FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
失望
今週の自民党の動きには正直言って失望してしまった。
長崎県知事選挙と町田市長選挙に勝利したぐらいで、一転攻勢に出るとかで国会の審議拒否に出た態度にです。
今の自民党執行部は何を考えているのか。

北川イッセイ議員の会が催されるとのことでしたが、3月議会に向けた予算説明や条例の説明等のスケジュールが目白押しで忙しくて20日までに参加申し込みをしなくてはいけないのに出来なかった。
スケジュールの調整が進まず、週明けになんとか調整をしようとしていた矢先にこの審議拒否のニュース。

アホらしくて、北川先生には本当に申し訳ないが参加を取りやめた。
一時は、自民党を脱会しようかとさえ思った。
それほど、この馬鹿げた作戦に失望し、呆れています。
誰が考えた作戦かは知らないが、私に言わせてもらえば「・・ちゃうか」と叫びたくなる。
そして何も得るところもなく復帰したとか。
ますます「・・かお前は」と叫びたい。

あんな、カメラの前でもまっ直ぐ立ってられへんオッサン出しよって。
せやさかいに年寄り軍団やいわれるねん。
もっと、活舌の良い、若い兄ちゃんはいてへんのか。
何言いたいんか、一っつもわからへんわ。
根性の無いがっきゃぁな、ほんまに。
情けないわ。
共産党や公明党にまで笑われくさって。
こんなんでほんまに政権奪還なんかできるおもてるんやろうか。
相手が、もたもたしてまともに政策もよう出さんねんから、きちっと政策で勝負して自民党の底力見せたらんかえ。
国民に、頼れるのは自民党や思わさんかえ。
相手は、銭に眼の眩んだ寄せ集まりやど、そんなんに負けくさって
ほんまにあほか
ほんまに、情けないわ




スポンサーサイト



テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

自民党 | 06:22:21 | Trackback(0) | Comments(0)
今朝4時過ぎに目が覚めた。
天気予報では未明から雨だと言っていたが、まだ雨が降っていない。

今日からの週間天気予報をみると先週と打って変わって雨が多いらしい。
木曜日の朝から散歩とゴミ拾いをする予定だったが、昨日の作業を考えるとかなり忙しいように思えたので、散歩は水曜日の夕方6時ころから急いで済ませた。
あまり急いで滝まで歩いたので、足首と腰に違和感が。
俺はいったい何をしているのかと自分自身腹が立ってきた。

昨日のうちに、急いで耕運作業や元肥、そして葉菜の播種をする畝作りまではこなせた。
そして、小梅の苗木を植えてきた。
今日から雨が降っても大丈夫とばかりに、今朝はゆっくり寝るつもりだったのに農作業で、どうしても気になる部分があり、目が覚めて直ぐに耳を傍立て
「よし、まだ降ってない」
昨日寝る前にウエザーニュースで確認したら、今朝の4時から雨マーク。
今朝、雨雲レーダーを確認すると6時ころまで雨がもちそうなので、急いで出ようとするとポツポツと。
「あれ」と思っているうちにザーと降ってきた。

「あ~あ、天気予報、よう当てよんな」と恨めしく思いながら諦めてブログを書き込んでいます。
雨が降ってしまえば、作業が遅れる。
農作業は、本当に天気に左右されてしまう。

昨日、足に違和感さえなければ。
昨夜のうちに気になる部分を仕上げておいたのに。
今朝、せめて6時まで雨が降らなければ。
「たら」「れば」ばかりで、又自分自身に腹が立ってくるが、これも性格だから仕方がないのか。
逆に今朝無理をしていれば、本当に足首を痛めたかもしれないと思い直した。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

中井農園日記 | 05:25:19 | Trackback(0) | Comments(0)
季節
2月24日大阪府農業会議が「農の雇用事業」の指導者・研修生を対象に研修会が開催されたので参加をしてきました。
一言で、農業とはいっても大阪府下だけでも、これだけ条件が違うのかとびっくりしました。
借地で40haも耕作して米を生産、直売している農家が有ることに驚かされた。
どのような環境でそのような経営がなりたっているのか。
やはり、田のまわりに住宅が出来てきたところは住民と農作業に伴う公害(騒音や臭害等)によるトラブルで撤退せざるを得なくなっているとか。
1度、見学に行ってみたいものだと思う。

まだ2月だというのに庭のサクランボの木の花が膨らんできた。
2月24日
こりゃ大変だ。
カレンダーを見て3月になってからジャガイモを植え付けるつもりでいたが、急いで植え付けないといけない、と、思い急にばたばたしている。

家内と。
「えらいこっちゃ、ジャガイモ植え付けんといかんねん」
「まだ2月やで、急いで植えて凍れへんか、凍ったら腐るで」
「そやかて、庭のサクランボ見てみ、色づいて来たがな」
「せやから、まだ2月言うてるねんがな」
「そやから、お前はあほや言うねん、カレンダーは人間が勝手に創ったもんや、季節の移り変わりは木や花の方が絶対賢い、百姓は自然相手の仕事やど、カレンダーみたいなもん当てに出来るか」

地球の温暖化のせいなのか今年も季節の歩みが速いように思う。
そういえば、
昨年はもっと早かった。
昨年の日記を見れば2月の14日にジャガイモを植え付けている。
確か、昨年は3月の後半が結構寒い日が続いて順調に芽が出たものの、その後の伸びてくるのが遅れた事を思い出した。
この先、今年も「寒の戻り」と呼ばれる現象は有るだろうが、2,3日続けて地面が凍る日は来ないと思う。
とにかく急いでジャガイモを植え付けることにした。




テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 07:02:19 | Trackback(0) | Comments(0)
写真
知事との対話集会から1夜明けて、産経新聞を見た。
そのことが大きく報道されています。
掲載されている写真を見て驚いた。
私が写っているではないか。
かなり大きく、鮮明に。
しかも名前まで判別できる。

「おい、・・・(家内の名前です)この写真見てみ、きれいに写ってるで」
「いやー、ほんまに有ったんやね」
「なんや、お前、わし嘘言うてる思っとたんか」
「いや、有るのは知っとたけど、あんたが壇上に上がるとは思わへんかったもん」
「そらわしかて、一応、議員やってんねんから上に上がるがな」
「せやけど、皆さん一生懸命メモ取ってはるのに、あんた、なんでカメラ目線やのん」
「知らんがな、わし、メモ執れへんのん知っとるやろ、話聞く時は相手を見つめて聞かんと失礼やないか」
「えらい得したな」

