが。
 大人にも、幼稚園に通う孫にも訴えかけるものがあったのだと思う。

 何故、評判がよくないのか考えてみた。
 ストーリーの内容や訴えかける事がくどく無いし、展開の速度もちょうど良いと思えるのだが。
 登場人物の絵があまりにもリアル過ぎたのではないか。
 私は予告編を見ていたが、あまり見ようとは思わなかった。
 孫が、どうしても「ほったらけの島」を見ると言い張るものだから、仕方なしに連れて行ったが、さもなくば、あの予告編の変にリアルな映像を見ようとは思わないだろう。
 もっとアニメチックに映像を作っておけば文句なしに見に行ったのにと思う。 
 せっかくの良い映画だと思うのだが残念です。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 06:10:57 | Trackback(0) | Comments(0)
メキシコ
 昨夜、メキシコフェスタが有り参加をさせていただきました。
 家内と、友人と一緒に見に行きました。
 写真を添付する予定でしたが、カメラを忘れてしまったので、非常に残念です。
 今年は、メキシコとの友好400周年に当たるのだそうです。
 箕面市が留学生支援を初めて17周年になるんだそうです。 
 
 現地の踊りと歌との触れ込みでしたが、踊りは、日本の方ではなかったかと思います。
 歌は、流石のものがありました。
 歌があったのでよかった。

 民主党の政策が段々はっきりしてきましたが、大変なことになりそうで心配です。
 言っていることに大変な矛盾があるように思えるのだがどのように整合させるのだろうか。
 良く言われるのが、CO2の抑制とガソリンなどの暫定税制の廃止と高速道路の無料かですが。
 たとえば円高容認と雇用の確保とか、自治労の支援を受けているはずなのに、公務員を大幅に削減させるとか。
 国内での政策転換なら救いようがあると思うが、外交での変換は非常に怖いものを感じるのは私だけでしょうか。

 私などの普通の頭では理解ができない事柄があるのかもしれません。
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 10:45:58 | Trackback(0)
つった
 今日も膝の調子が良くないので散歩を止めました。
 一昨日寝ていると急に足をつってしまった。
 昨日は足全体が固い感じで歩くのもつらくなってきた。
 そういえば昨年も、選挙の後で同じような症状が出て困ったことを思い出した。
 去年はどうしたっけ。
 サウナでマッサージを受けた事を思い出して、昨日行ってきました。
 昨年まではほとんど月に一度くらいの頻度で行ってたけれど、気が付けば本当に一年ぶりです。
 お姉さんから「久し振り、どうしてたん、忙しいやろ」と質問攻めでしたが。
 「いいや、暇やで、私のところへはだーれも何も頼みに来んわ」
 「ふーん」
 ちゃんと受け応えせずにごめんなさい、本当に辛いんです。

 おかげさまで、今日は足がつる事もなく熟睡させていただきました。
 散歩に行けないから無理をせずに、事務所でラジオ体操とストレッチを少ししてから、一般質問の仕上げをしようかなと思っています。
 
 やる気と体力がバランスよく落ちて行ってくれたらいいな、と思います。
 やる気や、負けん気、根性はまだ上昇気味なのに体力が落ちてくると大変つらいものがあります。
 年を取ると気が短くなる、体が動かないから口うるさくなるのが分かるような気がします。
 私は、婿養子に来てから人間関係ではかなり苦労をしたと思いますが、おかげさまで日のあたる道を歩んできたと思う。
 しかし世の中にはもっと苦労をされても、脚光を浴びる事のない人がどれくらいいらっしゃるのだろうか。
 私など、及びもつかない才能を持った方が世の荒波に飲まれて力を発揮できずにイライラしているのだろうと思う。
 やはり運命なのだろうか、感謝をしなくてはいけないとつくづく思う。

 民主党の鳩山内閣が発足した。
 官に頼らず政治主導を目指すとか。
 民主党の皆さんが言う事は正しいのかもしれないが難しいだろう。
 なかなか、職員の方は動いてくれないと思う。
 理想はともすれば夢物語になるだろう、公務員の支持を得て議員になった者が公務員にもっと働けと言って鞭打つことができるのだろうか。
 市議会議員になって一年、本当のことを言えば市職員から嫌われる。
 嫌われずに働いてもらう、この兼ね合いが私には難しいと思えるのだが民主党の皆様は、私など考える事も出来ない才能の持ち主なのだろうか。
 そうであってほしいし、そうでないと私欲だけで国民をだまして国民を不幸にしただけだ。

 反省、今日も書き込みが長くなってしまった。
 

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 05:59:59 | Trackback(0)
本当でした
 先日の市長と(市民)の対話集会の中で、あるご婦人が箕面市立病院の食堂がまずい、ひどくまずいとご立腹だった。
 「看護師さんが長続きしないのはあのまずさが原因だ」とまで言い切っておられた。
 これは一度試食をさせていただこうという事で15日の昼食を食べに出かけた。

 「今日は昼飯は用意せんでええから」
 「何かあるの」
 「この前から言ってる病院の昼飯食べるねん」
 「ふーん、出かけるから何もせんとくよ」
 「ああ、それでええ」

