■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
解決策
先日、このブログにも書き込ませていただいた「彩都の丘学園前の道路を通行する大型バス」に対する地元自治会からの要望について、議会としてどのように行動すべきか、一定の方向が結論付けられたので、3月3日の午前中に、UR都市機構と緑風観光(株)の両社に議長名の要望書を持参し、要望活動を行ってきた。

昨日、正副議長が要望として申し上げたのは、
「彩都の丘学園」に通う児童・生徒の安全を守るために、是非ともご配慮いただきたい。
の1点のみである。

両者とも、丁寧な応対をしてくださり感謝している。
昨日中に、両者の話し合いの場が持たれ、本日(3月4日)に一定の改善策が示されるとのことである。

3月3日は、東京都墨田区から、自由民主党会派に所属されている区議会議員さん方が箕面市に視察研修に来られた。

これは、議会事務局を通しての視察研修ではなく、箕面市議会自民党市民クラブとの付き合いから実現したものらしい。

研修は、箕面市の「ふれあい安心名簿について」と「子ども総合窓口及び子ども行政の一元化について」行われた後、11時から両議会の意見交換会、そして終了後、場所を移して会食をしての意見交換会が行われた。

この会の参加に関して
「参加する」
「いや、できない」
「出来そうになった」
「やっぱり無理」
と3転どころか、4転、5転してしまい、我が方で準備をしていた議員に迷惑を掛けてしまった。

これは、先述の要望活動を行うべきか、否かが、直前まで決めづらかった事によるものだ。

地元からの要望自体にも、様々な未確認情報が飛び交い、何を信じどのように行動すべきかが、非常に読みづらい状態にあった。
地元自治会の一員と称する人たちも様々あり、どの方の意見を地元住民の意見として拝聴すべきかも、議員の思想や信条で大きく異なるように思えた。
が、議員個人としての要望ならともかく、議長名での要望となればよほど慎重を期すべき必要がある。
議会が行政執行側に要望するのならともかく、直接当事者に行うというのだから、なおさらである。

要望をする・しない、も含め正副議長に一任されたので、なおさらギリギリまで議論を重ねた。
且つ、新学期開始時には改善してほしかったので、残された日数もなく、本当に悩ましい問題だった。

結果として、前述の1点に絞った要望を2社に出向きお願いするという事になった次第です。

緑風観光に関しての当面の課題は改善されるものと思うが。
「彩都の丘学園」に通う児童生徒の安全に関しては、何か、根本的な解決策を講じる必要があるだろうと思う。

同学園の南側を通る国文4号線が全面開通すれば、交通量が格段に多くなることが予想され。
加えて、彩都の同学園の北側に位置する企業誘致地区が出来上がれば。
校門前の道路にも侵入してくる車両が増えることも予想される。

私としては、早急に同学園南東交差点に歩車分離型の信号機の設置と、校門前を通る道路をスクールゾーンとして指定してもらえるよう働きかけたい思う。
スポンサーサイト


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 08:09:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。