役所に行った。
「中井さん、見てくれました」
「なんや」
「毎日新聞に、僕の意見だけが載ってますねん、リニアと堺筋線の話、いやー、よう書いてくれはったわ」
「うちは、産経新聞や」
「えー、なんで毎日新聞読んでませんの」
このN議員もえらい喜んでいます。

「中井君、良かったな、ほんまに大きいに載ってたな」
「ほんまですわ、中井さんだけ、えらい得してますやん」
「中井君、新聞社に何か持って行っとかんとあかんで」
「ほんまにえらいコマーシャルになってますわ」
「そやけど、なんで君だけが、カメラ目線やねん」

家に帰った。
息子が
「おやじ、朝日新聞に写真出てたで」
「いや、産経新聞にも出とったよ」
「朝日はカラーで、はっきり写っとたで」
「そーか、」

孫がわざわざ新聞を見せに来た。
「じじ、此処に写ってるで」
「ありがとう、ほんまに写ってるな」
「良かったな、じじ」
「うん、ほんまに良かったわ」

いやー、1日これで盛り上がった。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

その他 | 06:14:38 | Trackback(0) | Comments(0)
直訴
2月22日知事との対話集会が終わりました。

この会が開催されるに当たって何回も会議を持ちました。
会派で出来る質問の持ち時間が11分です。
その時間の中で、誰がどのような質問をするのか。

質問の内容や方向性が重ならないようにすること。
知事の発言に対する反対意見は出来るだけ避けること。
逆に、知事の構想を引き出すような質問をすること。
最初に、4人が連続で6分間を使い質問をする。
残りの3人がばらばらで質問をする。
最後にする牧野議員の質問時間をきっちりと確保すること、に決定。

私は、前半の4人目の位置になりました。
私が、終わった時点で残りの3人分の質問時間を確保しなければいけない。
前の組の3人と質問を被らせてはいけない等、本当に気を使いました。

私は、3人が終わった時点で、時間が大きく伸びてくることだけを想定して、20秒で出来る質問。30秒なら此処まで、40秒ならというように短く切ることだけを想定して質問を考えていました。

ところが私に回ってきた時には「え、前半の持ち時間がまだ3分以上あるやんか」もうそれだけでパニックに。
もっと、長めの質問を考えておくべきだった。
明らかな準備不足でした。
結果は、無残なものでした。

反省はするけれど、なかなか次に生かすことが出来ない。
難しいものです。

実は、この集会に出席するにあたり、別の使命が有ったんです。
「園芸高校の移転問題について知事に直訴せよ」
と言う指令が園芸高校の同窓会から出ていました。

昨年秋から、急に園芸高校の移転問題が持ち上がりました。
高校を今の場所から、農場を池田市の一番北側の細川地区の五月山の山裾に、校舎はそこからかなり離れた池田北高校の位置に移転させ、跡地を開発して住宅地にするという信じられないようなものです。

当初は、「池田市も無茶苦茶言いよるけど、ま、社会情勢や財政から言うても無理やろうな」で片づけていました。
ところがこの空港問題に絡めて、いきなりクローズアップされてしまい、年末から同窓会やPTAがハチの巣を突っついたような大騒ぎになってしまった。

知事が、何処かの集会で園芸高校の移転を容認するくらいならまだしも「政治生命をかけて、やり遂げます」なんて言おうものなら大変だということで、同窓会、PTAが知事に直接会って移転に対する問題点を説明することに。
ところが誰も知事に直訴できなかったらしい。
3日前に、同窓会の箕面支部長から「中井君、何としても対話集会の時に知事に直訴してくれんか」とのことでした。

「判りました」と返事はしたものの。
さすがわ知事、ガードが堅いのなんの。
集会前に、知事の控室の前で待つが、当然弾き飛ばされ。
集会の最中に自民党の質問時間が残っているとはいえ、まさかこの問題を持ち出すわけにもいかず(当然です)。
対話集会の目的がまるで変わってしまい、本当に困ってしまった。

集会が終わり緞帳が下りた瞬間に知事に駆け寄り「2分間だけ時間をください」と直訴に成功。
同窓会からの依頼はきっちりと果たしましたし、それなりの返事もいただきました。

「あ~、俺はいったい何をしているのか」


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

その他 | 06:06:42 | Trackback(0) | Comments(0)
芝生
先日の市長との対話集会でも「校庭の芝生化」の反対団体であろうと思われる方からの意見と質問が有った。
2月19日付で議会に「小学校などの校庭芝生化の見直しを求める要望書」が提出された。

先日の勉強会の後の懇親会でも話題になり、「下ネタ」の合間に真面目に意見を述べた。
「校庭の芝生化」については、昨年の3月13日付の「ゆーことのきかんやっちゃな」との題でブログに記載をさせていただきましたが、ほぼ1年たっても私の見解は変わっていません。

校庭が芝生化されたことによる功罪はあると思う。
勿論従来通りの土のグラウンドにも、長所や短所はあると思う。
芝生化させることに強い思いはない(どちらでもいい)が、箕面市の小学校などでは、校庭での面積でみた児童密度が濃すぎるために芝生は十分に育たないだろうと思うので、お金をかけるだけ無駄だと思う。
議員として、行政の費用対効果を基本に考えないといけないのであれば、反対せざるをえない。
ということです。

きっと、今は綺麗に生えそろっているとの反対意見が出ると思いますが、芝生を植えたことが有る方は判ると思うのですが、芝生を植え付けて最初の3年くらいは綺麗です。
芝生の地下茎(確か、ほふく芽と言ったと思います)が混み合ってくると徐々に芝生が傷んできます。
根や地下茎が絡み合って腐ってくる事には、大阪の高温や多湿、必要以上の潅水による過湿が大きく災いしますし、子供たちが踏みつけて土中の空気の含有量が減ることが致命的なダメージを与えると思います。