 さすがに病院の食堂だけあってレストランという看板があがりメニューもこぎれいです

9月15日昼食3
 かなり悩んだ挙句決めたのがB定食、さんまの利休揚げです
 食券を買って綺麗なテーブルに連れて行かれ、すぐに出てきたのがこれです
9月15日昼食1
 ご飯と、さんまの利休揚げが4つとサラダ、味噌汁と、たまご豆腐(らしいもの)、漬物でした。
 少し匂うのでいやな気がしたが気を取り直して教えられるままにマヨネーズを取りに行ってサラダにかけました。
 先ずご飯を食べてみようと顔に近づけたとたんに嫌な匂いが。
 ご飯を炊いて十数時間以上も炊飯器に入れておくと匂うあのいやなにおいです。
 いったい何時炊いたんやこれ、と思いながら食べてみると独特な食感がします。
 半分以上切れかけても、何とかさんまの利休揚げを食べてみた。
 これが表札にサンマと書いてあるからサンマかなとは思うが、書いてなければ何かわからない。
 ぱさぱさで油気ひとつない、冷凍のサンマでももう少しおいしいと思えるほどのひどいもの、勿論味が付いてるはずもなく仕方なくテーブルの醤油をかなり掛けて食べなければいけない代物。
 味噌汁もだめでした。
 卵豆腐らしきものは市販のものでしょうか味は薄いように思えたが先ず普通かな。
 9月15日昼食2
 私がこのような食べ方をすることが珍しいと思います。
 大体、醤油やソースは余りかけないし、ご飯もほとんど残さない。
 久し振り(本当に何年振りだろうか)プロの店で食べて腹が立ってきたのは。
 
 家に帰って食べ直しをしよう。
 思いだした、今日は誰も家にいない。
 仕方がないからカップラーメンでも食べようと思い家に帰ったら食べるものが見事に無い。
 充分食べていないので、益々腹がたってくる。
 仕方なく、朝食のパンとミルクで済ますことに。
9月15日昼食4
 
 本当にひどい目にあった。
 聞けば、経営をしているのは関西でも大手の会社らしい。
 きっと末端まで目が行き届か無いのだろう。
 この会社の社長さん、一度お忍びで食べに来てください。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 14:18:43 | Trackback(0)
迷い
 今朝もまだ膝に違和感があり散歩を休んだ。
 昨夜は、孫も同じ個所が痛いと言うので苗代接骨医で二人並んで治療を受けた。
 孫のは体操クラブでの跳び箱や縄跳びなどが原因ではないかとのことでした。
 私のは、若いころからの無理が祟ったのではないかとのことらしい。
 よく近所の方から、体は大切にしないと後々後悔することになる、と聞かされていましたが、若いころは丈夫な体と根性がとりえでしたので、やはり無理をしてしまったのでしょう。
 体にはガタがきているのに、負けん気と根性だけは健在なようですので、ストレスがたまり大変です。
 
 少しいらつきながら、次の本会議に向け一般質問の作成手直しに勤しんでいます。
 今回は、以前から疑問に思っていた国民健康保険です。
 全く新しい分野に挑戦するので戸惑っています、どこまでやれるのか自分でも不安です。
 国民健康保険の運営協議会の資料を入手して、読んでいますが最初はほとんどちんぷんかんぷんでしたが、3回、4回と読み直すうちに傍聴させていただいていた時の光景がよみがえり、こういう事だったのかと今頃納得しています。
 実は前々回位に取り上げたかったのですが、自信の無さと、他にしなくてはいけない案件があり延び延びになっていました。

 本会議で建設水道常任委員会に付託をされた案件のうち一件に、共産党のK議員が反対討論をするという事が分かりました。
 委員会で賛成多数で採決された案件ですので、反対討論が出されるのは当然かも知れません。
 副委員長として賛成の立場で通告外の討論をするべきなのか迷っています。
 このようなところで経験の無さが露呈するんでしょうね。
 今日から一生懸命勉強をして、自信ができたらやってみます。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

議会日記 | 07:39:08 | Trackback(0)
活躍
 9月13日箕面市挙げてのクリーン作戦が行われました。
 私の住んでいる桜地区でも、自治会、子ども会、青少年を守る会、等が参加をして大々的に行われました。

9月13日クリーン作戦2
 
 日頃は掃除をしないようなところ、私たちは道路のグレーチングを上げて底にたまった土砂などを掃除しました。
9月13日クリーン作戦
 ついでと言ってはなんですが、地元で管理をしている公園の桜が1本枯れているのを伐採したり、害虫の駆除や公園の道に飛び出ているような枝を切ったりと、大忙しでした。
 本職が植木屋ですから、チェンソーや動力噴霧器、脚立や草刈り機などは自前のものがありますし、少々荒っぽい仕事や高所等もお手の物です。
 
 私が、地区で重宝されているのもこのような芸があるからかもしれません。
 近所の困りごとでも、地区で起こった火災だったり、車が溝に落ちて動かなくなったとか、何かと活躍させていただいています。

