FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
イベント
昨日、大阪府知事も参加して「箕面の川床事業」のオープニングセレモニーが有ったので小ネタを探しに行ってきました。
早朝の雷雨が嘘のように、すがすがしい天気になったので、会場の箕面駅前まで歩いて行きました。
途中でこいのぼり発見、とても気持ちよさそうに泳いでいるという表現がぴったりの写真が撮れた。
4月29日

牧落駅を通り過ぎて2,3分で見事なレンゲ畑、孫たちも近くのレンゲ祭りに出かけました。
4月29日1
まるっきり、ラフな格好で見学していると、知事の人気がすごいのか一番前で見学をしていたら段々押されて来てしまう。
見ると、議員が座ることのできる席が用意されていたようだ。
同僚議員が座っているのが見えたので、そちらに移動。
「中井君、よ~来てくれた此処に座ってるのん恥ずかしかってん」
「まだ先輩よろしいがな、きちっとスーツ来て、僕なんかこんなカッコでっせ」
「大丈夫や、市長見てみ大概ラフなカッコしてるで」
「一番ラフなんは、知事ちやいますか」
「ほんまやな~、あれ、顔売れてへんかったらそこらへんの兄ちゃんやな」
「いや~、それも一寸ややこしそうな兄ちゃんでっせ」
結局、6人の議員の内3人がスーツ3人がラフな格好でした。

私なんか、だーれも気付かない。
職員さんに会釈をしても無視された。
きっとややそしそうなオッサンに見えたのだろう。

オープニングでチアリーダーの演技が有った。
勿論高校生のチアガールは、何度も日本一になっているとかで、見ごたえがあるが。
こちらも見ごたえがある。
特に一番前に居る子が結構頑張っている。
下が堅い所なので見ていてはらはらしてしまう。
4月29日2
続いて、市長、知事の挨拶。
どちらも、上手く笑いもとるし上手だな~と感心する。
4月29日3
また、阪急電鉄が箕面まで開通して100周年だとかで、昨日は記念列車が走り、箕面駅で多彩なイベントが行われていた。
4月29日4





スポンサーサイト



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:21:48 | Trackback(0) | Comments(0)
花苗
28日、朝7時30分過ぎから大阪府立園芸高校へ、花の苗を引き取りに行った。
もう、数年(はっきりと何年と言いきれないところが辛い、あくまでもアバウトです)続いている行事だ。
4月28日1
園芸高校の同窓会箕面支部の行事として、毎年この時期に、学生たちが農業実習で育ててきた花苗を買いに来ています。
昨日は、幼稚園などで花壇に植え付けてもらう、マリーゴールド、ペチュニアの2種類を2000株と市役所の受付などで飾ってもらう胡蝶蘭でした。
同窓会の役員8人が6台の軽4貨物に分乗しての作業です。
4月28日2
この購入費用は、箕面支部同窓会の年間会費から捻出しています。
会の設立当初から、会の目的をはっきり持たせるために、只の親睦会・飲み会にとどめず、何か公共に役立つ活動をしましょうということで始めたと記憶しています。

昔、箕面では、私の嫁のように農家の跡取りは園芸高校に進学する人が多かったそうです。
次男三男になれば、普通科に進学できたとか。
ですから、同窓会の設立総会に出席して驚いたのは、その頃箕面市の公共の主だった役職に付いておられた殆どの顔ぶれがそろっていた事です。
本当に、市外からの卒業生は私だけだったと思います、ま、もうどっぷり箕面市民になっていましたが。

私が、箕面で活動ができ、色々な役職をこなせたのも園芸高校の卒業生だと言う事が大きな要因だったのかもしれません。
特に、親に言われ、毎日2時間近くかかって通学をしていたのに、家業を辞めて養子に来た変わりもんとして印象が強かったのでしょう。

8時30分から市役所の玄関前で市への贈呈式をしました。
今年も倉田市長に参加をお願いし無事済ませる事が出来ました。
4月28日
花苗の贈呈はず~と以前から行ってきましたが、昔はこそっとしていたように思います。
梶田元市長が同窓生と言う事も有り、贈呈式をしたような記憶が有りますが、その頃は消防団長の職務が忙しく殆ど参加をしませんでした。
公職を離れ少し暇になったころは、例の大嫌いな市長でしたから「市長の顔見るんやったら行かない」などと言っていたのは私だけではなかったようで、確か市長を外した贈呈式だったように思います。

私は、好き嫌いがはっきりしていますので、「あいつに利用されるくらいなら、この行事も止めるべきだ」と公言していたのを思いだします。

同窓生の中には、この事業を知らない人達も多いとかで、もっと広報する必要が有るといわれています。
そのために今回もより目立つラベルを作成しました。
この事業だけでなく、農業祭には皆が作った農作物を持ち寄って販売しています。
しかしこの会も高齢化、後継者不足が深刻な悩みです。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 07:25:28 | Trackback(0) | Comments(1)
近所で起こっていた放火騒ぎが一段落しそうである。
犯人逮捕との新聞発表がされている。

しかし、近頃の事件のその後の経過を見ているとこれで一段落するのかと疑いたくなるような事があまりにも多い。
大阪の母子殺人事件だとか郵便不正で起訴された元係長(?)とか。

この放火に関しては、本当に色々なデマとも言えるような噂話が飛び交った。
もう一カ月も前に「博幸さん、・・・に住んでいる・・才の・・・が犯人やて、ホンマ」とか
「もう逮捕されてるんやけどまだ発表されてへんて、聞いたけどホンマ」とか
もっとひどいのになると
「博幸さん、あんたは、市議会議員やし警察から聞いて知ってるんやろ、もう・・・捕まったんか」

このような質問に恒に答えている事
「いや、何も知らんけど、そんなん聞かんよ」
「へ~、議員やのに何も知らんの、まして消防や警察には顔が利くやろ、教えて~な」
「いや、ほんまに何も知りませんねん、第一もし知っていたかて、そんなことは絶対人には言いませんわ」
「教えてくれたらええやんか」
「私が、消防団長してた時も、辞めた今も、守秘義務言うのが有りますねん」
「ふ~ん、その口ぶりやったら、やっぱり・・・が犯人やねんな」
「私は、ほんまに知らんのですわ、もしお宅が言わはる様に・・・が仮に今逮捕されていたとしても、裁判で刑が確定するまでは、うかつなこと言うたらあきませんで、もし、その人や無かったら、その人の今後の人生無茶苦茶になりまさっかい」

今度、逮捕されたと報道されている人が、噂の人かどうかわからない。
本当に知らないんです。

新聞報道も、デマも何を信じれば良いのか判らない。
鳩山首相は不起訴相当だとか。
小沢幹事長は、検察審議会で起訴相当と議決されたとか。
しかし幹事長続投とか。

民主党は、判らん。
自民党政権の時には、絆創膏を貼った兄ちゃんは政治資金の事務所費の使途が不明瞭だと指摘をされてすぐ辞めた。
何処かの女性がテレビで指3本を立てて証言をしただけで、僅か何日かで辞めざるを得なった首相もいた。
首相の発言と違う事を何処かの会場で言ったとかで、閣内不一致と騒がれて辞めて行った閣僚もかなりの数に上る。

今、思えば辞める必要があったのか。
それとも今の感覚がおかしいのか。

私は、日本が誇るべき良き文化風習に「恥」ということが有ると思う。
アメリカでは、大統領に就任する時に聖書を手に宣誓するとか。
彼の国では、神が絶対的な存在なのだろう。
なら、日本は何が絶対的な存在なのだろうか。
私は、個々がもつ「恥」と言う感情ではないかと思う。

