FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
工事
11月29日は、平成25年第3回本会議第1日でした。

今回は、議場が工事中のため委員会室で開催されています。
元々、議場の天井部分にアスベストを含む建材が使われて有ったとかで、9月議会終了後、12月議会開始の間に取り除く工事が予定されていました。

この天井、表面にこの建材が使われていることは判っていたようだが、天井が高すぎて、天井自体の構造が判らなかったらしい。
今回、足場を組んで天井の状態を見て驚いたんだとか。

写真を見せていただいたが、建物の躯体から鉄筋で吊るされている。
その鉄筋も2本ならまだしも、3本の短い鉄筋を溶接して高さを調節して、H鋼らしい物にまた溶接してある。
そのH鋼を主骨にしておそらくは鉄筋で骨組みし、5cm位の厚さにモルタルを塗りつけ、整形したという代物らしい。
ですから、かなりの重量の吊天井を、継ぎ足しだらけの鉄筋でもたせていたのだとか。

知らない間は、平気でこの天井の下で会議をしていたが。
この写真を見てからは、怖くて会議どころではない。
まして、躯体の防水層が劣化しているとかで、議場が雨漏りをしている。

アスベスト(を含む建材)の除去作業の為に足場を組んだので、この機会に吊天井を撤去する計画が急遽出てきた。

作業足場を組むのが大変らしく。
組んだ足場を一度片付け。
議会が開催されるような状態に戻し、再度足場を組むだけで数百万円の費用が掛かるらしい。

「そんな勿体ないことできるか!」
議会が全会一致で12月議会は場所を変えて開催することに同意したので、今回の委員会室での開催と相成った次第です。

今回は、本当に手作り感一杯の本会議です。

委員会室は「狭い」「平坦な造り」になっているので、何かと大変。
議長席も同じ高さなので、議長の威厳は感じられない。
後ろの議員席からは、議長の顔も理事者側に座っている職員はもちろん、市長の顔すら見えない。

発言席も、議員席と理事者席の両方から見える様に真ん中に作られたが、正面に向かって喋ろうとすれば柱に向かって喋る恰好になってしまう。

議員の名前も紙に書かれたプレート。
出席議員数の表示も、「23」と紙に書いたものを壁に貼り付けてある。
国旗、市旗は議場の物を取り外し、議員席の後ろの壁に針金で仮止め。
開始のブザーは録音したものを流しているのだとか。

問題は傍聴席だ。
理事者席や議員席のすぐ横に有るので、9月議会の時のように大声で騒ぎ立てるような集団が来れば不測の事態が起こりかねない危険な状態だ。
12月議会に、無所属の某議員の支援者らしき集団が傍聴に来ないように祈るだけだ。(勿論、静かに傍聴していただけるのなら、歓迎します)

おかげで、ある意味新鮮な気持ちで出席させていただいた。






スポンサーサイト



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

議会日記 | 13:48:29 | Trackback(0) | Comments(0)
今年も農業祭に「大阪府立園芸高校同窓会箕面支部」の農産物販売ブースができる。

同会支部長から
「中井君、しっかり出荷してよ。君も忙しいだろうけどさ。頼むよ」
「はい、分かりました」
明るく応えてしまった。

なのに、昨日は近畿競艇主催地議会例会及び管外視察から帰ってきたら、もう日が沈んでしまって真っ暗。
明日は、農業祭。
本当にどうしよう?

仕方ないので、今朝「サトイモ」の袋詰めをしてきた。

その後、畑に行って
畑

大根を引いた
大根

続いて「カブ」も
カブ

今日夕方から、出荷準備をしなくては。

こんな忙しい時に限って、収穫しなければならない野菜がたくさん出来ている。

白菜
収穫

桜島大根
桜島大根

そしてネギ
太ネギ
(これらの写真は先日撮ったものです)

どれも発芽や、定植までは何とか手をかけることが出来たのだが。
ネギは、追肥と土寄せができないためにまともな物にならず。
大根も肥料切れ気味だ。

白菜や大根、桜島大根も薬剤散布の時期を逸したため、「ブッサイク」な姿になっているし。
ハボタンも支柱ができなかったので、倒れてしまったままだし。
藁はまだ外に出しっぱなし(もう雨に打たれて色が変わってしまった)。

黒豆に至っては、畑にすら行ってない。
もう、実がはじけて黒豆がこぼれてはいないか心配だ。

来年の植え付けに向けて、元肥やバーク(土壌改良材)も沢山買って倉庫に山積みになったままだ。
サツマイモ畑も収穫したまま「ほったらかし」

こうなればどこから手を付ければ好いものやら
あぁぁ、いらいらする。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 12:02:11 | Trackback(0) | Comments(0)
福岡
昨日は、幹事長会議の後、新幹線に飛び乗り「近畿競艇主催地協議会例会(管外視察)」に参加するため福岡に来ています。

この「近畿競艇主催地協議会」は近畿地方で競艇を開催している自治体の議会の集まりで、参加団体は5議会です。
大阪府が箕面市と大阪都市競艇組合(府下16市が参加して、組合の中に議会が有り正副議長がいらっしゃいます)。
兵庫県が尼崎市と伊丹市の2自治体、そして武生三国さん(私は、ここの構成が、はっきりと理解できていません)の5議会です。

昨日はボートレース福岡で同レース場の現況や課題等の説明を受けました。
此処は、繁華街の一角に位置するだけに収益性も非常に良く、今年度は11億円を一般会計等に繰り出し。
来年度は13億円を繰り出す予定だとか。

施設の改装も進み、明るいレース場といった雰囲気です。
あの手この手で、若いお客さんの集客に力を入れていらっしゃるとかで、その効果も徐々に表れてきているんだそうです。

昨日は、ボートレース福岡のレースは行われていませんでしたが、外向け発売所(他のレース場の舟券を発売する施設です)のペラボート福岡が隣接しているので、そこも見学してきました。
私が行ったときは、蒲郡と住之江の2場が発売されていました。

大きなスクリーンが完備された綺麗な施設です。

以前は、レース場単体での発売に限られていましたが、近年、大型施設のボートピア(舟券発売所)や、ミニボートピアと呼ばれる施設、そしてレース場に併設される外向け発売所などの発売が全体の発売量のかなりの部分を占めるようになってきています。

例えば昨日に全国で複数開催されているレース場のうち、どのレース場の舟券を発売するのかはそれぞれの発売所の判断になりますので、少しでも多くの発売所に発売してもらえるよう面白いレースを組むことに加え、この管外視察や様々な機会をとらえ、各販売所と良好な関係を築いていくことも非常に大切になってきます。

大阪府の組織、そして今回参加させていただいている近畿ブロックの組織、そして先日レポートさせていただいた全国組織。
それぞれの一員として、きっちり付き合いをさせていただき友好を深めていくことが、今の立場として非常に大切なことだと思っています。

また、それぞれのレース場が抱える課題と改善策をつぶさに教えていただくことで、経営改善に少しでも役立てばと思っています。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 05:42:54 | Trackback(0) | Comments(0)
戒め
この仕事をしていると時々不安になる。

「裸の王様」になっていないだろうか?
皆は、私の行動を戒めてくれるのだろうか?

私の意見に反対してくれる人がいるとホッとする。

反対意見をじっくりと聞いてみて
「うぅぅん、やっぱりこの人の意見は間違ってるよなぁ」
相手の意見と対比することで、改めて自分の意見に自分自身で納得できる。

私は、褒め言葉は嫌いだ。
褒められることに慣れていないからかもしれないが、褒め言葉は嫌いだ。
「歯が浮く」ような褒め言葉を連発するような人とは、できるだけ接触しないように心がけている。

褒め言葉は、何の足しにもならないと思う。
そこから得られるものなど、何もない。

罵倒は嫌だが。
叱咤激励は大好きだ。

62歳になったが、まだまだ努力をしたいと思う。
悪いところは改善したいと思う。

指摘や、反論も大好きだ。
自分では気付かなかったことに、気付かせてくれる。
思い込みや思慮の無さに気付く。

自分では、まだ戒めてくれる職員さんが沢山居ると思っている。

何とか、この良好な関係が持続出来るようにしなくてはいけない。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

私の基本思考 | 07:23:04 | Trackback(0) | Comments(0)
十人十色
このブログを読んでくださっている方にたまに会うことがある。

おっしゃられることは
「しかし、あんなこと書きますねぇ。奥さん怒りませんか?」
が、ほとんどを占めている。

「いやぁ。うちの嫁はブログはよぅ読まんから」
で済ませることが多い。

先日もある会で
「中井さん、よぅあんなん書きますねぇ。うちの嫁さんやったら、えらいことですわ」
「そーですか。うちの嫁さんは何も言いよらんけどなぁ」
「よろしいなぁ」