 芸は身を助ける。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 13:49:12 | Trackback(0)
今朝
 昨日、待望の雨が降ってくれた。
 約半月ぶりの雨だったと思う。
 どれだけこの雨を待ち望んだことか。
 本当によかった。
 折角種を蒔いていたのに乾燥であちらこちらに芽がでないところが出来てしまった。
 総選挙で手をかけられなかったのも大きいが、もう一度やり直そうと思う。

 今朝起きて、まだ膝が痛い。
 苗代先生によると加療と安静が必要だとか、簡単なサポーターを買ってきて付けています。
 早く治らないと、散歩もゴミ拾いも出来ない。

 仕方が無いから今朝起きてすぐに事務所に入っています。
 窓からは昨日とまるで違う綺麗な青空が見えてすがすがしい気分です。
 昨日はあんなに早く雨が降れと思いイライラしていたのに。
 勝手なものです。
 これが、事務所の椅子から見える景色です。
 9月13日景色

 そしてこの景色は椅子の上からとはいきませんが、事務所の北側の窓から見える景色です。
 気候が良くなると毎日窓を開けに行くたびにこの景色を見る事ができます。
9月13日景色北
 梅田から約25分、駅から歩いて約6分でこの環境ですからやはり箕面は良いところだと思います。

 今日は市のクリーン作戦の日です。
 私も地元の集まりに参加をしてきます。
 
 早く膝が治りますように。


 


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 07:12:31 | Trackback(0)
反省
 昨夜、会派の飲み会があった。
 ?議員が酒癖が悪いだとか、?議員は酔いつぶれるだとか、?議員は酒に飲まれるだとかいう噂があるが、全部私の事かもしれない。
 決してきれいな飲み方ではないと思う。
 酔ってくればえらそうに言う。(酔わなくてもえらそうに言ってます。)
 大きな声を出す。
 説教をし始める。
 ワイ談を始める。
 自分で分かっているから人と飲みに行くのは苦手だ。

 今朝、早く起きて散歩に出かけた。
 出る前から膝に違和感があった。
 特に段差や下り坂になると左膝が痛い。
 箕面駅まで歩いて滝道に入らずに引き返した。
 今日、苗代整骨院で診てもらおう。

 昨日の天気予報では今朝から雨が降っているはずなのにまだ降っていない。
 私は、宮沢賢治?の「雨にも負けず」のように只空を見ておろおろするだけ。
 今、6時過ぎ事務所の机に座って見える西側の雲の色に一喜一憂している。
 昨夜、白菜などに水をやってこなかった事を反省しています。

 昨日の飲み会は新人議員の一年間の総括でした。
 上田幹事長から、「もう、手とり足とり教える事はしない、自分で考えて行動するように、分からない事があればきなさい、教えるのではなく相談に乗ります」との由。
 これからが正念場なのかも知れない。
 市職員とのバトルも始まるかもしれないが、自分の信じた道を突き進むだけだ。
 「中井君、新人の君が一番奥に座ってどうするんだ」との指摘を頂いた。
 知らないうちに、団長の時の癖が残っているのかも知れない、反省。

 今度の一般質問の骨格が固まった。
 「国民健康保険の運営の在り方について」をやります。
 まるで得意分野ではないが、やってみます。

 いつも思うこと。
 いやな年寄りになるんやろうか
 嫌われる年寄りになるんちがうか。
 ボケてしまって恥をかいて一生を終えるの違うか。
 心配ばかり。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私のいきざま | 06:39:39 | Trackback(0)
議会改革
 箕面市議会では、議会改革が問題になっている。
 目の不自由な方に点字での資料を備えつけようだとか、子供を連れてくる傍聴者のために子供の遊び場を同じ階に作ろうだとか、夜に本会議を開こうだとか。
 「市民参加の市政」と叫んでいるグループの発案らしい。

 市民一人一人の意見を聞いていたのでは俊敏な政策、市政の運営が不可能に近いから、選挙で市民の代表を選び、選ばれた者が市政に参画をして市は成り立っているのではないか。
 市民の方の中には色々なハンディを持っていらっしゃる為に議場まで来れない方もいらっしゃるとは思いますが、それぞれの議員がその方たちの付託を受けて議会に出てきているのではないでしょうか。
 それを議会により多くの市民の参加をというのなら、自分は税金から報酬を得て市民の負託を受けその方々の代表である議員という職そのものを自ら無責任に投げ出しているのではないでしょうか。

 勿論、議会の透明性を高めるために、ネット中継等は大賛成です。
 我々が真剣に議論をしている場を広く市民に見てもらいましょう。
 自分が一票を投じて付託した議員が議会で何を言っているのか、市民のためにどのような活動をしようとしているのかを白昼に堂々とさらけ出すべきです。

 その場で、誰が良く勉強のしている、よくまとまった質問をしているのか、負託をした自分たちのためになる意見をのべているのか見てもらうべきだと思います。
 それが本当の市民参加の議会運営になると思いますがいかがでしょうか。
 そうなれば、市職員も迂闊なことは言えなくなりますよね。
 「精査します」だとか「検討します」とか言ってしまえば市民の方から「あれはどうなっているんだ」と問い合わせが来るでしょうし、何も言わなければちがったお叱りが来ると思いますから大変でしょう。
 審議会、本議会に入る市職員が、すべて今の倉田市長のようにきちっと答弁をしなくてはならなくなり、仕事に対する熱意や力量がはっきりしてくるので、年齢だけで管理職になっているような人たちは大変だと思います。
 