「恥」を忘れた人達があまりにも多い。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

その他 | 06:10:01 | Trackback(0) | Comments(0)
写真
しばらく、堅苦しい話ばかりを書き込みましたが、相も変わらずばたばたさせていただいています。
24日には、恒例になっています前衆議院議員原田憲治さんの後援会のボウリング大会が有りました。
今回は、司会進行役と言うことで参加をさせていただきました。
4月25日
私は、球技と言うものがまるで駄目(何をさせても下手ですけど)いつもは皆さんが楽しんでいるのを眺めているだけですが、今回は投げました。
相も変わらず下手です。
ボーリングもゴルフもスコアは大体一緒。
119点でした。
そう、消防にちなんで。

この夜、なぜか胃が痛くて寝れなかった。
痛くて痛くて、起きて胃薬を飲みに行こうかとも思ったのだが、疲れているのか起きて薬を飲みに行く元気もなく、朝まで苦しい、しんどい、辛いと思っていたら、今度は足がけいれんを起こした(こむらがえりと言うのでしょか?誰か正確な呼び名を教えてください)。

あまりの痛さに起きて座ったとたんに、大きな「ゲップ」。
「あ~すっきりした」
久しぶりに、ボウリング場でコーラーを飲んだのがいけなかったのか。
もっと早く起きて「ゲップ」をすればよかった。

25日、疲れているのかと思い、休むことに。
ブログを書き込み、畑を見回り、朝食。
「今日は休むわ」
「そうし、このごろ無茶苦茶してるもの、たまにはゆっくり休み」
「ちょっと寝てくるわ、昨日胃が痛くて寝てへんねん」
「どないしたん、大丈夫か」

40分程寝ていたが、起きてきた。
「寝るん違うんか」
「いいや、ちょっと止々呂美へ行ってくるわ、気になる事あるねん」

交通安全対策の相談を受けている所を見てきた。
4月25日2
4月25日1
朝市の見学に行ってきました。
セリを買ってきた。
美味しかった。
4月25日3
不法投棄の現場確認に行ってきた。

夕方から、府政報告会に参加した。
北川イッセイ参議院議員が同席されていた。
参議院議員、前衆議院議員、府議会議員、市議会議員4名、会場の広さの割に豪華な顔ぶれ。
府政報告ももちろんされていましたが、行政相談的な話し合いの場に。
いや~、値打が有りました。
参加して良かった。(体調のせいにして休もうか、寝ていようかとも思ったんですが)

26日、は農作業。
連日の天候不順で農作業が無茶苦茶遅れています。
土、日曜日に作業を済ますつもりが、結局月曜日になってしまった。
まだ畑はぬかるんでいるけれど、今日はまた雨と言うことで、無理やり決行。
ナスやキュウリの元肥入れ。
植える位置に深く穴を掘り元肥を。
昨年よりも2週間も遅れている。

畑のすぐ横の公園で、幼い女の子が遊んでいた。
見ていると、タンポポの綿毛(種)を吹いている。
このごろ殆ど目にする機会がない。
お母さんに声をかけて写真を撮らせてもらうことに。
4月26日
いや~、可愛かった。
忘れていた物を思い出したような気分だ。
懐かしかった、よかった。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 07:22:23 | Trackback(0) | Comments(0)
判断
農地を借りて農業をしたいと言う事で、もう一件依頼があった。
それは、今回の農地法の改正での項目「法人等」に当たるのかと言う疑問でした。

その団体は、障害者の自立支援を行っている授産施設(はっきりとは、位置付けまで把握できてません)です。
以前から、市民農園を借りてハーブを育て、それを原料の一部として石鹸を加工して販売しているとのことです。
その石鹸が好評で、規模の拡大を図りたい、ついては100坪程度の農園を借りたい。との相談でした。

私は、この団体が、結構色々工夫をして本当に障害者の自立を目指している事が判っていたので、即、借入可能だと思っていました。
ところが、この団体が法人格を持っていない事が、判明。
だったら今は、1000円程度でも会社が興せるはずだから、法人になればいいと簡単に思っていた。

恥ずかしながら知りませんでした。
公的な障害者施策(雇用対策などの本格的な)の支援や補助を受けようと思えば、営利目的の法人は駄目だ。
と言う事を。
NPO法人ならOKらしいですが、それとても色々制限が有るとか。
これって、おかしいと思いませんか?
こんなんだから、障害者の本当の自立を目指す事が出来ないんだ。
障害者団体は自分たちで工夫をして収益を上げる、儲けようとする事ができないなんておかしいと思いませんか。
そのような、法人を設立したとたんに補助対象から外される。
いったい行政は、障害のある人たちの自立と言う事をどのように考えているのか、強い憤りを感じます。

結局、この団体はNPO法人の申請をする事に。
しかし、許可が下りるのに、最短で半年、とれない可能性もかなり有とか。
また、腹が立ってきた。

このような作業(ハーブを植え付ける)にうってつけの農地が見つかった。
この農地は、普通に野菜を栽培するには、水利がない、周りに大きな木が生い茂っている、土壌が小石交じりで排水が良すぎると思われる等、逆にいえばハーブ(殆ど雑草みたいな物で、一度根付けば乾燥にも強い)か、果樹、花木位しか育たない、畑でした。

この団体は、農作業をするのに必ず指導者を付ける事、過去に実績が有る事などを考慮に入れて、その条件を持って農地の地元との交渉を行いました。
地元や、隣接農地の所有者との交渉、勿論農地の所有者の理解も有って、借りれると思っていたら例の「法人」に当てはまらないから駄目と言われた。

この件も大阪府農業会議所との話し合いの結果、一縷の望みが出てきた。
「法人等」の等に当てはまらないのかという疑問に対して検討の余地は残されているとの答えでした。
要は、どれだけ真剣に農地の利用を考えているのか、体制は整っているのか、計画性は確かか、と言う事を農業委員会が検討して、許可を下せば結構ですとのことです。
それを判断するためにどのような項目が必要か検討し、提出書類を作成してもらいました(勿論、行政サイドです)

その要件を満たしているのか、許可を下してもいいのか。
後は農業委員会の判断を待つだけになりました。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 06:27:32 | Trackback(0) | Comments(0)
提案
この農地法の改正の趣旨は農地を所有するものが必ずしも耕作をしなくてはいけないのではなく、如何に耕作意欲のある人や法人に有効利用してもらうか。
であると思います。
前号でも書き込みましたが、耕作意欲が有っても、ある程度以上の基盤が無い事には農地を借りる事が出来ない。
事が問題だと感じました。

定年になって、以前実家で農業をしていたから、この制度を利用して農地を借りて農業をしたいと思ってもできないんです。
先ず最初の農地を借りる事が出来ない。

何もこの制度が良くないと全否定するわけではありません。
これくらい厳しい基準を設けないと悪用する輩が出てくるからです。

農業技術も無い、それほど熱意もないけれども面白そうだからやってみようか、市民農園を借りるにも順番が回ってこない。
なら、この制度を利用すればもっと大きな面積が安く複数年間借りれそうだ。
そのような人に農地を借りられたら最悪の結果になるかもしれません。

何処に基準を置くのか、どの程度の高さのハードルを置くのかが1番の難問だと思います。
Aさんは担当職員に気に入られたから借りる事が出来た。
Bさんはなぜか同じ条件なのに借りる事が出来なかった。
これは非常な問題が有ると思います。

公平性と透明性、誰が見ても同じ判定ができる事
これが1番だと思いますが、これが難しい。
多くの人から見て、「あなたは無理でしょう」と思える人に限って「何故、私では駄目なのか、差別だ、不正が有る」だとか騒ぎ立てる。

私が問題定義をして、府、市の担当者との協議を重ねた中で出てきた一つの方向が。
箕面市には、農業サポーター制度が有る。
私もお手伝いをしていただいたから判るが、数か月以上一緒に作業をしていると、この人が本当に農業に向いているのか、やる気や根気、技術など判ってくるものです。
サポーターをお願いした農家がその方の後見人・保証人となって所定の証明書を発行することで基準を満たしてると認めてはどうかと言うものです。
勿論、その農家での実績と言うものを第三者からの査定と言う事も必要になってくると思います。