また別の人が、
「書いてあることは本当ですか?」
と聞く。
「ほとんど真実しか書きません」
きっぱりと言い切る。
「ホンマにぃ?」
まだ疑っていらっしゃる。

色々なタイプの奥さんがいらっしゃるようだ。
ご主人を台所に入らせない奥さん。
朝出かけるとき、必ず靴を磨いて、玄関の外まで出て見送る奥さん。
車でお迎えに行ったとき、必ず外まで出てこられて、我々にご挨拶をしてくださる奥さん。
靴下をはかせて、ネクタイまで締めてくれる奥さんも居るらしい。

「へぇぇ、そんなんしてもろて嬉しいでっか?」
負け惜しみではなく、本気で聞き返す。

「わしやったら、そんなんされたら、今日一日何か悪いことでも起こりそうで怖いわ」
「だいぶと性格歪んでるな」
「ほっといて!」

わしやったら、そんなことしてくれるより、放し飼いにして欲しい。

ネクタイも好きなん締める。
靴下も履きたい奴、履く。
嫁の目を盗んで、好きなもん料理する。
嫁にぶつぶつ聞きながら一緒にご飯を食べるより、新聞を見ながらひとりで食べる方が楽しい。

外でたまったストレス(これでも一応はストレスが有るつもりです)を家で発散するために。

「た・か・こ。どこにいてるんや!」
大声で呼んでも、平気な嫁。

「お前は。あほか!」
大声で罵倒しても平気な嫁。

ブログで「ぼろくそ」に書き込んでも平気な嫁が。

私にはありがたい。



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 11:43:03 | Trackback(0) | Comments(0)
休日(?)
11月23日、パソコンの前でごそごそしていたが膝もかなり回復したようなので、思い切って滝まで歩くことにした。

スケジュールを見ると
「もみじ祭り」
場所「瀧安寺前広場」
時間「10時」
と書き込まれてある。

「?・なんのこっちゃ?」
書き込んだ本人が判らない。
判らないが、一応は議員へのお知らせの書類が回ってきたんだろう。
という事は、公式行事かぁ?
という事は、行っとかんといかんかぁ?

まっ天気も好いこっちゃし。
他に用事もないし。
出かけるか。

朝8時、意を決して歩いて出発。
だらだらと歩いていくつもりが、えらいハイペース。
あっという間に箕面駅を通過して、滝道へ。
上野
綺麗に紅葉してます。

途中で写真を撮りながら滝まで歩きました。
紅葉
常緑樹のみどりと、黄色や真っ赤なモミジ。

そして紅や白のさざんかも見ることが出来て本当にきれいです。
さざんか


滝に到着
9時前だというのに本当にたくさんの人たちで混んでいました。
瀧
その人たちの間をすり抜け証拠写真を撮って、帰路に着く。

瀧安寺前広場では毛氈のひかれた席と紅白の幕が張られたテントが有る。
「まだ準備中やろうか?まっええか?」
厚かましくテントに首を突っ込み
「お茶飲めます?」
「あっ、中井さんどうぞ、どうぞ」
見ると箕面市茶華道連盟のそうそうたるメンバーが。

で、この日の1番目の客になりました。
野点

「あっ、これの事やったんか、モミジ祭りは」
判ったような、解らんような。
しかし、首をかしげながらも、なんとなく納得して。

帰り道は、かなりの混雑。
前に少し歩くのが遅いグループが居ても、追い越すのが大変。

箕面駅前に来たら、「滝の道ゆずる」君が観光客の方と記念写真。
(観光客の顔がきれいに映ってますので、掲載は止めました)

少し離れたところでは、市の職員さんがビラ配り。
ビラ配り

途中で、道の清掃活動をしてくれている職員さんともすれ違ったし。
皆さん、本当にご苦労様です。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 06:55:16 | Trackback(0) | Comments(0)
我儘
昨日は午前中に子供会が主催(?)する「ドッチボール大会」
そして夕方からは「箕面市ソフトボール協会の創立50周年記念式典・祝賀会」
に参加してきました。

ドッチボール大会を見に行ったときには、孫が出ているチームがすでに敗退していた。
「まっ、仕方ないか」
で、少しだけ観戦した。

ソフトボール協会の祝賀会。
アトラクションとして参加してくれていたのが、民舞の「胡蝶」さん。
日本各地の民謡を(で)踊っているグループです。
この催しの最後に「さぁ、皆さんご一緒に踊りましょう」というのが有った。

会場にいる人たちの中から指名された人が、舞台に上がり胡蝶の皆さんと踊るという「ヤツ」です。

私は、参加させられる催しが大嫌い。
舞台に立つのが大嫌い。
音楽に合わせて何かをする(歌・踊り等々)のがもっと嫌い。

指名が始まった。
「さぁ、舞台に上がってもらいましょう。まずは、やはり平野会長にお願いします」
「さぁ、続いては、内海議長さんお願いします」

「続いて、目の合った方を指名したいと思います」
「あっ、中井さん目が合いましたよね」

必死に目をそらす私。
「目が合いましたよね。さぁ、壇上へ」
今度は必死に手で「イヤイヤ」の合図を送る。

指名する側も、これ以上無理強いしては、と思ったのか何とか逃れた。

会長も、議長も壇上で踊っている。
それを見て、「すごいなぁ」と思う。
私には絶対まねのできない事だ。
人前で何かをするなんて。

引っ込み思案で、目立つのが大嫌いな私。
そんなことをするなんて考えられない。
嫌がる人を、無理やり壇上へ上げるその神経が判らない。

よし、これを明日のブログで書いてやろう。

今朝、布団の中で考えた。

そういえば、先日の地域運動会。
嫌がる同僚議員や、教育長に
「よし、皆。次の種目に出るぞ!」
勝手に宣言して、無理強いしてたっけ?

改めて「我儘」というか、「自分勝手」さに苦笑しています。

その他 | 07:23:39 | Trackback(0) | Comments(0)
安全
11月22日は午前10時から能勢町で3市2町の防災訓練が行われたので、参加(?)してきました。
能勢町にある「B&G海洋センター」という体育館で開催された机上訓練です。

私の役割等なく。
来賓の一人(その他大勢)として紹介されただけです。

何時ものように「北大阪区域で大規模な地震が発生した」との想定で、各自治体の防災訓練と各自治体の連携そして関係機関(警察・自衛隊・大阪府・気象庁等々)との机上連携訓練でした。
体育館を3市2町にブース分けして訓練が行われます。
全景
中央が箕面市。右側が池田市。そして左側が豊中市。中央下が能勢町。そしてその右側(殆ど写っていない)が豊能町です。

この訓練、初めて参加させていただいたのが5年前。
同じ体育館でした。

昨日も訓練中に市長と話す機会が有りました。
「いやー大きく変わりましたねぇ」
「でしょう」
「5年前に、この訓練を見せていただいて、本当にショックでしたもの。消防団で実際に訓練に参加していただけに余計にショックが大きかった、「なにしてるねん!」って感じでした。本当に変わりましたよね」
「でしょう。5年前を知ってくれている人たちはそう思ってくれるんでしょうね」

その時のことを「植木屋日記」に書き込んでいないか調べてみた。
残念ながら書き込んでいない。
書く気さえ起らなかったのかもしれない。

過去を振り返ってみると。
初めて防災訓練について書き込んだと思えるのが2009年2月17日付の書き込み。
これは、3市2町の訓練の反省を踏まえての箕面市独自の訓練だったと思う。
それからは毎年のようにこの訓練を取り上げている。
机上訓練あり、河川敷での洪水を想定した訓練や、箕面森町での結構大掛かりな訓練など様々だ。

今までは、お世辞にも「箕面市が一番頼れるなぁ」なんて思ったことが無い。
一番最初の訓練は、隣りの池田市さんは、大きな地図を広げて何かを書き込み、次々と関係部署に指示を出している。
豊中市さんも、それぞれの部局が災害個所の把握と、関係者との連携調整をしている。
箕面市は、何かしら紙に書き込み、それをどこに持っていくのか、何をしたいのかさえわからず、参加者がぼーっと座っているだけで訓練が終わったような印象だった。

今回は
会議

大きな地図を用意して(これは裏が磁石になっているので、本番の時には立てて壁に貼り付けるんだそうです)その前で全体会議。
誰が、医療チームなのか、学校関係・水道・道路・消防等々に属しているのか一目で判るようにカラーベストで
色分けをしています。

各部局で情報が共有できるように、4枚複写の紙を使って手間を省き(今まではコピー機を使ったり手書きで何枚も同じような内容を書き写したりした。)。
地図上に書き込まれた情報が何かが一目で判るように工夫をしたり
火災

情報の書き込み、削除が判りやすくなるように工夫したり
書き込み
(ホワイトボードペンで書き込みや消すことが楽に行われる)

市民からの通報に、わざと一つの部署では完結できない物を入れることで、連携を確認したりと工夫もされていた。

時間の関係で途中退席したが、3市2町では一番活発に機能していたように思う。
ほんとに5年前とは大違い。

午後2時30分から、第1中学校で行われた「スケアードストレート」の見学に行ってきました。
スケアードストリート
これはスタントマン(映画等で活躍する)集団が行う自転車安全教室です。

まぁー、プロ集団だけあって生徒の心をつかむのがうまい。

生徒が一堂に集まってしまえば「ボソボソ」話し声が。
校長先生の話中にも「ヒソヒソ」「ヘラヘラ」

本番が始まっても「ヘラヘラ」状態が。
いきなり、時速40kmで走る車に当てられた自転車に乗った親子連れという設定で、事故が再現された。
事故
当たった瞬間で自転車の後ろに乗せられたダミー人形が飛ばされかけているのが判るでしょうか?