これを解消するためには、校庭の土を芝生の生育に適した土と入れ替える。
ローンスパイク等で土に穴をあけて空気を通す。
最低でも潅水方法を見直す。
などの対策が必要不可欠だと思えるが、そこまでお金をかけてやる事業かと思える。
それ以外にも芝刈りを欠かしてはいけない事や、雑草(例えばクローバーの類)などへの対処も考えなければいけないだろう。

ゴルフ場でも、芝生の管理が一番と言ってもいいほど難しいと聞く。
ゴルフ場より格段劣悪な環境で芝生を育て維持させていくには余程の技術がいると思う。
綺麗に生えそろわなくて、部分的に「はげる」状態や、もっとひどくなって一部で芝生が残って、それこそ運動の邪魔になることもありえるかも知れない事を認識しておくべきだ。
芝生は、綺麗に生やそうとしたら難しいが、逆に絶やそうとしたらこれほど厄介な草はない。
特に校庭のように除草剤が使用できないところでは至難の業になると思う。
そのことも十分考慮して芝生化には取り組むべきだろう。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 08:21:33 | Trackback(0) | Comments(0)
お詫び
気になって仕方がない。
私は、めったにこのブログの修正を行わないが、今回は修正をさせていただきました。

このブログで、自分の思想や主義主張は当然書き込みます。
色々な方に対する、行動の批判等もしますが。
上げ足を採ったり、意味のない悪口を書くことだけはやめようと思っていたのですが、前回のブログの一部が悪口と取られても仕方がないように思えて、気になる部分を今削除しました。
関係各位にお詫び申し上げます。

昨日、新人議員7名で勉強会を開いていただいた。(いつもK議員のお世話になっています)
座ろうとしたN議員の椅子が壊れて、こけた。
倒れ際にかわいそうに椅子で指を挟んでしまい、指の色が変わっていた。
原因は椅子の鋲が部分的に錆びて折れてしまったらしい。
「ほんまに危ないな」
「でも、君で良かった、市民なら大変や」
「ほんまに、君で良かった」とほぼ全員が。
「おそらく、これと同じ型のいすはこうなる危険があるで、きちっと点検をするように話をせなあかんな」
「ほんまに、危ないな」
N議員に「大丈夫か」と聞いてやる者は、無し。
こけた瞬間に大笑いして。
「ごめんなさい」
お詫び申し上げます。

勉強会の後いつものように全員で食事会。
いつものようにアルコールが入ってしまうと立場を忘れて。
真面目な話をせずに「下ネタ」ばかりで、大笑い。
場の雰囲気を盛り上げてしまい。
「ごめんなさい」
お詫び申し上げます。

レジの前で、いつものように幹事をしてくれているK議員が支払いをしているときに、ふざけて座った椅子がこけて灰皿を倒してしまった。
倒れるときに大きな音をさせてしまった。
倒れて、吸殻や水がそこらに散乱してしまった。
笑ってる場合やない。
お店の皆さんご迷惑をおかけして。
「ごめんなさい」
心から、お詫び申し上げます。





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 05:37:00 | Trackback(0) | Comments(0)
無駄
2月19日、今日から平成22年第1回市議会本会議が始まりました。
本日は、市長の22年度施政及び予算編成方針と一般会計予算と各予算が上程され主旨説明が行われました。
続いて、副市長の選任についてが上程され、市長より現政策総括官の伊藤氏を副市長に選任するに当り議会の同意を求める事が議題となりました。

恥ずかしながら、私は、この人事に対し議会から異論はでないものと思いこんでいましたので、今日、会派の部屋を出るとき、起立による賛成がどうのこうのといわれてることが、何のことか判らなかった。
「反対討論やるらしいで」
「え、何のこと」
「副市長の人事案件やんか」
「いや、今日の案件の中で、反対討論が有るとしたら、それしかないのは判っているけど、一体誰がするねん」
「それが、・・・議員らしいで」
「うそ、それほんまか、大丈夫かいな、そんなことして」
「なんで」
「・・・議員やろ、ちゃんとやれるんやろか」
「そら、もう1年半以上もやってるねんから大丈夫やろ」
「もし、わしやったら、ちゃんとやる自信あれへんわ、人事権は市長にあるねんで一体どんな理由で反対するねん」

「そら、中井君、財政が厳しいからて、言うん違うか」
「そうでっしゃろうか」

反対討論が行われた。
失礼ながら、何を言いたいのかよくわからなかった。

先日ある会議で、我々、議会運営委員会が行った行政視察を無駄だといった議員がいたそうだ。
我々は、議会基本条例等の視察に行った。
この条例が、我市にとって必要なものか、有益なものかを見極めるために私は参加をさせていただいた。
視察先では、時間の許す限り熱心に問い、ご教授を賜ったつもりです。
私が感じたことですが、それほど有用だとは思えなかった。
それよりも、もっと箕面市の為にやらなくてはいけないことがあるように思えた。
というのが結論です。

実際、現地に出向いて教えていただく事で、色々な苦労話や「本当は・・・なんです」といった話を聞かせてもらえる。
このことが一番聞きたい事であり、知りたいことではないのかと私は思う。
それを勉強して、市政に生かすことができればこの行政視察は成功ではないのか。
取り急ぎ必要無いと言うことを確認しただけでも成果ではないのか。

自分たちの考えと違うという事で反対する。
自分たちの思い通りにいかないから行政視察すら認めない、というのであれば。
自分たちの理想の社会は実現できても、自分たちが想像もできないような、より良い社会にはならないのではないか。
私は、わからない事は教えてもらう。人の意見に耳を傾けることも必要だと思います。

私には、どうしても彼女らの言っていることが理解できない。




テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

議会日記 | 14:44:31 | Trackback(0) | Comments(0)
知事
今日も1日知事とのタウンミーティングで振り回された。
今朝も、3時半頃目が覚めた。
またもや、夢かうつつか、昨日思いついたであろうアイデアが。
「いや、これやない、こんな馬鹿げたアイデアやない」
思いっきり否定した。
起きて原稿創りをするのが馬鹿馬鹿しくなり、うとうととしてしまった。