勿論、私にはこれを決める権限はありません。
後は、この考えに不備はないのか、方向性自体に問題が無いのか。
農業委員会での議論を待つだけの状態になりました。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 06:15:35 | Trackback(0) | Comments(1)
制度
遊休農地の解消に向けて、また、一つ前進したようだ。
最も、私がしたのは、いつもの通りどうしても納得がいかない事を集中的に攻撃(?)しただけ。

箕面市でも、昨年12月から農地法の改正で市街化調整区域に限り農地の貸し借りがかなり自由になった。
特に大きいのが、農地として利用する事を条件に相続税を免除されている農地。
市街化調整区域であれば、事実上農地以外に利用方法が無いのも同然だからこの制度を利用している人も多い。
処が、残念ながら遊休化している農地が多い事も事実です。

勿論、それは制度違反だ。法律違反だと騒ぎたてるのは簡単だけれど、制度に則って遊休化しているから,相続時まで遡って相続税と利子税を支払えと言ったって無理です。
不思議に思えるかもしれないが、都市近郊ならば調整区域であろうとかなり相続税は高いものなんです。

特に、相続するのが農地だけでなく、自宅やその他の財産が対象になってくるから。
農家は、先ず自宅を守ろうとする。
自宅分の相続税を払うために現金化できるものを処分する。
調整区域の農地は、殆ど換金できないから仕方なしに相続する。

特に兄弟が多くいて、財産分与となれば大変です。
皆さんが欲しいのは、現金、もしくはすぐに換金できる財産。
農地は、誰も貰い手がない。
仕方なしに、相続税の猶予を受けて相続すると言うのが実態だと思います。

話が、大きくそれてしまいましたが、遊休化した農地を有効利用するための制度には大きな欠陥が有った。
借りる事が出来る人は、箕面市の場合20a(600坪)以上の農地を持って農業を営んでいると認められた人か、法人等となっていました。
つまり、新規就農者や障害者団体(法人格の無い)は借りる事が出来なかったんです。

どのようにしたか。
私が、農業の規模拡大を計画すれば、当然人手が必要になります。
私が新しく借りた農地をその方と共同で耕作するといった形式です。
これなら制度上は、何の問題もない。
事実、増えた農地はその方と利用計画を立て、私がトラクターで耕作して、後はその方が管理をしてくれています。
勿論週に1回以上は現地を見てアドバイスや、地元との調整をしています。
しかし、この方法だと、新規就農の指導に当たっている方ともう一人との共同がせいぜいギリギリ一杯です。
それ以上だと、誰が見ても不自然でしょう。

あまりにも長くなりそうなので続きは次号で。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

中井農園日記 | 06:36:42 | Trackback(0) | Comments(0)
迷走
相も変わらず鳩山内閣が迷走している。
鳩山氏本人の指導力の無さなのか、それとも民主党自体が政権を担った事がない故の経験の無さからくるゴタゴタなのか。
鳩山氏も、小沢氏も、民主党全体も、多くの国民さえも、民主党が政権を執り(取り)さえすればそれで目的が終わったと思っているのだろうか。
選挙に勝つ事は国民の支持を得る事だからと、選挙にのみ力を入れる。
大阪では、芸能人と呼ばれる人たち、知名度の高い人たちを擁立するらしい。
本当に大切なのは、日本をどのようにするのか、子供たちにどのような日本を残せるのかではないのかと思う。

私も、えらそうなことは言ってられない。
市議会議員選挙の前、一生懸命法律で許された範囲内で後援会の組織を作るために政治活動をしてきた。
お陰さまで、選挙で選ばれて議員になれたが。
本当に箕面市の為だけを考えて行動するのはどれほど難しい事か。

できるだけ、会合などに出席をしよう、勉強をしよう、市役所は勿論の事色々なところを見て回ろうと思えば、お葬式だとか、お見舞いだとかは殆どでていない。
よく言われるのが、「・・さんの葬式に来てへんかったな、・・・・君は来てたでもっとしっかり議員活動せなあかんで」
言われる度に動揺する。
「次の選挙では、皆は離れて行くんやろうか」

此処何日間は、「中井博幸の箕面市議会報告」の作成に没頭していた。
いつもの通り、出来上がったと思っても、またやり直しの繰り返し。
昨年よりも原稿が1週間遅れたので配布がゴールデンウィークの関係で半月以上遅れるらしい。
出足が悪かったからと反省している。
「止めようか、どうせだれも読んでくれへんし、お金がもったいないだけや」
「いやいや、此処で止めたら2度と出さんやろうな、その方が楽やけど・・・」

何を聞かれても、即答できるように。
問題点が何処にあるのか、職員の誰に聞けばこの問題点は解決するのか。
箕面市だけでなく、近隣市ではどうなんだ。
府、国ではどうなんだ。
制度自体がおかしいのではないか。
色々勉強していかなくては、失礼な言い方だが職員の言葉に騙される。
仕事が増えるから、必要だと判っていても働かない職員もいる事も事実だ。

何かを、依頼されても「駄目なものは駄目」と言いたい。
自分も共感する依頼なら、すぐには出来なくてもじっくりとやり遂げたい。
ほんまにこんなんで、良いのんやろうか。

私が迷走しているのか。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 06:19:57 | Trackback(0) | Comments(1)
移転
大阪府府立園芸高校の移転問題が新たな局面を迎えたとの新聞報道に驚き。
今日4月20日上島府議会議員の仲介で綛山副知事はじめ、大阪府政策企画部企画室事業調整担当課長春名氏、大阪府教育委員会事務局教育総務企画課参事見浪氏、同じく教育振興室高等学校課参事和田氏、他、の方々と面談させていただいた。
当方は、上島府議会議員、園芸高校校長、大園同窓会池田支部長山本氏、同、箕面支部長北口氏、そして私でした。

事の発端となったのは、今月1日に朝日新聞が社会面で「大阪府が府立園芸高校と池田北高校の2校を池田市に無償譲渡で大筋合意」とした記事と、同日、読売新聞が北摂版で同趣旨の事を池田市が大阪府に要望し大阪府が検討するというものです。
特に朝日新聞の記事は、我々同窓会関係者を驚かせ、怒らせるものだった。

面談の席で、
このような新聞報道がなされたが、大阪府と池田市との間で特に具体の合意には至っていない事。
しかし、大阪府としても地元市からの市議会決議の付いた要望が上がっている事は、当然重く受け止めて行かなければならないが、池田市の提案が具体に欠けると思われるので、今後、池田市からより具体な提案を受けたいとの事でした。

当方からは、
池田市の提案を見せていただいたが、何故、園芸高校を移転させるのか根拠が定かではない事。
池田市に、高校教育に対する理念や信念が感じられない事。
移転先が駅からも遠いうえ、校舎と実習農園が離れている事。
池田市が以前渋谷高校の運営を持ち切れずに府に移管した事。
実業高校は、普通高校と比べ物にならないくらい(およそ2倍だそうです)経費がかかると思われるのに、池田市にその財政的根拠や計画性が見えない事。
池田市が目指すとする中高一貫教育の理念に実業高校である園芸高校がそぐわないのではないか。
移転先の地権者の90%が合意とあるが、地元では説明会すら開かれておらず、相続税の納税猶予を受けた農地がかなり含まれているので、逆に地権者に動揺が広がっている事。
この計画自体が、園芸高校の将来の発展を見据えたものではなく、開発の為だけの移転計画なら断固反対するとの辛辣な意見も出た。

結局、
府としては双方の意見を聞き、開発に重きを置くのではなく、教育に重きを置いて検討するとしたうえで。
当方も、只、やみくもに反対をするのではなく、池田市の今後提示されるであろう現実味のある具体案を良く吟味し対応していく事。
知事の政治的な取引材料に使われる事が無い様に強く要望する事。
今後、機会が有るごとに双方が話し合いの場を持つ事等が確認された。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

