■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私見
6月6日は、民生常任委員会でした。

今回は、大きく紛糾するような議題は無かったと思います。

付託案件で賛否が分かれたのは、
第62号議案 「指定管理者の指定の件」
だけでした。

これは、「箕面市立障害福祉センターささゆり園」を「社会福祉法人あかつき福祉会」を指定管理者と定め。
平成26年11月1日から平成31年3月31日までの間、指定管理契約を結ぶ。
のを審議する。
というものです。

「社会福祉法人あかつき福祉会」の不適切な会計処理等を巡って、市からの指導があり。
ささゆり園の指定管理者に内定(?)していたあかつき園との契約を一旦取り消し、それまで指定管理を受けていたあかつき園が契約延長をして管理してくれていました。(ちょっとややこしい説明ですが、付いて来れてます?)

あかつき福祉会が市からの指導を受け、改善策を示したので、4月(?)に改めて、あかつき福祉会も含めて公募をした。
管理委託先を選定する審査委員会の審査の結果、あかつき福祉会に決定したので改めて契約したい。
という議案でした。

議案調査を進めると。
市は、かなり広範囲に応募を促したが、事前説明会に来たのは3者で、そのうち2者は説明を受けたが、条件等が合わず辞退されたのだそうです。

この議案に反対した議員がなぜ反対に固執するのか、私には理解できなかったので。
この議案こそ、議員間討論のテーマにふさわしいと思ったのだが・・・・。

以下、私の意見です。
この施設にはかなり障害の重い人たちが通っています。
あかつき福祉会が手を上げてくれたから好かったものの。
もし、あかつき福祉会が辞退してしまえば、いったい誰が運営を担ってくれるのだろうか?

市の直営でやれる。
とおっしゃるかもしれないが、利用者や家族との信頼関係で成り立っているという側面もあると思います。
健常者なら、自分の意思ははっきりと表せますが、障害が重ければ重いほど、意思の疎通が難しくなってしまう。
そこには、信頼関係というものが非常に大切になってくると思います。

反対する議員が問題にしているのが、この施設で起こったことではなく。
あかつき福祉会内部でのことだったことも、私は考慮すべきだと思っています。

起こしたことはもちろん善処し、改善してもらわないと困りますが。
指導に従い、再発防止に努めているのに、
「市民の納得が得られない指定管理者だ」
と決めつけるのは、私には行き過ぎだとしか思えません。

反対する議員は、現実的にあかつき福祉会に指定管理をさせずに、どこに管理をしてもらうつもりだったのでしょうか。
私の調査では、市の直営事業で運営を行うとすれば、費用も高くなるとの試算も出ていますし。
第一、利用者の方にかなりのしわ寄せ(信頼感を一から構築するための)も有るだろうと推測します。

何より利用者のためには、一番落ち着くべきところに落ち着いてくれて好かったと思っています。
スポンサーサイト


昨日の出来事 | 06:45:39 | Trackback(0) | Comments(1)
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014-06-07 土 18:19:06 | | [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。