FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
バレた
触らずにおこうと思っていた小ネタだが。
皆さんに「観たよぉ」と言われたので、取り上げることにする。

27日土曜日、箕面観光ホテルがリニューアルオープンするとのことで、ご招待をいただいてました。
4名様までご招待ということでしたので。
「チューと半端やなぁ」
孫を連れて行けばオーバーするし。
嫁と2人きりで出かけるのは・・・・。

返事もせずに、放置していた。
「中井さん、どないするんです。はよ返事くださいね」
と親切に電話までいただいた。

とっさに
「ほんなら厚かましいけど、4人お願いします」
答えた。

人数は決まったが、メンバーが決まらない。
嫁の
「姉さんを招待したら?」
の一言で決定。

私の2人の姉と私たち夫婦という組み合わせ。
姉たちは、オープン直後からお世話になっていたらしい。
私と嫁は、それぞれの所要を済ませ合流

リニュアルオープンだけに、雰囲気が大きく変わっていた。
玄関
今までの玄関は閉鎖され、新しく玄関が出来ている(まだ工事中だから、もう少し変わるのかも?)

中も変わっていた
今までのロビーがレストランになっている
レストラン

此処でバイキングディナー(正式な名前は何というのでしょうか?)を4人でいただきました。

スタッフには、以前から務めている人たちも大勢いるので、顔見知りが多い。
「あっ、中井さんこんばんわ」
「オッシ。どないしたんや、その恰好。びっくりするがな」
いつもの通りスタッフの女性と冗談を言ってた。

すると、テレビクルーが来た。
「お客さん、すみません。ちょっとお話を伺ってもよろしいですか」
「なんで?。他にもたくさん絵になるお客さんがいてるがな。わしらみたいなん面白ないでぇ」
「いえ、私たちの番組でリニューアルオープンに向けたスタッフの苦労話を取り上げたいんです。彼女を昔から知ってる、親しいお客さんだということで、ちょっとお話を」
「えぇぇ。わしらの話は面白うないと思うんやけどなぁ」

結局、言われるままに、食べながらスタッフの彼女と話をした。
「あんた、今何してるん?。えぇぇ、此処の責任者。へぇぇ。ねぇさんどないしたん?。えぇぇ、おかみさんになったん!へぇぇ。彼女は?。えぇぇ、皆、えらなってんなぁ。これからは、「ちょっとビールもってこい」っていわれへんなぁ」
私が酔っぱらっての会話は、さすがに放送されなかったようだ。(正解でしょう。あれが放送されたら大変だ)

それが、早朝だけではなく、夕方にも流れたらしい。
私は観てはいないが、大きな口を開けて、おいしそうに食べていたとか。
確かにおいしかった。
失礼ながら、以前とは大違い。
おかげで、私も嫁も、調子を崩すほど食べ過ぎてしまった。

テレビを見た孫たちには散々怒られた。
「今度は、連れて行ってよ!」
「はい、はい」

折角ブログにも書かずに、黙っておこうと思っていたのに。

スポンサーサイト



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 11:10:59 | Trackback(0) | Comments(0)
島民
今朝の産経新聞に面白い記事が載ってました。
岩手県大槌町が「ひょっこりひょうたん島(蓬莱島)」を買い取るんだそうです。

現所有者の大槌町漁業協同組合が、震災で大打撃を受け自己破産を申請したのだそうです。
「第三者の手に渡ったら大変」ということで、大槌町が評価額(公的取引だからそうなるんでしょう)で買い取る方向で協議をしているらしい。

これは、面白いネタですよね。
私は、この記事を読みながら、「私ならどうするだろうか」と考えてみた。

我々の年代の者にとって、この島に対する思い入れは結構強いと思う。

子供のころ真剣に見ていた「ひょっこりひょうたん島」の住人になれるかもしれない。
夢のある話じゃないですか。

大槌町にお願いをしたいのは。
まず、架空の島民台帳を作ってほしい。

1万円で、あなたも「ひょっこりひょうたん島」の島民です。
毎年5千円の住民税を払えば3千円(勿論、多ければ多いほど嬉しいが)くらいの地元の海産物が送られてくる。
これだけでも面白いですよね。

勿論、住民税を払っているのだから、首長選挙にも参加できる。
「ひょっこりひょうたん島長(町長や、村長を想定しています)」を選ぶのですが、此処は一つ「黒柳徹子(誰かの声やってませんでした?)さんとか、「西田敏行(もう適当です)」さんとか、キムタクとか、白鳳(かなりええ加減になってきました)でもいいかな?
その時々の有名人にボランティアで名前を連ねていただいて、半分真面目に勿論半分冗談で、大槌町の課題をひょっこりひょうたん島の課題として全国に発信する。

大槌町を無茶苦茶身近に感じると思いますがいかがでしょうか?

震災から2年半経とうとしてますが、我々にできることが本当に限られてきています。
楽しく、気軽に応援できるアイディアとして採用してくれませんかねぇ?

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 10:53:14 | Trackback(0) | Comments(0)
根性
昨日は「箕面まつり」
パレードをゴール地点の椅子席で観覧させていただきました。
結構面白かった。

雨が少ないせいか、野菜の出来はもう一つだが。
草は大きくなる。
一寸畑に行かないでいると、サツマイモ畑に草が目立つようになっていた。

膝が痛いし、腰も痛い。
見て見ぬふりをしていたのだが。
とうとう、草の方がサツマイモを覆いかぶさるほどに成長してしまって。
覚悟を決めて、早朝にサツマイモの蔓上げと除草をすることに。
蔓上げ

暑くて、せいぜい9時頃までしか作業はできない。
「あっ、腰が痛くなってきた」
「膝が・・・」
勝手な理由を付けて作業を中断させている。

今朝は、8時過ぎに雨が降ってきた。
「雨やなぁ。風邪をひいてもいかんし、もう帰ろ」
またまた、我が儘な理由付けで帰ってきた。

「ほんまに、仕事せん様になってしまった」
自分でも情けない。


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

中井農園日記 | 08:39:31 | Trackback(0) | Comments(0)
前屈
久しぶりに、姉たちと会った。

「博幸ちゃん、あんた、腰痛いのんまっしに(良く)なったんか?」
「いやー、まだあんまり良ぅなれへんねん。今日も鍼治療に行ってきたんやけど。まだ痛いねん」
「あんた、わたしが教えたったやろ。こうやって、足ちょっと広げて。手ぇずーと添わして前屈するねんがな。あれを毎日やってたら治るって。いっぺん、ここでやってみ」

怖い姉に逆らう事も出来ず、言われるままに前屈姿勢をする。
「そうや、そうして、足をそうそれくらい開いて。そう、そうしてずーと前かがみに。アカンがな。そんなにきつく前かがみになったら。あんた!アカンちゅうてるやろ。そんなに無理して前かがみになったら。余計に腰痛めるがな!もう。判らん子やな!」

「お前、何怒ってるねん?別に無理してへんがな」
「えっ、あんた、普通にしてそこまで曲がるの!」
「そうや、無理したら指はもちろん手のひら位までは付くんちゃぅかなぁ」

下の姉が
「姉ちゃん、私と博幸だけが妙に体が柔らかいねん。私もこうして手のひらがぴったり着くもん」
「へぇー、気持ちワル。そんなことできるの気持ちワル」

そういえば、我が家では、孫も含めても私が一番前屈が得意かもしれない。

下の姉の前屈姿勢を見ながら、ふと別の事を思ってしまった。

ひょっとして、体が柔らかいのではなく。
足の長さより、胴の長さが長いのんちゃぅやろか!
短足胴長体型かも?