その他 | 19:39:30 | Trackback(0) | Comments(1)
旅行
4月18、9日と、地元の任意団体で四国の道後温泉へ旅行に行ってきました。
完全な休日です。
オフのつもりが、何時も、何かネタはないものかときょろきょろしている自分が情けない。
団体行動ですので、一応カメラは持って行きましたが、いちいちカメラを構える訳にもいかず、全て携帯電話での写真です。
1日目に途中で見学したのが、栗林公園。
4月18日
この写真も、定番の位置からの1枚です。
綺麗でした。
桜もまだ咲いていましたし、晴天にも恵まれ本当に綺麗でした。

入場しようと思い30名ほどで並んでいると叔母さんが、
「説明してあげましょう」
「いくらや」
「勿論、タダです」
「おばちゃん、タダや言うて訳のわからん店につれて行くのん違うやろうな」
「いえいえ、ボランティアのガイドです」
「ほんまやろうな」
隣から、
「博幸さん、けったいな外国へばっかり行ってるから疑りますねん、ま、確かに外国でのガイドはそんなんばっかりですけどね」
「なんや、あんたも、えらい目に会うたくちか」
付いて言ったら、みやげ物屋さんの前で、きっちりと
「此処で買ってください」と言って連れ込まれた。
思いだした、数年前、このおばはんと入り口で同じ遣り取りをして色々買わされた事を。
私は5000円ほどの品を買った。
周りも結構買い物をしている。
流石、このおばはん「見る目」が有る。
一見して、我々を農協さんの団体と見抜いたか。

昼食は、讃岐と言えばうどんです。
「この店は何杯でもお変わりできます」との触れ込みだったはず。
確かに「お変わりできます」と従業員の方も言っていたが。
4月18日1
とにかく、予約をしていたにも拘わらず、出てくるのが遅い。
1杯目で、かなり待たされて、腹が立ってきた。
お変わりの注文をするのにかなりの時間がかかり、それから持ってくる頃には、最初のうどんで満腹感に。
「上手い事しよんな、こら、何杯も食べられへんはずや」
「ほんまや、充分昼食の時間が有ります言うとったけど、もう集合の時間やがな」
気が付けば、同行している人たちはほとんどが席を離れた。
「ほんまに、よう考えてるわ、この店、これやったら儲けよるな」

19日は、今治の農協が経営をしている道の駅で買い物をした。
4月19日
ま~月曜日だと言うのに駐車場も満杯。
土、日曜は、とてもじゃないが駐車できないとのこと。
値段を見てびっくり
「こりゃ~安いわ」
「そら、これやったら、この付近のスーパー皆勝てんな」
「ほんまやわ、箕面の大体半額位違うか」
「見て、このネギ90円やて」
「ほんまに無茶しまんな」
新鮮さと値段の安さには驚かされた。
聞けば、地元の農産物はかなり安く販売しているそうだ、しかし果物など地元産でない物は結構高いように思う。
しかし、本当に良く売れていた。

同行された方の中で、支持政党の違う人がおられる。
バリバリの、組合(連合、民主党)系の方です。
勿論、この方とは政策論議は避けています、しかし今回は。
「博幸君、いや~私は、君も知っての通り、自民党は大嫌いやった。今度、民主党が政権執ってくれて、これでやっと日本が良くなると思って喜んでいたけど、あかんな、・・首相はあほやな」
4月19日2
ちなみに、この写真は歩いている途中で見つけて撮りました。

「そうですか、ま、私は元々あんなあほは大嫌いやからね、首相も大概あほやけど、あれの嫁はん、あれ日本の恥でっせ」
「なんでや」
「首相公邸になんとか言う韓国の俳優連れ込んでるらしい、ほんで持って外国人の参政権や、竹島は韓国のんや言うててるのを認め言うてるらしい」(大概無茶苦茶言うてますが、今日はオフと言うことでお許しを頂きたいです)
「ほんまに私も恥ずかしい」

なぜか気分が良くなった、旅行でした。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 05:46:26 | Trackback(0) | Comments(1)
移譲
4月16日、自民党大阪府連主催の市町村議員連盟の勉強会が有り参加してきた。
大阪府副知事の木村愼作氏の講演で、テーマが、「大阪府と市町村のかかわりについて~地方分権のあり方~」でした。
4月16日
地方分権と、地方主権の違いであるとか。
日本が衰退してきたのは、130年ほど続いた中央集権・中央主権(官僚政治)が行き詰まってきたからだろうとか。
これからは地方の実情に合った細やかな民生と、国が担う外交・防衛・通商と、そして中間的な州政府(?)が行う産業政策やインフラ整備に分けるべきだとか。
大阪府は、市町村に権限・財源・人材を移譲していくだとか。
地方議員(我々の事です)はもっと勉強して、首長が決めた予算・人事・施策を追認するだけではなく、行政にかかわるべきだとか。

いろいろと、ためになるお話でした。
が。

おっしゃっている頃は、もうすでに実行していると思うのですが。
何かあれば、市長とコンタクトを執り、提言・提案等はしているつもりだが。
市長から「うるさいオッサン」と言われるほど「ぐずぐず」と「いちゃもん」つけに行ってます。
市の職員さんから、国や、府で決まった事だと言われても。
「そらおかしいで、あんたが国や府に対してよう言わんねんやったら、わしが話しつけたる」
と言って、原田代議士(前)を通じて文句を言ってました。

あの頭の・・たんに変わってからはできません、ほんまに不便でしょうがない。

特にあの頭の・・たオッサン所は、地方議員の言うことはおろか、金と票の持ってこん地方や企業の言う事は聞かんらしい。
我々にあんたらにあげる金や票が有れば何も苦労はせん。

結局は、今の政権が続く限りは、地方分権や地方主権を幾ら勉強しても無駄なのか。
箕面市にどんどん、財源や人材の伴う権限を移譲してくれればありがたいと思うのだが。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 12:06:03 | Trackback(0) | Comments(0)
理解
昨日のブログの書き込みで又ゝ、間違った書き込みをしてしまったようだ。
ブログの書き込みは、結構難しい。
昨日のブログも、削除をしようかとも思いましたが、根本的な所はブレていないつもりですので、追伸部分を追記するにとどめました。

以前にも書き込んだ事が有ったと思うが、本当に最初は軽い気持ちでブログを始めました。
いや、市議会議員と言う立場を目指してのものだったと言う事も否定はしません。
だから「植木屋日記」と言う名前にして、周りで起こった事や。
「あ、こんなんあるわ、けど、このオッサンあほちゃうか」
と言ってもらえるような小ネタを、面白おかしく書き込んできたつもりです。
何時からか読んでいただける方が増えたようで、逆にいろいろ差障りが出てきているようです。

市長のブログであれば、本人の意思が即、市の行政に反映される事も有るでしょうが、たまたま、議員もやっているオッサンが書いている個人ブログだとご理解をいただけたら非常にありがたいのですが。
市の行政に対して訴えたい事が有ればこのブログに書き込んだりはしません。
正々堂々と、真正面から議員の調査権を行使して、確信を得た後、議員活動の場で行います。

偉そうなことを言っても、議員活動の一つとしてこのブログを書き込んでいる事も事実です。
少しでも私の活動に理解を持ってほしいと願っている事も事実です。
が。
自分で失敗したと認める事、同僚の議員から叱られる事、市の職員から嫌がられる事、家族から
「こんなん書かんといて」
と怒られる事。
市長から
「うるさいおっさんや」
と思われる事。
等々。
全てをさらけ出して、初めて私の本当の姿が皆様に伝わるのではないでしょうか。

私は、皆様の清き一票で議員にならせていただきました。
皆様方からの血税の一部をいただいています。
「どんなオッサンか判らない」
「こんな人やとは、思わんかったわ」
ではいけないと、私は思っています。





