FC2ブログ
 
■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
遊び場
3月30・31日は、自民党市民クラブの行政視察が行われたので、参加してきました。

30日は、宮島競艇です。
玄関

ここは世界遺産の宮島に行く桟橋のすぐ横にあります。
5階の来賓席からも宮島の赤い鳥居がきれいに見えるという、風光明媚なところです。
2宮島

施設見学の前に事務局の職員さんから現況等の説明をしていただきました。
説明

ここは、あまり売上もよろしくない様です。
地元自治体には、協力金の名目で1億円ほどの操出をされているようですが、経営自体は近年毎年赤字らしいです。

説明もどうにも湿りがちだったように思います。

隣接する宮島行の乗船場は観光客で大変な賑わいです。
「あの、観光客のみなさんを、ここに来てもらえたら良いのと違いますか?」
との発言をした議員さんも居たのだが。

「あっ、それは無理でしょうねぇ。目的がまるで違いますから」
「もったいないなぁ」
我が方の議員がため息をつく始末。

それから施設見学をさせていただいた。
気になったのが、場内にいらっしゃるガードマン(?)さん
ガードマン
大体この方くらいの年齢の方ばかりでしたが、なかなかおしゃれです。

場内はこじんまりとしているが、明るく楽しい雰囲気です。
子供ルーム
ここはプレイルームらしい。

日曜日ということもあって、小さなお子さんを連れて遊びに来ている。
室外のテーブルとイスは家族連れでいっぱい。
たこ焼きや、焼き鳥(?)を食べて、ビールを飲んで、結構楽しく過ごされています。
(さすがにここは写真を撮ってません。迷惑ですから)

その席のすぐ前がレース場。
スタート

「ガンバレー」「ガンバレー」と小さなお子さんからの声援があちらこちらから聞こえていた。

湿った説明とは裏腹に、場内は家族連れの楽しい遊び場になっていた。

スポンサーサイト



テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 15:47:14 | Trackback(0) | Comments(0)
団結
3月28日は、箕面市消防団のポンプ車配車式が9時から挙行されました。

「9時から?」
「そう、9時からです間違えないでくださね!」

何回も念を押された。

3日ほど前に
「8時45分に議長車で消防署へ向かいますので。よろしく」
「ふーん、議長車で行きますか。8時45分ね」
「はい。8時45分です。間違えないでください!」
「はい、はい。あっ、はい、は、1回ね。はい!」

前回の配車式に遅刻してから、この手の行事はトラウマ状態になってしまっている。


配車


これで、25年度は箕面市が、消防団のポンプ車を3台貸与することになります。

私が、消防団に入団したころ(40年前です)は、消防団はそれぞれの地域の物だった。
私の住む「桜」地区では。
桜地区の人たちがお金を出し合ってポンプ車を買い。
ポンプ車の車庫を建てた。
そのころは、消防団活動のすべてにおいて「おらが村の消防」意識が高かった。

今でいう、「自助」「共助」の意識だけはしっかり持って団結していたように思う。
「公助」などあてになるか!
何が有ろうと、自分たちの村は、自分たちで守るんじゃ!
我々の「歯を食いしばってやる行動」はハングリー精神(?)に支えられていたのだろう。

今は、ポンプ車は公費で買ったものを、各分団に貸与します。
格納庫も公費で建てます。
その他の装備ももちろん公費です。

消防団だけではない、防災関連もそうだと思う。
装備は公費で揃え、防災計画や組織づくり、訓練の計画まで市がお膳立てをしている。

この状態が決して悪いとは言わないが。

「これでは、団結心は育ちにくいだろうなぁ」
と思うのは私だけだろうか?




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 17:34:59 | Trackback(0) | Comments(0)
質問
箕面市議会では、今議会から一般質問に一問一答方式を導入しました。

勿論、今まで通り一括質問一括答弁方式での一般質問も可能ですが、今回は質問した12名すべてが一問一答を選びました。

私も2番目の質問者として、一問一答方式でやらせてもらいました。

今回の質問項目は「等旗」と「公務員改革」です。

等旗とは:運動会で使う、1・2・3と書いてある旗の事です。

平成22年に、その時は自民党市民クラブに所属していた某議員が、一般質問で取り上げ。
その後、我が会派(自民党市民クラブ)が23年度の予算要求にも掲げ。
その後、文教常任委員会や代表質問でも、等旗の有効活用を求め、取り上げています。

この間の教育委員会とのやり取りで、教育長が等旗を有効に活用するよう各小学校を指導すると明言しています。
にもかかわらず、申し訳程度に(最後のリレー競技だけ)使う事例や、いまだ使わない小学校が有るので、取り上げました。

昭和50年ころに、この等旗が、教育に競争原理を持ち込むこと(序列をつけること)に抵抗する教師グループや、過度な平等主義を唱える教師グループの抵抗で、それまで使われていた等旗が使われなくなった。
という歴史を辿っています。

それは、間違ってやしませんか?
勉強が得意な子、スポーツが得意な子。
其々に特徴が有っていいじゃないですか。

それらをお互いに認め合って。
自分も一生懸命頑張ろう!いつかあの子に追いつこうと思う気持ちが大事だと。
以前にこのブログで書き込んだ記憶もあります。

その時書き込んだように、等旗がただの道具にすぎず、等旗がなくても先生方が子供たちにきちっと教育してくれているのなら良いのですが。
教師によっては、反体制主義の象徴のように思うのか、特別な取扱いになっているとも聞きました。

教育委員会と学校。
校長と教師間で、外からは見えないバトルがあるのだとか。
それが、外に見えてくる、わかりやすい事例がこの等旗かもしれません。

尤も、私が実際この目で学校内のバトルを見たのはPTAに携わっていた頃の話ですから、ずいぶんと前の話です。
近頃はそのようなことはないと思っていたらそうでもないようなので、今回、改めて等旗から見えてくる、教育委員会の指導の在り方を取り上げました。

公務員改革のほうは、給与制度改革についてです。

他市のことは分からないが、箕面市の職員さんは本当に忙しく働いてくれています。
なのに、聞こえてくるのが「給料が引き下げられる」とか「このままじゃ、皆のモチベーションを下げてしまう」といった暗い話ばかりでした。

これじゃぁいかんだろうということで、担当部局に2度3度と問い合わせ。
今回の質問になりました。

私が聞きたかったのは、今回の給与改革の全容はもちろんのこと。

組合と交渉して妥結してもらうことも大切だけど、組合に入らない職員さんもいることから、この最新の改革内容がどの程度職員さんに周知されているのか。
とか、

どのようにしてすべての職員さんに情報として流すのか。
とか、

将来的に働く人が減ってくる中で、
優秀な人材を確保するために、魅力ある公務員制度(給与制度)をどのように構築していくのか等でした。

今回、一般質問をやってみて。
一問一答方式にして、答弁がわかりやすくなったと思います。

一括方式なら、答弁者が、質問時間と答弁時間のバランスを見ていたのか。
質問はしたものの答弁は殆どもらえなかったといった項目もあったのですが。
この方式ならそのような方法で時間調整するのが難しかったのか。
全体的に見ても質問時間より答弁時間が長かったように思う。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