流石にここでそれを言ったら。

下の姉に怒られるか?
私も一緒に上の姉に笑われるか?

この、どちらでしかない。

出かけた言葉を思わず飲み込んだ。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 11:26:46 | Trackback(0) | Comments(0)
アタッチメント
新しくトラクターのアタッチメントを購入したので、紹介します。

機畝立

「小川式サイドリッチャー」という製品です。

何処が優れものか?
畝立て機が左右に分かれているところです。

どのようなことが出来るようになるのか?

昔のように畑で採れた品物は市場へ出荷していた時は、畑一枚すべて大根を作付して、一斉に出荷していましたが。
朝市に出荷するようになると、多品種少量生産で、しかも撒く時期も変わります。
大根でも8月下旬から10月上旬まで、3,4回に分けて種をまきます。
ですから、より小さい面積を耕し、こまめに植え付ける場所を作らねばなりません。

今までは、一畝だけをトラクターで耕すことはできますが、畝立てが出来ませんでした。
平犂
耕してから、管理機(小さな畝立て専門の耕運機)を使うか、手(鍬)で畝を立てるしかなかったのです

何故か?
ロータリー(トラクターの後ろの耕す部分です)の真ん中に畝立て機が付いていたからです。(皆さん付いてこれてますか?)
真ん中で谷を作っていくという事は、畝の位置が半分ずつずれていくことになります
私がしたいのは、一畝を耕し、真ん中で谷の部分を作くるのではなく、以前のように両端に谷を作り、真ん中に種を蒔きたいのです。

このアタッチマントを使えば、収穫が終わった畝を後進で進入します。
そして前進で、耕運と畝立てが同時に出来てしまう。
即、種まきでもマルチ作業でも可能になる。(実際に農業をしている人には、このすごさが判ってもらえると思うのですが・・・)
作業後
これが仕上がりです。

一寸マニアックすぎる「ネタ」だったかもしれませんが、兎に角便利です。
私と同じ悩みを持っている方は、ぜひご検討ください。





テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

今日の1枚 | 15:30:47 | Trackback(0) | Comments(0)
観光
今回の東北旅行で感じたこと。

ガレキ等はほとんど片付けられ、道路の両側が草原が広がっているだけなので、見過ごしてしまいがちだがよく見ると家の基礎部分が残され、外構部分の残骸が散らばっている。
改めて、津波被害の恐ろしさを感じた。

仮設住宅があちらこちらに建っているのを見た。
周りに商店らしきものは見当たらなかった。
日中だったからだろうか、たまに見かける姿はお年寄りばかりだった。

「不便やろうなぁ」
「大変やろなぁ」

お昼時に通りかかった仮設住宅群の一角で、十数名の方が一緒に昼食を食べていた。
何の話をされていたのか、知るすべもないが。
何人かの方が、笑顔で話していたのが、せめてもの救いだ。

お昼頃には、気仙沼港には思っていたより多くの漁船が停泊していたし、早朝にはほとんどの漁船が居なくなっていたので、漁に出かけたのだろう。
また近くの造船所は満杯状態だった。
造船所
名前がわからない漁港には、小型船がひしめいていた。
海には、いかだがあちらこちらに見える。
真新しい加工工場も、散見できた。
最盛期にはどの程度だったのかはわからないが、かなり回復しているのだろうか?
それだったら、うれしいのだが。

2年前に立ち寄った「道の駅」に、また寄らせてもらった。
品数も増え、働く人の笑顔も格段に良くなっている。
土産を買った時の「ありがとうございました」の声がまるで違うように思えた。
「よかった。よかった」

2年前と比べて、道路事情が格段に良くなっている。
埃っぽかった道も綺麗になり、いきなり行き止まりということもなくなった。

仮設だった店舗も、一部では綺麗な店になったところもあるが。
陸前高田の旧市街地のように、まったく手つかずに近いところもある。
本当の復興はまだまだこれからだろう。

ガレキが山積みされていたところに、雑草が生えている。
塩水に浸かったと思える田や畑で耕作されなくても、雑草が繁茂している。
枯死した木もあれば、幹から葉を出して必死に回復しようとする木も。
津波に襲われたって、自然界の回復力のすごさには驚かされる。

我々には、一体何ができるのだろうか?

今回の一連の書き込みを読んで、少しでも東北観光に行こうと思っていただければありがたいですが・・・




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 10:40:34 | Trackback(0) | Comments(0)
温度差
昨日は、気仙沼のホテルを出発。

女川原発に立ち寄ることにした。
途中で、横転しているビルを見つけた。
横転

その向かいに、慰霊の祭壇が組まれてあったので、手を合わせた。
慰霊

此処は銀行の支店跡らしく、此処で多くの方がお亡くなりになられたとか。
今は、建物などもすべて撤去された状態なので、このあたりの賑わいを知るすべもない。
ここに書かれてあるのを読むと、改めて被害の大きさというものを知らされる。

女川原発に近寄ることはもちろんできません。
「女川原子力発電所PR館」が有ったので行ってきました。
ずーと見学をして、最後に2階に上がり展望デッキと、施設の模型を見ていた時、嫁が
「ちょっと、これ」
「えっ?」

「場内撮影禁止」の張り紙が貼られてある。
「えぇぇ。こんなん入口に貼っとけよなぁ。出口に貼られてもなぁ」

というわけで、場内の写真も、施設の遠景写真(煙突だけしか見えませんでしたが)存在しませんので、掲載もできません。

1時過ぎに松島着。
夫婦で、
「ラーメンが良い」
「もっと軽く、素麺でも無いか?」
といいながら、

「松島一望の和食レストラン」の張り紙につられて4階のレストランに。
松島
「わぁ、きれい」

「今が旬」の文句に負けて、「アナゴ重」を注文。
アナゴ重

これがまた、本当においしかった。

最後は、時間調整もあって(雨が強くなってきたので、早く仙台空港に行きました)レストランで地ビールをソーセージセットをおつまみにちびちびと。

これがまた、おいしいんだなぁ。
2本飲んでしまい。
酔っぱらって、料金も払わずにレストランを出てしまった。
出てから
「あっ、お金払ってない!」

「レジに行くと、嫁が払っていた」
ホッと一安心。

向こうでは、肌寒く(この日の最高気温も20度程度)上着を着た状態から、家に帰れば29度。
「数字を見ただけで、もういややなぁ。今夜は寝れんなぁ」
ぶつぶつ言いながら、昨日は熟睡した。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 07:54:06 | Trackback(0) | Comments(0)
残念。
今回の旅行の期間中、ほとんどが雨マークが付いている。
昨日も午前中は雨が降ったり止んだりのあいにくの天気。
おかげで気温は20度程度と快適です。

小雨が降る中、浄土ヶ浜を見に行ってきました。
とはいっても、ホテルから5分程度の距離です。
浄土が浜
晴れた日は、石英が多い真っ白な岩と、松の青さ、空の色、海の色が見事なコントラストだそうです。
残念。

昨日は、目的の一つ大槌町に派遣されている職員さんの慰労に行こうと思っていた。
大槌役場
今大槌町には、箕面市から3名の職員さんが派遣されています。

あらかじめ、訪問を伝えておくと職務に影響しかねないので、こそっと行きました。
受付で
「箕面市から派遣されている職員さんに面会したいんですけど」
職場を教えてもらい、会ってきました。
3名とも、現場に出かけてなくてよかったです。

陸前高田の一本松も見てきました。
一本松
此処は、ちょっとした観光地になっています。
臨時駐車場には多数の車が止まり、そこから現場までぞろぞろと歩く人たちが。
周りは、2年前にはうず高く積まれていたがれき等はほとんどが処理をされたのか、広い空き地が広がっています。

気仙沼市街には、取り残された大きな船が
船

この船の前を3回通ったが、いつも誰かが写真を撮っていた。
此処も観光スポットになっているのだろうか?