4時40分急いで起きた。
どう思い返しても、やはりこのアイデアだったのか、昨日あんなに感動した物は。
面白くも、なんともない。
自分でも信じられずに。
「そうや、何時も散歩に行って、アイデアをひねり出しているやんか」独り言。
急いで真っ暗の中滝まで散歩に行った。
途中で、散歩よりも記憶を手繰ることに専念したが。
上手くいかない。
「そうか、集中しすぎるから、あかんねんやんか」
わざと、暗い中をきょろきょろと見てごまかすが、何も浮かんでこない。
段々、イライラしてきたが、どうしようもない。

今日、9時から会派会議が予定されていたので。
諦めて面白くもないアイデアを文章に。
案の定、皆から「つまらんな、こいつアホやな」という目で見られ。

ま、なんとか発言をする機会を与えられたのでほっとしています。

幹事長から、「当日お客さんが沢山来てくれるように広報せよ」との話が有った。
相も変わらず「え~」と言っていたら、「1人100枚づつチラシを配るように」とのお達しでした。
午後から、近所のチラシ配り。
「こんなんやったら、散歩行かんといたら良かった」ぶつぶつ独り言を言いながら、なんとか近所を配り終えた。

あ~しんど。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

議会日記 | 17:37:00 | Trackback(0) | Comments(0)
忘却
昨日は朝から,
22日の知事とのタウンミーティングの原稿創り。
僅か、2分ほどの原稿ですけど、これが難しい。

当日は、壇上で2段の雛壇を作って,議員が座るらしい。
「あほなこと言われへんわなー」
「黙ってたら、役に立たんやっちゃ、思われるやろうなー」
「わし、そんなん苦手やし、いややなー、風邪ひいたろか」
色々思っています。
後ろ向きな事ばかり。

議長から
「出来るだけ多くの方に周知してください。当日は、平日の昼と言うことも有り、どれだけの人が来てくれるか心配ですから」との事。

「いややなー、わし、議会の一般質問の放送も誰にも言わへんし、自分でも聞いた事ないのに、そんなん、誰か知ってる人が来て、こいつアホやな思われたら嫌やん、わし黙っとこ」
「えー、僕もう50人位に、しゃべりましたよ、来てくれって」
「やっぱり、わし止めとくわ、アホがばれるの嫌やから」

いつものように、原稿を創っては、直し、又直し、又々直し、気に入らなくて創り変え、又直し、の繰り返し。
昨夜、やっと気に入ったのが出来たが。

今朝4時前、目が覚める瞬間、夢かうつつか。
閃いた。
「そうや、これを聞きたかったんや」
早速、起きて原稿創りのつもりが。
テレビを点けた。
冬季オリンピックのスノーボード競技をしていた。
つい、競技に力が入って見入ってしまい、さっきパソコンの前に座った時にはアイデアは何処かにいってしまった。

「いづこへ?、ねえ、いづこへ?」
自分に問いかけるのだが判らない。
せっかくのアイディアがどっかに行ってしまった。

あ~、テレビさえ見なければ。
冬季オリンピックさえしていなければ。
あ~、忘れてしまった。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 06:15:36 | Trackback(0) | Comments(0)
ネタ
2月15日午後6時30分から開催された橋下知事とのタウンミーティングに見学させていただきました。
池田市の市民会館「アゼリアホール」は立派な会館で1000名以上が入るのだそうです。
開始時点で満杯状態でした。
いやー、橋下知事の人気は、相も変わらず凄いものが有ります。

池田市の倉田市長がコーディネーターで、8人のパネリストと知事との討論と言うかバトルが2時間15分に亘って繰り広げられた。
我々は会派のうち、時間の合った人5人が神代議員の車に同乗させていただいて参加をさせていただいた。
やはり、皆、22日の箕面市で開催されるタウンミーティングのネタ拾いだと思える。
2月15日

気になったのが、参加をする前と帰り道とでは私以外の方達の意見が大きく変わっていた事です。

「いやー、知事の言ってることがもっともやな」
「えー、そうですか、私は今日、直接知事の話を聞いて突っ込むところが沢山出てきて楽しかったですけど」
「中井君、君は今日の知事の意見とは違うて、言うんか」
「はい、一定の理解はしますが、かなり無理があると思います」
「なんや、言うてみいや」
「それは・・・・の部分は・・・・やと僕は、思うんです、ですからこの部分をちょこっと突きたいなと思てます」
「君は何も判ってないな、橋下知事が言うてはるのは、・・・・は・・・・やからあかん、これを・・・・しようて言うてはるんやないか」
「いや、そやから知事は・・・・て言わはるのには無理があると思うんです」
「お前は、何を聞いてたんや、判らんやっちゃな」
車が、我が家に着いた。
皆からの集中砲火から解放されて降りたけれど。

今度のタウンミーティングでは我が会派から3名程度が発言できるらしい。
皆の意見と大きく違う私に発言の機会が有るのかは判らないが、準備だけはしておこうと思う。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:39:49 | Trackback(0) | Comments(0)
小梅
例の畑にぽつぽつと植わっているのは梅の木です。
梅でも実の小さな小梅です。
そして、この空いた所に今回は小梅の苗を植えます。
2月14日2

これが、植える小梅の苗木です。
今は、自宅の下の畑に仮植えしてあります。
2月14日5

何故、小梅にしたか。
実は、我が家では、長らく小梅を使った梅干しを作っていました。
大梅の場合は、一粒毎脚立を使って収穫をしなければ商品価値が大きく損なわれますが、小梅は完熟させて落ち梅になったものを利用した方が、実も大きく皮の柔らかい梅干しに仕上がるのです。
私は、この梅干しの生産を障害者団体が行えないかと思い提案をさせてもらいました。
幸い、この畑のごく近い所に作業所を持っている団体から参加の意向があったので今年からやり始めようと思っています。

6月第1週位に落ち梅を拾い集めてもらい、塩漬けの後、紫蘇での色付け、天日干しなどの作業で商品となります。
梅干しの良い所は、初期投資がほとんど必要ないこと。
作業に危険が伴わないこと。
手作業や、単純作業の繰り返しになること。
販売出来る期間が永いこと。
販売先が広いこと。
等々、障害者の事業としては非常に良いのではないかと思ってます。