議会日記 | 07:59:02 | Trackback(0) | Comments(0)
機嫌
3月26日は、本会議でした。

来年度から施行される条例や予算などの審議が主な内容でした。

市側から提出された殆どの議案は、委員会で審査が行われ、委員長が委員会での賛否結果を報告します。

それとは別に、本会議の場で提出議案に対しあらかじめ議長宛に「反対」の意思を届け出る必要があります。
この「反対する議員が居る」という事で、初めてその議案の採決が採られます。

「反対する議員」がいない場合は、全会一致とみなされ。

「議案第・・号・・・条例、並びに議案第・・号・・・条例、(此処から幾つもの反対する議員が居ない議案が読み上げられ)を一括採決したいと思います。これらの議案はすべて委員会では採択されるものとして報告されていますが、これに意義は有りませんか」
「異議なし」
で、全会一致で採択されます。

昨日の本会議で、唯一否決された議案が有りました。

市民から請願で出された「国民健康保険料に関する請願です」
これは、「箕面市社会保障推進協議会」が提出し、日本共産党会派の2名の議員が紹介議員として名を連ね、議会に提出されたものです。(この状態で、議案として取り扱わなければならない)

この請願は、私が所属する民生常任委員会に付託され、提出者が出席のもと審議されました。
審議の結果は、「賛成者少数に付き、否決」と決まったが。
本会議でも、誰かが議長宛に「反対」の意思を表明しておかねばならない。

委員会での構成を見て。
「まっ、しゃぁないか」で、私が嫌われ役に。

本会議の討論でも、思いっきり嫌われ役に徹した。

結果は「賛成者少数に付き不採択」となりました。

この役は、本当に嫌です。
議員提出議案なら、完膚なきまでに叩き潰しても何ともないが、市民から出される要望を潰すのはちょっと・・・・。
辛いものがある。

おかげで、昨日一日機嫌が悪かった。


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:30:30 | Trackback(0) | Comments(0)
結果
大阪市長選挙が終わった。

選挙期間中は、触れずにいたが。
結果は、ほぼ予定通りというところか。

「何%くらいやと思う?」
「22~23%ちゃぅか?」

「何%くらいやろか?」
「25%はいかんやろうなぁ」

あちらこちらで、無責任な話に花が咲いていた。

大体、皆の予想どおりだったろうと思う。

思ったよりも無効票が少なかったのか?
私は、もう少し無効票が投じられると思っていたのだが。

昨日の記者会見で「信任が得られた」と言ったんだとか。

そりゃぁそうでしょ。
議会も市民も、最初から市長の不信任案を提出した訳でも無いんだから。
自分一人で、騒いでいただけなんだから。

6億円以上の金を使って、選挙をして。
一体何が変わったのだろうか?

市長の任期も残任期間だけだし。
市議会の構成も変わらないし。
都構想の検討委員会だっけ?そのメンバーもおそらく変わらないだろうと思う。

橋下市長と松井知事のコンビで、大阪での改革はかなり進んでいると思う。
今までのように、市と府がバラバラの2重行政と言われたころと比べれば、雲泥の差だと思う。
これは、ちゃぁんと評価しなければいけないだろう。

新聞を見ていると、自民党・公明党・民主党それに共産党までが、「次の市長選挙で一人の候補者を擁立するんだ」と書いてあった。
何を考えているんだか?

100歩ゆずって、自民・公明・民主だけならまだしも。
共産党と組んでどうするんだ!

もし、このような展開になったら、私なら迷わず橋下さんに1票投じるだろうな。

あっ、私は大阪市民ではなかった!
スミマセン。


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 08:33:26 | Trackback(0) | Comments(0)
遊ぶ
3月22日「春の子供フェスティバルIn箕面」が芦原公園で開催されたので、参加してきました。
と、いうより楽しく遊んできました。

金曜日の夕食時、土曜日の予定を聞かれた。
ババは集会に出かける、母は体調がちょっと・・・。
ジジは、・・・・。

「えっ、ジジも忙しいの?」
「はいはい、わかりました。うーん、そうやなぁ。よっしゃぁ、ジジが好ぇとこ連れってあげる」

「どこ?どこ?どこへ行くの?」
「いっーっぱい、遊べるとこ」

土曜日、朝から仕事を済ませ。
孫3人と出かけた。
11時過ぎに行ったので、どのコーナーも結構並んでいる。

一通り見て回って、覚悟を決めた。
「並ばんとしゃぁないな」

ジジが並び役で、やっと順番が回ってきて「ボールプール」に入れた。
ボール

「ミニはしご車」で記念撮影
はしご車

次が「バッテリーカー」
(写真の投稿ありがとう。せっかく送ってくれたけど、写真が大きすぎて掲載できませんでした。)

そして、「ミニトレイン」
汽車

最後に「フワフワエアマット」
遊具


まぁ、並ぶのに時間がかかるわ。
途中で「おしっこ」って言われて、トイレに駆け込むわ。
孫が一人迷子になるわ。
で、てんやわんやの半日でした。


今日は月曜日。
市役所に出かける前に、
「楽しかったね、また行こうね」
って、言ってもらってます。


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 13:40:33 | Trackback(0) | Comments(0)
スカート
某航空会社のCAの制服が物議を呼んでいるらしい。

膝上15cm(?)だとか。

新聞に掲載されている写真を見ても「ちょっとこれは」と思ってしまう。

ただ歩いている分には差し支えないだろうが。
この服で何かを取るために、前かがみにでもなろうものなら、こっちが目のやり場に困ってしまう(本当は嬉しいくせにって?)

もし、この航空会社に乗った時、何かサービスをお願いするにしても、ちょっと遠慮してしまうだろうな。

CAの美貌やスタイルの良さを楽しんだのは、昔の話だ。
そう、飛行機乗るのが特別な事で、乗るだけでそわそわしていたころの話だと思う。
今は殆どの人が単なる移動手段だとしか思っていないだろう。

CAも、「スッチー」と呼ばれたあこがれの存在から、客室乗務員と呼ばれる機内で世話を焼いてくれる人に変わったと思う。
客として求めるのが、美貌やスタイルの良さではなく、笑顔とサービスに変わっていると思う。

それをこのような制服が「好い」と思うこの経営感覚が一昔前のように思えてならない。

「スカート」ネタでもう一つ。
先日このブログにも登場した、某学校での出来事。

「交流の窓」と呼ばれるディスプレイの前に座った女子生徒。

ディスプレイの上部にはカメラが付いていて、そこからの映像がニュージーランド側に映し出される。
私が驚いたのは、床に三角すわりをしてディスプレイを見ていることだ。

スカートを着ていた。
その中には、体操服のズボンや、短パンを着ているのだろうと推測するが・・・。

ハット市の市長さんはじめ、向こう側の人はそれを見てどのような印象を受けられただろうか?
もし、私なら、日本の教育(特にしつけ)について首をかしげてしまう。

このような光景を近頃よく目にするようになったように思う。
コンビニの前、駅でも見かけることがある。

それに驚くのが、自転車に乗っている学生。
完全にスカートが捲れあがって、中の体操服らしきものが丸見え状態で走っている。

スカートを穿く意味が分からん!