自転車も数メートル飛ばされ、くちゃくちゃに。
子供のダミー人形はもっととばされ頭から落下。
「キャー」
「わぁぁ」
「ギャァー」
いっぺんに静かになった。

まぁ、それからお利口さんに聞いていた。

夕方7時からは校区の防災委員会の役員会への出席。

一日中、「防災」「安全」で、頭の中が。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:03:30 | Trackback(0) | Comments(0)
日和
今日は、平成25年第4回本会議(12月議会)の召集告示日です。
今日市役所に行けば、机の上に議案書が山積みになっているはず。(そうだと思うんですよ)

昨日は、10時30分から、正副議長への議案説明がされました。

まだ、もう一つ議会の仕組みがよく解っていない私。

11月の議会スケジュールをずーっと眺めていて。
何故か、20日・21日だけが空白になっていた。

しかし、私のカレンダーには11月21日は赤で丸を入れてあった。
「ゴルフコンペ」
そう、1年に1度あるかどうかという友人たちとのゴルフコンペ。
「ラッキー、何とかスケジュールがこのまま空いてますように」
神にも祈る気持ち。

前回(確か5月だったかな?)の打ち上げの時に、次の幹事さんが決まり、開催予定日が告げられた。
「行く、いく。絶対に行くから入れといて。カレンダーにも赤丸を入れとくから」
「ホンマかぁ。お前この頃メッタに付き合えへんからなぁ」
「大丈夫やって。12月議会前で、このころは絶対大丈夫」
言いきってしまっていた。

11月に入って確認の電話が。
「21日のコンペ大丈夫やろうなぁ」
「うーん、今のところ空けてあるから大丈夫やと思うけど。極力空けるようにはしてるんやけどぉ」
「ほんまに大丈夫やろなぁ」
「うーーん。三角にしといてんか」

2週間ほど前に最終確認が
「中井。どないや」
「おっ、まかさんかぇ。無理やり空けたがな(勿論議会事務局に強く言えるほど根性が有りません。たまたまスケジュールが空いていただけです)」
「そーか、そりゃぁ楽しみやなぁ」
言葉のトーンから私の参加を疑っているのが良くわかる。

先週になって、最新のスケジュールがきた。(週に何回か変更になります。ひどい時には日に2・3回変わることも)

「えっ、21日10時より、議案説明!うっそー!!」

今回もドタキャン。

「すまんなぁ、今回もあかんわ。ホンマに申し訳ない」
「ええよ。べつに」
「そんなん言うなぇ。俺が一番楽しみにしてたんやから」

くっそー。
俺が行かん日に限って、最高の天気。
山は綺麗やろなぁ。

くっそー。
腹立つなぁ。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 07:27:53 | Trackback(0) | Comments(0)
天国
昨日、車で箕面駅前周辺に行った。
帰り道、信号待ちをしていると、歩道に犬がいる。
我が家の「ダラちゃん」よりも1回り小さな、若く白い雑種、見るからに「すばっしっこ」そうな犬だ。
どうやら散歩の途中らしい。

信号待ちをしているその犬が、「そわそわ」しだした。
興奮しているのが判る。
振り返ってみると、後ろから一回り大きな犬が来た。
どうやらこの犬を見て興奮しているらしい。

オス同士なら喧嘩になるか。
オスとメスならいきなり・・・・。
ある意味期待してみていた。

ところがである。
お互い鼻を突き合わせ、尻尾を振って。
それでおしまい。

面白くも何にもない。

そういえば、
近頃、道端で激しく喧嘩をする犬など見たことが無い。
勿論、いきなりメス犬を・・・・。
てな、シーンに出くわさない。

犬が賢くなったのか?
野性を失いつつあるのか?
私のような、がさつで自然児の犬は、誰も飼い手が居なくなって淘汰されたのだろうか。

そういえば、近頃道端で大声で泣いている子供に出くわさない。
電車の中でもそう。
お店屋さんでも。

昔は、そういうシーンによく出くわした。
何か買って欲しくて泣いてる子。
只泣くだけではなく、床に転がって泣いている子もいた。

街を歩けば、あちらこちらの家から子供の激しい鳴き声と、保護者の叱る声が聞こえた。

今ならあんなに泣いていると、虐待と間違えられかねない。
泣き声で、思わず子供を観察するのは、きっと私だけではないだろう。
保護者にしたって、それが判っているから出来るだけ子供を泣かさないようにする。

近頃子供が激しく泣かなくなったのは、まさか、よく泣く性格の遺伝子を持つ人たちが淘汰されたわけではあるまい。

なら、子供の欲求が少なくなったのか?
保護者が、子供の求めるものを早く実現させるようになったのか?
子供も、大人も自分の要求より世間体を気にするようになったのか?

世の中が平和になった証拠なのか?
まさか、争いのない「天国」に近づいたのではあるまい。

昔人間の私には、なんか物足りない世の中になってしまった。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 07:00:52 | Trackback(0) | Comments(0)
成果
11月19日は神奈川県藤沢市に有ります「藤沢市北部環境事業所」に行ってきました。

此処での視察項目は
「DBO方式によるごみ処理施設の整備・運営について」

「ごみ処理の広域化計画について」
の2点でした。

DBO方式とは
従来のように箕面市が計画を立て
公金で業者が建設
市が市の施設として保有して
市が自ら運営を行う

のではなく

箕面市が建設も含めた運営計画を立てます。
複数の業者が計画に沿った形で、自ら設計と運営計画を作成し、入札に参加します。
競争入札の結果、落札した業者が、施設を建設し。
運営計画に沿って、決められた期間運営の業務を行います。
施設の所有権は箕面市のものとなり。
分割した建設費と管理費を毎年業者に支払うという仕組みです。

これは、PFI(民間資金等活用事業)に類似した手法で、民間の経営能力や技術能力を活用した新たな事業展開です。
大きな特徴は、施設の建設も民間活力を使い民間の所有とするのか、建設費を公金で賄い、所有者は委託する業者にするのではなく、発注する自治体の所有とすることです。

この事業の長所は、運営する会社が自ら設計・建築・管理を行うことで、さまざまな場面でコストの削減が期待できることでしょうか。
藤沢市の試算では、全体で16%の削減効果が見込まれたそうです。
運営方法にしても「マル公(失礼!)」的な発想ではなく、業界で切磋琢磨された技術やノウハウが期待できるのだとか。

勿論長所ばかりではありません、課題は。
管理する事業者は、決められた期間だけ管理すればそれでよいので。
管理期間が終了したときに、どのような状態で引き渡すのか(市側にすれば、返してくれるのか)が大きな課題になると思います。(この点を質問したかったが、藤沢市産のほうでも、これを課題の1番目に挙げておられた)

管理してくれている事業者からの引継ぎ時の技術や運営方法のノウハウの伝承も危惧しておられました。
企業ですから、管理期間中に消滅する危険性のないとは言い切れません。
箕面市が、もしこの方法を選択するのであれば、これらの点に留意するよう教えていただきました。

また、この事業を立ち上げるに至る経過を聞かせていただきましたが、着手段階から見ると運用開始まで8年近くかかっていました。
構想段階からすると10年は超えているのかもしれません。

今回の視察で、こういった手法が行われるとしても、今から10年先を見越した事業展開となってしまいます。
箕面市クリーンセンターの老朽化による建て替えが検討される中にあって、ある意味タイムリーな視察だったかもしれません。

もう一つのテーマである、ごみ処理広域化計画はもっと長いスパンの事業計画の推進になると思います。

神奈川県では、平成10年にごみ処理広域化計画を神奈川県廃棄物処理計画の一環として推進してきたらしい。
これは、県内の自治体を9つのブロックに分け平成10年から10か年計画としてブロック毎での広域化計画を立てるよう県が主導してきたんだとか。
藤沢市は、湘南東ブロックとして茅ヶ崎市と寒川超の2市1町で協議を重ね、同事業を推進しているそうです。

