■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
森林
昨日は、森林組合の方が「箕面の山を守りましょう」という話題で訪ねて来られた。

山を、景観の観点だけで見るのではなく、もっと多面的に見ましょう。
といった趣旨かと理解した。

山は、手を入れてこそ安全が保たれる。
樹が大きくなりすぎると、樹影で下草や灌木が生えなくなり、表土が流され、土砂災害の危険性が増す。
スギやヒノキの人工林ならなおさらだ。
密生しているために樹影がひどく、灌木が育っていないので表土の流出がひどく、密生のため1本の木が根を張る場所も限られ、土石流が発生しやすくなる。

箕面市は結構な広さの市有林を所有している。
箕面の山には国有林もあるが、国有林の方は割と管理がされているらしい。
ところが、市有林の方は放置されたままらしい。
私有林の管理がどうのこうのという前に、先ず市有林をきっちり管理しないと行けないんじゃぁないか。

楢枯れの対策が不十分だ。
このままだと、箕面の山の広葉樹(ナラ・カシの類だけですが)が無くなってしまう。
大変なことになる前に、もっと予算措置をしてほしい。

特に市街地に近い里山の手入れこそが、市民の安全の近道だ。

公共施設にもっと木材を活用してほしい。
躯体はともかく、内装に箕面産の材木を使うべきだ。

等々訴えていらっしゃった。

「お話は、よくわかりますが。予算がなかなか厳しいんです」
と、お話をさせていただいたが。

里山は我々の生活環境を守っていくうえで、非常に大切なものだと判ってはいるが。

財源の確保と、効率的な事業化を考えたとき、私ももう少し咀嚼をして、好いアイディアを生み出さねばなるまい。
スポンサーサイト


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

昨日の出来事 | 07:29:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。