前述の航空会社の役員さんや女生徒の感覚が新しくて。
私の感覚が「古い」のだろうか?

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 09:00:03 | Trackback(0) | Comments(0)
礼と節
3月19日、午後2時過ぎから福岡県に出張です。
今回は、20日に行われた福岡県柳川市にある「やまと学校」の卒業式への参加です。
看板1


此処は競艇選手の養成学校です。
以前このブログでも紹介しましたが全寮制で1年間競艇の選手になるために勉強するところです。

プロの養成学校ですから、規律の厳しさでは定評があります。
「礼」と「節」を重んじ、自らを律することがここでの教育方針だと思う。

プロの選手(野球やサッカー選手や力士)の中でも、競艇の選手(競輪もそうだろうか)は特殊だ。
自分の成績が賭けの対象になるのだから、自らにやましいところが少しでもあると、レース自体が成立しなくなる。

他のプロ選手に比べても、平均収入は良いのだとか。
それが原因なのかは、判らないが。
此処に入学するのは非常に狭き門らしい。

今期の卒業生が入学時には
応募者が1641名で、入学を許された者が36名。
そして晴れて卒業できた人が27人だったらしい。

生徒の経歴はバラバラ。
看護婦さんから、神戸大学の学生さんもいます。
今回も、下は18歳。上は25歳と年齢も本当にまちまちです。

厳粛な式典というのにふさわしい式典が挙行された。
授与1

参加させていただいた、私も思わず消防の時のように「ピシッ」っと背筋を伸ばして座らせていただきました。

卒業式の前に、競艇学校の卒業式らしく卒業記念レース「やまとチャンプ決定戦」が行われた。
これに優勝した松尾拓選手
優勝1
の戦績がすごいので紹介したい。

此処では、プロの競艇選手を育てるために常にレースが行われている(当たり前か)
レースは2日に亘って行われる事が多いようだが。

全8戦のレース結果で。
この選手の優勝が4回。
準優勝が3回だそうな。

1回だけ決勝戦に残れなかった(一度落水事故があった祖らしいので、この時だったのだろうか)ようだが、これは本当に驚異的な数字だと思う(私は、競艇には詳しくありませんので、差し引いて読んでください)

関係者に言わせると、この戦績でもいきなりの勝利というのは難しいのだそうな。

うーん。
プロの道は険しいんだなぁ。




テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:58:34 | Trackback(0) | Comments(0)
まど
3月19日は「箕面・ハット交流の窓、の開通式(?)」でした。

大型ディスプレイを窓に見立て、箕面市から姉妹都市のニュージーランドのハット市が見える様にしようという試みです。

ドラえもんの「どこでもドアー」を使えば、ドアを開ければハット市に行くことが出来るが、それはまだ夢物語。
今回の仕掛けは、「スカイプ」を活用して壁に設置したディスプレイの上部のカメラとマイクで、相互の様子が見れるテレビ会議のようなものです。
窓

これは非常に面白い試みだと思う。
箕面市は今年から、小中学校での英語教育に力を注ぐ事になるが。(関連予算の入った予算案を反対する議員もあると思うが何とか賛成多数で可決されるだろう)
「習うより、慣れろ」が大切だと思う。

これを使って、ハット市の子供たちと友達になってほしい。
友情を深めるには共通の言葉が必要になってくる。
自然と日本の子供たちは英語に親しみ。
ハット市の子供たちは日本語に親しむようになるだろう。

多少悪い言葉を教え合ってもいいじゃぁないか。
お互いを分かり合えることは非常に大切だ。
しかも、子供のうちに。

この設備を箕面市では「止々呂美の森学園」・「彩都の丘学園」(どちらも施設一体型の小中一貫校です)そして小野原にある「多文化交流センター」の3か所で。
ハット市では、エプニ・プライマニー・スクール」・「トゥイ・グレン・スクール」そして「戦争記念図書館」の3か所に設置するらしいです。

この事業も箕面市は「総務省のICT街づくり推進事業」を活用しているらしい。
ニュージーランドの方はNECニュージーランド(株)が支援してくれたのだとか。

この設備を例えば日本と韓国や北朝鮮や中国等。
外交関係でぎくしゃくしているようなところで設置すれば良いのだが。

子供たちが、お互いに理解し合う事が将来きっと役立つと思う。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:06:57 | Trackback(0) | Comments(0)
好位置
3月18日午前10時から小学校の卒業式が行われました。

今年の卒業式で、我が家の孫が一人卒業します。

来賓席の中央に座らせていただき。
昔、PTAのお手伝いをさせていただいていた時、親戚のおじさんが、地区の役員さんを務めてくれているという事で卒業式に招待された。
「孫の卒業する姿を真近で見れる」ことにえらく感激していたのを思い出した。

周りに座った人たちからも
「中井さん、今日は値打ちありますねぇ」
と言われ
「ほんまやわ、この席は幾らお金を出すと言っても座れんもんなぁ。ホンマに議員させていただいてよかったわぁ」

さて、卒業生の入場です。

首を伸ばして孫が入場してくるのを待ちます。
そして、ベストショットを狙って
入場

次は卒業証書の授与です。
その前に、自分の将来の夢を発表します
夢

うーん残念。
座る場所が良すぎて横顔しか写せませんでした。

「何時もの顔と違いますよ。おじいちゃんの顔になってますやん」
とからかわれたが。
何と言われようと、この席は譲れん!

