■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
野鳥
5月17日は早朝から農作業。

田植えの準備です。
トラクターで耕運作業をしてました。

近頃、ツバメがめっきり少なくなったのだとか。
確かに、この頃になると農作業をしている時によく見かけましたが、このところさっぱり見かけなくなりました。

代わってたくさん見かけるのが、ムクドリです。
田で耕運作業をしていると、何処からともなく集まってきます。

耕運1
土と同系色ですから判りにくいかもしれませんが、沢山集まっています。

耕運3
トラクターで耕すと出てくる「ミミズ」などが目当ての様です。
器用にくちばしに3,4匹のミミズを咥え、雛のもとに行くのでしょうか、どこかに飛んでいきます。

トラクターも人間も怖がりません。
耕運
逆に、こちらが停まってしまう始末です。
「どけ。轢くど!」

そんな、ムクドリたちですが、急に声を上げ一斉に飛び立ちます。
カラスの出現です。
耕運2
カラスは、此処でも嫌われ者のようです。

カラスは、ミミズも食べていますが。
カエルがお目当ての様。
ムクドリでは、手に負えないトノサマガエルを見つけては、必死に格闘しています。
ぐったりしたカエルを咥え、カラスも雛のもとへ。

そういえば、ツバメが居なくなった理由に諸説あるようですが。
私は、カラス説を支持したいと思います。

何度もカラスがツバメの巣を襲っているところを見ているからです。
卵や、幼い雛のうちは襲わず。
巣離れの直前まで大きくなるのを待って、襲っている現場を何度も目撃しました。

「カラスは賢いなぁ」
と、同時に
「それは、あかんやろ。そんなことしたら嫌われるで。ホンマに」
スポンサーサイト


昨日の出来事 | 06:05:49 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。