市長の「ゆずプロジェクト」に対抗して「小梅ちゃんプロジェクト」で行きたいと思います。

がんばろうぜ。
おー。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 14:30:46 | Trackback(0) | Comments(0)
手作り
本当に久しぶりに(3週間ぶり位)に滝まで歩いてきました。
2月14日
勿論、帰りはきっちりとゴミ拾いもしました。

朝食の後、例の畑に行ってきました。
これが今年の1月18日の姿です。
2月14日4
これなら農業委員会からきつーい指導が出るはずです。
それからひたすら笹を刈り。
放置していたヒバの枝を野焼きで片付け。
昨日からは、耕運機を入れて耕しています。
今日も正午まで耕してきました。
こんなに綺麗になりました。
2月14日2

家に帰って、しばらくすると孫がチョコレートをくれた。
手作りだそうだ。
2月14日3
2粒入っていた。
勿論、食べました。
チョコレートは好きだし、孫の手作りだし。

娘も嫁いで、家内はこのところ特に忙しいし、私もばたばたしていてバレンタインデーだという事すら忘れていた。
良かった、女の子の孫がいて。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 17:11:21 | Trackback(0) | Comments(0)
う~ん
今日、久しぶりに「市長ほっとミーティング」に参加をしてきました。
一般質問のネタ探しに。
せっかくネタ探しに行ったのに、返り討ちににあったというかえらい目に会いました。

実は2月22日箕面市で知事との意見交換会が開催されます。
私が、佐賀県に行政視察に行っている時に、急遽、開催が決まったとか。
帰ってきて(昨日)市役所に行くと、前衆議院議員の原田先生が会派の部屋にいらして、橋下知事の伊丹空港に対する考え方とか、私の思いとそれに対する原田先生の論評や国の考えや関西国際空港の誕生した経緯等を教えてもらっていた。
又、2時過ぎから上島府議会議員と大阪府の職員さんとの会派の勉強会などが有って、22日に向け私の意見やスタンスをほぼ決めていた。

箕面市は直接的に伊丹空港のが有ることによる環境面の負担(公害)は負っていない。
どちらかと言うと伊丹空港が有ることで利便性がよいというプラス面が大きいのではないか。
知事の言う関空、伊丹、神戸を一つの経営体にすることには同意は出来るが25年先の伊丹空港廃止論に賛同するつもりはない。
廃止論は市場原理にゆだねるべきだ、利便性が高ければ存続するし、必要が無くなってくれば自然と淘汰される。
知事の言う25年先の廃止に向けて、それまでの間は伊丹空港をフル活用して金を稼ごう、その金で関空を少しでも助けて関空の発展に寄与しよう、そのためには、もっと伊丹空港から国内長距離便を飛ばそう、中国や韓国などの近隣都市の国際線を復活させようというのには、うかつには賛同できない。
やはり飛行便数が増えれば環境の負荷(公害)が増えるだろう、直接被害を被る方々の理解が先決ではないのか。
私は、伊丹から色々な都市に行ける事には大賛成です、だからと言って被害を被らない私が存続問題を含め大きな声で意見を言うのは少し気が引けると思う。
根本的に、関空の1兆2千億円の借金は国が解決すべき問題ではないのか。
これは地方の問題ではなく国で解決すべきだろうと思う。
伊丹の廃止論よりも、知事を先頭に府民一丸となって、関空問題の解決を国に求めていくべきだ。

というネタを固めていた。
今日、市長ほっとミーティングで市民からこの伊丹空港の問題に対する質問が出て、市長がまるで同じ様な答えをしていた。
う~ん、困った。
22日に同じ意見を言えば「パクッた」と言われるし、かと言って自分の考えと違うことは言いにくいし。

う~ん、困った、15日の池田市の意見交換会を聞いてもう一度ネタを組み立てるか。

う~ん、困った。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 17:57:41 | Trackback(0) | Comments(0)
しかし
体調は、ほぼ元に戻った。
11日もいつも通り4時30分起床。
ブログの書き込みや、行政視察の残務(今回は、佐賀市議会議員の方に大変お世話になったので、議会事務局宛にお礼状を郵送した)をして。
8時過ぎから例の畑に行った。
小雨の降る中、いつものように枝や笹を燃やしていたが、1時ころから雨が強くなってきたので、流石に諦めて帰った。
雨と汗で、上着も下着も《ぼとぼと》。

家に誰もいないので昼食を作り、食べてから昼寝。
起きたら、結構降っている。
このところ、視察研修が続いていたので疲れたのか、何もする気がしない。
思い切って休むことに。

又、DVDを2枚借りてきました。
「ディアードクター」と「骨と血」です。
まだ外が明るい間は、仕事を休んでいる《うしろめたさ》で、ゆっくり楽しむことが出来ない。
作品にのめり込むことができない。
「ディアードクター」を見終わる頃には外が暗くなってきたので、やっと落ち着いて来た。

家内は、事情が有って外出が多くなっている。
夕食も、言われた通りおかずを「チン」して食べた。
やかましく鳴く2匹の犬を庭で放して、再びテレビの前へ。
結局10時ころまでかかって、2本とも観た。

まあまあ、面白かったが、・・・。
心配事が有るためなのか、私にやる気がないのか、作品が私的にはヒットしなかったのか、・・・。

今朝、起きた。
又やる気が起こってきている。
今日のスケジュールを確認して。
週末にこなさなければならない事を整理して。
視察に使ったバックなどを片付けて。

昨日の休憩も無駄ではなかったのか。

しかし。
受けた行政に関する依頼の報告書を作らなければ。
後援会の会計報告を作成しなくては。
新規就農事業の書類を作成しなくては。
1か月足らずの間に視察が重なったので、今回はまだ一般質問を考えていない。
あ~、頭の中が。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 06:16:50 | Trackback(0) | Comments(0)
迷惑
2月9,10日と議会運営委員会の行政視察に行ってきました。
今回、議会運営委員に就任しているわけですが、私には、この委員の役割というものがもう一つ理解できていません。
そんな中での行政視察でしたから、視察をお引き受けくださった佐世保市議会事務局と、佐賀市議会事務局には多大のご迷惑をおかけしたかもしれません。
2月9日
いつも感じることですが、行政視察を受け入れていただく市の関係者の皆様は非常に熱心に丁寧に対応していただけます。
この佐世保市もそうでした。
立派な市役所と市議会議場を見学させていただきました。2月9日2
主な視察の目的は議会会議条例の制定です。
箕面市を初め殆どの市議会では市議会に対する明確な法体系がなされていないので、法体系を整備して市議会の位置付けを明確にしようというものです。
私の感じたことは、先ず市議会と言う組織が出来ていて機能をしているのだが、気がつけば市の法体系で明確な位置付けがないから、どのようにしようかというものだと思います。
それとインターネット中継の方法の見学でした。