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 06:33:39 | Trackback(0) | Comments(0)
行事
3月17日は、午前10時から「正副レクチャー」が有りました。

これは、箕面市役所が関与する、ありとあらゆる事が対象になる説明会のようなものです。

「・・・な事案が発生しましたので報告します」だとか
「・・・を・・・にしたいと思いますので報告します」だとか
「・・・な事が起こりました。議員の皆様にどのようにお知らせいたしましょうか」というのもある。

事前に分かっているものもあれば、緊急事態という事もある。
大きな事案は、議会で承認が必要な案件もある。
勿論、此処で聞くことは公表前という事が多いので、このブログに書き込むことは無い。

議長が、いらっしゃらない時には、議長を外してのレクチャーは有り得ないと思えるが。
副議長が居なくても議長に対してのレクチャーは有りうると推測するので、情報に乗り遅れないために出来るだけ市役所に詰めることになります。

以前にも書き込みましたが、就任当初は「何が何だかわからない」状態に陥り、あちらこちらと連れて行ってもらうので、議員本来の仕事がまるでできず、12月議会は散々な状態だった。

1月当初から、きちっと市役所に詰める状態が続き、「正副レクチャー」や公式行事が無い時は、副議長室にこもって勉強をさせていただいたおかげで、全ての作業を前倒しで進めることが出来た。

議会召集前には、一般質問がほぼ出来上がり。
議案発送後は、委員会の質問作りに精をだし。
今は、3月議会報告作りに精を出している。


昨日午後2時から、議長に同行させていただいて住之江競艇「JLC杯」の表彰式に行ってきました。
今節の優勝者は大阪府出身の「渡邊選手」です。
優勝


今年2勝目を挙げた注目選手だそうです(競艇は苦手で、情報が正確がどうかわかりません)
まだ27歳だとか。
この選手も、さすがアスリート(?)よく引き締まった体で、男前でした。



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:30:11 | Trackback(0) | Comments(0)
休日
昨日は、何もスケジュールが書き込まれていなかった。

本当に久しぶりの休日です。

土曜日の朝から、何度も翌日のスケジュールを確認して。
「よし」
で、ゆっくり休めばよいものを。
土曜日の夕方から、大根と白菜を収穫してきた。

娘婿が来てくれたので、一緒に夕食を囲み。
「明日は5時に起きて・・・」
ぶつぶつ言いながら就寝。

ところが、目が覚めたのが6時30分。
朝食は、バナナと桜餅と白湯で済ませ。
トイレも行かず、鏡も見ず。

一生懸命仕事して、何とか朝市に出荷できた。

午前中は、溜まっていた様々な事務処理をして。
「これで終わった。さぁゆっくり昼寝をしよう」

本格的に寝るつもりで、ベットに入ったのだが。
まだ、収穫していないサトイモが気になりだした。

「このまま、捨ててしまうのはあまりにもったいない」
で、結局起き出した。

嫁の
「どないしたん。今日は休みやろ」
の声も無視して、昼からも農作業に精を出した。

夕方6時前に、やっと終了。

夕食時、ふと気が付けば。
まだトイレにも、洗面所にも行ってないことに気付いた。

「もぅええか」

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:18:36 | Trackback(0) | Comments(0)
邪魔
卒業式シーズンです。
昨日3月15日は牧落幼稚園の卒園式でした。

親戚の子が、卒園します。
私は、来賓席に座らせていただきますので、ベストショットを狙っていました。
親戚
名前を呼ばれる瞬間です。

これから園長先生から卒園証書を貰いに行きます。
さぁ、ベストショットの瞬間です。
証書に手を伸ばした。
顔を上げてくれ!
さぁ、今だ。

シャッターボタンを押した途端に
手2
写ったのは、隣に座られた議員さんの手。

「あっちゃぁぁー」

気を取り直して
続けてシャッターを押す。
受領
「あぁぁ、遅かった。ベストショットを狙い過ぎた」

隣りから押し殺したような笑いが。
そう、隣の議員さん(手が写っている方は右側。この議員さんは左側)が私のスマホの画面を見ていたのだ。

「おしいなぁ、手しか写りませんでしたね」
「ほんまに、もうちょっとやったのに・・・」
と返す私。
厳粛に行われる卒園式、大笑いするわけにもいかず。
式は無事終了した。


午後2時からメイプルホールで 景観フォーラム「箕面のため池」が開催されると聞いたので参加してきた。

箕面の景観を守ろうと活動している「暮らしの景観研究会」が主催です。
私に情報をくれたのは、同会の方ではなく池を管理する水利組合の役員さんです。
「中井さん、箕面のため池を取り上げて、なんか話が有るらしいわ。一緒に出席しといてくれんかいなぁ。ややこしい話になったら困るんやわぁ」
「そーか、どんな話か解らんけど。一緒に行くわ」

おそらく、私と同じような情報や要請があったのだろう、各地区の水利関係者が結構参加していた。

箕面のため池の現状と課題として、調査報告があった。
ため池の成り立ちや役割など、客観的・中立的な立場で現状報告されていたので、先ずはホッとした。

続いて、農家サイドから見たため池の課題。
これも、淡々と当たり障りのない話。

続いて、大阪府大の准教授の加我先生が携わった、堺市での事例が紹介された。
泉北ニュータウンの北東側に位置する農村(調整区域らしいが、勿論その地区の周りは住宅地です)の現状と、対象となる耕作面積が大きく減少した農業用ため池の管理状況です。

どうやら、大きなため池の土手が管理不十分でひび割れしてきたことが事の発端らしい。
少なくなった農家では手に負えない状態になり、新・旧住民が管理していく道を模索し。
上手くいっている(らしい)という事例報告でした。

「この姿は、おそらく20年後の箕面市の姿になるんだろうなぁ。今から勉強しておく必要があるのだろうなぁ」

続いてパネルディスカッションが行われた。
水利組合の役員さんが2名。
市役所の担当課長。
市民代表(山麓保全活動をされている方)ともう1名(主婦の視点らしいです)。
そして主催者の景観研究会からが2名。
コーディネーターは、加我先生でした。

パネリスト

農家の代表もあまりきつい事も言わず。
他のパネラーもあまりきつい権利の主張もせず。

「そうだよねぇ。これならお互いに認め合い、話し合いのテーブルについて前向きな話し合いが出来るのかなぁ」
と思っていた矢先、一人の参加者がいきなり発言を求めた。

どうやら、箕面市内にあった多くのため池が潰され公共施設が建てられていることが気にくわないらしい。
それを誰かのせいにして糾弾したかったようだ。

「あぁぁあ。せっかく農家も非農家も前向きに話し合える場が生まれかけたのに・・・・」


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 09:42:52 | Trackback(0) | Comments(0)
感動
3月14日は中学校の卒業式でした。
私は、地元の「箕面市立第1中学校第67回卒業証書授与式」に参加させていただきました。

授与

卒業式が厳粛に行われた。
答辞
これは卒業生の答辞の模様です。

これより前に在校生の送辞が行われた。
在校生代表は、現生徒会長だろうと推測するのだが。
まぁ、この生徒の立ち振る舞いの見事な事。

感動した!