 私は本当の議会改革とは、議会の現場がすべての議員がどれだけ公平に働き易い場にしていくかにかかっっていると思います。
 一年間議会に参加をして一番ある意味不公平だと思えるのが、時間の使い方だと思います。
 決められた時間の中でどれだけ公平に質問できる機会を得られるのか。
 そのためには、持ち時間制度というものが不可欠だと思います。
 質問が無い議員、今更そんな事を聞かなくても分かっている議員はさておき。
 一人の議員が時間も無視して延々と同じことばかり繰り返しを言い続ける、などはもってのほかですよね。
 自分の意見が正しいと信じ込むのは勝手ですが、それを他の議員や行政に押し付けるのは正しいことでしょうか。

 議員の定数ももう少し減らすべきでしょう。
 より優秀な、選ばれし人々が議員になってくれるのではないでしょうか。
 勿論、ある程度の人数が無いと色々な市民の意見が反映できないので極端なことはだめだと思いますが、今期で2名くらいの定数削減で様子を見るのが適当ではないか。

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

箕面市政を考える | 08:47:25 | Trackback(0)
寒い
 今朝は綺麗に晴れ上がり、何でも大陸からの寒気が流れ込んでいるのと放射冷却が相まって涼しいを通り越して歩き始めは寒い位だった。
 帰りきわに撮った龍安寺からの眺めです。
 本当は往路で見た景色の方が見事な色彩でしたが、写真は帰り道でと思い躊躇したのが失敗でした。

9月10日朝焼け
 今朝は不思議な光景を見たので撮った写真がこれです。
 分かりにくいかもしれませんが、沢山のミミズの死骸です。
 行きかけに見た時は、いったいどうしてこのようなことが起こったのか、不思議に思えて、地震の前兆かしら等と想像をふくらませていましたが、道沿いに何か所か同じ光景を見て共通点に気がついた。
9月10日ミミズ
 どうやら猪のせいではないのかと思う。
 ミミズの死骸がある付近では、イノシシがミミズを捕食する為に土を掘り返した跡がある。
 ミミズは猪の土を掘り返す音に驚いて逃げようとして道にでてしまったのではないだろうか。
9月10日ミミズ2
 
 昨日で、無事常任委員会が終わりました。
 全般に、政権交代による補正予算の影響を懸念する答弁に振り回された感があります。
 勿論、私も質問の中で、政権交代による補正予算執行停止時の対応について問いただし
「国からの補助金が停止されれば当然補正予算が議会で承認されても当該事業は中止する」との明確な答弁を得られたので、補正予算には賛成を表明させていただきました。

 私が、所属している建設水道常任委員会でした質問はおおよそ次のものです。
 止々呂美地区での深刻な獣害の実態と対策について
 山間部での不法投棄の対処方法について
 公園の民間管理への移行の在り方について
 ガソリンスタンドでのガソリン等の販売の方法について等が主なものでしたが、今回特に強く要望したのが市の道路管理に対する考え方です。

 税金を有効に使えるようにもっと工夫をするべきだと思い、昨年の12月議会である提案をさせていただきました。
 その時は「精査して改善を」との答えだったが、見守っていたが改善をした様子が無いのでどのように改善をしたのか聞いてみた。
 改善どころか、問題点すら理解していない。
 思わず「一年で出来ないのなら来年も同じ質問をします」と宣言をした。
 私はすると言ったら必ずします。
 
 何も私の意見に従え等と馬鹿げた事は言わないが、せめて少しでも税金が有効に使えるように工夫をしてください

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 08:47:54 | Trackback(0)
秋の実り
 6月7日に皆様に植えていただきました稲がこのように大きくなりました。
 先月25日頃出穂しはじめ、今月初めには綺麗に穂が出そろいました。
 今は花の真っ盛りです。
 もうすぐ、実が入りだんだん穂が垂れてきます。
 この時期に台風が来ると雄しべがこすれて傷つき落ちてしまい受粉できない為に実が入らず困ってしまいますが、今年のように晴天が続くときっと豊作だと思います。
 幸いこの田は、水の便が良いために灌漑の心配もなく、この日照りで順調に育っています。
 当初は、肥料を多く施しすぎたため株が異常に太くなり、7月から8月上旬の日照不足の影響をかなり心配しましたが、その後の日照時間の回復で穂1本当たりの粒数も申し分ないと思います。
 雨が少なく湿度も低いためか「ヒノヒカリ」特有のいもち病に対する抵抗力の弱さも、この時期に雨が少なく湿度も低いためか発生は確認されません。
 後は「ウンカ」の発生が気になるところですが、このまま順調に気温が下がれば、おそらくは大丈夫ではないかと思います。
 できうる限りの低農薬栽培を心がけていますので予防的な農薬の投与は控えています。
 台風が来ないことを祈っています。
 順調に行けば10月中旬には稲刈りを実施されると思いますのでまた張り切って参加をしてください。
9月8日稲1