先の三陸大津波で先端が折れてしまった「折石」があるというので、見に行った。
折石
2mほど折れて今の高さが16mだそうです。
此処の見学に来ていたのは私たちだけ。

周りは、本当に絶景です。
もっと売り出せば好いのに。
残念。

昼食は、「復幸商店街」(だったと思う)の中のラーメン屋さんで
復幸商店街

「フカヒレラーメン」を食べました。
フカヒレラーメン
とってもおいしかったです。

夕べ泊まったのが「気仙沼プラザホテル」
此処も、大当たり。
特に夕食が良かった。

接客も良く、眺めも、温泉も最高。

なのに、観光客の姿が少ない気がするのは、ちょっと、アクセスが悪いのだろうか?
大阪からだと、レンタカーのお世話にならざるを得ないような気がする。
残念。








テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 07:40:47 | Trackback(0) | Comments(0)
旅行
一昨年の7月に岩手県に来ました。
その時は、少しでも東日本大震災後の復興に役立てばと思い、1人でボランティア活動に参加させていただいた。

昨年は、選挙(自分の)と、その後の体調不良から来れなかった。

今年は、嫁と2人で観光旅行に来ています。

花巻空港に12時到着。
少しタイトなスケジュールだったので、高速内のサービスエリアで冷麺を食べて。
冷麺
初めて盛岡冷麺を食べたけれど、おいしかった。
大阪で食べる冷麺は「酸っぱい」けれど、こちらのは、スープの味もしっかりあるので大変おいしかった。

途中で立ち寄った岩洞ダムですダム湖
あいにくの雨でしたが、とっても景色の良いところでした。

そして、メインの龍泉洞へ
ここは、日本3大鍾乳洞の1つだそうです。
龍泉洞1
鍾乳洞全体がライトアップされていて、とてもきれい。
感動しました。

ここの特徴は、透明度の高い水だとか。
鍾乳洞の中に地底湖がいくつもあります。
龍泉洞3
此処は、水深98mだそうです。
本当に息をのむような美しさでした。

中を川が流れています。
龍泉洞4

そして、こんな光景も
龍泉洞2

入場料は1000円でした。
嫁は、閉所恐怖症とかで、狭いところは嫌だとか。
最初は、鍾乳洞と聞いただけで
「私は、止めとくわ。あんた1人で行って来たら?。どうしてもそこに行くんやったら、私は車で待ってるから」
「そーか。綺麗なとこらしいけど、止めとこか」
と言いながら、ガイドブックを見せた。

「あんたが、行きたいのならしゃぁないなぁ。付き合ぉか」
に変わり。

行ってみると、ひどく感動していた。

昨日の最高気温が20度くらい、中は11度くらいでした。
ちょっと寒いくらいの気温です。

夕べ泊まったのが浄土ヶ浜パークホテル
今朝の景色がこれです。
朝もや

部屋も綺麗し、食事もおいしい。
非常に満足しています。

テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:31:29 | Trackback(0) | Comments(0)
結果
参議院選挙の結果が出た。

8時30分位にテレビを点けたら、ほぼ大勢が固まっていた。
まだ当確の出ていない候補者も、出口調査とやらの獲得割合で推測できた。

ほぼ、予想通りか?

それにしても、民主党の凋落ぶりには驚かされる。
以前の社会党を見ているようだ。

夢いっぱいの構想を訴え。
自分たちが、政権を握らない間は
「皆様の生活がよくならないのは、政権を握っている・・党が悪いからです。今度こそわが党に任せてください」
と訴え、国民の支持を得て政権を握れば、あの体たらく。

反対をするのは簡単だけど。
この道が「イバラ道」だという事を訴えることは簡単だけど。
一つの道を見つけ、進んでいくことは難しい。
其々価値観の違う人たちの進む道を示すのは難しい。

そう考えてみれば、「日本維新の会」はまだ「伸びしろ」が有るとみるべきなのか?
それとも、大阪府・市の施策が府・市民の失望を買って衰退するのか?
私にとっては、非常に興味深い。

知事・市長とも、国政に力を注ぐことも大切だが、足元がお留守になれば衰退することを肝に銘じておくべきだろうと思う。

与党の勝利で、連立与党が参議院でも過半数を取って「ねじれ状態」が解消された。
これからは、政策のスピードアップが図られるだろうと思う。

これは、喜ぶべきことか?
憂うべきことか?

日本は内外から大きくて難しい課題が突きつけられている。
判断に苦慮するような事ばかりだ。

今までは、「ねじれ現象」を言い訳にしていたことは無かったのだろうか?
「これからは、最大の言い訳がなくなった」
と思ってしまうのは私だけか?

ゴルフで、飛距離の出るゴルファーは「OB」が出やすいと言うが。
自民党の技術力が試されるようになるんだろうなぁ?

心配ばかりしていないで、信じる道を突き進みましょう。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

私の政治理念 | 07:00:20 | Trackback(0) | Comments(0)
夕焼け
今日は参議院選挙です。
私は、7時過ぎに投票を済ませました。
皆様も投票に行ってください。

さて、昨日は箕面小学校コミセン祭りと、箕面駅前の夜店のダブルヘッダーでした。
まだ、膝と腰の調子が悪いので、治療が済んでから参加してきました。

孫が夜店に一緒に行きたいと言ってくれるので、夫婦と孫の3人連れで箕面駅前商店街を、痛い足を引き摺りながらぐるっと一周してきました。

私は、ビールを3杯飲み。
真っ赤な顔で、店番をしている知人に挨拶。
最後の方は
「中井さん、ビールは?。あっ、もう飲まん方が好ぇみたいやね」
「おぅ、これ以上飲んだら、また無茶苦茶になるから止めとくわ」
「うん、そぅしとき」

孫に何をしたいのか聞くと
「スーパーボールすくい」
「スーパーボールすくい?。そんなもん面白いか?」
「あんた」
「冗談やがな」

「へったやなぁ」
「あんた!」
また怒られた。

「次はくじ引き」
「はい、はい」
金を渡す私。
「兄ちゃん、好ぇノン、当てたってや。たのむで!」

「あんた!」
「はい、はい。冗談やがな。ホンマに冗談も言わしよれへんねんから」
「あんた、冗談になってへんわ。あの人、引いとったでぇ」

「スカや」
自慢げに言う孫に
「お前はあほか。スカでも1等賞や言うて渡すねん。ほんだら1等賞の商品くれるかもしれん」
「あんた!ほんまにもぅ」
「冗談やがな」

「次はくじ引き」
「お前、さっきしたやろ」
「今度は風船のくじ」
「ふーん、またどうせスカや」
「あんた!」
「冗談やがな」

「当たった。1等賞や」
「よし、よぉ言うた。それでこそわしの孫や」
「あんた!。ホンマに恥ずかしいわ」

「ほんまに1等賞やねん」
「えぇー、ホンマに当たったん?」
「よかったなぁ」

大騒ぎで、貰ったのがこれです。
風船

くじや輪投げ、ボール投げ等、全戦全敗。
段々落ち込んでいく孫を見ながら、何か一つくらい当たらないものかと、気をもんでいた。

「最後で、すべて取り返したなぁ」
「勿論や。この風船は結構高いでぇ」
自慢げに話す孫。

帰り道のきれいな夕焼けを見て。
夕焼け

3人で「好かった。よかった」の連呼でした。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 08:15:36 | Trackback(0) | Comments(0)
夏到来
天気予報で、梅雨明けしたと報じられ、真夏並み以上の暑さが続いていたが。
7月20日になって、急に蝉の声が大きくなってきた。

つい先日も、我が家に来ていた孫がセミを見つけたと喜んでいた。
セミ
羽化したてのマツゼミでしょうか?

