■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
誤解
4月27日「市民活動フォーラムみのお」の理事長がご挨拶に来られた。

箕面市民活動センターが「かやの中央」に移設して10周年だそうです。
それを記念して、10周年記念誌 「ともに歩み・はぐくむ未来」を発行されたのだとか。
当日は、記念誌を携えておられた。

記念誌を見せていただいたが、私はこの「市民活動」という言葉にアレルギー反応が出るようだ。

なぜだろうか?
市民活動市民派活動
このが厄介者で、まるで違うものなのに言葉が近いだけで、その個性が強烈ならば、違うものを連想させてしまう。
そもそも、前市長派のような集団を「市民派」と名付けたことが、私の誤解を生むことに繋がっているように思う。
名付け親が誰なのかは知らないが、罪なことをしたものだ。

そして、市民派赤軍世の秩序を破壊する集団。
という、私の感覚に刷り込まれている二つの図式が繋がってしまう事が原因らしい。

おかげで、私の頭の中では、いつからか、市民活動が「世の秩序を破壊する活動」になってしまっている。

記念誌を見せていただくと、市民活動は、川の掃除をしたり、里山を守ったりと地域のために活動してくれているのがよくわかる。
私がやってる、公園の草刈や地域の祭りの手伝い、滝安寺さんの桧葉切り等も立派な市民活動かもしれない。
私も、アレルギーを抑え、胸を張って「みのお市民活動センター」に出入りするべきなのかもしれない。
スポンサーサイト


テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

その他 | 12:01:39 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。