この日は、午後1時30分から北大阪急行南北線延伸事業化特別委員会が開催された。
この委員会の構成メンバーは議長を除く、22名の議員です。

この委員会の立ち上げを検討する場(幹事長会議)で、構成メンバーに副議長も外すのか、否か、が問題となったが。
加わることが決まったので、出席させていただきました。

ですから、極力聞いているだけに徹しようと努めました。
ただ、2期目以上の議員がほぼ賛否の意見を述べる様な展開になったので、最後に賛成意見を述べさせていただきました。

さて、本特別委員会での採決ですが。
反対4票、賛成18票で、北大阪急行南北線延伸の事業化関連予算等が承認され、次の本会議で委員長からの特別委員会での審議結果が報告され採決されることになりました。
(本会議と同一メンバーでしたから、おそらくは本会議でも同じ結果になると思います。

委員会審議の中で取り上げたいのが、無所属の市民派と言われる議員の質問だ。
もう無茶苦茶。
日頃から、自然界に負担を与える車社会に反対しておられる。
鉄道線が引かれることで移動効率が格段に改善され、排出される二酸化炭素量も減じると思うのが、この議員は意味不明のことを並び立てて、質問された。

意見陳述でも
「私は、鉄道線の延伸に何も反対するものではありませんが」と前置きしたので
私が、思わず「賛成か?」と思っていたら。
自分が主張している「低炭素社会」に真っ向から立ち向かうのか?
と思えるような、理由の並べ立てて「反対」した。

まだ共産党さんのように筋道が通っているのならまだしも。
その時々で、まるで真逆のことを主張して反対する。
そしてその事業が実現し、有権者が喜んでいるのを見たとたんに、再び主張を変え、まるで自分がこの事業の先駆者であるかのように振る舞う。

この議員の態度には、前述の生徒とは逆の意味で

感動した!

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:15:10 | Trackback(0) | Comments(0)
総務
3月13日は、総務常任委員会が開催されたので、傍聴してきました。

終了時間は午後6時30分頃だったと思う。

文教や、民生に比べたら早く終わったように思う。
これは今日(3月14日)に北大阪急行線延伸の事業化に向けた特別委員会が開催されるため、一番議論を呼ぶであろう項目が、この特別委員会に振り替えられた為だ。

そのような中でも、昨日の目玉は「箕面市財政運営基本条例」の審議だろうと思う。
これは、箕面市の財政を健全に保つための条例で、大阪府が制定した同名の条例を参考に作られたものだそうな。

今年の予算は、実に10年ぶりに臨時財政特例債(政府が地方自治体に出すべき交付金が出せないため、後で国が交付金で補填するとしている市債)を除いても当初予算段階で経常収支が100%を下回った(完全収支均衡というらしい)。

つまり、我が家に例えると、完全に毎月の収入内で毎月の家計がやりくりできることが達成できた。(ボーナスや借金を当てにしなくても、よくなった)
この一見当たり前に見えることが、なかなか実現が難しかったのです。
他市が発表する経常収支比率もほとんどこの臨時財政対策債が含まれたものらしい。

箕面市の場合は、特に先の市長が残した課題(市民の要望をなんでも聞いていたため歳出が膨れ上がった)の処理に6年近く掛って、やっと完全収支均衡状態に戻すことができました。

今後、誰が市長になろうとも、原則として財源の確保なくして、予算は組まない(歳入の範囲内で歳出を抑えるが、もちろん大災害時等はこの限りではない)。
というのを財政運営の基本とする。


ですから成り立ちは、大阪府の財政運営基本条例とはまるで違っています。
(大阪府の場合は、かなりの債務超過に陥ってたので、財政健全化を目指すための条例だと思います)
が、財政運営の透明性だとか、計画的な財政運営を行うことは同じです。

まだ、昨日審議されたところなので、理解はしているつもりですがうまく表現できてません。
ごめんなさい。




テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:29:29 | Trackback(0) | Comments(0)
バス
3月12日は建設水道常任委員会でしたので、傍聴してきました。

この日は、通常より30分早く「建水常任委員会協議会」という形で始まった。
市民から「大阪緑風観光株式会社に関する要望書」が提出されたので、これを審議するので30分早く始めた。

この件は、「彩都の丘学園」(箕面市彩都地区に作られた小中一貫校です)の近くの市境に、大阪緑風観光の駐車場(営業所)が開設され、同社の「追手門学院」と書かれたスクールバス40台が「彩都の丘学園」の校門前を通行するので危険だ。わざわざ校門前を通る西側ルートではなく、東側を通行するルートに変更しても、道幅や主幹道路までの距離は変わらないのだから、ルート変更をお願いしたい。
というものです。

地元自治会や保護者とバス運行会社との協議がうまくいかなかったのか?
箕面市に要望があり、続いて議会にも要望書が提出されました。

2月に行われた交通対策特別委員会前に各議員に渡っていたので、すでにこの委員会で取り上げられ、市の対応の方針もほぼ決まっていた。
が、改善されないことに業を煮やした保護者等から、重ねて強い要望があり、今回の委員会での審査となりました。

もちろん委員会でも、改善を求める意見が全会一致で採択され、次の幹事長会議の場で議会としての対応が決められるだろうと思う。

手段としては、
議会として該当する当事者に改善を促す決議をする。のか
議長名で改善要望書を関係者に出す。のか
議会として、市長にしっかり対応するよう要望して、市長名で関係者に改善を求める文書を出す。のか位が考えられるのだが。

昨日も議論の中に有ったが。
このルートを通らないと仕方ないのならともかく。
学校があることで、児童・生徒が行き来するルートなのだから・・・。
なぜ、このルートにこだわるのかが分からない。

早く改善しないと、運航している緑風観光より、名前が書かれてある追手門学園のほうがダメージが大きいと思うのだが。



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:19:12 | Trackback(0) | Comments(0)
不完全燃焼
3月11日は民生常任委員会が開催されたので参加してきました。

「国民健康保険料の値下げを求める」請願が提出されていたので、これの審議が冒頭に行われた。
今回の請願の紹介議員は日本共産党会派に所属する議員さん2名です。
(市民等から提出された要望書・意見書は、箕面市議会議員の紹介(裏書のようなもの?)があれば、請願として議会が受理し、委員会へ付託し、審議を経たのち、本会議で審議され、採決されます)

前回までは、紹介議員だけが請願の趣旨説明を行い、他の議員からの質問に答えていたが。
今回から、要望書(請願)を提出した本人も委員会に出席し趣旨説明と答弁ができるようになった。
しかも、今回の提出者が、自ら説明や受け答えをするとのことだった。

審議をするには、提出者の本意を質問で正さなければいけない。

これが議員間のやり取りなら、遠慮なく突っ込みを入れるところだが。
相手がなぁ・・・。

傍聴席には座り切れないほどの市民(だと思うのだが?)が集まっているし・・・。
ちょっとやりにくいなぁ・・・。
ということで、対処について非常に困ったというのが正直なところです。