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の政治理念 | 06:36:41 | Trackback(0) | Comments(1)
雑草
桜南公園の芝刈り(芝刈り機を使った草刈り)をしようと思い、偶然南小学校のグランドの横を通った。
「ん、」芝生にしては色がおかしい。
警備員さんに断って運動場に入れてもらった。
4月14日3
やはり、芝生ではない。
おそらく「スズメノカタビラ」と呼ばれている雑草だと思う。(この大きさでは私には正確な判定はできませんので、仮定しておきます)
4月14日
部分的にではあるが、肝心の芝生のほふく芽がすでに腐ってきている。
4月14日1
やはり、加湿と、子供たちが踏みつける事で地中の酸素の欠乏ではないかと思う(学者ではないので、アバウトです)

私は、校庭の芝生化を実施する際に、3年後にはこの状態になる危険が有るから賛成できないとの意見を書き込んでいたが、これほど早くこのような結果になるとは思わなかった。
やはり、芝張り工法でやればもう少し違った結果になったのだろうと思う。
芝張り工法だと、この状態になるまでもう1年は遅らせたかもしれない
4月14日2

何か月か前、M党のK議員から、相談を受けた。
「中井さん、芝生どうなると思います」
「失敗やろうな」
「どうして」
「何時も言ってるやないか、箕面市の学校では無理やねんて」
「どうにかなりませんか」
「せっかくやけど、こればっかりはどうしょうもないな」
「なんとか」
「薬やれんやろ、学校やから、な、最初から、わしは、無理や言うてるがな」
冷たくそのように答えたが、どうするべきか真剣に悩んでいる。

私なら。
潅水は止める。
このまま芝刈り機で芝刈りを続ける。
全面、「スズメノカタビラ」などの雑草を生やせる。

殆どの人は、生えているのが、芝生か、雑草かは、区別できないと思う。
とにかく芝刈り機で刈っていれば芝生を張っているのとは変わらない。
たまたま、品種が違うだけ。

誰が決めたんです。
芝生が良くて雑草の「スズメノカタビラ」が悪いと。
芝刈り機で刈ってさえおけば見た目にも一緒。
芝生よりも強く、ほぼ年中緑のじゅうたんです。
只、刈らないと草丈が長いから困るだけ。

要は、子供たちが、グランドでこけても怪我をしない。
運動場で元気に走り回る。
グランドの土埃が抑えられる。
夏の照り返しや、温暖化が抑えればそれでいいんじゃないんですか。

鳥取方式の芝生化の映像を見ても、おそらくは芝生ではなくこの「スズメノカタビラ」か、「ニワホコリ」等の雑草ではないかと思えるのですが。
出演していた、なんとか言う外国籍の方も「芝生もどき」とおっしゃっていたじゃないですか。
ニュージィランドのオークランドの公園で見たときも殆どが芝生と言うよりは「スズメノカタビラ」的な小型のイネ科植物だったと思います。

それよりも即刻潅水を止めることを勧めます。
おそらくは、水たまりになると思われる所は、芝も雑草さえも育ちません。
潅水設備は、そのままにしておいて、夏休みにの午後5時くらいから潅水される事を勧めます。
打ち水効果で、草にも、近所からもきっと喜ばれると思います。

追伸
午後4時過ぎ、担当部局からお叱りを受けた。
伸びているのは、雑草ではなく種を蒔いた冬芝との事です。
冬は、潅水はしていないとの事でした。
確認もとらずに申し訳ございません。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 08:54:22 | Trackback(0) | Comments(0)
宿題
今朝も散歩に行ってきた。
先週の日曜日以来だから、9日ぶりです。
この1週間で、山は大きく様変わりしました。
モミジが奇麗な新芽を出しています。
モミジの紅葉も勿論綺麗ですが、今の時期の新緑も何とも言えない美しさです。
4月13日1
昨日は、雨が降る中、15日に行われる滝安寺の大護摩に使うヒノキの枝を切りに山の頂上まで行ってました。
車で帰ってくるとき、滝の上附近で新緑と山桜がとてもきれいなところを発見。
写真を撮りたかったが、隊列を組んでの帰り道だったので私だけが車を止める訳にも行かず残念でした。
作業終了後、写真を取りに行こうと思ったが、雨がきつくなり、雲が出て暗くなってきたので、あの綺麗な色は出ないと思いあきらめた。

非農家の人が農地を借りて農業をするのにはまだまだハードルが高そうだ。
先日の中学校の入学式のときに友人から
「お前らは、わしらに畑の木を切れとうやかましい言うて来るけど、その後どないするんか、なにも言わん」
「判ってるがな、そやから今一生懸命頑張ってるねんがな」
「お前が、一生懸命頑張ってるのは、わしも認めたるけど、お前一人では、たかが知れてるねんがな」
「判ってるて、せやから今度から農家違ぅても土地借りれるようになる言うから、わしが仲人して、どないかしょう思ぅてるねん」
「それも大事かもしれんけど、たとえば市長が「柚子、柚子」言うてるんやから、柚子植えるとか、何か決めてくれんとこのままやったら、また、ただの林になるわ」
「判ってるがな、柚子植えても、手かけへんかったら、後は余計にクチャクチャになってしまう、柚子の林は棘で痛いど」
「判ってる、そやから何か考え言ぅてる」
「う―ん」

この方が仰る事は当然だと思う。
せっかく木を切っても次に何を植えればいいのか、方向性だけでも示すべきだろう。
難しい宿題を持たされたようだ。

中井農園日記 | 08:45:17 | Trackback(0) | Comments(0)
挨拶
4月11日上島一彦大阪府議会議員の府政報告会が有り参加をさせていただいた。
箕面市内の3か所で行われるらしい。
昨日は第1回目ということで、午後2時から箕面駅前のサンプラザ地下階で開催された。
ちなみに2回目は来週17日午後7時から東学習センターで、3回目は、25日の午後7時から中央市民活動センターで行われるらしい。


後援会長の挨拶に続いて市議会議員の挨拶(活動報告)が有った。
開会前に司会者から挨拶が有る事、2分以内ですること、順番は3番目と聞いた。
例にもれず
「え~、前に座るの、挨拶するの、え~」
と思いっきり嫌がり。
「え~、2分では無理やわ、最低でも5分は欲しいな」
いつもの通り、何が何やら、もう無茶苦茶我まま言うてます。
結局3分になりました。

開会直前に上田幹事長から
「ネタ合わせ、しとかんでもええか」
とのやさしいお言葉。
「結構です、適当にしゃべりますわ、まさか私が空港問題取り上げる訳にもいかんし、適当に活動報告しますわ」
「僕も結構です、大阪維新の会の話でもしますわ」と神代議員
「僕、最後やし、時間もきっと無茶苦茶なってきてるやろうし、ま、どうにかなるでしょう」と永田議員
「おう、勉強や思うてやったれ」と私が突っ込み。
「もう」と永田議員。
「そ~か、それやったら私が空港問題取り上げるわ」と上田議員。
「牧野先生は何を言わはりまっしゃろか」
「お前が言うな、先生は慣れてはるからちゃんと心得てはる」

なるほど、トップバッターの牧野先生は、上島府議の活躍を紹介して、皆さんに自民党へのご支援をお願いされた。
次の上田先生は、空港問題を初め、箕面市や大阪府を取り巻く問題点を総括されて問題解決には上島府議の活躍が大切だと言っている。

私は、適当に自分が直面した問題点から思う地方自治の大切さと、現政権は地方の意見をもっと聞け、上島府議と原田前代議士に活躍してほしいから、早く政権交代を求める。
神代議員は、上島府議が大阪維新の会に入った理由と維新の会が目指す方向。
永田議員は、世界読書年に関連して、箕面市だけでは解決できない問題点。
ま、結局、誰もがうまく上島府議の活躍を期待していますとの話に落したから良かったのではないかと思う。

反省点。
府議の名前を間違えて行ったらしい
「上田一彦大阪府議会議員」と言ったらしい(いつものことながら名前はよく間違います、ごめんなさい)