老朽化した箕面市のクリーンセンターの建て替え事業を、箕面市単独で推し進めるのか、近隣の自治体と共同して推し進めるのかの判断も必要になってきます。
箕面市が、広域化を推進するって言ったって、何処と広域化すればよいものやら。
該当する市があったとしても、相手方の意向もあるだろうし。
むつかしい問題が山積していることに違いない。
神奈川県のように大阪府が汗をかいてくれれば、ありがたいのですが・・・・。

これこそ、市民の意見を十分聞いて推進せねばなるまい(推進するとしたらですよ!)と思います。
どのように市民の意見を聞いていくのか?
といった方策等を聞きたかったのですが、2時間の研修でしたが、残念だったのが、時間が足りなかったこと。

そのほかにも様々な質問をさせていただきたかったのですが、お互い予定のあることですから仕方ありません。

今回の行政視察を受け入れてくださった行田市・藤沢市の関係者の皆様には改めてお礼申し上げます。









テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:19:11 | Trackback(0) | Comments(0)
羨望
昨日から1泊2日で民政常任委員会の行政視察に参加しています。

「えぇぇ、また行政視察?」って言わないでください。
参加しているほうも大変なんですから。

特に今回は、先週木曜日に東京に日帰り出張に来たばかり。
来週にはまた違う役職で九州方面への行政視察が組み込まれています。

出歩きが得意ではない私にとっては、この移動の間がまた大変。
移動中の車中での過ごし方に、かなり苦慮しています。
前回から単行本をポケットに忍ばせています。

今回は「曽野綾子著、生きる姿勢」
昨日の移動中に98%くらいまで読んでしまいました。
大変面白かった。

さて、昨日視察をお願いしたのが、「埼玉県行田市」です。
行田市玄関

研修に先立ち同市議会の香川宏行議長から歓迎のご挨拶をいただきました。
香川議長
ご挨拶の最後に
「わが市が誇る大変優秀な職員から説明をしてもらいます。彼女は本日視察に来られた目的の「トータルサポート事業」に尤も精通しておりますので、何なりと聞いてください」
と、おっしゃった。

野村

その時には、恥ずかしながら私ははっきりとは解らなかったが。
今回視察先を検討したとき、決め手となったのが彼女が「保健師ジャーナル」に投稿した。
「虐待・孤立死を防止する地域支え合いの仕組みづくり
市民と行政が共に考えて行動する行田市の取り組み」
という記事らしい。

確かに、視察前にさーっと目を通したが
「ふーん、この程度の取り組みなら箕面市でもしてるんちゃぅん」
と思っていた。

ところがである。
彼女の説明を聞いていて、圧倒された。
議長が、「わが市が誇る職員」的な案内をされたのがのも頷けるほど、見事な説明だった。

今回のトータルサポート事業の発端は、虐待防止対策から入ったようだ。
児童虐待防止対策を考えるうちに、高齢者虐待や障害者虐待等の深刻さが分かってきて、
その頃の対策現場の体制では、同じ家庭で様々な虐待が疑われるのに、個々の事案には対処できるものの総括的な対策が出来なかったようである。

地域の民生委員さんが相談に来ようとしても、市役所の受け付け体制が縦割りになっていたので一家庭の事案なのに様々な部署で報告や対策を行わねばならず、非常に非効率だったらしい。(ちなみに箕面市では、健康福祉部がワンフロアに集約されているために、相談者の「たらいまわし」は防止されていると思います)

その対策として打ち出されたのが、「福祉課」「子育て支援課」「高齢福祉課」「保健センター」の各課を横断的に活動するトータルサポート推進担当3名らしい。
この組織を立ち上げ、実務を行っているのが「野村政子」さんらしい。

説明を聞いていて、彼女のきめ細やかな気配りには関心させられた。
彼女の存在が、この事業のネックになっているのだろうということが良く分かる。

組織は、一人が突っ走り。
周りが引きずられた形にしろ、追走を始めればしめたもの。
次々と、良い結果が生まれてくる。
それを見て、伴走者も増えるだろうし、結果もおのずと付いてくる。

その後、彼女は地域を巻き込む形で、着々と事業体制を築き上げ、今に至っているらしい。
今回の視察研修で気付かされたのは、組織力と併せて「個の力の大切さ」というものか?

箕面では空振りに終わってしまった「ゴミだし支援事業」もこちらでは一定の成果を見ているようだ。
「事業の成功には、息の長い取り組みと、いつも中心にいてコーディネートできる人が必要だろうなぁ」
と思う。

最後に本会議場を見せていただいた。
行田市議会

最後の最後まで、忙しいだろうに付き合ってくれた、野村さんにあらためてお礼を申し上げます。

いやー、行田市さん。
うらやましい。





テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 06:39:27 | Trackback(0) | Comments(0)
風習
11月17日は孫の「13詣り」(こんな字でよかった?)でした。

今年の秋は、日曜日といえば「雨」のめぐり合わせだったから、昨日も天気が気になっていたのだが。
神社
朝から見事な青空。
好かったよかった。

約束の時間まで事務所でごちゃごちゃして、急いで着替えをして出てきたら、孫も綺麗に着飾っていた。
皆に勧められて、孫とのツーショット。
正装

背も嫁を抜いたし、雰囲気もすっかり大人びてきた。
近頃は、夕食の手伝いはもちろん、私の食後の果物の用意もしてくれる。

年子の3兄弟なのに、弟たちはまだまだ子供です。
兄弟

昨日は大きくなった孫を見ながら、
「昔からの風習は本当に良くできているなぁ」
と感心させられた。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 06:07:51 | Trackback(0) | Comments(0)
甲乙
昨日は、午後1時から第32回箕面市青少年弁論大会が開催されたので、ライオンズクラブのメンバーとして参加してきました。

しかし、会場に着いたのが15分くらい前。
午後2時から、次の集まりが有ったので、本会場には30分位しかいなかった。


弁論大会
この写真に写っている生徒さんは、トップバッターだった第4中学校の田辺君です。
彼は、4中野球部のキャップテンで、同中学校野球部は今年大阪大会で優勝したそうな。
昨年は準優勝(やったかな?)に終わったくやしさと、今年は、チーム一丸となって頑張って、それが報われた嬉しさなどを、朗々と話してくれました。

午後6時から出席した「自衛隊協力会箕面支部懇親会」で弁論大会を担当してくれてい「ライオン前田」(ライオンズメンバーを呼ぶ時はこのように呼称します)に成績の結果を聞いたが、田辺君は受賞を逃したらしい。

今年は、ものすごくレベルが高く審査員の方々も審査でかなり困られたのだとか。
「いやー、ホンマにびっくりしましたよ。甲乙付け難いんですもの。特別審査委員(関西テレビ放送 関純子アナウンサー)賞なんか、ホンマにナンギしてましたもの」
だそうな。

特に1年生の頑張りがすごかったらしい。

あぁぁあ、最後まで見たかったなぁー。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 16:04:19 | Trackback(0) | Comments(0)
居眠り
昨日は2時から大阪府市議会議員研修会が行われたので、参加してきました。
この講習会は、例年この時期に「ホテル阪急エキスポパーク」で開催されています。

例年なら箕面市では、議員が揃って市役所を午後1時に出発。
広い会場の中ほどの席に座って、講演を聞かせていただ居ていました。
講演の時間帯といい、集団の中ほどの目立たない位置といい。
絶好の・・・・。

面白い講師による興味深い講演ならともかく。
大体は眠気と闘いながらの受講となります。

昨日の講演は特に心配だった。
講師は、どこかの大学の先生。
演目が「自治体における民主主義の課題と議会の役割」
前日の疲れで眠気と闘うどころか、最初から「白旗」を懐に忍ばせて戦場に臨んだような状態だった。

最前列に座らなくてはならない。
「こっくり、こっくり」居眠りをしたらどうしよう。
今回だけは(?)何としても起きていなければ!
固い決意で講演に参加した。

開演前に主催する議長会の役員と講師を囲んでの懇話会が催された。
部屋に入ると、席が決まっている。
私は、講師の真正面。

まさかこの席で居眠りをすることは無かろう。
「しかしなぁぁ。演題が演題だけに」
心配は尽きない。

この講師を選ばれた松原市議会の議長さんと、講師の方の対話から懇話会が始まった。
聞いていると、講師と私の考えと殆ど同じだという事が判ってきた。

話が進んでいき。
「議員として立候補した人たちが、それぞれの考えを市民に訴え、賛同しより多くの票数を獲得した人から順番に決められた定数分だけが選ばれるのが選挙です。
「この4年間は、この人たち(議員)に自治体が行う公的事業の良し悪しを判断してもらう」という、言わば契約が成立した訳で、行政に対し民意を表すのに、これほど公平な制度は考えられない。
議員として議論を戦わせ、議決するのが市議会です。
その市議会の判断を市民参加という形で縛りをかけようとする動きが有りますが、何故、それが必要なのか判らない」

との発言を聞くに至って、立場を考えればよせばいいのに、手を挙げてしまった。
「いやぁ、全く同感です。我が市でも、選挙ですでに民意が反映されているのに、事あるごとに民意を聞けと言われてしまいます。市民の声を聴くという集会に集まってくるのは、ごく一部の偏った思想を持った集団であることが多いと思います。何故市議会が、そのような人たちの意見に縛られなければならないのかと思っていました」
と発言してしまった。

手を挙げてからしまったと思ったが、後のまつりだ。
それまでに、我が市の議長が発言していたとはいえ、他の議長さんの中には発言されていない方がいらっしゃったにもかかわらずである。
まっ、何とか他の市議会の関係者の方も大きく頷いてくださったのがせめてもの救いか?