庭のあちらこちらに、セミが這い出てきた穴が一杯。
穴

仕事場にしている事務所を覆う木々。
南
仕事が手につかなくなるほどの、セミの大合唱。

そして、今朝の綺麗な青空
南西

今日から夏休みがスタートする。
「夏が来た」
と実感できる、7月20日の朝です。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:58:22 | Trackback(0) | Comments(0)
資料
7月16日に「国立循環器病研究センターの移転先選定プロセスに対する疑念について」という質問書を箕面市長名で、国循の理事長あてに送付した、と箕面市のホームページに掲載されている。

今年の7月3日付けの国循からの回答文書なるものも同ページに掲載されているし、これまでの遣り取りに近いものも掲載されているので、一度読まれることを進めたいと思います。

国循の理事長名の数々の文書と箕面市長名の文書がまるでかみ合っていないと感じるのは、私だけだろうか?
箕面市長と市議会とは同じスタンスでの発言になっているので、私ともかみ合ってないと思う。

どこがかみ合わない大きな要因だろうか?

我々は、国立循環器病研究センターを利用する立場での思いや、発言なのだ。
つまり、患者として国循に何を求めるのかを第一義的に考えているのだ。
それは、交通アクセスの良さであり、病院・研究機関としてふさわしい環境が絶対に必要だと思っている。

対する理事会(長)は、自分の都合だけしか眼中に無いと思える。

これからは、私見になるが。
国循の移転先(もし移転せねばならないと仮定して。現在地なら問題も何もない)の候補が、万博跡地であったり、吹田市の江坂地区等の新御堂筋線の隣接地だったとしたら、無理に箕面市船場地区への誘致を強行しただろうか?

仮にこれらの候補地と誘致合戦を行い、敗れたとしても。
「まっ、ちょっと遠くなるけど、仕方ないか」
で終わっていたように思う。

今計画されている、吹田市岸部地区の悪口を言うのは本意ではないが、利用する立場として、あまりにも交通アクセス等の課題が多すぎるように思う。
私の次男が大阪学院高校に通っていたので何度となくこの付近は通行した経験があるが、緊急車両がスムーズに通行できるとは思えない。

予定地の近くでの騒音や振動が、病院に入院する患者さんや、研究機関としての作業によい影響が有るとも思えない。
この場所で、患者さんが窓から見る風景が気分を和ませるだろうか?
睡眠の妨げにさえなるようにも思ってしまう。
ここで入院をする姿を思い浮かべただけで嫌になる。

この移転先の決定が国民の側(利用者)にも立った検討がなされないことに憤りを感じる。

少なからず、公金が使われるのなら国民の利便性が第一だと思う我々と、国循は国循のものだと思っている、理事会との見解の相違だろうと思う。

あまりにも立ち位置が違いすぎるので、資料を読んでいるだけで腹が立ってくる。



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

箕面市の話 | 10:49:39 | Trackback(0) | Comments(0)
改善
総合健診無事終了。

詳しいデータは後日送付されるとのことだが、昨日の診断では、数値的には全体に改善したようだ。

このところのダイエットが功を奏したのか、体重も2Kg減った。
2年間で4Kgの減量に成功(途中の増減はかなりあるが)した。

BMIの値もついに危険値(大袈裟やなぁ)から脱出して24.7になった。
2年後には、体重4キロ減、BMIも23後半位になってくれれば良いのだが。

夕食時に嫁との会話。
「どやったん?」
「ほとんどの、数値が改善されてるねんて」

「胃のレントゲン写真撮ったん?。あのセシュウム飲んで」
「お前、それ他所で言うなよ。恥ずかしい。あほちゃぅか」
「ちゃぅわ、あの白いドロっとしたやつ」
「アルミニウムか?」
「ちゃぅわ、馬鹿にして!」(解っとんのかいな?)

「胃も大丈夫やったん?。肺とか心臓は?」
「大丈夫や言うてるやろ。人の事より、お前が検査受けて来い!」
「私は、大丈夫やて」
「お前みたいなんを、過信て言うねん。ホンマに検査が必要な人に限って検査受けへんから、手遅れになるねん」
「はい、はい」

えらそうに言ってる私も、神代議員に進められて医療保健センターで受診するようになった。

それまでは、誕生日月検診が始まった頃から、近くのかかりつけ医さんで検診を受けていた。
それと年3回程度の血液検査もしてもらっている。
このお医者さんは、私の体の変化というのを把握してくれてはいるが、私自身が経年変化を把握するのが難しかった。

彼が教えてくれたように、自分自身の経年変化を知ることは大切だと思う。
そして、健康指導や食事指導も非常に大切だ。
それを守ることで結果が付いてきたら、自分の目標にもなる。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 06:54:42 | Trackback(0) | Comments(0)
空腹
今日は、総合健診の受信日。

昨日から、家中大騒ぎ。
夕食で、いつも通りビールを飲むのか、否かで大揉め。

用紙の注意事項には、「夕食は、午後10時までに軽くすませてください。その後食べ物は一切とらないでください。水分(水・お茶)は摂取していただいて結構です」と書いてある。

「アルコールについては特に何も書かれてないから、飲んでも良いんだ」と主張する私。

「そんなん常識やから、書いて無いねん」という嫁。
「あたりまえやんか」と味方する孫。
ここで何か言って、じじがブチ切れたら怖いと思ったのか、何も言わないもう一人の孫。

結局、勝手に(いつものことです)冷蔵庫を開けて缶ビールを開けて飲みかけた。
「知らんわ、悪い結果が出ても」
「ええねん。検査の為に節制する方がおかしい。いつも通りで検査してもらう方が好ぇ」
屁理屈を言う私。

それならと、9時過ぎに果物を持ってくる嫁。
誘惑に負けて、それも食べる私。

今朝もいつも通り目が覚めた。
朝食前に、田んぼの見回り。
朝食は食べれないので、新聞だけを読んで、テレビを見て、ブログの書き込みをして。
これから、桜井駅前での「朝立ち」に参加してきます。

腹減ったなぁぁ。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 06:23:41 | Trackback(0) | Comments(0)
事件
宝塚市で、市庁舎に火炎瓶が投げ込まれた。
たまたまテレビ局のカメラクルーが居合わせたとかで、生々しい映像が放送されていた。

焼けてしまった建物の被害はすごかったけれど、甚大な人的被害が無くて良かった(けがをされた方には、お見舞い申し上げます)としか、言いようが無い。

建物等の損害額だけで、1億4700万円だとか。
それ以外にも、様々な損出が出ることだろう。
映像で見た限りでは、あれだけの書類等が消失してしまっているのだから、電子データーとして、殆どはバックアップされているだろうけれど、失われたデーターも結構あるのではないか。
一番迷惑をこうむるのは、市民だと思う。

今回は宝塚市で起こってしまったが、同様の事が、何時箕面市でも起こるかも判らない。
以前の委員会で取り上げたが「防火体制の整備」が急がれると思う。

時代劇のように、「へへぇー、お役人様」と言われているような公務員像では、勿論いけない。
だからと言って、「お前ら、公僕やねんから」と見下したような態度での物言いも、いけないと思う。