時間がうまくいかなかったようだ。
3分でまとまるつもりだったのだが、失敗したようだ。

内容があれで良かったのか疑問が残る。
あの場にふさわしい問題だったのか?
ま、そのうちに慣れてきて上手になるでしょう。


上島府議は人の名前を実に良く覚えている。
細かい数字までよく覚えている。
誰とでも気軽に握手をする。


開会前、気軽に握手をしている姿を見て。
「わし、あれができひんねん」
「ほんまに、中井君人と握手してるの見たことないな」
「あれ、わしがしたかて似合わんやろ」
「そやな、中井君、手出したら何か怖いもんあるわな」
「そやろ、特に女の人に手出すのん無理やねん」
「確かに似合わんな」
隣りから、友人の奥さんが
「そんなことないよ」
「そやろか」
「案外、握手よりハグの方が似合うかもしれへんわ」
「やめとくわ、わし昔みたいに頬ずりしたらあかんから」
「そんなんしてたん」
「うん、酔ぅたらね」
隣りから友人が
「そやそや、こいつ何時もそんな事ばかりしてるから若い子、傍に来いひんようになってん」
「やかましい、こんなとこで言うな、第一あんたにだけは言われとうないわ」
また爆笑をしてしまった。



テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 08:17:18 | Trackback(0) | Comments(0)
不順
天候が不順だ。
昨日は、近所の親戚の方の畑の手入れを頼まれて豊中市まで出かけた。
作業をしていて非常に暑かった。
昼食は本当に市街地の中と言う事も有り、目の前にレストランが有ったのでそこで食べた。
暑いから、作業シャツだけで入ったら、空調が効いていて冷たい風が当たる。

暑いから、缶コーヒーなどを飲む。
集会が有ったので早い目の夕食にしたが、冷たいビールを飲んだ。
正直なもので、今朝、ちょっと不調。

上の女の子がやっと自転車に乗れた。
今まで、友達が自転車に乗っているのを見て練習するようにいくら言って聞かなかったのに、先日から急に練習すると言いだし1日で乗れるようになった。
4月8日
「きょうちゃん、自転車乗れるようになったら、ジジがすぐにきょうちゃんの欲しい自転車買うたげるから」
と、以前から約束していたので、早速買いに行く事に。
自転車屋さんで孫は20インチのもの、私は22インチのものと意見が分かれたが、少し強引に
「こっちの方にしとき」
と言って22インチを買った。
22インチの方がバリエーションが豊富だったし、すぐに体も大きくなるからと思って。

孫の欲しかった色や形のものが有ったのだで、自転車屋さんでは大喜びだったのに。
家に帰ってきて乗ってみたら少し大きすぎたみたい。
「大きいから乗りにくい」と言って怒られた。
「背伸びして乗ったら、背も高くなる」
無茶苦茶言って、余計に怒らした。
余計な事を言わなければ良かった。

人から、色々な事を頼まれる。
断ればいいのに、断れない。
困った性格だ。
只でさえ忙しいのに、今年度から2つ増えそうだ。
「少し背伸びするくらいが良い」
自分にいいわけをしてみるが、自分でも本当に馬鹿だな~と思う。
その場で、断ってしまえば済むものを。

体調が思わしく無く、今朝3時ころから目が覚めた。
「あ~あ、仕事は選ばんとあかんわな~」
「なんでもかんでも、引き受けとったら、上手くいかんで恥かくのは、わしや」
「あ~あ、ほんまにあほやな~」
布団の中で、自己嫌悪に陥ってしまった。

季節の変わり目。
体調が良く
「よし、やったろ、それもこれも、わしに任さんかえ、そんな仕事はわししかできひんて、嘘や思たらあんたらそれしてみいや」
と思う時と。
自己嫌悪に陥るとき。
気分はジェットコースター。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 07:15:19 | Trackback(0) | Comments(0)
気迫
4月8日、中学校の入学式に参加させていただいた。
見ていて、気持ちが良かった。

この学校の校長先生は今年で3年目になるのだと思う(間違ってるかもしれません、相も変わらず人の顔や名前、経歴などはまるで覚えられない)
市議になってから、20年ぶりに中学校の行事に参加させていただくようになった。

20年前、私がPTAのお手伝いをさせていただいていたときは、学校のどの行事を見せていただいても気持ちが良かった。
運動会や文化祭、生徒は自主的に計画実行し、だらだらしている生徒はいなかった。
教師もそうでした。
少なくとも、私の目の前で不平や不満を漏らしたり、反抗的な態度で行事に参加をしている教師は居無かった。

一昨年、体育祭、文化祭を見せていただいて非常なショックを受けた。
文化祭の会場で一人の教師が壁際に座り込んで居眠りをしている。
教師は、生徒の間を行き来して騒いでいる生徒に注意をしている。

体育祭では、だらだらと競技に参加をしている。
逆に一生懸命競技をしている生徒が異質なもののように見えた。

卒業式、入学式もそうでした。
教師に、協力して生徒の卒業を祝おう、最後の良い思い出を残してあげようと言う気迫と言うものがまるで感じられなかった。

昨年から、かなりの変化が見れるようになった。
体育祭、一生懸命競技をすることが当たり前、だらだらしていては恥ずかしいという雰囲気になってきた。
文化祭も創立60周年事業と重なっていたせいか、居眠りしている教師もなく、騒ぐ生徒もなく、私は参加して気持ち良かった。

今年の卒業式も昨年と様変わりしていた。
教師の皆で送り出してやろうという気迫が感じられた。
入学式もそう。
こんなに変わるものかと逆に驚いた。

終了後、校長先生と階段のところであったので正直な感想とお礼をを述べた。

私は、消防団しか知らないが。
大阪府の行事で、他市の団を見せていただく機会が頻繁に有った。
団によって以前とは見違えるような団体行動をとることが良く有る。

1年で、ある団は、びっくりする程良くなり、又、ある団は驚くほど悪くなる。
団員は殆ど変っていない。
変わったのは、指揮官である団長である。
団長の信念と、気迫の問題だと思う。

昨年度末、市長とお話をさせていただいていた時に一つ提案をさせていただいた。
「市長、今年は団長に辞令渡す年でっしゃろ、一つだけお願いが有りますねんけど、辞令渡す時に思いっきり気合いを入れて、相手の目を見て渡したっとおくんなはれ」
「なんでですの」
「そないしてもろたら、団長は市長から辞令をもらう重さ、職務の重さを感じると思います」
「それで」
「次、自分が副団長や分団長に辞令を交付する時に思いっきり気合いを入れて、相手をビビらしてから渡してくれると思います、それで1年間は皆団長の言う事を聞きまっさかい」
「そないに上手く行きますか」
「少なくとも、私が分団長になって初めて辞令もろた時は、くれはる団長も気合い入れて睨んではる、横から市長も睨んではるという状態で一遍で気合い入りました」
「ふ~ん」
「自分が辞令を渡す立場になった時に、1年分の気合いを入れたつもりです」
「それで」
「消防団は、それだけで上下関係がはっきりとします。後はどれだけフレンドリーに付きあっても大丈夫、皆も職責の重さを判ってくれているから自分を犠牲にして活動してくれます」


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 12:52:01 | Trackback(0) | Comments(0)
指摘
昨日は、小学校の入学式が有り参加をさせていただいた。
私が座らせていただいたのが来賓席の前列。
新入生をはさんで正面に教職員の席。

入学式が始まってすぐに教頭先生の
「全員、起立」の声。
来賓、新入生、教職員も起立をした(保護者は視界に入らないので判りません)
続いて、「国歌斉唱」
教職員席を注目した。
やはり、数名が国歌を歌っていない。
続いて「校歌斉唱」
国歌は歌っていない先生でも校歌は歌う。
勿論、転勤されてきて、箕面小学校の校歌を知らない教職員もいる事だろう。
見ていると、知らないと思える教職員は、私と同じように栞を見て歌っていらっしゃる。
一人だけ、国歌も校歌も歌おうとしない人がいた。