10日には佐賀市に行きました。
この建物は、佐賀市の議事堂です。
右隣に立派な市庁舎が有りますが、議会関連だけは別棟でした。
2月10日
2月10日3
この中の本会議場です。
あまりの立派さに圧倒されました。
左中央に見えるのが、傍聴席のバリアフリーの為のエレベーターだとか、いや~驚きました。
私は「もったいないな~」としか思えませんでした。(ごめんなさい)

佐賀市での研修の目的は「議会基本条例」に付いてです。
この条例は、議会の役割や、議員のあり方等を条例に定めようというものです。
この種の条例は、まだ全国でも数えられるくらいしか制定されていない先進的なものです。
行政視察に先立ち、箕面市議会事務局から参考資料をいただいていましたので読ませていただいていました。
条例の文を読んでいると、もっとだと思える中で、2か所気になる部分が有りその部分を集中して聞いてしまいました。
2月10日2
一つは議会の在り方として「市民に開かれた議会として、市民参加を目指して活動するものとする」という部分のうち「・・として、市民参加・・」の部分が要らないのではないか、「市民に開かれた議会を目指して活動をするものとする」の方がすっきりとすると思い、この部分を入れた理由を聞きました。
もう一つは、「議会は、議会報告会を必要に応じて行うものとする」という文で、議員個人が行う報告会ならイメージが湧くのだが、議会が開く報告会の位置付け、方法、形式、役割などが判らず質問をしました。

しつこく聞いたし、かなりきつい突っ込みもしてしまったので応対をしてくれた方には迷惑ではなかったかと反省をしています。
答えていただいた方、特に前列の4名の方は佐賀市議会議員の方々でこの「基本条例」を制定する時の苦労話を聞かせてもらい、つくづく難しいものだと感じました。

今回の視察は旅程の関係で往復とも飛行機で移動しました。
特に帰りは、まさかのプロペラ機でした。
いや~、久しぶりのプロペラ機で感動しました。
特に席が窓際でプロペラの横だったので乗っているというより、本当に飛んでいるのだというのが実感できて面白かった。
2月10日4




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

議会日記 | 06:16:53 | Trackback(0)
見学
2月8日は、彩都、森町などの開発に関する委員会があり傍聴しました。
色々な意見があることは歓迎をすべきだと思えますが。
箕面市に於いてこれから開発を行うと言うのであれば、是非について意見を述べるのは当然であろうと思えるし、現在の世情から考えても私は反対です。
しかしすでに、開発途上にあるものを途中で放置すれば、逆に思わぬ災害を招きかねないなどの理由で続けるべきであろうと思える。

会議終了後、現場視察があり参加をした。
彩都に建設中の、大阪府でも2校目となる施設一体型の小中一貫校は起訴の部分は出来て。いました。
今後は地上部の建築に入るので段々全容が見えてくると思える。
2月8日
又、懸案だった「幹線道路の国文4号線も今年度中に着工されるとか、現場を見てきました。

2月8日2

細かく書き込みをしたいのですが、今日、明日と「議会運営委員会」の行政視察に行ってきます。
もう出発の時刻になりましたので終わります。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 07:41:17 | Trackback(0)
休日
2月7日、待ちに待った休日。
前日、家内から
「明日休みやろ」
「うん、久しぶりに明日は何も入ってない」
「ほんま久しぶりやね、体調もそんなんやし、明日も寒い言うてるし、ゆっくり休むんやろ」
「いや、調子良かったら、畑に行こか思てるねん」
「やめときーな」

朝、起きたらうっすらと雪が積もっている。
絶好の機会とばかりに、例の遊休化している畑に行きました。
「畑行ってくるわ」
「やめときーな、寒いで、雪積もってんで」
「あほか、せやから行くねんがな」

刈り取った笹や、切って放置してある杉の枝を燃やす為に。
雨が降っていたり雪が積もっていたら延焼の危険が極端に少なくなるために野焼きしやすくなります。
前述のように、此処に入る為の道は畔道しかなく重機が入らないために残材を整理する方法が野焼き以外に考えられないからです。

勿論、派手に火を付けて炎や煙を立ち上げては、火事と間違えられますし、煙や煤や灰で近所に大変な迷惑になります。
先ず消防署に「火煙上昇」の届を出して、少しづつ、少しづつ燃やします。
勿論すぐそばに消火用の水も用意して。
この作業が本当に大変で、体力を消耗します。

お昼でやめて家に帰ろうかと思っていましたが、やりかけたら途中で中止するのがもったいなくて、コンビニでおにぎりを買ってきて食べました。
午後4時ころまで、煙が立ち上るかもしれないと消防署に通報しておきましたが、2時半ころから急に風が出てきたので燃やすのはやめて残火処理。
灰を上から被せて、それをスコップで押さえて終了。
結局18,000歩も畑を歩いていた。

疲れた、しんどい、何をする気力もわかない。
家に帰って、孫にかまわれながら。
「ジジ、煙くさいで」
「そやろ、ジジしんどいねん」
「なあ、トランプしいひん」
「いやや、しんどいから、部屋に行くわ」
「しょぅもな」

結局、焼酎のお湯割りを持って部屋へ。
前日見た映画「鬼の爪」を再度見た。
又、同じところで泣いてしまった。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

植木屋日記 | 06:10:08 | Trackback(0) | Comments(0)
映画
2月6日、まだ体調が万全ではない。
朝から、時折雪が降る中、大槻君の耕運作業の指導をした。
もう今日で3回目のトラクター運転の指導です。
覚えが良いから、田の耕運作業は問題ない。
昨日はわざと少しぬかるむ条件で作業をしてもらった。