市職員はすべての市民の為に仕事をしているのだ。
自分だけの為に仕事をしているんだと勘違いをしている人たちがどれだけ多いか。

「私が困ってるんだから、何とかしてよ!」
「幾ら言われても、あなただけの為にそれはちょっと・・・・」って言いたいんだろうなぁと思う。

市庁舎内で大声を張り上げている市民を時折見かける。
「また、あの人か」と思えることもしばしばだ。

勿論、行政側にも責任が無いとは言い切れない。
近頃はましになったが、窓口のたらいまわしや、不親切な対応。

「市民の方が迷っておられるようでしたら、こちらから一声かけましょう」
毎日決まった時間に庁内でアナウンスされるが、声をかけている親切な職員さんを見たことが無い。
挨拶をしても無視をする職員さんも居る。

「私ら、市民の方にお叱りをいただいて、ナンボ。みたいなもんですわ」
ある部局の責任者の方が、嘆いていた。

その方と打ち合わせが有り10時頃に職場に行った。
電話中だったので、出直した。
2時間後、まだ電話をしていた。
午後1時40分過ぎに、やっと電話が終わったらしい。

勿論、苦情の電話。
その時は、直接行政に関することではなかったようだ。

窓口でも、電話でも、このような事が日常茶飯事のように起こっている。
少しでも気に食わないことが有ると、食って掛かる。
机をたたく。

困ったもんだ。
このような苦情処理にかかっている人件費を合わせたら、かなりの量になる。

職員は、少々のことは我慢をするから「抵抗しないと思うから余計に声高になる」
勿論、幾ら言われたって「ダメなものは、ダメ」としか言えないので、同じ遣り取りの繰り返し。
益々激昂して、今度の事件が起こったのだろうと推察する。

一度、このような事が起こるとかなりの被害を被るのだから、事前に対策を取っておく必要もあるだろう。
やはり、警察との連携が大切になってくるのか?





テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 05:57:32 | Trackback(0) | Comments(0)
加齢
今回もサマージャンボを買った。

連番で3セットとロト7が3枚で、合計9900円。
前回買ったグリーンジャンボの当選金が900円(スカ・ハズレです)だったから、9000円の支払いと相成りました。

もう何年前からになるのだろうか?
宝くじを買うようになったのは。

何時も買うのは、高額な当選金の商品だけ。
勿論、高額な賞金は当たったことは無い。

今回も、発売日に買いました。
抽選日までの1か月余りが、楽しい。

当たったら、何を買おうか?
あれこれ使い道を考える。

クルマが欲しいな。
思いっきりスピードの出るやつ。
ベンツかジャガーのスポーツカーが好いな。
と思っていた。

歳を重ねると、スピードに体が附いて行かない。
それにスピード違反で検挙されたら大変だ。
免許取り消しにでもなったら元も子もない。

毎日、高価な物が食べたいな。
思いっきり高いステーキ、トロや、ウニ等の寿司。
高級料亭での料理。

歳を重ねると、脂っこいものが食べれなくなってきた。
以前なら、旅行先でも旅館の料理が楽しみだった。
近頃は、パンフの夕食の写真を見ただけでも心配になってくる。
「これだけ食べれるやろうか?また、次の日苦しくなるノンちゃうかぁ?」
情けない。

住む家もある。
わざわざ今居る犬を処分してまで、「ブルドック」を飼うというのも一寸気が咎めるし。
「毎日遊んで暮らせる」と言われても、忙しいから楽しい私にとって仕事を辞めるのはもっといやだし。

昔のように「夢が楽しい」だけでは済まなくなってしまった事が、悲しい。


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 07:08:00 | Trackback(0) | Comments(0)
夜の滝道
7月13日、夕方から箕面の川床で「有志の会が開催されるので、来ないか?」との誘いを受けていた。

「わしでも、ホンマにかまいませんのか?」
しつこいくらいに確認を取って。
「かめへんがな、来たら好ぇがな。どっちみち皆知り合いやろ。これだけ龍安寺さんの手伝いしてくれてるんやから、来たら好ぇ」
「そうでっか、それやったら参加させてください」

6時から始まって、参加をしなくてはいけない別の集会が始まるまでの1時間45分ほど楽しませていただきました。

私が住む地区とは違う地区の飲み会でしたが、殆どの参加者が消防団の先輩後輩の間柄。
すぐに打ち解けて、いつものペース。
酔ってしまえば怖いものなし。

「おい中井」
「じゃかましい、えらそうに言うな。ちょっとハゲてる思て!」
「なにこら、誰に言うてるねん。俺はお前の先輩やど。判ってるんか?」
「それがどないしたんじゃ。このハゲ」
「あかんわ、中井はもう言う事聞きよらん。誰やこいつ酔わしたんわ?」

皆で大笑いの、大騒ぎ。

楽しい時間を過ごしての帰り道、綺麗にライティングされた景色に、ついうっとり。
あいにく、カメラを持ってこなかったので、スマホで写真を撮って転送。
川床
これは、私達が宴会をしていた川床とは別の店です。



清流
昨日は、4時ころから夕立が有ったおかげで、石や木々も濡れていて本当にきれいでした。


カジカ荘
イタリアレストランに様変わりした旧の河鹿荘。
モミジの木がライティングされてとてもきれいな色です。

スマホの写真でも、結構きれいに撮れるんだなぁ。

皆さんも、夕涼みがてら夜の滝道の散歩も楽しいですよ。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 10:20:50 | Trackback(0) | Comments(0)
矯正
痛いところが有ると、やる気が起らない。

先日、街角で固まった姿勢で2時間ほど立っていた。
運悪く、立ち位置が少し傾斜が有ったらしく、左足に大きく重心がかかっていたようだ。
たったそれだけのことで、膝が痛くなってしまった。

その日、夜中に膝が疼いて、寝られない。
何時ものチクチクとする痛さではない。
足を無理やり引っ張られ、足がちぎれてしまうような痛さです。(かなり大袈裟ですが)

痛くて寝れないので、以前お医者さんにいただいた湿布薬を張り、膝用のサポーターを付けて寝た。
勿論熟睡はできない、時々目が覚める。
その日から続けて2日、いつもの整骨院で治療してもらったが、痛みが取れない。

悩んだ挙句、知り合いの紹介で整体師さんのところで治療を受けた。
「体が、変形してますね。2,3回の治療で完治しますよ」
電気を当て、体の歪みを矯正。

その日のうちに、驚くほど回復。
「ウソみたいに、治ったわ!ええとこ紹介してくれて、ありがとう」
その日は、痛みも忘れて、爆睡。

「1日でこれだけ回復するのなら、ついでに頭が痛いのも直してもらおう」
次の日も、朝1番から出かけた。
「あぁ、そうですか、回復しましたか。そりゃぁ良かった。もうすぐ完治しますよ、後1,2回来てください」
「喜んで」

ところが、2度目の治療の後、腰が真っ直ぐ伸びなくなってしまった。
急に立ち上がれない。
体が右に傾いた気がする。
階段が上がれない。
真っ直ぐ座れない。
また膝も痛くなってきた。

仕方なく、夕方に再受診の申し込み。
「おかしいなぁ。痛いですか?」
その日は、寝ると膝と腰が痛い。

やむなく、元の治療院へ
「先生、ごめんなさい。浮気してん。あんまり痛かったから、人に紹介してもろぅて、整体師さんに治療してももろたんや。最初は良かってんけどなぁ。2回目で腰が痛ぅなってしもうてん。腰が真っ直ぐ伸びひんねん」
「あほやなぁ。60歳超えて無理な矯正したらあかんがな。それも、続けてしてもろたん?あほやなぁ。若いないねんから、じっくり直し、もとに戻したろ」