がぜん講演内容に興味が湧いてきて、会場で居眠りをするどころではなくなった。
(よかった、よかった)
講演








テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:20:24 | Trackback(0) | Comments(0)
眠たい。
昨日は午前8時に家を出て、東京で開かれた「全国競艇主催地議会役員会並びに臨時総会」に出席してきました。
この会議は、競艇開催している自治体等(組合を組織しているところもあります)の議会が集まる会議です。
箕面市は近畿ブロックの役員をしているのだそうです(もう色々有って、頭の中がこんがらがってきてますが)。
そして、午後7時30分頃帰宅した。

その後、深夜0時に消防署集合で「箕面グリーントンネル防災訓練」にも参加(見学)してきました。
この訓練は、同トンネル内で事故が発生。
けが人の救出と、その後火災が発生したとの想定で、消火訓練。
そして、トンネル内の消火機財の点検が主な内容でした。

事故が起こったので、警察棟に引き続き消防隊の到着です。
侵入

車にけが人が閉じ込められたとの想定で、機械を使って救出します。
切断

車の屋根を支える柱を切断して屋根を剥ぎ取りました。
横からは救出できないということで、真上に吊り上げ救出しています。
救出

次にけが人をストレッチャーに乗せて搬送の準備をします。
搬送

救出後、事故車両k皿出火したので消火を行います。
消火

これで一連の訓練は終了でした。

次に行われたのが、トンネル内の消火設備の点検でした。
トンネル内の上部にスプリンクラー装置が設置されています。
噴霧口

ここから、通常のスプリンクラーよりも粒の細かい霧状の水が噴出します。
噴霧
この状態で、酸素の遮断と熱を下げる効果を狙っているのだそうです。
酸素(空気)の遮断を行うので、人が退出したのを確認せねばならないんだとか。

家に帰ってきたのが午前2時過ぎ。

今日は議会改革専門会議の後、大阪府市議会議長会主催の議員研修会が開催されます。
「眠たいのに、もう大変です」

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 09:48:05 | Trackback(0) | Comments(0)
報告
昨日は、午後6時に市役所に集合して、茨木市議会報告会を見に行ってきました。

茨木市福祉文化会館3階で開催された報告会は、昨年9月議会で制定した議会基本条例に則って開かれたものらしい。
議長も挨拶の中でおっしゃっておられたが、試行実施だとか。
しかし、定員100名の会場は超が付くほどの満員の盛況ぶりでした。

案内ポスターに「議会って何してるの?」と書かれてある通り、先ず、「市議会のしくみについて」報告が有り。
続いて、「議会改革の取り組みについて」
小休止の後、別添参考資料「議会における質疑(概要)」を参照しての「定例会の報告」が行われた。
10分間の休憩の後、質疑応答が行われた。

最後の副議長挨拶も含めほぼ2時間の報告会の時間配分や、全ての議員(1名は公務のため欠席)が其々の役割(受付業務から、司会進行、説明員、会場係等々)に分かれての進行は見事だった。
注目した質疑応答でも、自らの意見を述べるのではなく、議会全体の意見を(議決された意見)公式見解として答えていらっしゃったのは見事というほかない。

私は開催する方の立場に立って見学させていただいた。
私なら、会場で配布された資料のうち「定例会の報告」に記載された
・平成25年度 予算について
・待機児童解消について
・高齢者施策の検討について
・立命館大学に関する周辺整備について
の4点について、質問が行われると思い、様々な観点からの質問に対する答弁を用意するだろう。

ところが質問のうち、予算に関するものが一部有ったものの、大半は質問者自らの思想に基づく意見だったように思う。
予算に関することも、質問というよりも「茨木市の財政は大丈夫か?」といった問い詰め型の発言だった。
質問者も茨木市以外から来た人が、自分の意見を述べることが目立った。

これでは、応答のしようがない。
折角、成功の為に議員一丸となって、準備万端で臨まれた茨木市議会団の皆様が気の毒だ。

昨日は、箕面市議団も大挙して見学に行かせてもらったし、他の自治体からの議員さんも散見した。
北大阪ではまだ珍しい議会基本条例に基づく議会報告会の実態を勉強するために集まられたのだと思うが。
他自治体の議会関係者(すでに辞めておられるのだとか)が、朗々と自らの意見を述べておられるのには驚かされた。

参加者からは次回の開催を望む意見も出されてはいたが(拍手をした人たちは、自らの意見を主張したグループだったように思う)あの人たちは、本当に次の報告会にも参加してくれるのだろうか?

本当に色々考えさせられた、報告会でした。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:29:40 | Trackback(0) | Comments(0)
改善
昨日は、「議会だより」編集委員会に出席しました。

今、箕面市議会では議会改革に取り組んでいる。

「議会の活性化」と「開かれた議会」が、改革の主な目的です。

改革の検討項目に「議会報告会」が当初から上げられていたが、議会改革検討委員会専門委員の私は、議会報告会の開催に反対しているし、我が会派も、議会報告会の開催には消極的な姿勢をとっている。

私が反対しているのには、いくつかの理由がある。
最も大きな理由は、
「議会報告会を開いてもごく一部の市民しか集まってくれないのではないか」
「もっと多くの市民を対象にした「開かれた議会」を目指すべきではないのか」
ということです。

次に、各議員はさまざまな考え方や、立場の方々の代表だということです。
つまり、自分の意見や思想信条を表に出して議会という場で議論を戦わせる。
自分を支援してくれる人たちが望む市政を実現させるのが仕事です。

ですから、当然のように「勝ち負け」が出てしまいます。
「なぜ、こんな予算が通るんや!」とか。
「こんな条例作ってどないするんや!」とか。
さらにエスカレートして、「わしが支援している議員は何をしてるんや!」となりかねません。

さまざまな報告会を開いても(議員個人が開催する場合は別ですが)会で報告される趣旨に賛成な人たちよりも反対する人たちが多く集まる傾向があるように思う。
そのような環境の下、議員の意見を一本化させ議会の意見として集まってくれた市民に説明することは至難の業だと思う。

これらの理由で、私は当初から「開かれた議会」を目指すのなら「議会報告会」よりも「議会だより」の改革を進めるほうが好い。
と、訴えているのです。

もっと読みやすい「議会だより」を作りませんか?
言うのは簡単だけれど、実現となるとなかなか難しい。

再来年には「議会だより」の100号が発行されるらしい。
「この節目の号が発行されるときに合わせて、何かしらの改善ができたらいいよね」
というのが、共通認識になりました。

今回この委員会にも係わらせていただけるので、少しでも「読みやすい」、「読んでみようか」と思ってもらえるような「議会だより」にしたいと思っています。


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:26:05 | Trackback(0) | Comments(0)
見上げる
昨日は、三市議長会。
豊中・池田・箕面市の正副議長と事務局長の懇談会。
議会運営について話し合いました。

私は立場上議長間の会話を聞いておくだけ。
に、徹すべきところでしたが、議長の
「中井君、意見があったら言えば」
の一言で、十分に意見を述べさせていただきました。

「先輩議員方はきっと怒ってるんやろうなぁ」
今朝になって反省してます。(まっ、何時ものこっちゃ。では済まされないかも?)