メインテーマーは、段差のある農場へのトラクターの出し入れです。
当初、危険が伴うので、私が出し入れをするつもりだったが、それでは何時まで経ってもできないと思えるし、早く一本立ちをしてもらいたくて、傍で見ながら乗り入れる作業をしてもらった。
これで自信がついて、何とかやれると思う。

この次には、狭い場所でのトラクターを使った耕運作業を指導したい。
それから、我が家にある10馬力のディーゼル耕運機を使った耕運作業を覚えてもらおう。
これが自由に使えたらもう心配はいらない。

寒い中立っていたら、又ふらふらしてきた。

正午からの自民党箕面支部の新年互例会に参加した。
体調が思わしくないし、途中で告別式の参列も有り、調子が出ないままに終わった。
参加者の一人と、今、構想を練っている農業法人の話をした。
賛同を得られたとは思うのだが、体調のせいか「よし、やったろぅ」とは思えなかった。

結局4時ころから、又、休憩。
DVDを借りてきて見た。
山田洋次監督の「鬼の爪」です。
面白かった。

忘れていた、結婚当時のことが思い出された。
そうだ私も、親の反対を押し切って此処に養子に来たこと。
親や友人、知人を捨てて、新しい環境を選んだ事を思い出した。
嫁以外は知り合いもなく、辛く悲しい日々を思い出した。

今は当たり前になっているが、当時はこれくらいの決心で結婚したのを思い出した。

いや~、映画っていいものですね~。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 06:15:06 | Trackback(0)
難問
昨日、福岡で開催された全国農業会議所主催「農の雇用事業」の事業説明会に参加してきました。
私は、この事業「新規就農者を育てる活動」に参加しています。
2月5日

事業に参加をしてみて、つくづくその難しさが実感されます。
新規就農とはいっても箕面で農業を生業とすることなど不可能に近いものが有ります。
もし可能なら、後継者が育っていて、現在の遊休農地の問題も起こってはいないでしょう。
それほど、農業を取り巻く環境は厳しいものが有ります。

だからと言って、座視していては箕面の農地はますます荒廃してしまうでしょう。
箕面市にとって農地はただの農作物の生産地だけじゃぁない、もっと大切なものだと思う。

いま、遊休農地の解消活動で、一気に荒廃した農地が耕作可能な状態になってきてはいるけれど。
これを継続的に耕作するものが出てこないと、元の木阿弥になってしまう。

なんとかしなくてはいけない。
誰かがやらなくてはならない。
何かを行動しなくてはならない。
小さな灯でもいいから消してはならない。

ええかっこ言うてるが、ほんまに出来るんやろうか。
なんでわしやねん。
今でも、たいがい忙しいんちがうん。
もう、若こぅないねんから無理やで。
出来ひんかったら、恥かくのはわしやで。

日々心の中で葛藤しています。
踏ん切れないのは、やはり年には勝てずに落ちてきた体力と気力でしょうか。
一つ一つ解決して前に進めていく外ない事は判っていますが、本当に難しいと思います。






テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:38:25 | Trackback(0) | Comments(0)
立腹
体調がすぐれない、腹が立つ。
風邪気味なのに東京の競艇場の視察に行ったので、3日には視察の間にしておかなければならなかった事が有り、又4時半ころから活動。
野菜の直売(近頃はほとんど出荷するものは有りません)の用意。
役所で複数の気になることを調整。
節分祭で阿比太神社にお参りしたり。
午後も、3月議会に向けての説明を受けたりで忙しかった。

昨日も、調子が良くないまま農作業をしたが、流石に40分ほどでダウン。
作業の説明や注意点を打ち合わせして
「悪いけど後は頼む、むりしぃなや」
「ゆっくり、休んでください」
「いや、これから役所に行ってくるわ、どうしても気になる事が有るねん」
役所を出て、11前から調整の為にある方と面談。

目的達成で、「もう、家に帰って寝る」と独り言を言って、本屋さんで、今日、車中で読む本「ニュートン」を購入。
1時間半くらい寝て?「治ったわ」と独り言を言って又うろうろ。

治るはずもなく、夕方から今日に備えて休憩のつもりが。
国会中継を見ていてムカムカ。

鳩山首相の顔を見ていて、あの平べったい顔が大嫌いな奴とだぶって見え、無性に腹が立ってきた。
「日本で一番えらいはずのオッサンが、こんなええ加減なことしとんのに、なんで俺こんな事してるんやろ」
「こんなんして、いったい何になるんやろ」
「誰がよろこぶねん」
「ほんまは、自分の事だけしてたらええんちゃうん」
ぶつぶつ独り言を言って、無性に腹が立ってきた。
風呂にも入らずに寝た。

今朝も4時に目が覚めた。
NHKの番組を見ていた。
世界遺産、視点論点。
「いやー流石にええ番組してはるわ」
4時半からのニュース。
又、嫌いなオッサンが出てきた。
「何が説明は済んだじゃぁ、あほかおまえらは、国つぶす気か、袖の下ばっかり取りゃがって」
「このがっきゃ、2人とも欲ばっかり掻きゃがって」
又腹が立ってきて、事務所でブログを書いてます。

6時40分には、家を出て農業会議が主催する新規就農者指導員の研修に福岡まで行ってきます。
大阪でも開かれたのですが、あいにく委員会と重なって、受講できませんでした。
九州とは、農業を取り巻く環境が著しく変わるとは思いますが、しっかり勉強してきます。

ブログを書きながら、又腹が立ってきた。
ほんまに検察も国家権力に負けやがって。
きっと検察の上層部たら言う奴らが根性ないんやろうな。
ますます、腹が立ってきた。






テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 05:49:54 | Trackback(0)
無力感
陸山会虚偽記載問題で結論が出そうだとの報道がなされている。
逮捕された3名のうち2名を起訴・・・とある。

昨夜の、ニュースを見ていて知った。
この無力感は何だろう。
私が問題として取り上げてほしかったのは、記載方法や記載漏れの話では無く、陸山会と言う政治資金管理団体が不動産購入の必要性と、購入の為の原資に付いてではなかっただろうか。
それがいつの間に虚偽記載だけに論点がすり替えられてしまったのか。
それとも、最初から検察庁は虚偽記載だけを調べていたのだが、マスコミが勝手に騒いでいただけなのか。

