■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
都構想
大阪都構想の制度設計を話し合う「法定協議会」でまた揉めているようだ。

私には、法定協議会長の浅田会長がおっしゃることが解らない。
尤もこれは、新聞などの記事を垣間見る程度の知識しか持ち合わせていない者の発言です。

私は、大阪府と大阪市の二重行政の解消には大いに賛成です。

誰かが手を付けなければならない。
それを、大阪維新の会がやろうとしていることは非常に喜ばしいことだと思い、維新の会に期待し、応援したのだが・・・。

途中から、二重行政解消と大阪都構想がどうにも結びつかない。
説明を聞けば聞くほど、結びつかなくなる。

以前に、大阪都構想の勉強会に参加したときにも府・市議団の議員さんが、同じことをおっしゃっていた。
法定協議会で、問題点を指摘すれば、次の会議ではまた違う物が出されて来るので
「正直、どこが論点なのかさえ、我々にもわかりません」
ということらしいです。

他にもこの課題(府市の二重行政解消)を解決する方策があるように思えて仕方無い(たとえば自民党案です)

それを、「大阪都構想しかだめだ」と言い張り。
他の意見を出せば
「法定協議会の設立趣旨から離脱しているから、メンバーから外れてもらう」
と言い出してる。

議員は自身が解らないことを質問して、
まず自身が納得してこそ、市民に説明もできる。
反対する議員をいかに納得してもらうかが、非常に大切だと思うのだが(尤も、いくら説明しても判ってくれない事も多々ありますが)

市民を置き去りにして、大阪都構想はいったい誰のためのだろうか?
「自分たちのやろうとすることは絶対に正しいのだから、黙って任せておけ!」
とでも言っているように、思えてならない。

市民アンケートで、8割を超える市民からの強い賛同があるというのならまだしも。

強引を通り越して、
「大阪維新の会の独りよがり」
と見えているのは、私だけだろうか?
スポンサーサイト


その他 | 14:28:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。