9月8日稲2
 昨日、建設水道常任委員会が終わりました。
 今回の委員会でちょうど1年が終わりました。
 上田議員から、「1年間は手とり足を取り教えるから、一生懸命覚えるように」と言われていましたので、今回の常任委員会では自分なりにテーマを決めていました、自分では何とかクリアできたのではないかと思い、ホットしています。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 09:55:12 | Trackback(0)
困った
 今朝、かねて関係者から箕面市立第6中学のヒマラヤスギがひどい事になっているから見てほしいとの依頼があったので見てきました。
 その方から惨状は聞いていましたが、これほどひどいとは思ってもみませんでした。
 私も、この中学校のここからの眺めは箕面市の学校のの中でも特に自慢出来るものだと思っていました。
 それが何年か前に背を低く剪定してあるのを見てヒマラヤスギは風で倒れやすいから仕方がないと思っていましたが、今回の剪定は専門家ではないと思います。
 箕面市の財政が逼迫しているのは分かりますがこれはあまりにひどいと思います。
 私も、以前箕面市の委託を受け学校の樹木の剪定をさせていただきましたが、剪定の条件としてこの次剪定できるのが7~8年先になると思う、それほど予算が無いと言われてバッサリ切った事がありましたが勿論一本の木も枯れませんでした。
 おそらく7~8年後には依頼を頂いた位の大きさになると思います。
 このヒマラヤスギの並木のうち存命するのはおそらくは三分の一程度で綺麗な姿を保てるのは皆無と言っていいでしょう。
 切った方は殆どの針葉樹が葉や芽のないところで切れば、芽がでない、枯れてしまうことすら知らずに剪定をしたのでしょう。
 この後どのような手当をされるのか見守りたいとおもいます。

9月8日6中2


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 08:13:39 | Trackback(0)
防災訓練
 9月6日午前10時から箕面小学校の校庭で校区の防災訓練が開催されたので参加しました。
 残暑というよりも猛暑に近い暑さの中70名位の参加者がありました。
 残念ながら、私にはやりなれた事柄ばかりでしたが、参加していた子供たちをはじめ結構興味を持って訓練をしてくれていたように思います。
 
9月6日防災1

 勿論知らなかったこともありました。
 たとえば学校の防災倉庫にこれだけの物品が備蓄されているとは知りませんでしたが、緊急時に解錠されていて、きっちり活用できるのか疑問が残った
9月6日防災2
 その他、車いすの介助も初めての体験でした。
 こういう機会でもないとなかなか車いすを押す事はありません。

 訓練終了後に非常食の配布が有りもらって帰り早速試食しました。
 過去に何回も試食をしたことがありましたが、自分で開封からするのは初めてでした。
 もちろん決められた分量きっちりに熱湯を入れ、基準値よりも長く1時間程度「むらし」を行いましたのでいままで食べたのとはまるで違った味でした。
9月6日防災3


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 08:22:52 | Trackback(0)
夏休み
 9月5日土曜日午後遅い夏休みをとった。
 地区でご不幸があり、お手伝いをしなくてはいけないので予定を一日早めた。
 午後2時過ぎから家内と二人で映画館へ。
 時間的に見れるのが「サブウエイ123」という作品。
 最初からこの映画が見たいと思っていたが、偶然うまくいった。
 箕面市に出来た映画館はいくつもの作品を上映しているので助かります。

 1970年代の作品のリメイク版だそうですが、近頃の映画によくある特撮の派手なアクションものではなく本当にハラハラ、ドキドキで面白かった。
 私的には98点くらいの点です。
 あと2点は結末が読めてしまっていたこと、もう一つドンデン返しがあればもっと面白かったかも知れないと思う。

 「ひさしぶりやね、お父ちゃんとこうして二人で映画見に来るなんて」
 「ほんまやな、結婚してから初めてちゃうか」
 「うそや」
 「ほんまやろ、ほんだら何時来た」
 「うーん」
 本当に夫婦で映画を見に来るのは結婚以来初めてのことです。
 何かの用事がある時は別ですが、二人でまるっきり遊びで出かけるのも、新婚当時二人で和歌山へ出かけて以来、消防団長を退官した記念に皆様から戴いた旅行券で北海道に出かけた事しか記憶にありません。

 帰りがけに夕食を食べようと言う事になり、近くのステーキハウスへ。
 「千加良」という名の店で、何年か前に行ったきり、今回で確か4回目だと思う。
 オーナーと話をしてみると私よりも2歳年下だとか。
 17年間も修行をされてこの店を持たれたとか。
 修業時代の苦しくも楽しい話に花が咲き、自分の苦しかった、情けなかったころの話とダブり、ほろ苦く楽しいひと時でした。
 開店以来30年も使っているという包丁の話で又盛り上がり、お肉も大変おいしくビールを飲みすぎてしまいました。

 帰ってから今朝蒔いた白菜に水をやりに行かなくてはいけなかったのにふらふらになり、寝てしまった。
 夜中の1時ころ目が覚めて急いで水やりに。
 満月で結構明るく支障なく水やりを終えた。
 今朝また水やりをしているとNHKラジオの7時前の天気予報でアナウンサーが「今日も一日よい天気です」
 馬鹿かおまえは、毎日空を見上げて雨が降ってくれないかと願っている者だっているんだ。
 民放ならいざ知らず、おまえは公共放送のアナウンサーだろうが、この馬鹿たれ。