だからと言って、「無理なものは無理」とはっきりと議員としての意思表示もしなくてはいけないし・・・。

こうなることは、想像していたので、きっちりと文書を作り、それを読み上げることにした。

なんとなくぎこちない質問になってしまったことは否めない。
質問の後、採決をとるまでに意見を述べる必要もある。
これも、数日前から文章を作って用意していた。

審査の途中で、意見の中に「これも入れたいなぁ」と思う部分もあったけれど・・・。
これもぎこちない意見陳述になってしまった。

誰だって、国保料金は安いほうが好いに決まっている。
しかし、かかる医療費等の経費を考えれば、必要となってくる保険料は自ずと決まってくる。

それをこの会派の議員や、・・派と言われている議員のように。
「生活困窮者の気持ちが、判らないのか!」って主張し。
委員会室に多くの支持者に集まってもらって、まるで正義の味方のように振る舞われてもなぁ・・・。

これに反対すれば、血も涙も無い人間みたいに言われてしまう。

この議員たちは、まるで金が空から降ってくると思っていやがる!
赤字を出して、累積赤字を増やしてしまえば、その尻拭いをいったい誰にさせるつもりなのか!
無責任な発言もいい加減にしろ!
って、言いたかったけれど。

傍聴席には、多くの市民(?)が傍聴に来ているし・・・。

なんとなく、不完全燃焼で終わってしまった。


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 17:45:07 | Trackback(0) | Comments(0)
現場
3月10日は文教常任委員会が開催されましたので、傍聴してきました。
終了は午後9時でした。

冒頭常任委員会開会直後に委員長が一時休会を宣言し、市民から出された要望書の取り扱いについて話し合われた。

取り上げられたのが、サンプラザ8階大会議室の予約開始時期を3か月前から6か月前にしてほしいというものです。

他の会議室も3か月前からの予約ですが、この場所は会議にも、ホールとしても使用できるため。
ホールとして使用するには準備その他で半年、できれば1年前から場所の確保をしておきたい。
との意向があったようだ。

この要望に反対する理由もないが、さりとて市営各施設の利用予約システムを統一化したばかりなので・・・。
「他の施設との兼ね合いを図りながら、できるだけ速やかに要望を実現できるよう図ってほしい」
との結論に落ち着いたようだ。

常任委員会からの意見を受け、幹事長会議棟でとりまとめ、議長名で要望書を出された人に回答を送付することになるのだろうと思う。
また、行政側に対しても議長名で意見を送付することになるのだと思う。

もう一つ、文教常任委員会で会議を中断する事案が発生した。
委員長と副委員長の協議の結果
「審議を一時休憩いたします」と宣言され、マイクのスイッチが切られたので、他の場所にいたら何が起こったのかわからない状態になっただろうと思う。

この部分に関しては、おそらく会議録にも記載されないだろうから、ここでの書き込みは避けます。
このようなハプニングに出会えるのも傍聴に行けばこそ。
やはり、なんでも現場で見るのが1番です。


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 12:42:31 | Trackback(0) | Comments(0)
機嫌
3月9日は「第6回箕面森町妙見山麓マラソン大会」が開催かれたので、開会式に参加してきました。

今回はゲストランナーに「高橋千恵美」さんをお迎えしての開催だそうです。

加えて、先の日本女子駅伝に大阪府の選手として活躍された何とか姉妹が参加されていた(ごめんなさい、名前まではちょっと?)

うん、この駅伝放送は確か見た記憶があるのだが・・・。
そういえば、「どっかで見た娘さんやなぁ」と思ってみていたのだが。
スタート前の選手紹介(?)で初めて知った。
握手してもらえばよかった(ミーハーでスミマセン)

開会式が終わり、いよいよスタートです。
15分前
とはいっても、この写真を撮らせていただいたのはスタートの15分前です。

15分経って、いよいよ3kmの組のスタートです。
スタート

この組の後ろの方に、
「いました」
箕面市の秘書課グループ。
なんでも、・・さんの「皆さんも出場するんでしょう」の一声で出場が決まったらしい。
かわいそうな一団です。
秘書課

私も、開会式前に「あれ、中井さん服装違うじゃぁないですか」って、言われたけれど。
「わし、ひざ痛めてるノン知ってまっしゃろ。明日からの委員会で、わしが膝をさすりながら、怖い顔で席に座ってる姿想像してみてから、それ言うてくれる」
「そうですね、出ないでください。お願いします」
で、大笑い。


我が家のサクランボの花が咲き出しました。
開花

この花が咲きそろうまでに、ジャガイモを植え付けなければいけません。
忙しい合間をぬって、農作業に精をだし。
昨日半日かかって、ビニールマルチを張りました。
マルチ

全長約200mです。
終わったのが、6時少し前。
もう、くたくた。
慣れない(?)農作業で、腰は痛いし、膝も、肘も悲鳴を上げている。

勿論、今日は機嫌が悪い。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:18:57 | Trackback(0) | Comments(0)
偽装
「佐村河内守」とか言う人の正体がばれたんだとか。

私は去年放送された「NHKスペシャル」でその存在を知った。
「すごい人がいてるんやなぁ」
一度、CDを買ってみようかとさえ思った。

「NHKが紹介するくらいだから疑う余地はない」
と思っていたが、そうではないらしい。

食材偽装問題が大きく取り上げられた。

何とかエビをクルマエビだと称し、それなりの料金で提供していたのだそうな。
・・ホテルという一流ホテルで食べるのだから、「ほんまもんは、おいしいなぁ」と納得して食べていたと思う。
同じ食材を同じ値段で下町のレストランで食べれば「ここはちょっと高いけどおいしいなぁ」と思っただろう。

後で、メニューにクルマエビと書かれてあったが実は何とかエビだったと判った時。
ホテルのレストランの方は「騙された」と思い、下町のレストランの方は「ふーん、そうかもな。しかしおいしかった」で、終わると思う。

今回の創造の発端になった(?)のが「NHKスペシャル」ではなく、民法の娯楽番組だったら?。

色々考えるだけで面白い。

以前このような事象を取り上げた映画を見た。
題名は、もう忘れたが「何とかチャンプ」といったと思う。

スポーツライターが街で見つけた浮浪者が元世界チャンピオンだった。
一生懸命裏付けを取る。
世紀の一戦と言われた試合の当事者でしか知り得ないことを知っている。

「幻のチャンプ」と言われた人を見つけた。
彼の記事が大反響を呼び、一躍有名人に。

ところが、「幻のチャンプ」の息子が表れて、「全てがウソだった」となってしまう。
そう、この浮浪者は、対戦相手だった。

アメリカでは、このようなでっち上げ記事に対し厳しいらしい。
そりゃぁそうだわ。
でたらめな記事で人を信じ込ませたら、そのもの自体がまるで違うものになってしまう。

この記者のその後は・・・
がストーリーです。

NHKはこの件を取り上げた担当者をどのようにするのだろうか

NHKも「我が方も被害者だ」的な発言は止めて、これを放送した責任をどうとるのか?明確にするべきだろう。



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 08:25:02 | Trackback(0) | Comments(0)
模擬
昨日も本会議が開催されました。
本会議終了後、一問一答方式に変わる一般質問の勉強会が開かれた。

