■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
団結
3月28日は、箕面市消防団のポンプ車配車式が9時から挙行されました。

「9時から?」
「そう、9時からです間違えないでくださね!」

何回も念を押された。

3日ほど前に
「8時45分に議長車で消防署へ向かいますので。よろしく」
「ふーん、議長車で行きますか。8時45分ね」
「はい。8時45分です。間違えないでください!」
「はい、はい。あっ、はい、は、1回ね。はい!」

前回の配車式に遅刻してから、この手の行事はトラウマ状態になってしまっている。


配車


これで、25年度は箕面市が、消防団のポンプ車を3台貸与することになります。

私が、消防団に入団したころ(40年前です)は、消防団はそれぞれの地域の物だった。
私の住む「桜」地区では。
桜地区の人たちがお金を出し合ってポンプ車を買い。
ポンプ車の車庫を建てた。
そのころは、消防団活動のすべてにおいて「おらが村の消防」意識が高かった。

今でいう、「自助」「共助」の意識だけはしっかり持って団結していたように思う。
「公助」などあてになるか!
何が有ろうと、自分たちの村は、自分たちで守るんじゃ!
我々の「歯を食いしばってやる行動」はハングリー精神(?)に支えられていたのだろう。

今は、ポンプ車は公費で買ったものを、各分団に貸与します。
格納庫も公費で建てます。
その他の装備ももちろん公費です。

消防団だけではない、防災関連もそうだと思う。
装備は公費で揃え、防災計画や組織づくり、訓練の計画まで市がお膳立てをしている。

この状態が決して悪いとは言わないが。

「これでは、団結心は育ちにくいだろうなぁ」
と思うのは私だけだろうか?


スポンサーサイト


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 17:34:59 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。