 せっかく昨日の楽しかったことをブログに書き込もうと思っていたのに気分が台無しだ。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 08:59:21 | Trackback(0)
イライラ
 今朝、滝からの帰り道、龍安寺付近でオオサンショウウオを観ました。
 別に珍しくもなく頻繁に見る事ができますがとりあえず一枚撮ったのがこれです。
 滝道で何匹くらいいるのか、個体の識別ができないので定かではないが、今まで見た中ではこれが一番大きいように思います。

9月5日サンショウウオ
 

 帰り道、こもれ日の中でタラの木が綺麗に花が咲いたように見えていたので、一枚撮りました。
 春の山菜で有名なタラの木です。
 近くで見ないので良く分かりませんが、白く綺麗に見えているのは花が終わった幼種ではないのかと思います。(つぼみかもしれません。自信がなくてすみません)
 これから一ヵ月程で実が黒くなってきます。
 この木は葉も幹も非常に鋭いとげで被われています。
 子供のころ、この嫌われ者の新芽がおいしいとは夢にも思いませんでした。
 春スーパーの店先に沢山のタラの芽を売っているのを見て、山を歩いてタラの新芽を見つけて採って回るのは大変だろうなと思っていましたが、あれはタラの木の枝を一芽毎残るように輪切りにして、たくさん立てて並べて、培養液栽培して芽を出させるんだと知りました。
 その映像を見て感心したのを思い出します。9月5日

 昨日、文教常任委員会が開かれたので傍聴していました。
 猿餌やり禁止条例では、もっと農業被害の事を言って欲しかった。
 仕方がないから、建水常任委員会で私なりに突っ込ませてもらいます。

 補正予算では公明党の西田議員が、民主党政権下での補正予算の執行に関連しての質問をしていただき、市長も私の満足いく答えを返して下さったので、ホッとしています。
 民主党の皆様、信頼関係を損なうようなことだけはしないでください。

 実は、神代議員から新型インフルエンザに対する対応のブレを質問したい旨の話を聞いていたので楽しみにして、家にも今日は遅くなると言っていましたが。
 途中のN議員のあまりにもばかばかしい質問に腹が立ってきて途中退席しました。
 議員は、それぞれの立場の方の代表で出てきているのは理解をしますし、私の持論である色々な考え方の人がいるから楽しいということもあるがあまりにもばかばかしすぎる。
 退席してから、もう少し辛抱すればよかったと思い反省しています。

 私はすき焼きが大好きだが、貧しくて100g2000円の肉が買えない。
 箕面市は、私にこの肉を買って食べさせるべきだ。
 例えば、こんな話を延々としたらどう思うのだろうか。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

今日の1枚 | 14:03:46 | Trackback(0)
ランチ
9月3日、箕面市の中学校で2学期から始まったデリバリーランチを食べるために、また第一中学校の新校舎の見学も兼ねて行ってきました。
 このランチは午前8時過ぎから8時30分?位の間に学校に注文を取りに来ている業者の方に毎々が発注するとのことでした。
 我々(神代議員と2名)は前日に校長先生にお願いをして発注していただいていました。
 御覧のような容器に入ってきますし、箸も使い捨てではなく環境にやさしいと思います。
a href="http://blog-imgs-34.fc2.com/n/a/k/nakaih/2009090407083404e.jpg" target="_blank">9月3日弁当1
 
 献立は焼き鮭、かぼちゃとちくわの煮物、コマツナとニンジンのピーナッツあえ、トマトとオクラ等のおかかサラダでした
弁当2
 どれも大変おいしかった、
 特に御飯がおいしかったです、鮭もうす味でしたし、煮物もあえものも本当に普通に私たちが食べに行く一品料理店と比較をしても決してひけをとらないほどでした。
 私が特に気に入ったのはサラダでした、少し不思議な味でしたが大変おいしかった。
 量も、私が市役所の食堂で注文している「ごはん少ない目」位の量でしたので、私にはぴったりでした。
 ちなみに同行した神代議員は少し少なかったと言っていますし、育ち盛りの中学生には少ないかもしれませんが、「ご飯大盛り」も用意されてるとのことでした。
 これで400円です。
 業者にしてみれば決して採算の取れるものではないと思えます。
 特に注文の取り方とかランチの受け渡し方法などで、工夫と協力が必要かも知れません。
 どちらにしても今後の業者の試行錯誤の努力で子供たちにおいしいランチを届けてくれることを願っています。

