■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
雑草
田んぼが、「えらいこと」になってしまっている。
雑草
雑草でいっぱいだ。(イネの間にある雑草が解りますか?)

膝を痛めているので、
「田んぼに入るのは辛い」
てな、我がままを言ってられなくなって、ここ2,3日頑張って草取りをしています。

このイネ科の稗の仲間が曲者です。

田植えの準備のために、何度か耕運作業をするのですが。
代掻き前の最後の耕運作業の時期を少し間違うと、今年のような結果になってしまうのです。
耕運すると、その時に大きくなっていた雑草は耕すことで枯れてくれるのですが、その後の降雨で発芽した雑草が、
「どの大きさで代掻きに遭遇するか」がポイントです。

本葉が「3,4葉期」(子葉が出て、本葉が出てきますが、この本葉の枚数で3葉期だとか、4葉期とかの呼び方をします。3,4葉期といえば、田植えをするのにちょうど好い大きさの苗だと思ってください)で、代掻き作業になったら最悪です。
これより「小さい」か「大きい」か、であればいくら雑草であろうとも、不思議と代掻き作業で枯れてくれます。

丁度、移植に適した大きさの場合。
稲の苗が強いか。
稗の苗が強いか。
のバトルになってしまい、「お坊ちゃまの稲」が、文字通り「雑草の稗」にはかないません。

結果は、痛い足を引きずりながら、腰をかがめて手で草取りをする羽目になってしまいます。
スポンサーサイト


中井農園日記 | 12:53:52 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。