人には、それぞれに思想信条と言うものがお有りだと思う。
国歌に対して嫌悪感が有る教職員がいる事は認めなくてはいけない。

私は、思想信条の関係なしに、国歌も校歌も歌わないのはいかがなものかと思える。
学校は子供たちに団体生活を教える場ではないのか。
団体行動ができない教師がいる事が理解できない。

式典が進み、2年生が歓迎をするというプログラムになった。
2年生が入場してくるので、演台や花を入れたプランターを移動させるようだ。
くだんの先生を注視していた。
演台は少し重いのか男性教諭が急いで駆け付け4方を持って移動させているが、その先生は・・・
プランターを片付けるときも、校長や女性教師が移動させているのに、・・・

今朝4時30分からのNHKのニュースの中でスーパーの新入社員の厳しい新人教育の現場リポートが放送されていた。
社会人になる事、仕事をする事、給料をいただく事を考えれば、ごく当然の話だろう。
当人は、「改めて、学生ではない、社会人になったんだと実感させられた」と話していた。
やはり、企業に就職するのか公務員になるのかの違いだろうか。

先日のブログの中で、お金を拾ってそれをお地蔵さんの賽銭にした事を書き込んだ。
そのブログを読まれた方からの指摘が市役所に送られ、私の手元に来た。

自分では、つい気が付かずにしている行為に対して、ご指摘をいただくことは大変ありがたい事です。
早速是正(厳密にいえば是正になったかどうかには疑問が残るかも知れませんが)させていただきました。

私が消防団長を辞めた一番の原因は、誰も私の意見に面と向かって反論しなくなったからです。
気がつかないうちに、周りは「イエスマン」ばかりが集まっていた。
このままでは、箕面市消防団をとんでもない方向に向かわせるのではないかと思うと怖くなってきた。

反論してくれる人、注意をしてくれる人がいるから、欠点に気が付き成長できるのではないでしょうか。
自分の考えを再点検して、自分の進むべき道が見えてくるのではないでしょうか。

今の私は、私人と公人と言う両方の立場を併せ持っているものと理解をしています。
私人の時には無茶苦茶なことを言いますが、公人の時には気を配った発言をします。
このブログでも私人と公人の区別ははっきりと付けているつもりですが、私人であっても公序良俗を乱して良いわけはなく、その意味でも今回の指摘は有り難いと思います。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

私の基本思考 | 06:07:59 | Trackback(0) | Comments(0)
変調
調子が出ない。
昨夜、ブログを書き込んで、投稿したがどうにも気になって、今朝読み返しボツにした。

昨年末から、ひどいアトピー(皮膚炎)で悩まされている。
原因は、自分でははっきりしているつもりだ。
昨年秋に「山椒」を食べてしまったから。
一口食べてしまって、家や親しい人の前なら口から出すのだが、その時はにこにこ笑って呑み込むしかしようがない雰囲気だった。

皮膚科の診察を受けたとき。
「山椒を食べると、アトピーが出るんです、私にとって山椒がアレルゲンでしょうか」
と聞いて
「そんな事、聞いた事はありません」
と笑われた。

アトピーがひどいと、体調が良い。
家族で、風邪をひくものが多くても私一人が元気。
風邪をひきかけてもすぐに治る。
季節変わりのふらふらも出ない。


仕事の調子がいい。
山積みだった案件を次々とこなし、1週間はかかると思っていた事を2日で済ませた。
相手の都合で手待ちになる事が多いような案件も、快調にこなせている。
このような時は、ブログ等の書き込みが不調だ。
行動するのではなく、じ~と一点に絞って集中して考えて行くような行為がうまくいかない。

市議会報告を発行しなくてはと焦るのだが、焦れば焦るほどうまくいかない。
市役所のパソコンの前で頭をかきむしっても、何も出てこない。
気持ちを切り替える為に、市政相談を受けている案件を担当部局に相談すると
「わかりました」と答えてくれる。

競艇で幾ら頑張っても勝てない。
以前は、ギャンブルには結構自信が有ったのに。
そういえば近頃は宝くじも当たったためしがない。
以前は5万円程度でも再々と当たり、少し儲けていたのに。
そういえばあの頃は仕事運がなかったようにも思う。

全てが、調子が良いという事はない。
全てが、調子が悪いという事もない。
調子が良い方を喜ぶべきだろうか。
全ての事が、一進一退の様な気がする。





テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

植木屋日記 | 06:22:42 | Trackback(0) | Comments(1)
満開
箕面市でも桜が満開です。
近所では、かなり有名な、桜のトンネルです。
200m位有るのではないでしょうか、かなりの古木ですので本当にきれいです。
3,4年くらい前に、この桜並木の途中のところでマンションが建設され、そのマンションを建設した業者が、大型重機を無理にこの桜のトンネルを通らせたので、かなり枝に傷をつけてしまったが、今年も綺麗に咲いてくれました。

ホンマにむちゃしよる業者も有ったものです。
4月4日2
桜が奇麗のは、本当に1週間位のもので、沿道の住人の方にとっては、虫は付く、落ち葉はひどいで、本当に大変です。

山も綺麗に桜が咲いています。
滝安寺の山門前です。
4月4日
そして庫裏の方です。
4月4日1
私の、事務所の窓から見える箕面の山なみです。
年々、山桜が増えてきているのが判ります。
これから新緑の時期まで、本当に1日1日と山の様子が変わっていくのが実感できます。
こうして見ると、本当に箕面は良いところだと思います。
4月5日2

今日は、近所の桜ケ丘幼稚園の入園式が有り参加をさせていただきました。
まだ、3歳になったばかりの子供さんもいて、本当にかわいいです。
来賓の紹介が有り、立って
「おめでとうございます」と言ったら、沢山の子供たちが
「ありがとうございます」と言ってくれました。
4月5日1
本当にかわいいです。

年長さんの歓迎の言葉が有りました。
大きく手を振り元気に壇上へ、大きな声で、しっかりと挨拶をしていました。
勿論、つまったり、間違える事もなく最後まで挨拶をしていました。
4月5日
上手にしゃべるのには、びっくりさせられた。
聞けばやはり一週間位は練習をしたとか。

それでもあがる事もなく、本当にびっくりした。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 17:37:07 | Trackback(0) | Comments(0)
外食
所要が有り、家内と出かけた。
帰り道、外食をしようと決まった。

何を食べようか、ディスカッション。
「ラーメン、和食、中華、すし、う~ん鍋は熱いな、う~ん何がいいかな」
自主性ゼロ、決断力なんて縁の無い家内は結局決められず。
いつもの通り、私に一任。

「よっしゃ、決めた」
「その代り、ぜえ~たい、文句ぬかすな」
決断力と言うよりも、単純明快(?)な私は、即刻決めた。
良く通る道、何時も外から見ていたらなんだか美味しそうな店。

入ってから。
「え~お肉ばっかりやん」
「文句言うな」と言いながら。
「洋風レストラン(?)ちゃうんかいな」と反省する私。
いまさら、「イメージが少し、あの~その~」と言うわけにもいかず。
ありきたりの物を注文。

サラダ、食べ放題だそうな。
家内はパンも食べ放題のコースを注文したらしい。
サラダは、美味しかった。
家内曰く「パン、凄く美味しいよ」

待ちに待った料理登場。
一口食べて。
「ラッキ~」
「どうしたん、そんなに美味しいの」
「う~ん、これは・・・な」
「なんでラッキーなん」
「写真撮って、明日のブログに載せたんねん」

で、撮った写真がこれです。
4月3日

家内も、自分が注文したものを、一口食べて。
「良かったね、いいネタできて」
「な、お前もそう思うか、ちょっとネタに困ってたとこやねん」
「店の名前出したらあかんよ」
「判ってるがな、そんな営業妨害みたいな事するかいな」