今朝、庭を見たら花弁が。
今年も「皇帝ダリア」が咲く時期になったようです。

今年は、植えつけて2年目。
昨年の1,5倍くらいに大きくなっている。
本当に見上げないと花が分からない。
皇帝

見上げるといえば。
先日の会派の一般行政視察でチョットした事件が。

電車の乗り換えの際。
「あっ、この電車じゃぁなしに、次の電車です」
「何とか乗れんか?」
「あと1分ですから無理でしょう。隣のホームには階段の上り下りもあって到底無理です」
「それやったら、トイレに行くから」
「どうぞ、次の電車まで20分近くありますからゆっくりと」

ところが、この電車が遅れているようだ。
「おい、みんな揃てるか?この電車乗るどぉ!」
「えぇぇ、・・先生がトイレに行かはりましたけど」
「何とか、間にあわんか?」
「えぇぇ」

しきりに下り階段を見上げる私。
「いやぁ。まだ来はりませんけどぉ」

何回も下り階段を見上げる私。
いきなり
「中井君、何してるんや!」
「えっ」
「きみなぁ。下り階段で下から上を見上げとったら捕まるど」
「何でですノン」
「解らんか?覗き魔と間違えられるちゅうてんのや!」
「この角度やったら、何も見えませんけど」
「そんなん関係ない。君の顔が問題や」
「えぇぇ」

「そうか、顔か。先輩。ホンマにあぶないとこでしたねぇ」
「お前が捕まってみぃ、洒落にならんど!」
「ホンマですねぇ。せやけど、全然気が付きませんでしたわ」
「ホンマに、お前は、顔がなぁ・・・」

私もさすがにこの時だけは笑うこともできなかった。





テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 09:24:31 | Trackback(0) | Comments(0)
慰霊
日曜日は恒例の「道普請」
村の住人(実行組合に加入している集団ですが)が総出でお寺や桜防災広場の樹木の剪定と掃除。
そして自治会館等の掃除とお大忙しの1日です。

そして、植木屋さんの私が一番存在感を発揮できる日です。

今年は、箕面市戦没者追悼式とスケジュールが重なっていたためもう大変。
私も含め役員は朝6時から作業開始。
作業開始時には雨が降りだしたので、全員必死で作業した。

雨の降る中、大きな銀杏の木に登り剪定作業。
長靴と雨合羽を着ての作業は辛い。
植木屋さんから長らく遠ざかり、口先だけで仕事をしているから本当に大変。

高いところが怖い。
足が滑るから怖い。
雨合羽で視野が狭くなるから怖い。
もう3重苦。

7時30分頃にはほぼ全員が参加して、小雨の降る中本当に必死に作業を続けたおかげで、8時30分頃には何とか終了。
お寺での御勤め(読経)も終わり、急いで帰宅。

10時からの箕面市戦没者追悼式に参加。
今年は、最前列に座らせていただきました。

私の役割は、代表献花。
それも3番目にやらせてもらう。

市長の動作をじっと見つめ。
「ははぁん。あないにするんやなぁ」
しかし「右向け止まれ」とか、「回れ右」とかもうちょっと上手いこと出来んもんかいなぁ。
と内心突っ込んでいた。

さて自分の番になった。
市長のぎこちない足の運びの原因が判った気がする。
敷かれてあるシートや、床に塗られたワックスのせいで靴の底が思ったように滑ってくれない。
「回れ右」どころか、「右向け右」さえまともにできない。
上体が大きくぶれて、ブッサイクな動きになっているのが、自分でも分かる。

各常任委員長さんも登壇しての代表献花がある。
少し気になったのが、委員長なのに欠席している議員がいること。
この議員さんは、前回委員長になった時も欠席していたように思う。

議員個人の主義主張や思想はあるのかもしれないが、立場を考えてほしいと思う。
一議員ではなく、・・常任委員会長という公職の立場を理解するべきだと思う。

「戦争で犠牲になられた戦没者と戦争受難者の御霊に追悼の誠を捧げるとともに、我々は、今日の繁栄が諸霊の犠牲の上に培われたことを肝に銘じ、豊かで住み良い社会を築いていきます。私たちの責務は、過去を謙虚に振り返り、戦争の悲惨さと、多くの犠牲があったことを後世に語り継ぐことで、二度と戦争が起こらないよう恒久平和い向けて積極的な役割を果たしていくことを誓います」(昨日の議長の言葉を要約しました)

要するに「戦没者への慰霊と(戦争を起こしてしまったという)過去の過ちを反省し、平和を築いていくことを誓う式典だ」と、私は理解している。

この式典のどこが気に入らないのか。
私には理解できない。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:09:01 | Trackback(0) | Comments(0)
2日目
11月9日は、常滑競艇場を視察させていただきました。
常滑競艇

今、一番がんばっている競艇場だといっても過言ではないほど頑張っていらっしゃいます。
前年度比の売り上げの伸びや、収益率の良さもさることながら、様々なアイデアを出して事業展開していらっしゃいます。

そんな常滑競艇が、中部国際空港内にミニボートピアを開設したとのことで、視察に行ってきました。
というか、私の今回の注目点はこれだったんですけど。
入る

規模は大きくありませんでしたが、空港のあちらこちらに看板(ポスター?)を上げていらっしゃいます。
柱
ちなみにこれはコンコースの柱です。

そしてこれはコンコースの床です
床

ねっ、すごいでしょう。
国際空港に競艇のポスター(すでに関空には有るのかもしれませんが?)。

担当の方がおっしゃっておられましたが、
つい3、4年前には考えられなかったのだとか。
それが市民権を得たのか、認められるようになったのだそうです。

このミニボートピアが外国の方(中国らしい)のツアーに組み込まれることもあるんだとか。
この頑張りが常滑競艇のみならず、競艇業界全体にも貢献してくれることを願ってます。


視察から帰ってきて、着替える間もなく箕面小学校地区人権推進委員会主催の「わっとコンサート」に参加
今年のテーマは「わっとソウル」らしい。

この委員会の相談役を拝命しているので、例年は計画会議あたりから参加させていただいているのだが。
今年は休みがちだ。
「今回は大人向けのコンサートです」と聞いていたのと、民謡と、弾き語りと、アカペラグループが出演するらしいぐらいは知っていた。

コンサート会場のコミュニティセンターに着いた時にはすでに「山口勢旭」のグループの民謡が始まっていた。
続いて「わたしたち何も知らないんです」という男女デュオの沖縄歌謡。

そしてアカペラグループの「アルバトロス」
わっと

聴き終わって挨拶をさせていただき、次の集会へ。
もう、ふらふら。



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 17:28:55 | Trackback(0) | Comments(0)
すごい
11月8・9日と1泊2日で自民党市民クラブの一般行政視察で、刈谷市と常滑市に来てます。

管外視察に出かけて困ることは、時間を持て余すこと。

今朝も4時30分に起きてしまった。
今回は、パソコンを持ってきたので、ホテルの部屋でブログの書き込みをしてます。

さて、昨日視察させていただいた「刈谷市」ですが。
「世界のトヨタ」発祥の地らしい。
というか、「豊田自動織機」を発明した豊田家関連の会社をはじめ、「デンソー」や「アイシン」など5つ(?)もの上場企業の本社があるそうな。
ですから不交付金団体だそうです。

市の施設も、とにかく立派の一言に尽きる。

刈谷市庁舎
人口14万7千人の市庁舎です。(ちなみに箕面市は13万4千人です)

そして、内部もすごい。
本会議室がこれです
刈谷市議場
正面の壁に2台のテレビカメラが取り付けられ、後方には3台のテレビカメラで撮影し、編集した映像を録画配信しておられるのだとか。

対面式の一問一答方式を採用しておられるのだそうですが、答弁者は自席で答えるのだそうです。
正面の演台は市長の所信表明等に限り使用するのだとか。
ちなみの議員の討論や、質問等も自席で行い。
此処に写っている質問席は、一般質問の時のみだとか。

各議員さんの足元が冷えないようにヒーターが取り付けられていました。
ヒーター

それ以外にも、机や椅子など本当に「お金をかけているなぁ」といった雰囲気です。

委員会室がこれです
委員会室
此処も「すごい」の一言に尽きる。

まっ、今回の視察の1項目が箕面市が直面している議場の改修(特に天井部分)ですからこのようなレポートになったことをお許しください。

そろそろ本題の「刈谷市の環境都市アクションプラン」に入ります。
刈谷市では中期目標としてCO2の削減目標を2020年に2008年比28%
長期目標では2050年には80%(80%削減して2008年の20%の排出量にするんですよ。お間違いのないように)と定め、それに向かってアクションプランを実行に移しておられます。

この目標値でも、国の「モデル都市」選定事業で落選したらしい(信じられない、国で選ばれた都市はどのような目標を立て、どのような事業展開しているのか見てみたい気がする)

この事業に関してのレポートはこれくらいです。(お察しください)

次のレポートは「刈谷市公共施設連絡バス」についてです
バス

この立派なバスの運賃が無料だそうです。
現在は6路線で各8便が運航されているのだそうな。

年間経費がおよそ2億円だとか。
市民からもっと充実させるように要望が有るのだそうです。

最後の視察先が第2東名高速道路刈谷パーキングエリアに隣接している「岩ヶ池公園」です。
2つの施設の総称を刈谷ハイウエイオアシスと呼ぶらしい(微妙に違うのかもしれないが、この方が説明しやすいので、お許しください)

