■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
判断
今朝、産経新聞を読んでいると
「三井商船中国に40億円」
「日本は譲歩」波及の恐れ。
という記事を見つけた。

記事の中にも書かれていたが、
何故?
今頃?
と、私も思う。

今回の判断が、
一企業の判断なのか。
何かもっと大きな力が働いたものなのか。
は、よく解らないが。

この判断に首を傾げるのは、きっと私だけではないだろうと思う。

これから中国は、「日本は少し脅せば言うことを聞く」
と思ってしまうだろう。
もっと様々な要求を突き付けてくるだろう。

私は、えらそうなことは言えないけれど、物事の判断をするときに「ぶれて」はいけない、と思っている。
こちらが「ぶれる」ことで、相手の判断が大きく変わってくる。
それも、相手側の都合のよいように大きく変わる。

この記事を読んでいて市長のことが頭をよぎった。
倉田市長はえらいと思う。

「市長に何を言っても、こちらの言うことは聞いてくれん」
で、徹底している。
(決して、市民の声を聞かないというのではなく、不当な要求は受け付けないということです)

彼は、よく政治的な判断とか言って「えぇー」というような結末で幕引きを行おうとすることが皆無だと思う。

簡単なようだけど、これが非常に難しいことだ。
相手方の要求を呑むことはたやすいが。
今後、何時、どのような場面でその方に無理を承知でお願いせねばならない場面があるやもしれないのに。
毅然とした態度ではねつける事の難しさ。

近頃は「市長に何を言っても、こちらの言うことは聞いてくれん」で徹底しているから。
相手方も「どうせ・・・・」で、納得しているのだ。

これが、誰かの要求を、「政治的な判断」とかで呑んでしまえば、これまで以上に様々な人たちがしつこく要求してくるだろう。

一企業の判断ではあるが、改めて、「今回の判断はいかがなものか」と思う。
スポンサーサイト


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 12:43:03 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。