私は、あくまでマスコミの報道を通じてしか情報を知りえない事を、前提にした話では有るが。
検察庁の捜査に期待したのは購入した土地が誰のものなのか、土地購入の原資にゼネコンなどの裏献金や政党助成金が含まれていたのか、小沢氏の説明通り親からの遺産で有るのなら、きちっと相続税を払ったのかどうかであった。
私は、特に適正な税務処理が行われていたのか,鳩山総理の生前贈与問題も含めて関心が有った。
何故なら、我が家も数年前に父親が無くなって相続をしたが、相続税の申告と支払いに大変な労力を費やした。

ところが、鳩山兄弟のように事が明るみに出たら払う、払えば「きちっと修正に応じたのだから問題がない」といった態度は許せない。
首相がこれでは我々国民も「これからは税金は払わずにおこう、ばれれば払えばいい、税務署も払ったのだから文句はないだろう」と言った態度に出れば国の制度そのものが成り立たなくなる。

税金を払うのが国民の義務である。
日本という国が成り立つ様に自らの良心で収めるのが日本で暮らす日本人の務めではないのか。
鳩山首相兄弟や小沢幹事長には道義的責任はないのか。
正直者が馬鹿を見るような世の中では政治は成り立たないだろう。

昨夜は、夫婦で思い切りぼやいた。
「勝ったらなんでもできる、何をしても許される国になったんやろうか日本は」
「しゃあーないん、違うん」
「検察に対する権力の行使はなかったんやろか」
「そら裏で何かしてるわ」
「ほんまに、なんでも有りやな」
「首相が、あの態度やもん」
「自民党も根性ないな、もっときっつい突っ込みしたらええのに」
「無理やろ、こっちも脛に傷のある人ばかりやろうから」
「どっちも信用できん言うことか」
「情けないけどしゃぁないんやろか」

将来の日本が心配だ。










テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

その他 | 06:42:08 | Trackback(0)
視察
2月1日、2日と競艇審議会の行政視察に行ってきました。
先ず、1日目は平和島競艇場に行きました。

2月1日
なんとか売り上げを伸ばそうと競艇場のすぐ横にボートピアを作り、前日に開館したとか。
時代劇風の作りになっていました。
2月2日2

2日目は江戸川競艇場の視察に行きました。
2月2日
此処もなんとか売り上げを伸ばそうと必死です。
驚いたことに、競艇場が全国でも唯一河川を利用しているため、このような光景に出くわしました。
2月2日5
施設の全面改修をされたとか。
有料の席もこんなにきれいです。
2月2日3
又、はずれ券の飛散を少しでも抑えるために、こんな設備が有りました。
2月2日4
券を食べるヤギです。
中が掃除機になっているようで綺麗に吸いこんでくれます。

今回の行政視察は、最悪の体調で参加させていただきました。
この写真のように、マスクをして、コートも着てマフラーも巻いて厳重な体制で臨みましたが、この写真を撮る頃はふらふらでした。
出来るだけ皆様にうつさないように気を付けたつもりです。
もっとも風邪なのか、無理が続いた疲れなのか、花粉症の前兆なのかは判りません。
咳とふらふらだけで熱は出ていないような気がします。
集中力が出るはずもなく、元々、博才のない私は両日とも惨たんたる有様でした。

両競艇場の売上に大した貢献もできませんでしたが、行政視察の目的だけは十分果たしたつもりです。
あちらこちらの競艇場を見学させていただくことで、住之江競艇の問題点や我が市の競艇部の頑張りがよく判ります。
特に今回の視察で、競艇事業が難しくなってくる中、的確な判断の難しさを痛感しました。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:10:01 | Trackback(0) | Comments(0)
変調
1月31日も忙しかった。
朝、4時過ぎに起床。
ブログの書き込み等をして、朝食。
6時30分ごろから畑へ行った。
農業委員から、遊休農地解消の為に指導を受けている畑です。
昨日は、雨が降り出すとのことで、急いで行った。

この畑、以前にも書き込みましたが、植えていた花木(ヒバやサツマ杉)を放置した為5m位まで大きくなってまるで山林状態になっていたのを、一昨年全て切り倒し除草をしていました。
昨年は忙しくて、1度も見に行けず、年明け見に行ってびっくり、又ひどいことになっていた。
早速、草刈りをお願いしてやりかけてもらいましたが、うまくいかないから見てほしいとのこと。
見に行って、切り倒したヒバなどがそのまま放置していたことに気付いた(忘れていたのか)
と、言う訳で、先週から暇を見つけては畑で少しづつ燃やしています。

午前中、先日燃やした上から少しづつ燃やし始めもう少しで終わるとこまでこぎつけました。
1番下の孫から「幼稚園での作品展を見に来てほしい」と頼まれていたので一旦作業を打ち切って家で昼食を食べた後、見に行ってきました。

1月31日

見学を早々に切り上げ、再び畑に。
雨が降る中、一生懸命燃やしていました。
疲れた、ふと気がついて携帯電話の万歩計の履歴をチェックすると連日1万5千歩くらい歩いている。
それを見て、急に疲れがどっと来た。

家に帰ると家内から
「雨降ってるのに、何処行ってたん」
「畑やないか」
「ええ加減にしとかんと、倒れるで、ここんとこずーとうろうろしてるがな、朝も早うから起きてるし、ほんまに倒れるで、今日はもう何もないんやろ、ちょっとはゆっくりしいや」
「いいや、通夜が一つ入ってるねん」
「誰」
「・・・さん」
「え、あの人、元気やったん違うん」
「うん心臓マヒで急に亡くなったらしい」
「へー、あんたも気ぃつけなあかんで」

今日は、競艇審議会の行政視察で7時出発、一泊二日で東京に行ってきます。
今朝も4時過ぎに目が覚めた。
のどが痛い。
まだ、誰ともしゃべっていないから判らないが、おそらく声が出にくいと思う。
もう少し寝ようかとも思ったが、起きられなくなるのが怖くて起きてます。
今日はマスクをして静かにしておきます。

今週は、本当にスケジュールがびっしり。
本当に疲れた、しんどい。
でも,楽しい。
忙しいから。

殆ど病気です(色々な意味で)


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:12:33 | Trackback(0) | Comments(0)