食べ終わった写真がこれです。
4月3日1
「ご飯、残すん」
「これはちょっと、・・・がしてるし、びちゃびちゃやし、本当に・・・ねん」
「ふ~ん、このごろコンビニのおにぎりもお米は、美味しいもの」
「そんなんと、全然違うねん、この前食べた、吉野家の方が本当においしかったもん、確か、なんとか定食で530円やったと思うよ」
「これは」
「え~と、2,680円」
「へ~え、5倍かいな」
「ほんまやな」

ま、1回分のネタ代と思えば安いものなはず・・・・。
奥歯に物が挟まって、・・・
あ~ストレスがたまる。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 20:05:57 | Trackback(0)
大失敗
孫との約束を果たす為に映画を観に行ってきた。
ディズニーの映画で「プリンセスと魔法のキス」と言うアニメ。

冬休みに孫と映画を観に行った時に予告編を見て。
早速、次は春休みに「これ、カエルとキスをするのん」と言われていた。

朝から、頭の中でスケジュールの遣り繰り。
今日を逃したら、次に春休み中に映画に行ける自信がない。
急遽、「よし今日、映画に行く」
「え~ほんま、うれし~」
「15時40分からと書いてあるから、午後3時、集合、しゅっぱーつ」
「やった~」

視察の報告書を作り、幹事長の検閲を受け提出。
市政相談を受けていた案件をこなし。
お昼で、役所での仕事を切り上げて。
家に帰ってから、今度は地元の仕事に取り掛かり。
気が付けば2時40分。

急いで、車で出かけ。
何の映画を見るんだっけ。
そうそう、「何とかのキス」だったと思いだし。
箕面シネマ109の発券所で、沢山ある映画の中から目の前に有った「誰かが私にキスをした」を、「大人と小学生と1枚づつ」と言った。
店員さんの「え」と言う感じ。
上映時間が10分違う。
「おかしいな」と思いつつ店員さんの再度の念押しにも「はい、それで結構です」とはっきりと言った。

購入後、列を離れるときに違う所に「プリンセスと魔法のキス」と言う題名が見えた。
「あちゃ~、ひょっとしたら大失敗」と思い近くの店員さんに「この、誰かが・・・て言うの、カエルにキスをする話ですか」と恐る恐る聞いてみた。
となりの、券を売った店員さんが「だから、念を押したでしょう、一度発券してしまったら取り返しがつかないんです」
「え~、そこを何とかなりませんか」
「だから、私も二度も聞き返したし、お客さんもはっきりとそれで結構ですと、おっしゃりましたよね」
「あ~、はい。ですけどなんとかなりません」
「駄目です、そういうきまりですから」

此処からが、私の真骨頂
「お願いします、なんとかなりません」
「駄目です」
「そこをなんとか」

隣から、
「もういいから、変えたげて」
「あ、ありがとうございます」
「本当に困るんですよ、今回だけにしてくださいね」
「はい、判っています。2度とこのような失敗はしません」
「お願いしますよ」
「はい判っています、ごめんなさい」隣の店員さんに「ありがとうございました」
「オッサン、早くどっかに行け」と言うような冷たい目で見られ。
「でも良かった」

入り口のところで「誰かが私に・・・」のポスターを見て。
「こりゃ~、店員さんもこの子と2人で見ると言えば怪訝そうに見るわ」と妙に納得。

沢山の映画を1館で見れるのはうれしいが。
じじいに子供の映画のタイトルは理解できない。
特に、私のように集中力の切れている状態の者には少し辛いものが有る。
タイトルの横に、せめてアニメだとかディズニー映画とか何か注釈を付けてほしい。

大失敗をしでかした者が、えらそうに言う事ではない事は判っていますが。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

植木屋日記 | 20:18:15 | Trackback(0) | Comments(0)
東京
視察研修に行って感じたこと。

大阪で感じるような不況感は、東京ではあまり感じられなかった。
益々、東京の一極集中がなされているのだろうか。

これから、日本の人口が減少傾向になると聞く。
それも、首都圏では感じられない。
過疎地と過密地の格差がまだまだ開くのだろうか。

いつものいやな癖で、高層ビル群が立ち並ぶところや、深度活用されている地下鉄のホームに立った時。
今、地震が来たらどうしようと思ってしまう。
逃げ場が無いじゃないか。
新幹線で帰ってくる時、少しでも早く帰りたい、怖いと思ってしまう。
やはり地上で暮らすのが一番性に合っているのか。

東京は緑が多くて羨ましい。
勿論、皇居や政府関連施設のある処だけだとは思うが。
あの空の青さと、新緑本当にうらやましい。
3月30日5

八王子駅での乗降客の多さには驚かされた。
大学校の多さにも驚かされた。
とにかく若年層が多い。

視察に行かせていただいた施設。
努力をされているのがひしひしと伝わってくる。
特に、地理的な事等で、ハンディの有ったところで育った方が成功されたのはすごいと思う。
以前視察に行った処で、羨ましくなるほど条件が良い所の人は、努力の跡が感じられなかった。
今回も、他所から来ておられる方が運営をされている処の方がすごいと思った。
努力と、恵まれた環境。
その環境を生かし切っておられた。
箕面市はどうだろうかと自問自答してしまう。
先人の残された財産を食いつぶすことはないのだろうか。
「高級住宅街だ、関西で一番だ」と胡坐をかいていてはいけない。
努力が足りないのではないか。
3月31日

人の庭の芝生は奇麗に見えるそうだ。
東京を羨望ばかりしていてもつまらない。
箕面の良さはどこだろうか。
案外、自分では気付かないのか。
今回は、箕面の良さを再発見するには至らなかった。
その意味では、失敗だったのか。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 12:02:56 | Trackback(0) | Comments(0)
残念
3月29日から31日まで、会派の視察研修に行ってきました。
今回のテーマーは、29日は競艇事業で売り上げを伸ばしている、浜名湖競艇の営業方針。
30日は、ボートピア市原の経営実態。
31日は東海自然歩道の東の起点である八王子市にある高尾山の観光の取り組みです。

勿論、視察の成果は報告書を作成させていただきますが。
ブログでは、時間外の出来事や、個人的に感心した事を何回かに分けて報告をさせていただきます。
とにかくハードで、無茶苦茶中身の濃い視察になりました。

そんな中、30日早朝は東京の気温が1度と冷え込んでいましたが、朝食までの間を利用して散歩に出かけました。
宿泊地の神田から、皇居を目指して歩きました。
とにかく、皇居に着いたら携帯で写真を1枚撮って帰ってくる位の軽い気持ちで出かけたのですが、あまりの景色の良さに、とうとう皇居を1周してしまった。
3月30日2
この写真の、橋の奥に小さく写っている白い点がハクチョウです。
風もない、冷え込みのおかげでなんとも言えない空の色と、御堀の水面でした。

東京の地理も地名もまるでわかっていませんが、この写真は、千鳥が淵の桜だと思います。
早朝でしたから、流石に殆ど人影もなく静かなものでした。
3月30日3

国会議事堂前からの1枚です。
とにかく東京は綺麗の一言でしたが、この中であの・・達が日本を動かしているのかと思えばいやになってくる。
何も決められない、統率力のない・・と、金の亡者の・・が、無茶苦茶しているかと思うと日本の将来が心配だ
3月30日4

そして皇居と言えばこの写真
いちばんポピュラーで面白みがないとは思ったのですが、割と綺麗に取れたので掲載します。
3月30日1

今回、何枚か撮った中で一番のお気に入りがこの写真です。
自分では会心の作品のつもりですが、何せ携帯電話の写真ですから。
う~ん、残念。
3月30日
今見直すと、もう、半歩左からのショットの方が良かったか?
石垣の人工面をもう少し見せたかった。
う~ん、残念。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 07:04:24 | Trackback(0)