議会のホープ「田中議員」と「原田議員」がそれぞれ違うパターンのシナリオを使っての模擬議会です。

トップバッターの田中さん(公明党に所属する女性議員です)には、いわゆる一問一答形式の無難なパターンのシナリオでお願いした。

空き家対策という大項目に従って、
1、・・市では何軒の空き家があるのか
2、空き家を特定する方策について
3、空き家が引き起こす様々な課題とは
4、・・市ではどのような対策を採ろうとしているのか。

以前の一括質問・一括答弁ではこれらを全て質問した後に、全てを答えていたので、例えば3の部分が答弁されなくても解らない事が問題だったと思う。

これが、大綱1項目「空き家対策」。
続いて大綱2項目「通学路の安全対策」
大綱3項目「保育園での事故防止」

なんてことになれば、この市がとろうとしている対策が、どの項目に対するものなのか解らなくなる事が問題だったが、一問一答方式の採用で解消されるだろうと思う。

彼女には、一つ一つの質問が終わった時の動作、次の質問に移るときのタイミング、それぞれの答弁者の動き、議長の発言、発言の残時間の周知等々をシュミレーションしてもらった。

原田議員(我が自民党のホープです)には、かなり意地悪な質問原稿でお願いした。
質問に対する答弁に引っかかり、それの真意を確かめるべく質問を繰り返したので、質問途中で時間オーバーになるという想定だ。
人選をしたとき、「彼ならどのようなパターンでもこなせる」と太鼓判を押して決めた。

質問の最中に周りからやじられながらも、無事(?)予定通り(?)予定の場所で。
議長の発言で、質問が中断された。

なにせ、途中で止まったものだから、この先どのような質問になるのか判らない。
この対応について、議論沸騰。
「前もって答弁調整しているんだから、答えてほしい」という意見や。
「時間切れになった議員が悪いんだから、聞くことが出来た質問に限って答えればよい」だとか。
市長サイドからも、「時間切れになるのが判って、自分の意見だけを言って終わられるのも困る。市の見解を言えるようにしてほしい」

等々、様々な意見が出たが、最後は
「とにかくやってみましょう。課題が出た時点で解決していきましょう」
との議長発言で、収まった。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:05:32 | Trackback(0) | Comments(0)
理解
3月6日は、本会議が開催されました。

この日は、市長の施政方針を受けての代表質問です。

昨日は4会派の質問が行われました。

今日は、残る1会派(自民党市民クラブ)の代表質問と議案説明等が行われます。


さて、
昨日我が家に自民党の広報誌が届いたので少し手を加え、紹介したい。

わたしたち自民党「候補者を立てない」理由を、お話します。

私たち自民党は、今回の市長選挙で、候補者を擁立しません。
その理由はただ一つ。


「気に入らない事があれば市長選挙をする」という「市長」のわがままが、わたしたちが参戦することで、正当化されれば、結局一番損をするのは市民なのです。

今回の選挙やること自体が無意味だ。

その理由として
先の選挙で、4年間の市政運営を付託されたのに、それを全うしようとしていない。
有権者の意思(リコール成立)でも、議会の議決(不信任案の成立)でもなく、全くの独りよがり。

再選されても、議会や法定協議会の構成が変わらない以上、議会での議論に変化があるとは思えない。
市長の意思で法定協議会のメンバーを入れ替えることは、できない。(もし、そのようなことをすれば2元代表制で成り立っている地方自治の否定につながる)

この選挙で6億円以上の血税が無駄に使われる事を知ってほしい。
といった内容が書かれています。

そして裏面には
政府・自民党の地方自治法の改正案が紹介され「これで2重行政は無くなります」と書かれています。
政府・自民党案では「知事と大阪市長と堺市長(政令指定都市)が、それぞれに関係する課題を話し合う場を設け、統一した方針を構築する」大阪広域戦略協議会を作ることになっている。
とのことだ。

確かに以前は。
市長と知事が。
大阪市と大阪府が同じような組織や施設を大阪市内に作り、「無駄やなぁ」と思えるものがあったので、先のW選挙の後は、市長と知事が同じテーブルに着き、その課題を解消していったのではなかったのか。

維新の会が訴える2重行政ってなんやろか?
あっ、そうか。
確かに、大阪市内に市立・・と府立・・がすぐ近くにある。
ホンマにこれは無駄やなぁ。

この件に関してはいわゆる2重行政の解消策として、有権者の支持を得ていたと思う。

しかしその後に出て来た「市長と知事が仲がいいとは限らないので、大阪都構想が必要や!」
というのが、維新側の考えだろうと思うが。
ここからが、私には理解できない。

それより、他の選挙が忙しく、中途半端で放り出してしまった水道局の統合だとか、地下鉄の民営化だとか。
今の体制でも、改革可能な事案が沢山あるはずだ。

橋下市長・松井知事のコンビには、4年間でせめてこれらのことに道筋を付けてもらいたかった。


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 07:27:49 | Trackback(0) | Comments(0)
辞表
昨日の産経新聞の朝刊に曽野綾子さんのエッセーがあった。

NHKの会長が理事に日付のない辞表を書かせ、預かっている。
という行為が「けしからん」と書いていらっしゃる。

私も消防団長になった日(辞令をいただいた日)に、真っ先にしたのが日付のない辞表を書いて、消防長に預けることだった。

此処で問題になるのが。
自らしたのか。
促されてさせられたのか。
の違いだろう。

さらに、
教えていただいて、納得して書いたのか。
いやいや、させられたのか。
で、まるで違うことになる。

曽野さんも、自らすすんで日付のない辞表を前もって用意しておくべきだとの意見だと思う。

私の場合は、教えていただいて、
「もし、私が飲酒運転等で逮捕されたとき、即座に団長を辞めさせていただくことで(それで責任が果たせるとは思わないが)少しでも組織に迷惑を掛けたくない」
と、納得して書かせていただいた。

私は、辞表を書くことで「自分の責任」の重さを改めて痛感させられた。
今でも好かったと思っています。

同じことを言われても、どのように受け取るのか。
で、その後の展開が大きく変わるのだろうと思う。
その結果、誰が苦しむのだろうか?