 
 ついでに学校の見学もさせていただきました。
 いろいろと見せていただきましたが、印象に残ったのがドライ方式になったというトイレ。
9月3日トイレ
 今学校の施設でよく話題に上るのがトイレだそうです。
 「臭い」「汚い」「暗い」等散々です。
 中にはトイレが汚いから(掃除をしていないという事ではなく)学校に行くのはいやだ、学校に行ってもトイレに行かずに我慢をする子供もいるのだとか。
 そこまで甘やかしてどうするんだと思いますが、贅沢を覚えてしまったのは仕方がないのかも知れません。
 まだ、新しいという事もあって特にそうだったのかもしれませんが、匂いはしませんでした。
 今度の補正予算の中にも各学校のトイレの改修が含まれているとのことでした。
 この状態を見たら、各学校も改修を待ち望むことでしょう。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 07:58:11 | Trackback(0)
雨乞い
 天気予報では小雨でも降るような感じだったのに、昨日も雨が降らなかった。
 盆過ぎに蒔いた大根・白菜・小松菜・チンゲンサイは雨が降らないので生育は良くない。
 5日ほど前に蒔いた大根・白菜等はやっと発芽を始めた。
 8月27日?に少し雨が降ったきり半月ほどは降っていないと思う。
 農業は、本当に天候に左右されてしまう。
 今日の天気は勿論、週間天気予報や自分で空を見て雲や風の向きを読んで雨が降りそうだと思い種を蒔くが、このところ失敗の連続だ。
 早く雨が欲しい。
9月3日畑

 日常の行動は完全に元に戻った。
 今朝も4時に起きて滝まで歩いてきた。
 4時20分ごろ家を出る時、まだ暗かったのでびっくりした。
 
 滝の広場がゴミの散乱でひどいことになっていた。
 ビールの空き缶やスパゲッティーの食べかすが放置されている。
 順番に片付けていると傍でうつむき加減に座っている初老の方を見るとゲロを吐いている。
 これらのゴミの散乱はこの方の仕業だとゲロを見てすぐにわかった。
 「おじさん、皆に迷惑やから、片付けるけどかめへんか」
 何も言わずにうつむいてかすかにうなずいていた。
 先日の駅前での自民党の選挙活動のとき目の前で中指を立て「あほ」と言った初老の人といい、今朝の初老の男性といいどのような人生を送ってこられたのだろうかと思う。

 6月頃、同じ場所でやんちゃそうな若者がたむろしていた。
 みると足もとに煙草の吸殻や、パンの袋が散乱している。
 「兄ちゃん、すまんな、おっちゃんゴミ拾う思てんねんけどかめへんか」
 「あ、えらいすみません」と言って自分で片付け始めた。

 よく、「近頃の若い者・・・」はという方がいるが、見た目で判断をしてはいけないと痛感した。
 若い人はいい、勉強して・経験してやり直せるから。
 極端な話すが、「生まれ変わってやり直そう」があり得ます。
 年寄りの凝り固まった人はどうしょうもない。

 いろいろな方がいるから楽しいんですけど、できることなら他人に不愉快な思いをさせないような人でありたいと思いました。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 09:57:11 | Trackback(0)
本会議
 本日、21年第3回箕面市議会本会議が開催されました。
 今回の目玉になるのが異例中の異例ともいえる61億6千万円程の補正予算だろうと思います。
 61億の大部分が国の推進する「スクール・ニューディール」にのっとった学校の耐震化などの事業です。
 ところが、我々の関心は政権を獲った民主党が政府が決定した第1次補正予算の大幅見直しを行うのではないかの一点に絞られています。
 
 私の無知さをさらけ出すようで恥ずかしい話ですが、先週の金曜日に会派の部屋での会話。
 「せっかく市長の提出した補正予算ですが、私は反対させてもらいます」
 「なんでやのん中井君、何で与党会派やのに反対するんや」
 「新聞見たら政権交代か?て書いてあるし、なんかほんまに自民党負けそうでんがな、政権執ったら鳩山のおっさん補正予算見直すてな無茶言うてまっせ、国からの46億程の補助金パアーになってみなはれ、箕面市の財政無茶苦茶になってしまう」
 「大丈夫やて、そんなことしよるかいな」
 「いいや、そんなん判らんわ、私は、国がはっきり金出す言うまでは反対します」
 「大丈夫やて、鳩山のおっさんそんなあほちゃうと思うし、第一いくら、補正予算組んだかて、国からの歳入が入ってこないと事業が執行されへんから大丈夫や」
 「ま、いっぺん聞いてみまっさ」

 理事者からの説明会が有り、何回もしつこい位に色々な角度から聞いてみた。
 国からの補助金が確定しないことには事業は行わないとのことでした。
 先ずは、安心して補正予算には賛成をします。
 もし、仮に国の補正予算を見直されるとしたら、関係する自治体や、これを不況打開の起爆剤にと思っている関係者にとっては非常に迷惑なことだと思います。

 鳩山民主党が地方自治体のことも考えずに好き勝手なことをしたら、我々はどのような事業をするにしても、政権交代で途中で中断させられることを考えて置かねばなりません。
 地方主権どころか、政府に振り回されてしまい各自治体の長期的な施作は不可能になってしまうでしょう。
 
 先週の朝日新聞を読んでいてびっくりした。
 大谷候補の紹介欄で「嫌いな言葉は陳情」と書いてあった。
 私はまずその欄を読んだので「この人は、地方主権論者でいちいち陳情に行かなくても済むような社会を目指しているのか」と思っていた。
 ところが少し離れた所に有った「小さな政府」の欄にはバツをしているではないか。
 
