■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
感覚
今朝、市役所に来たら
「平成26年第2階箕面市議会定例会議案(追加第2号)」が、机の上に置かれていた。

これには
第73号議案 箕面市一般職員職の職員の給与に関する条例等改正の件

第74号議案 箕面市職員退職手当条例等改正の件
の2議案が記載されている。

27年4月からの実施を目指している「市職員の給与制度改革」のための条例で、これらは、3月議会に上程するはずだった議案です。
3月議会では市長サイドと議会が協議の結果、組合との合意がなされていないので、3月議会での議案上程は見送ってもらうこととし。

議会側でも協議の結果、次のように決定し、市長に申し入れた
⑴理事者側(市長サイド)が提案している「市職員の給与改革」のスケジュールは尊重する。
⑵理事者は組合との労使合意に向け極力努力する (上程される条件に組合との合意が必要という表現までは書き込まれていなかった(と思う))

私は、この時から既に、
「職員に制度の周知徹底等を図ることから考えても、遅くても6月議会に上程したい」
旨の意向は聞いていたので、
「出るべきものが出された」
と、しか思えない。

しかし、議会全体としては、
「えらいこっちゃなぁ」
「どないしょぅ」
との声が多いことは事実だ。

「中井君、どぅ思う」
と聞かれ
「好ぇんちゃいますの。前のより、かなり譲歩してますやん」
「お前は、何を能天気なこと言うてるねん。議案を出してきたのは市長でも、決めるのはわしらやでぇ。職員から憎まれるのは、わしらや!」
「あきませんか?」
「あほか、お前は!」
怒られてしまった。

今回の制度改革での給与水準が本当に
「高いのか」
「安いのか」
は、私には判らないし、正直誰にも分からないだろうと思う。
その人の金銭感覚でしかないと思う。

議会が、これを決めるということは、23名の議員がそれぞれの金銭感覚に基づいて決めるしかない。
当然、組合の顔色をうかがいながら判断をする議員もいるだろうけれど。
もちろんそれでも好いと思う。
しかし、私は、職員に嫌われても自分の感覚を大切にしたいと思う。



スポンサーサイト


議会日記 | 15:10:22 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。