■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
教育
7月5日午後1時30分から。
「箕面小の子供につけたい力」
と題して、箕面小学校の松山校長が講演する校区集会が開催されたので、参加してきました。

この集いは、青少年を守る会と保護司会、更生保護女性会の共催で毎年7月の第一土曜に「社会を明るくする運動」の一環として開催されています。

今年の講師は、箕面小学校の校長先生です。
箕面小学校で9年間勤務した後、箕面市教育センターで活躍していた人らしい。
そして、今年の4月に校長として赴任された。

彼が小学校の先生だったころは、残念ながら接触が無い。
議員になってからは、文教常任委員会の傍聴に行った時に、答弁をしている姿はときどき見かけた。
と、言う程度でしかなかった。
つまり、殆ど知らない人です。

入学式に、彼の挨拶を聞いた。
小学1年生に解りやすいであろうと思われる話し方であり、内容だったように思った。
しかし、「人見知りがキツイ」私は、こちらから話しかけることはしなかった。
代わりに、教育行政に詳しい同僚議員に色々と聞いた。

「箕面小の校長になった松山君って知ってるか?」
「彼はすごいねんでぇ」
「ふーん、どんなふうに?」
「とにかく、熱心やねん」
「ふーん、それで?」
「せやから、教育センター時代にも、「彼が言ってるんやったらやってみよか」って言う先生が沢山いてたんやでぇ」
「ほぉぉかぁ」

さて、昨日の講習会ですが
講習1
表題だけを見ると「??」ではないでしょうか。

私も、物見遊山が3割。
職業上の「義理と厄介」が7割。
で出かけた。

集まっている人たちもさほど多くない。
校区内で同様の集会が有れば顔を見せている「各団体の役員さん」が5割。
保護者と思える年代の人たちが5割。
と言った雰囲気だったように思う。

話の内容は、非常にマニアックだったのではないだろうか。
何故、箕面市はステップアップ調査を行うのか?
何故、由利本荘市にあれだけ多くの先生方が視察に行くのか?
何故、授業に電子黒板やタブレットを導入しようとしているのか?

教育の原点から見たこれら市の教育施策の解説だったように思う。
それも、ちょうど私レベル(教育委員会議や文教常任委員会の傍聴に出かける素人)の知識と情報を持っている人には解りやすい。
だから、私的には非常に面白かった。

同僚議員の評価も頷けた。
スポンサーサイト


昨日の出来事 | 08:31:53 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。