 そんな人が選ばれてしまった。
 これからは第九区での困ったことは誰に訴えればいいのだろうか。
 今回の補助金問題など、国政から波及する悪影響に我々はなすすべはないのだろうか。
 困った世の中にならないように民主党の皆様お願いします。
 

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

箕面市政を考える | 11:27:04 | Trackback(0)
獣害
 総選挙の期間中に止々呂美の方から獣害がひどいから見にきてくれとの依頼があった。
 8月30日午後に視察調査に行かせてもらいました。
 早生種の栗が収穫期に入ってきたのでぼちぼち栗の被害が出ています。
 サルでもさすがにクリは痛いので木の上ではどうすることもできないらしくこのように枝ごと折ってしまって食べていくそうです。
猿クリ食害
 ブドウはもっと深刻です。
 観光農園ですからブドウ一房毎に綺麗に袋かけをしてあるのを、サルが棚の上に座り袋を破いて一粒毎綺麗に食べて行ってくれるとのことです。
 この農園では周りも上も綺麗に網をかけているのですがサルはどこからか侵入してしまいこのような無残なことになってました。
ブドウ食害
 ここのサツマイモも人が収穫したのではありません。
 サルがビニールマルチを除けて綺麗に収穫していくそうです。
 イモの上にのり器用に掘って食べている姿を見ると呆れてしまう、怖くて追い払うこともできないと嘆いていらっしゃいました。
 サル一度来て味をしめるとすぐにまた来る、サルに食い散らかされると次にはイノシシがやってきて壊滅手かな被害になるとのことでした。

猿食害

猪害
 そのイノシシも秋になって、収穫の時期が近づいてくると畑や田に出てきて被害を及ぼすとのこと。
 畑に隣接した草原の被害状況です。
 ミミズや昆虫の幼虫を食べているらいいのですがご覧のように土が掘り返され大雨が降れば土砂災害が起こる危険性が高くなるとの訴えも理解できます。
 イノシシが収穫前の水田に入ると、踏みつけられモミを食い散らかされて壊滅状態になるとのことでした。
鹿食害
 この写真は鹿に皮をはぎとられた「ユズ」の木です。
 奥の木などはほとんど一周皮を剥ぎとられていますが、枯れることはないが勿論木のためにはよくないとのことです。
 この畑も、一周ぐるりと囲むように鹿の侵入防止柵をめぐらせてはいるのですが、どこからか鹿が侵入してくるとのことです。
 この畑以外にも、鹿の害は深刻で杉やヒノキの幹の皮を剥いで枯らせてしまったり、斜面の草を食べてしまい、表土を雨で流してしまい下から見ていても大雨が降ると危険だと思う様な箇所がいくつもあります。

 我が家もこの近所でかつては花木の栽培をしていましたが鹿の食害で全滅させられてしまった、苦い経験があります。
 農家が丹精込めて作ってきた物が獣害で壊滅状態になる、商品価値を無くす腹立たしさは経験した者でないと判らないと思います。
 恥ずかしい話ですが我が家の畑は遊休農地となってしまいました。
 誰かが耕作をしてくれたらありがたいのですが、おそらくは獣害で無理だと思います。

 何か今の間に手だてを考えておかないと取り返しがつかなくなるように思えるのは私だけでしょうか。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 10:45:37 | Trackback(0) | Comments(0)
9月だ
 9月に入り、総選挙での大敗にもめげずに気分を入れ替えて頑張ろう。
 流石に昨夜は、後遺症からか夜は熟睡できなかった。
 今朝は4時40分に起床、半月ぶり位で滝まで歩いてきた。
 あまり調子が良くない。
 いつものペースよりは格段にゆっくり歩いているはずなのに、箕面駅に着くまでに足が痛くなってきた。
 滝に着くまで何回もうやめようかと思ったことか。
 唐人戻り岩あたりでやっといつものペースとやる気が出た来て、来てよかったと思える。
 
 滝近くの売店横の道際にベゴニアの群落が出来ていてびっくりした。
 どうやら、プランターのベゴニアの種が落ちて自生しているものらしいが、温暖化が進んでいることを実感させられる1枚がこれです。

9月1日ベゴニア

ベゴニア

 昨日、箕面小学校コミセンで市長の対話集会があったので参加をさせていただいた。
 この集会も、何か工夫が必要なのかも知れないと痛切に思った。
 本来、市民の皆様からの市政に関する質問や要望を市長に問いかけるはずの集会が違うものになりつつあるように思える。
 昨日も、個人的な話が多すぎたと思える。
 たとえば、自宅の評価額に対する不満とか、警察の対応の不満、聞いていると結局我が家の自慢であったりする。
 市政に関することでも、保育園の値上げの話や、図書館の閉館(どこからこんな話になっているのか、誤解をされているように思えるが)等、同じメンバー・グループと思える方々が毎回同じような話をされる。
 最も、私のように毎回のように参加をするのもどうかとは思える、初めて参加をされる人にはこれで良いのかも知れない。
 
 市長の気の長さには敬服します。
 気の短い私なら、きっと怖い顔で対応してしまうことでしょうね。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 08:57:03 | Trackback(0) | Comments(1)