■プロフィール

植木屋

Author:植木屋
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
懇談
7月7日、午後1時30分から三市議長会が池田市で開催されたので出席してきました。
この会は、豊中・池田・箕面の3市議会の正副議長と事務局長が、年3回それぞれの市に訪問して意見交換を行うというものです。

話題は、主催地の議会が直面している課題が主なものになります。
今回池田市さんが取り上げていたのが「議会改革」で、その中でも「議員定数削減」が主なテーマでした。

池田市さんは来年の統一地方選挙が改選時になります。
既に1名定数削減を議決されたのだとか。
豊中市さんも同じ時に選挙が行われるのだが、定数削減に踏み切るのか、否かはまだ白紙の状態だそうです。

会話の中で多かったのが。
「本当に議員定数がいくらが正しいのかは、本当にわかりませんよね」
でした。

私も
「箕面市も前回の選挙の時に2名の定数削減を行いましたが、2名を削減するに至った根拠と言われれば明確な答えを持ち合わせていません。あの時は大阪府や府下の自治体が競って議員定数や議員報酬の削減に走った感がありました。市民から直接「議員数を減らせ」といった意見を聞くことより、議会側から定数削減を言わないと取り残されるといった雰囲気ではなかったのでしょうか」(要約してます)
と、発言させていただきました。

他にも、
「人口が増えるなど、発展を続けている自治体が議員定数削減を行うことが、本当に正しいのだろうか?」
との意見もありました。

また、それ以外にも「議会基本条例」や「一問一答方式による一般質問」「議会報告会」「議員間討論」などについてもそれぞれの立場で意見交換を行いました。

前回も同様のことを書き込んだ記憶がありますが、隣接した市であってもそれぞれの課題に対して本当に様々な対処の仕方があるものだと、感心しました。
スポンサーサイト


昨日の出来事 | 10:13:45 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。