もとに戻してもらった。

腰は治ったけれど、膝の痛みは完治してない。

おかげで、何をする気にもならない。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 15:05:00 | Trackback(0) | Comments(0)
税金
昨日の続きです。

税金は安くしろ。
社会保障の充実をしろ。
わが党が政権を担えば、もっと、あれもします、これもします。
と耳触りのいいことばかりを、正義の味方のように言っている某政党達。

「そんな金どこにあるねん。無責任なことを言うな!」
聴いていて、腹が立ってくる。
「お金は無尽蔵に湧いてくるように思っているのか!」

いつも言ってるように、我々の仕事は、皆様からお預かりしたお金をどのように配分するのかだ。
きまった予算の中では、どこかの事業が増えれば、その分、他の行事を削らねばならない。

福祉も大切でしょう。
子育ても大切だし、教育や安全、そして道路の補修や整備などの社会インフラの充実も大切だ。
どれもこれも大切なものばかり。
そして、その事業の恩恵にあずからない人にとっては無駄使いだと思えるようなものも沢山あるだろう。

議会が承認して行う事業を、有権者の皆様に説明し納得してもらうのが我々の仕事である。
皆様に納得してもらうには、やはり正確な情報というのは欠かせないと思う。

もう一つ、事業を進めていくうえで大切なことは、いかに効率よく使うかだ。
工夫をして、同じ予算でどれだけ効率の良く事業を進めるか、である。

「税金はどこへ行った」を見ても直接的には事業の効率性は判らないかもしれないが、
「この事業にこれだけの金がかかっているのかぁ」
と思っていただけるだけでも、無駄な部分が見えてくると思う。
逆に「よーぉがんばってるねんあぁ」と思ってもらえるような事業もあると思う。

自分たちの収めた税金がどのように使われているかを、もっと興味を持って見てほしい。

「自分なら、もっとこっちにお金を使うな」
そんな意識で、今度の参議院選挙の候補者の訴えを聴いてほしい。




テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 07:27:49 | Trackback(0) | Comments(0)
提案
議員研修誌「地方議会人」を読んでいた。
この冊子は「全国市議会議長会」が編集している。
議員として、知っておくべき事柄が載っている冊子です。

今年の2月号を読んでいた。
この月の特集が「議会の広報と広聴のあり方」

その特集記事の中に榎並利博氏の「これからが本番、ITを活用した議会広報」という記事があった。
その記事の中に、大変面白い部分が有ったので、発行元の中央文化社に断りを入れたうえで紹介したい。

「電子行政オープンデータ」を活用して、行政と住民による情報の共有とサービスの構築を図ろうという動きが紹介されている。
その一つとして、イギリスの市民団体が「税金はどこへ行った?」というサイトを立ち上げたらしい。
このサイトは、自分の年収を入れると、市税額が表示され。
例えば、福祉であるとか、教育とか消防とかに、毎日いくらの税金が使われているのかが、表示される仕組みだ。

この冊子には、横浜市税のサイトが載せてある。
年収700万円で。
あなたの横浜市税(年間)38万400円

あなたの市税は、1日当たり、どこで、いくら使われているか?
健康福祉     671円87銭
子育て・教育    99円58銭  内訳として子育て74円90銭 教育24円69銭
経済・観光     82円08銭
街づくり      89円48銭
 ・
 ・
 ・
消防         3円33銭

といった具合に出てくるようです。(実際このサイトにアクセスしました)

これは非常に面白い。
税金をいくら納めているのか、きっちり把握している人は少ないのではないか。
まして、自分が納めた税金がどのように使われているのかきっちり把握している人はもっと少ないと思う。

国民の義務として税金を納めるのなら、税金の使い道を知る権利がある。(まったく、おっしゃる通り)

箕面市でも、予算使い道は細かく広報されているが、自分が収めた税金の使い道は示されていない。
箕面市のホームページで、このサイトをを立ち上げるべきだと思う。

この様なサイトは、市民団体が立ち上げるのではなく、行政自ら立ち上げれば、より信憑性の高いものに(別に「市民団体だからええ加減なもんや」と言ってるのではありませんので、誤解のないようにお願いします)なると思えるのですが。
     

テーマ:いいもの見つけた - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 10:47:54 | Trackback(0) | Comments(0)
元気
今年も、真夏がやってきた。

家に帰れば、嫁や、娘、孫たちの
「暑い。暑い」
の大合唱。

梅雨明けを知らせる「セミ」より。
うるさい。
暑苦しい。

「あんた、暑いやろ。どこ行ってたん。大丈夫かぁ?。ちゃぁんと水分採ってるか?ホンマに暑いなぁ」
「じゃかましい」と言えば余計に暑くなるので、相手をせずに退散する。

私は、市役所の机の前でパソコンや、読書に熱中。
涼しいところで暮らしている。
おかげで積んであった書類等をかなり読むことができた。

日中は農作業をする気も起らない。
早朝と夕方に出かけるのだが、それでも日に焼けてしまった。

まだ、クーラーも点けずに寝れている。
夜中に「暑いぃぃ」と言って起き出し、良く冷えたビールを飲むこともない。
一昨年買った「クールジェルマット」と同マクラで快適に過ごしている。
今年は、マットレスの中を空気が通る「クールマット」とかいうのを買ったが、まだ開封すらしていない。

「これやったら、死んだほうがまっしやなぁ」
の口癖もまだ一度も口にしてない。
嫁も、不思議がっている。

これも、ダイエットで体重が落ちてくれたおかげか?

何はともあれ、我が家で、私が一人元気です。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 14:20:31 | Trackback(0) | Comments(0)
ネギ
先週の土曜日。

天気予報の時間に、天気図を見て勝手に「梅雨が明けたな」と思った。
干しネギを作るために、朝早くから畑でネギをひいた。

もう何年前になるのだろうか?
兄が作ったという、ネギを貰った。

普通の青ネギに比べ、極端に茎が太く長い。
かといって、長ネギ(白ネギ?)のように茎だけを食べるのではなく(葉の部分は短く切って売られてます)、葉も勿論食べれるし、茎の部分もけた違いに甘い。

貰った時は、鍋料理と茎は炒めて食べたが、その味に感動した。
次の年からは、見よう見まねで作っている。

何時もは、実家の高橋園芸で干しネギを買ってくる。
それを8月下旬位に1条植えで植え付けて、3,4度土寄せをします。
霜が降りる頃からが食べごろになるので、収穫となるのだが、なかなか兄のように茎が長くなってくれない。
でも、味は遜色ないと思う。

干しネギの入荷状況によって、我が家の作付が代わってしまう。
なんとか自分で干しネギが出来ないものだろうか?
試行錯誤を繰り返していたのだが、なかなかうまくいかなかった。

今年の3月(?)、たまたまコーナンに買い物に行ったとき、閑散とした園芸コーナーでネギ苗を見つけた。
珍しく(失礼)品物が好かったので(その日の朝に入荷したとか)まとめ買いをして、次の日のうちに植え付けた。

その後の生育も順調で、今回の収穫となりました。
野菜作りの参考書によると、畑で10日ほど天日干しの後、風通しの良い場所に吊るすのだとか。
そのつもりだったのだが、あいにくの夕立。

急いで取り込み、家の一角で干してます。
干しネギ

この写真で写っている分は全体の4分の1程度かな?

