■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
傍聴
6月23日は6月議会の第2日が開催されました。

冒頭(日程第3)に公務員人事給与改革関連条例2件に対する修正案が提出された。
全会一致でこの修正案を審議することを認めたので、本会議が中断され。
この議案の送付先(すでにこの2条例とも総務常任委員会に付議されていました)の総務常任委員会で修正案の審議が再開(10日に中断されていたのを再開したという形になります)された。
1時間30分ほどの審議ですべての委員から質問が行われ、意見陳述が行われ採決に入った。

結果は、修正案の賛成が3人、反対が2人でしたから。
委員長の報告としては「賛成多数で認めるものと決しました」ということになる。
今日、この報告を受け、本会議での討論を経て採決される。

昨日の総務常任委員会は非常に面白かった。
委員さんが5名(委員長さんも含めると6名)いるのだが、論客ぞろいだ。
其々の立場で、それぞれの主張をする。

其々の話を聞いていると
「なるほど」とつい頷いてしまう。

そこの市長も加わって論戦を繰り広げるから、なお面白い。

特に面白かったのは「K」議員の意見だ。
「今回、頑張った職員に報いるために役職手当の増額をしたが、公務員の仕事はすべからく責任を持って市民と対峙なさっている。部長と窓口職員でこれほどの金額の差がふさわしいとは思えない」

これに対し、市長は
「箕面市では、管理職への昇格試験を受ける職員が極端に少ない。誰も管理職になりたがらない。これは年功序列の給与制度の弊害で、無理をして、重い職責を背負わされるより平職員の方が楽で給与なども殆ど差が無いことが原因だと思う。箕面市はもうすぐ大量の定年退職者が出てきます。その中には多くの管理職が含まれており、このまま手をこまねいていると組織が成り立たなくなる恐れすらあります。職責にふさわしい待遇で魅力ある管理職にしておく必要があると思います」

うーん両方聞かせていただいて、市長の方に一票。

その他にも思わず頷いたのが
「女性職員さんは、出産や子育て等で長期休暇が余儀なくされることが想定できるが。この様な場合、今示されている評価方式では不利にならないのか?」
という質問。

確かに、その女性が休んだ分他の職員さんに荷重がかかる。
次に復帰してきても、休んでいる間の状況が判らないので、何かと不利になる可能性が高い。

答弁によると、そのことも既に検討され、一定の答えが出ているのだそうな。
あとは現状に合わせ微調整程度で済むらしい。

本当に傍聴していて楽しい委員会でした。

スポンサーサイト


昨日の出来事 | 08:23:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。