パーキングエリアの施設は道路公団が管理し、公園施設は刈谷市の管理らしい。
ですから、高速道路のパーキングエリアに駐車しても、岩ヶ池公園に駐車しても同じ施設の利用が可能となっている。
公園内には様々な遊具が
ハイウエイオアシス

観覧車こそ600円だったが(この管理者が道路公団だろうと推測してます)他の遊具は100円という安さ。
無料開放の施設も実に充実している。

年間800万人の利用者が有るのだとか。
パーキングエリア内の店舗の利上げも全国2位だとか。

止々呂美にできる新名神高速道路インターチェンジに関連して施設見学をさせていただいたが。
出るのはため息ばかり。

箕面市は、裕福で施設や各種事業も充実しているとかで「住みたいまちランキング」にも上位に位置するが。
上を見たらきりがない。

我々は、知恵を出し合って。
市民福祉の充実に向け。

頑張るどー

おうー

しかし、こんなん見せつけられたら・・・・・。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 06:15:50 | Trackback(0) | Comments(0)
会話
昨日は、大阪市内で大阪府市議会の総会が開催された。

活動報告が承認され、15日の市議会議員研修会が同会主催で開催される事が決定された。

その後、同会が国に陳情する要望書を政府に届けてくれるように大阪府選出の国会議員に依頼した。
文言等は前回の総会で全会一致で承認されたもので、内容は、国民健康保険の安定的な運営に関するものです。

昨日は、国会が開議されていたので本人の参加は無かったが。
大阪府下の自治体(市だけでしたが)の議会からの陳情という事で、殆ど(8割以上)の国会議員の代理人が出席されていた。
それだけに、欠席した議員が目立つ。
特に自分の選挙区選出議員の代理人が欠席していたらがっかりする。

司会者からの紹介の後、一言の挨拶が行われた。
ほんの数秒ずつだ。
短いだけに難しい。

私が支援している議員さんの秘書さんも出席していた。
何を言うのか?
順番が近づいてくると、自分のことのようにドキドキする。

夕方6時30分から正副議長の歓送迎会が催された。
議会事務局の職員さんと同席させていただいたが、私が名前を知らない方が多くいたことに驚いた。

勿論顔は知っている。
私は庁内をうろうろしているので、議会事務局に来るまでは、何処の課に居たのかは判っているつもりだが、名前が判らない。
問題なのは、何時も私が相談させていただいていた女姓職員さんの名前が判らない。

過去に何度か名前を聞いたと思うのだが、忘れた。
名前を呼ぶ必要が無かったからだ。

そういえば、いつも彼女に用件しか言ったことが無い。
「これ、討論の原稿」だとか。
「これ、発言通告書。お願いします。僕で何番目?あっそう。よろしく」
といった単語の羅列的な会話しかしたことが無い事に改めて気づかされた。

女性職員で私と会話が成立する人は何人いるだろうか?
顔は判るが、名前の判る人は何人いるのだろうか?
冗談が通じる女性職員さんは一体何人いるのだろうか?

男性職員なら冗談も言い合い、会話が成立する。
ため口でものを言い、相手の感情を逆なでするような、かなりきわどい会話を交わしている。
別に酒の力を借りずとも、本音の話をしている(と、私は思っている)つもりだ。

ところが女性となると、これが難しい。

今まで、職場やボランティアの世界で女性と接する機会が少なかったことが原因かもしれない。
セクハラ報道も大きく影響していることもある。
何を話せばよいのか、判らない。

「下手なことを言えば取り返しがつかなくなる」
必要以上におびえている。

「この仕事をしていく以上、改善せねば」
とは思うのだが、どうにもうまくいかない。













テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 06:57:24 | Trackback(0) | Comments(0)
1日
11月6日午後2時から箕面市航空視察が行われた。
これは、大阪市消防局航空隊が保有する消防ヘリコプターに乗せていただいて、箕面市を上空から視察するというものです。

昨日乗機したのは、正副議長と消防団長、そして消防職員2名と市の広報担当職員の6名でした。
集合写真

八尾空港を飛び立って、高度300m時速200kmで一路箕面市へ。
市域の東側から順番に視察をさせていただいた。

船場
新御堂の船場と萱野中央です。

そして我が家も上空から見せていただいた。
自宅

この後、止々呂美上空にも行ってきました。

箕面市を上空から見ると、かなり家が建て混んではいるが、まだまだ緑が多いことに気づかされる。
グーグルマップで、上空からの写真も見ているはずだがライブで見るのとは大違いだ。
場所と場所との距離感がまるで違う。
全体に占める割合もしかり。
「百聞は一見に如かず」とはよく言ったものだ。

帰路についてからハプニングが。
大阪市内で、火災発生の一報が入った。
航空隊の任務の一つに火災現場の状況の伝達というのがある。
上空から火災現場の様子を備え付けのカメラで捉え、地上部隊と共有するシステムがあるらしい。

さっそく、火災現場に直行。
住所情報から、現場を特定する。
「あの8階建てのマンションだと思います」
「煙は出とらんけど」と私。
「いや、間違いはないと思います」

しばらくすると、先着隊が到着。
ホースを伸ばし始めた。
火災現場

「やっぱりここやね。しかし煙も出とらんし、誤報ちゃぅか?」
結局、地上部隊の指令者から、
「延焼の形跡なし」の指令が出た。
それを聞いて、現場離脱。

箕面市にも、同様のシステムが有って、へりからの画像が見れるのだとか(確かではありませんが、確かそのようにおっしゃっていた。と思う)。

本当に良い経験をさせていただいた。

午後6時30分からは、箕面自由学園のチアリーダー部「ゴールデンベアーズ」(高校)、「ジュニアベアーズ」(中学)のジャパンカップW優勝の報告会に参加した。
池田市文化会館(アゼリアホール)が超満員。

ゴールデンベアーズの演技は敬老会等でも見せていただくが、まるで迫力が違う。
来賓として招待されたという立場だったので、本当に良い席で見せていただきました。
ここにアップする写真を撮りたかったのだが、撮影禁止ということでしたので悪しからず。

昨日は本当に楽しい1日でした。





テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 11:50:37 | Trackback(0) | Comments(0)
疲れた
昨日は、大阪府都市協定組合の役員の皆様との協議会と懇親会が催された。
ボートレース住之江(住之江競艇場)は箕面市と大阪府都市協定組合で運営されています。

大阪府都市競艇組合は大阪府下の16市が加盟する団体で、協議制で運営されているようです(まだ勉強不足でごめんなさい)
運営の責任者(施行者)は持ち回りで、現在は八尾市長が務めておられます。
組合に加盟する其々の市議会議員の中から選ばれた人が組合の議員となり。
その中から役員さん(正副議長と専門委員)が選出されているようです。

ちなみに、箕面市での同等の組織は施行者が市長で、議員に当たるのが箕面市議会の中の競艇運営審議委員(これも正確な名前かは自信ありません)となります。
正副議長は、市議会の役職のままで。
専門委員は審議委員の中から4名の議長経験者が就任しています。

昨日の会議が、ボートレース住之江運営の最高意思決定機関という位置づけになるのだと思います。

都市組合の方の役員さんは、この道のベテランさんばかり。
これまでの運営や今後の課題についても熟知された方ばかりです。

先輩議員からも「中井君、きみは現状の把握が出来ていないのだから、大人しくしておくように」とのアドバイスをいただいて、新米議員はただ黙って聞いているだけのはずが、懇親会に入って30分もすればアルコールも入っていつもの調子で大盛り上がり。

諸先輩方に交じって
「へぇぇ、そうでっか」
「あっ、そんなことあったんですか?それでどないしはったんです?」
大声で話をしているものだから、話の輪がどんどん広がってきて大笑いの大盛り上がり。
おかげでかなり貴重な体験談を聞かせていただいた。

最後には
「先輩これからもよろしくお願いします」
「おぅ、まかさんかぇ」
で固い握手を交わさせていただいた。




テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 06:28:37 | Trackback(0) | Comments(0)
休日
昨日は休ませてもらった。
行事がないだけで、普段よりばたばたしたかもしれない。

やり残していたことが一挙に解決した。

まず、「中井博幸の議会報告」がほぼ出来上がった。
もっとも、今回は政務活動費(でしたっけ?)を使って発行させていただくので名称も「自民党市民クラブ9月議会報告。執筆者中井博幸」になります。