嫁に、
「これだけのネギをどないするん?。私手伝わんからな!」
指摘されなくても、大変なことは十分自覚している。

「やかましい、一遍でも手伝ぅてから、えらそうに言え。この、あ・。ぼ・。か・。」

夫婦間の新たな火種になりそうだ。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 06:24:29 | Trackback(0) | Comments(0)
年齢
今朝、牧落駅で「朝立ち」をやってきました。

「おはようございます」と言いながら、自民党のビラを配る活動です。

始まった時は、私とU議員さんのコンビ。

U議員さんが、ビラを配りながら
「うちの市長を見ていて、つくづく思うわ。やっぱり政治家は若いないといかんわ。行動力がまるで違うわ。ホンマにびっくりするなぁ」
「ホンマに、そうでんなぁ」

途中から、私とH議員さんのコンビに変わった。

H議員さんは、全国でも最年少の市議会議員さん(今もそうだと思う?)。
私よりも背が高く、かっこいい。
ビラを受け取ってくれる方の数が違う。
「がんばってね」と相手から声をかけてもらっている。

ビラを配りながら考えた。
「彼は26歳。やっぱり、これからは、わしらやなしに若い人に頑張ってもらわんとあかんのんやろうか?」

「やっぱり若い人は、元気がええわ。若い人やないとあかんな。行動力が全然違う」
「これからの世を背負っていく若い人たちに任さんとあかんな」

あまりに、周りの人たちの「若けりゃぁ好い」みたいな発言を聞いていて
「そーかぇ?」
天邪鬼な私は素直に頷けなくなってしまった。

そりゃぁ、若くてもしっかりした信念を持って活動している人もいるが.
「しかし、配慮に欠けるなぁ」と思うことも、しばしばある。
特に自分が、60歳を過ぎてから余計にそう思う。

この齢になると、自分が若いときには気が付かなかったことが、段々と見えてくる。
自分の立場、目線だけでしか物事を見てなかったことに気付かされる。

齢をとって、相手の立場や目線に立って物事を考えることができるようになってきたような気がする。
しかし、私の行動や発言をみて、「まだまだ配慮に欠けるなぁ」と思っていらっしゃる年配の方もきっと大勢いらっしゃるだろうと思う。
70歳や80歳、90歳にならないと解らないことも、きっと沢山有るのだろうと思う。

だから、政治家が若い人たちばかりではだめだと思う。
特に、若いときに思いっきり苦労してきた政治家が必要ではないか。
様々な、経験をしてきた政治家が必要だと思う。
特に参議院がそうだと思う。




テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

私の基本思考 | 11:21:09 | Trackback(0) | Comments(0)
護摩
今日、7月7日は瀧安寺の大護摩法要の日です。
CIMG0146_20130707060855.jpg

何時も、この護摩法要に使われる檜葉切りに参加させていただいているのですが、今回はこの護摩壇(正式には何という名前でしょうか?)作りにも参加してほしいと依頼が有ったので、参加してきました。

貴重な体験ですので、写真を交えて解説させていただきます。

先ず、段木(骨組みです)の一番下に火元になる部分を組みます。
口火

松脂を含んだ松の幹を割ったものを並べ、その中にスギの枯れ枝、そしてスギの板を丁寧に井型に組んでいきます。
このスギの枯れ葉が着火剤です。

そして、火元を守るようにスギの丸太を乗せ。
周りを松の割木で囲います
炉

これで炉(これも正確な名称ではありません)が完成です。

この炉を壊さないように、周りから檜葉の枝を差し込んでいきます。
桧葉刺し

この作業が難しいらしい。
なんでも、綺麗に煙が上がり、なおかつ最後までこの檜葉が残っている必要が有るのだとか。
上からもうもうと煙が出て、やがて周りからも煙が出てくるようにするのだそうです。
周りから火が出たり、途中が崩れて中の火が見えると大失敗だとか。
丁寧に、しかも思いっきりきつく枝を差し込んでいきます。
そして中心部で炎が上がるように、中心部を空洞にするのがコツだそうです。

頂点
ほぼ頂点まで達しました。

後は、中の段木が見えないように、細かな修正をして出来上がりです。
仕上げ

雨に備えテントを被せて完成です。
完成

皆様の願いが天まで届きますように!
今日の大護摩法要が上手くいきますよう、願いながら作業を終えました。
合掌。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:50:40 | Trackback(0) | Comments(0)
知事
大阪府の松井知事は、日本維新の会の幹事長として大忙しだとか。
参議院選挙期間中に登庁するのが僅かな日数でしかないと、先日の新聞に書かれていた。

箕面市の倉田市長。
2人目の子供が出来たとき、育児休暇の宣言をして仕事を休んだとして、話題になった。
実際のところはほとんど休んでなかったように思うのだが、それでも市の仕事が停滞すると言われたと記憶している。

大阪府知事の仕事はどのようになっているのだろうか?
というよりも、大阪府に知事は必要なのかとさえ思ってしまう。

知事の仕事ってなんだろうか?。
前例に従って、機械的に税金を徴収し。
前例に従って、機械的に事業を行うのなら。
私が求めるような知事は必要ない。

府民が何を求め、どのようにすれば府民が喜ぶのかを考慮した予算編成と、事業の選択をしてくれる知事になってくれるだろうと思ったから、私は、松井知事に一票を投じたのだ。

大阪府の発展施策や財政再建はどうなってしまったのだろうか?
大阪府の事より、日本維新の会の発展を願って行動する松井知事に一票を投じたのではない。

橋下市長、松井知事が誕生すれば、大阪府と大阪市の二重行政の無駄が解消され。
その必要なくなった部分を成長戦略事業に投資していきます。
その構想に賛成すればこそ、松井知事の誕生を心から喜んだのじゃないか。

水道の府下統合計画は、言いだしっぺの橋下市長が率いる大阪市の不参加に終わってしまった。
2つ(大阪府は2つだが、神戸も入れれば3つかも?)の空港を一つの会社にして運営していく案も、まだ道半ばではないのか?
これからが、本当に知恵の出しどころだと思うのだが、このような事にも、トップの判断が必要無いのだろうか?

大阪府の発展の為に、知事になってくれたのなら。
大阪府の為に働いてほしいと思う。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

私の政治理念 | 07:15:05 | Trackback(0) | Comments(0)
似たもん同志
今週の月曜日、孫が通う小学校では振替休日だったようだ。

次の日が孫の誕生日。
「なんか、誕生日プレゼント買ぅたる。何が欲しい?」
「グローブ」
「グローブ??。お前持っとるやないか」
「違うねん。あのなぁ、あのぉぉ」
「はっきりせい!」

傍から嫁が
「あんた、そないにえらそうに聞いたるから、ちゃーんと答えられへんねん。買ぅたろ思てんやろ」
「勿論やがな。こいつにやったら何でも買ぅたろ思てる」

「・・君、何が欲しいの?」
「バット握るときのグローブが欲しぃねん」
「また、しょぅもない物欲しいねんなぁ」
「あんた!」
また怒られた。

ヴィソラに出かけ、グローブを孫に選ばせた。
その後は、せっかくだからという事で、皆で昼食を食べることに。

「何が好ぇねん?」
「僕ラーメン」
「また、ラーメンかいな!。ラーメンばっかりや!・・は!!」
「・・君、今日はジジがお金出したるって言うてるんやから。もっと高いもん食べようよ」
「やかましい!」

「僕、ラーメンが好ぇねん」
「お前、ほんまにラーメンで好ぇのんか?」
「うん」
「私もっと違うもん食べたいわ」
「私も!」

結局、2:2に分かれることに。
彼と私が、ラーメン屋に行った。
彼とヴィソラで何か食べると言えば、ラーメン。
私も、他の店は殆ど知らないがこの店だけは知っている。

大体何時もの席に座って。
彼が注文するのが醤油ラーメン(かな?)
「お前、またそれか?。それで好ぇのん?」
「うん」
「代わり映えせん、やっちゃぁなぁ」
「じじは?」
「サラダ麺にしょうかな」
ラーメン