一度、その言葉の裏を探ってしまえば、どんどん疑念の渦に巻き込まれてしまう。

自分が作る疑念地獄にはまってしまうだけだ。




テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 07:56:29 | Trackback(0) | Comments(0)
総会
3月4日はKKRホテル大阪で、大阪府市議長会の「正副会長会」に引き続き「理事会」そして終了後「第271回総会」が開催されたので、参加してきました。

以前にも書き込みましたが、箕面市は平成25年度が大阪府市議会議長会の副会長市。
そして、26年度が会長市になることが内定していましたが、昨日の総会で正式に就任することが決定しました。

総会の会場から見た「大阪城」です。
大阪城

そして、会場は府下33市(顧問の大阪市と堺市も含まれています)の正副議長さんと事務局長さんが参加されますのでこのような感じになっています。
KKR

総会で会長市に選出されてから、新正副会長市が集まって会議が開催されました。
ちなみに副会長市は、八尾市さんと交野市さん、そして、阪南市さんです。

これから1年、ご協力よろしくお願いします。

終了後、大阪府庁にご挨拶にお伺いしました。
本会議中とのことで、知事や府議会議長にはお会いできませんでした。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 17:13:31 | Trackback(0) | Comments(0)
番組
我が家では、食事中にテレビは見ない。
孫たちにも守ってもらっている。

見たい番組があっても、番組の途中であろうと、嫁の「ご飯やよぉ」でテーブルに着く。
テレビは隣の部屋。
一度、食事の最中に戸を開けてテレビを見て、私に叱られた。
それ以来、必ずと言っていいほどこの習慣だけは守られている。

昨日、食卓に着いたのが7時15分頃。
食事の前に夕刊を見ていた。

テレビ番組欄を見ていると、NHKの7時30分から「クローズアップ現在」
「“閉鎖性”を変える?教育改革大阪の陣」

ちょうど、一般質問の小ネタで頭を悩ましている真っ最中。
「これは、見なくては」

時計を見れば7時25分。
孫たちもテーブルに着き、まさに「いただきます」という瞬間。

「今日の晩飯、ワシの部屋で食べる」
「どないしたん?何も寒い部屋で食べんでもえぇやん」
「7時30分からの番組見たいねん」
「それやったら、隣の部屋で食べたらえぇがな」

「ジジィは自分勝手やなぁ」
孫たちの冷たい視線を浴びながら、湯呑み(お茶碗といいたいところですが、夕食は1杯の焼酎のお湯割りです)を片手に隣りの部屋のテレビを見ていた。

「おっ、大阪府の教育長や。へぇぇ、こんな事してはるんや。へぇぇ、ふぅぅん」
感心しながら見ていたが、実は、私はタイトルを見たとき
「箕面市が取り上げられるんちゃぅか」
と、ひそかに期待していた。

後半になって、箕面市が取り上げられた。
出てくる人たちは、全て顔の知っている人たち。
紹介された、教育委員会の活動もほぼわかっているつもりだ。
忙しくて、教育委員会議の傍聴には行けないけれど、情報として耳に入っている。

先日も、教育委員さんと文教常任委員会のメンバーとの懇談会が開催されたらしい。
後で、話の内容をメンバーの一人から聞いて。
「傍聴したかったなぁ」

NHKはかなり好意的に番組を作ってくれていた。
見ていて、こちらも嬉しくなった。



テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:20:32 | Trackback(0) | Comments(0)
錆び
機嫌よく「コムス」に乗ってます。

この車が便利なのは、駐車スペースが小さいため、駐車場の端地でも止められることです。
駐車スペース

以前、市役所の駐車場に議員が駐車しているのは「おかしい」という投書(?)があったのだそうです。

私のように近所に住んでいる者は、ただ市役所に通うだけなら歩いても良いのだが。
何時、市民からの要請で指摘された現場に行ったり、例えば病院や学校に駆けつけなければならないかもしれないので、自動車は必需品です。
近隣各市を調査しても、市役所に隣接した形で議員用の駐車場は確保されている。

普通の自動車に乗っている分には、余程特徴のあるナンバープレートでも付いていない限り、あれが議員の車だとは解らないのだが。
私のは特徴がありすぎて、すぐに判ってしまう。

駐車場に空きがあれば問題ないのだろうけれど、満杯で順番待ちで並んでいるような時は気が引ける。
悩んだ末見つけたのが、この空きスペースです。

ただ、此処に駐車すると横の木の枝にとまった鳥に糞を落とされる。
フン

ひどい時には見るも無残な姿になっている時もある。

先日、あまりに汚かったので、さすがの私も洗車した。

洗車していて気付いた。
「あぁー、こんなとこ錆びてる!」
錆2

「ふつう、こんな所錆びるか?」
周りを見たら此処も
錆

こんなとこまで。
錆3

大丈夫かいな。この車

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

しょぅもない話 | 18:14:27 | Trackback(0) | Comments(0)
日記
金曜日は夕方6時30分から「ささゆり園」で「障害者差別解消法」の勉強会が有ったので参加してきました。

その講師の先生曰く。
障害とは、以前はその人が持つ一つの特徴を「障害(障害者)」と認識していたが、その人が当たり前に社会生活を送ることが出来ない事象を「障害(障害物?)」と認識すべきだ。

要するに、その人に問題が有るのではなく。
その人の活動を阻害する要因こそが問題だ。

と言うような事をおっしゃりたかったのでは、ないのだろうかと推測(推測ですよ、すみません、難しすぎて理解できなかった)しました。

おっしゃられるような社会を構築していこうと思えば、どれほどの費用が必要だろうか?
悪い癖で、つい計算をしてしまう。

出るのはため息ばかり。


土曜日は昼から住之江競艇へ「サザンカップ」の表彰式に参加してきました。
松野選手

この人が今回の覇者「松野京吾」選手です。

司会者の方も盛んに「イヤーお若いですねぇ」言ってたが、幾つだと思います?この松野選手。
御年57歳だそうです。

今回は、57歳で、57回目の優勝だそうです。
それほど体力には左右されない競技(?)かもしれませんが、それでもすごいです。

固い話から、娯楽(私には仕事ですが)まで。
もう何が何やら分らん!

今回は、前後の話に何の関連もありません。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 17:21:52 | Trackback(0) | Comments(0)
植え付け
昨年の秋は本当に忙しかった。
おかげで、エンドウ豆・そら豆・玉ねぎ等々何も植え付けていない。

我が家の孫たちは、ジジの作ったエンドウ豆や玉ねぎなどが大好きで、よく食べてくれる。

何も作っていない事に気付いたのが1月に入ってからだ。
勿論玉ねぎの苗も無いし、エンドウやそら豆をそれから種を蒔いても上手くいくはずもない。

ところが、先週木曜日コーナンに行ったらスナップエンドウの苗が売ってた。

「ダメ元」で10株買ってきて、今朝植え付けました。
エンドウ

我が家に隣接したわずかばかりの畑。
去年にナスやシシトウを植えてそのまま放置していた場所を、朝から貝殻石灰と牛糞を撒き。
耕して、植え付けました。

「こんなんで、育つかしら?」
かなり心もとないが。
「1株に10個くらいでも実を付けてくれたら」
祈るような気持ちで、見守りたいと思います。

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

中井農園日記 | 12:55:50 | Trackback(0) | Comments(0)