今回取り上げるのが24年度決算です。
看板に会派名を使用するので、「あまり個人的なことはどうかなぁ?」と、これでも気を使った報告紙にしたつもりです。

残りの時間は、農業に精を出した。
収穫の終わったサツマイモ畑の整理で、孫たちと一緒に芋ほり。
そして、畑を移動して大根ほり。

乾燥機の中に入れっぱなしだった、もち米のもみすり(もみ殻をとる作業です)。
終了後のもみすり機と乾燥機の掃除。
農作業小屋の掃除と整頓。

嫁に頼まれた、しぶ柿取り。
嫁が、皮をむいて干し柿を作ります。

ついでの柿取り。
いつもはカラスに取られてしまって、ほとんど私の口には入らないのだが。
今年は大豊作なのか、我が家の柿木(大小5本あります)がどれも沢山実をつけてます。
さっそく、夕食後のデザートに出たが、柿が大好きな(果物なら何でも)私には楽しい季節です。

これで終わりかと思ったら、暗くなってから朝市に出荷するサトイモの袋詰め。
木曜日出荷分の下準備。

その後、部屋でごちょごちょしてたら、孫の「ジジ、ごはん」でやっと終了。

おかげで昨夜はよく眠れました。




テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 10:39:37 | Trackback(0) | Comments(0)
運動
11月3日は箕面小校区地域大運動会が開催されたので、参加してきました。
今年が第28回目の運動会です。

昨年は、何が原因だったのかは忘れたが、あまり積極的に競技に参加しなかったように思う(もちろん競技には参加しましたが)。
今年は、昨年よりも更に膝の調子が思わしくなく、正直「運動会は辛いなぁ」と思っていた。

しかし、ひと月くらい前から、膝の状態がかなり回復してきた。
座布団に座ることさえしなければ問題ない状態にまで回復してきた。
徐々に運動も再開してきた。

一昨日の檜葉切りで、普通に足が上がることや、片足で踏ん張れる事が確認できた。
腰の痛みも解消したようだ。

で、昨日の運動会。
どの程度まで回復しているのか試す絶好の機会だ。

ですから、競技にも積極的に参加。
自分だけでなく、周りに居る同僚議員にも無理強いをする。
「次の、競技が一般や来賓の参加プログラムの「台風の目」やって、皆で出よか」
「えぇぇ」

「次の競技は小学生以下のパン食い競争ですけど、中井さん、来賓の中から4名参加してもらえません?」
「出て、何するねん」
「見本を見せていただきたいんですわ」
「おぅ、まかさんかえ」

勝手に決めてしまった。
「よし、皆、行くどぉ」
「えぇぇ」

教育長が遅れて到着。
「あっ、ええとこに来たなぁ。きみも出したろ(失礼な言い方でスミマセン)」
「えぇぇ、今日は見学のつもりで革靴ですねんけど」
「だいじょうぶ。ゆっくり走るから」
「ほんまですかぁ?」
「だいじょうぶ。ゆっくり走ろなぁ、みんな」

我々だけだと思っていたら、6年生と思える子供たちも参加してきた。
「よーい、どん」
子供たちは真剣にダッシュ。
それを見た私は、完全に「負けてなるものか」モードにスイッチオン。

結局3位でゴールイン。
「くっそー、小学生に負けた」
と悔しがる私。

周りからブーイングのあらし。
「約束がちゃいますやん。ゆっくり走るって言うから参加したのに、いきなりのスタートダッシュやもん。あれは卑怯やわ」
「ほんまやわ、中井さんはいきなり人が変わるねんから。びっくりしたわ」
「いきなりやもんなぁ」

傍から先輩議員が
「何言うてるねん、議員は目立ってナンボの世界や。「中井は何事にも一生懸命します」ってアピールしたんやからえらいがな」
「それって、褒めてくれてます?」
「どぅやろかねぇ」
で来賓席が大笑いの大盛り上がり。

イヤー、楽しい運動会でした。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:11:52 | Trackback(0) | Comments(0)
休日
11月2日は土曜日。
以前から11月2日は滝安寺の護摩に使う檜葉切りの手伝いを頼まれていた。
そればっかりが、頭に残っていて。
午後からは休みだろうと勝手に思い込んでいた。

9時に集合して、車を連ねても箕面山の頂上へ。
万博記念公園の中で檜葉を切らせてもらい。
わりとのんびり作業していた。

ケヤキ
「そろそろ色づいてきましたねぇ」
「そやねぇ、中井君、今日は予定が入ってへんのか」
「そうですねん。今日はこれだけですわ」
スケジュールの確認もせずに答えていた。

「それやったら、最後まで手伝ってくれ」
「もちろん、最後までやらせてもらいます」

家に帰ってきて。
「あんた、今日の予定は?」
「何もない」
「そやけど、一遍確認しといたら?」
「大丈夫やって」

スマホの予定を確認したら
「えらいこっちゃ。今日は「子供の本アカデミーの授賞式」が入ってる」
まぁ、それからバタバタとして、何とか間に合いました。
アカデミー

カワイイ子供たちの行動に感心して。
子供たち

失礼ながら式典だけで抜け出して、次の会場へ。
受賞

そう、「市民展」を見てきました。
ついでにもう2つ箕面駅周辺での用事を済ませ。

ゆっくりするはずが、すべて終わったら日が暮れていた。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 17:43:37 | Trackback(0) | Comments(0)
議長会
11月1日は大阪府市議会議長会の役員会議と理事会議は大阪市内で開催されたので参加してきました。
大阪府市議会議長会というのは大阪府下の市議会の議長の集まりです。

箕面市は今年度が同会の副会長。
そして来年度が同会の会長市になるんだとか。
来年度は箕面市議会議長が大阪府市議会議長会会長というわけです。

この会の行事で、私が今まで参加させていただいたのが11月に行われる同会主催の議員研修会くらいです。
研修会に参加させていただいて、
「冒頭にどこかの議長さんが挨拶をされているけど、たいへんやなぁ」
と他人事のように思っていたけど、あの役割を箕面市がやらねばならない。
本当に大変だ。

研修会だけでなく、議長会でも様々な行事が有るようだ。
何も知らない私は、そのような行事は議長だけが参加するものだと思っていた。
ところが、常に副議長も同行せねばならないらしい。

役員会、理事会と参加させていただいたが、今度は7日に総会が開催されるらしい。
勿論これにも参加させていただくことになる。

面白かったのが、役員会議が終わった後の意見交換会。
先日来「近隣の市でも議会運営というのは千差万別だなぁ」と感心させられるが、大阪府下で北と南、西と東で本当にそれぞれの市の実情や、課題は「本当に様々だなぁ」と感心させられる。
その課題に向け、議会の取り組み方も本当に千差万別。
議長間のやり取りを聞いているだけだが、本当に勉強になります。

色々な話題が出たが、面白かったのがごみ処理の広域化の取り組みについて。
箕面市でも、焼却施設の老朽化に向け長期計画を立てねばならない時期に来ている。
其々の市で、事情は異なれど同じ悩みを抱えているらしい。

9月議会の民生常任委員会でもこの問題を取り上げたが。
市単独でやるのか。
広域化を目指すのか。
箕面市でもしっかり議論をしていかねばならない。






テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 16:37:06 | Trackback(0) | Comments(0)
人権
昨日は午後3時30分から「箕面小学校人権講演会」が開催されたので参加してきました。

この講演会は「箕面小学校PTA」と「箕面小地区青少年を守る会」や「同地区人権協議会」などが主体となって行っているものだと理解している。
毎年7月くらいに実施していた講演会と同じものだと思っていたのだが、今回の講演会は別物だったのだろうか?

私がスケジュールを打ち込んでいるスマホの表示は「箕面小学校人権講演会 午後3時30分から」とだけ表示されていた。

この講演会では感動する内容のお話を聞かせていただくことが多い。
「聞き逃してなるものか」

面談を早々に切り上げ、急いで小学校へ。
その講演会は体育館ではないようだ。
多目的室で開催されていた。
「?」

主催団体の長さんが並んでいらっしゃる。
「どうやら間違いなさそうだ」
安心して着席

しかし、いつもの雰囲気とは「ちょと違う」
「?」
黒板には
黒板

「いのちのおはなし」
「えぇ?、?」

講演が始まった。
講演というよりは劇らしい
「?。?」
人権講習

妊婦さんと助産師さんが演じる子供向けの出産物語らしかった。

周りを見渡すと、各団体長さん(3名)と校長先生進行役の先生以外はすべて女性(男児は居た)だ。

胎児がどうの。
子宮がどうの。
へその緒が、産道が。と言われてもなぁ。

お産に付き合うような文化を持ち合わせていない私には、ただ居ずらいだけだった。

最後に質問コーナーがあった。
「もしマイクを向けられたらどうしよう」

ハラハラドキドキさせられた1時間30分だった。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 09:44:05 | Trackback(0) | Comments(0)