一寸食べかけたら、孫に言われた。
「また、それやの。代わり映えのせんやっちゃなぁ」
「じゃかましい」

よぉぉ似た二人ですわ。
笑・笑

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

今日の1枚 | 06:48:10 | Trackback(0) | Comments(0)
応援
今日から、参議院議員選挙が始まります。

今回から選挙期間中もブログ等で特定の候補者に対する選挙活動(応援)も認められるようになったので、頑張って書き込みたいと思います。

今回、取り上げたいのが全国比例区に立候補する佐藤まさひささんです。

現職の参議院議員で今度で2期目の選挙になります。

名前を聞いてもピンとこない方が多いと思いますが、平成16年に先遣隊隊長としてイラクに行った「ヒゲの隊長」さんです。

この方とは、いろいろな会合で5,6回お会いしています。
講演会にも2度参加させていただきました。

話が面白く、よく解る。
主張が、ぶれない。

勇ましいだけの主戦論者ではありません。
数々の、修羅場を経験しているであろうから、戦う怖さも、負けたとき(戦わずして)の怖さも判ってくれていると思います。

やらなければならなくなった時には、躊躇なくやってくれると思います。
私は、これが大切だと思っています。

消防団の時でもそうでした。
日頃は立派なことを言っていても、目の前で燃え盛る炎や焼け死んだ人を見たら、凍りついたりパニックを起こしてしまう人がいらっしゃいます。
このような人は、日ごろからの訓練を真剣にして自分を鍛錬していないから起こってしまう所作だと思う。

私は、参議院議員の中にも、腹の座った人が絶対必要だと思い佐藤まさひささんを推薦したいと思います。

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

私の政治理念 | 07:23:17 | Trackback(0) | Comments(0)
議会報告
6月議会も終了して。
ひたすら「中井博幸の6月議会報告」作りを頑張っていました。

今回の特集は「桜井駅前再整備計画」
そして裏面は、6月議会の一般質問です。

表面は桜井駅前の再整備計画。
議会報告とは、少し違うかもしれませんが常任委員会で取り上げられていたので・・・。

この地区の再整備の計画は、出来ては、潰れ。
新たな計画が持ち上がっては、潰れ。
また新たな計画が出来ては、潰れ。
の連続だった。

機が熟したのか。
所有者が代わったことで多くの店が店が撤退してしまい、半ば閉鎖状態になってしまっていた「旧桜井スーパー」の一部を市の土地公社が買い取り駐車場機能も持たせた暫定ロータリーにした。
続けて暫定ロータリーに隣接した東側の土地も購入した。

そして、長らく話がまとまらなかった整備計画地内の地権者も、区画整理を行うことで、土地を正形化して、活用しよういうことで話が、まとまったと聞いている。

そして土地開発公社が所有する土地も巻き込む形で計画された、個人施工の区画整理事業に対する、これまでの経過を説明する会が2度、3度と開かれた。
参加させていただき、説明会での議論を聞いていて、私には少し違和感が有った。

発言される人の中には、反対のための反対としか取れないような発言や、過去からの人間関係からの遺恨なのか?としか思えないような発言が目立ったように思う。

聴いていて、嫌になってきた。
「桜井駅周辺の人たちや、この駅を利用している人たちのことはどこに行ってしまったんだ」
という怒りが湧いてきた。

特に、少し前の某政党のビラには、見当違いだと思えるような取り上げ方がされている。
こんなビラがまかれ、市民が誤認をしてしまえば、せっかく桜井を利用している人たちが待ち望んでいる綺麗な駅周辺のまちづくりが遠のいてしまう。

ですから、事実に基づいてというか、事実のみを議会報告という形で発行します。

裏面の6月議会の一般質問は「情報公開制度と住民訴訟制度の課題について」です。

これらの制度は、市民の知る権利を保障し、市民参加による行政の仕事ぶりのチェック(暴走や怠慢)に欠かせない制度ですが。
いま、どちらの制度とも課題に直面しています。

「権利の濫用」という問題です。

「知る権利が有るんだ」
「行政を訴える権利が有るんだ」
と権利を振りかざしている人達(極々一部ですが)の存在です。

特に、情報公開制度については、かなり問題があるように思う。
純粋に「知ること」を目的にこの制度を使うのならまだしも
「誰それが嫌いだから」
とか
「窓口の対応が気に入らないから」
との理由で大量の情報公開を求める。

全ての資料をそろえても、取りにも来ない。
出された資料を改ざんして使う。
といった、悪質な例もあるのだそうです。

それと情報公開に関しては、一部の企業活動も問題になっています。
業種によっては、お金をかけて世間でのリサーチ活動をしなくても、自分の求める情報を情報公開という形で請求すれば正確で、漏れのない情報が手に入ることになります。

現状ではこれらの権利濫用者に対して、有効な解決策が有りません。

住民訴訟は、もっとナイーブな問題になってきます。

行政がしたこと、首長や、議員そして第3者の行為が行政に損害を与えたと思った時には。
先ず、市の監査委員に監査を求め、その報告が気に入らないときに、損害額の賠償を求めるのか否かという判断を裁判所に求めるのですが。
この事案を住民訴訟にまで持っていくのかどうか、という判断が問題ではないかと思っています。

このハードルを上げてしまえば、チェック機能が失われかねないし。
かといって、ハードルが低いと情報公開制度のように権利乱用者による弊害が出かねません。

一度提訴されてしまえば、裁判を維持するために多額の弁護士費用などの裁判費用が掛かってしまいます。
「市に対して、損害賠償させる」という公益活動のはずが、逆に多くの公金を無駄に(失礼)支出させる結果になってしまうのです。

住民訴訟を、個人判断ではなく。
もっと多くの世論を巻き込み
「これなら提訴するだけの価値が有る(費用対効果からの判断も必要ではないか)」
と確信した事案に絞る事が大切ではないのか、と思っています。

今回も、一寸マニアックな内容になってしまいました。

追記で議会報告を載せようと思いましたが、画像を取り込んでいましたので、容量が8000Kbを超えていてアップできませんでした。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

箕面市政を考える | 08:55:14 | Trackback(0) | Comments(0)
崇り
「く、苦しい」
昨夜、何度も目が覚めた。

うとうとしては、イヤーな夢ばかり。
とにかく、苦しむ夢ばかり。

また、うとうととする。
「く、苦しい」
まだ、丑三つ時
どうにも寝られない。

夕食前にドリンク剤を飲んだからか?
いや違う。

あと、思い当たるのは、
一昨日マムシを3匹殺した。
今日(正確的には昨日)も1匹殺した。

崇りか?
た、た、り、じゃぁぁ。
あぁぁ、怖。

そういえば、今日のマムシはかわいそうやったなぁ。
後ろからバッサリ切ってしまった。
崇りじゃぁ。

また、うとうと、する。
やっぱり寝付けない。
寝るのをあきらめて、ジーと考えてみた。

「何処が苦しいの?」
「お腹」
「何で?」
「パンツとパジャマのゴムがキツイ。ついでに腹巻も」
「脱いだら?」
「そやなぁ、脱いだらええねんがな」

まさか脱ぐわけにもいかず、ずらせてみた。
いっぺんで楽になった。

あっ、これが原因やったんや。
無理にLLサイズから、Lサイズにしたのが間違いだったのか?

ゴソゴソ起き出して、何時もの下着とパジャマに着替えた。
おかげで、朝までぐっすり寝ることが出来ました。

パンツのゴムの崇りやったんか?

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 08:55:40 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